Magnate MHtop


当記事では、Magnate MH 第13世代Core搭載のレビューをしている。ビジネスモデルながらグラフィックスにエントリークラスのGTX 1650を搭載している。グラフィックボードを搭載しているとは言っても旧世代の50番台のモデルでゲーム性能が高いわけではない。CPUが最新のCore i5-13400Fにリニューアルされている。

5,000円の値下げが適用となり、114,980円で販売中だ。性能あるいはクラスを考えると10万円を切って欲しい。もちろん今後価格が下がる可能性もあるが、昨今の状況を考えると仕方がないのかもしれない。Core i5-13400F×GTX 1650の組み合わせで税込11万円台は判断が難しいところだ。CPU性能重視のビジネスモデルとして見れば評価はまずまずだが、今はコストパフォーマンスの高い比較対象モデルを推したい。

Magnate MH 第13世代Core搭載のスペック解説

Magnate XJ

ブランド名Magnate
製品名Magnate MH 第13世代Core搭載
価格114,980円(税込)
CPUCore i5-13400F
グラフィックボードGeForce GTX 1650
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源450W BRONZE
マザーボードチップセットH610
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
カードリーダー搭載不可
おすすめ度Dランク
評価・コスパ
5.4

・構成
5.0

・品質/サポート
10.0

Magnate MH 第13世代Core搭載の価格推移

magnatemhsuii

Magnate MHは、2023年2月に5,000円の値上げが適用となった。一時は10万円を切る価格だったこともありやや物足りなさがある。世代を追うごとに価格が高くなっている。

>>Magnate MHを購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 15
4K
Apex Legends
240Hz
Apex Legends
144Hz
フォートナイト
240Hz
フォートナイト
441Hz
ff15
☆☆☆☆☆
Apex-Legends
☆☆☆☆☆
Apex-Legends
★☆☆☆☆
fortnite
★☆☆☆☆
fortnite
★★★☆☆

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

Magnate MHseinou

Magnate MH 第13世代Core搭載はCore i5-13400FとGTX 1650を搭載したロークラスのモデルだ。ゲーミングPCではないが、グラフィックスにGTX 1650を搭載していることで最低限のゲーム性能を有している。ただし、グラフを見てわかるように、新しいゲームや高負荷への対応力はない。フォートナイトのような負荷の軽いゲームやApex LegendsをフルHD環境でプレイすることが精一杯だ。高リフレッシュレートは厳しいが60fps環境は築きやすいので、エントリークラスとしては悪くない性能だ。

Magnate MH 第13世代Core搭載のゲーミング性能

Intel Core i5-13400F(CPU)

Core i7-13700K38,343
Ryzen 9 7900X37,541
Core i9-12900K34,518
Core i5-13600K30,159
Core i7-12700K30,046
Core i7-1270028,961
Ryzen 7 7700X27,183
Core i5-1350027,009
Core i5-12600K25,507
Core i5-1340025,345
Ryzen 5 7600X24,962
Ryzen 7 5800X24,001
Core i7-11700K23,705
Core i5-1240020,146
Core i7-1170020,009
Core i5-1140016,019

Core i5-13400Fは、最新の第13世代ミドルクラスのCPUとなっている。10コア16スレッドと従来モデルのCore i5-12400よりも大きく性能が向上している。25%以上も性能が高く前世代の上位モデルであるCore i5-12600Kに匹敵する性能を誇る。動画編集・動画のエンコードなどのクリエイター作業にも最適だ。

これからのミドルクラスを支えるCPUとして注目している。ゲーミングCPUとしての人気が高く多くのモデルで採用されることになるだろう。性能が高くなったことでGTX 1650とのバランスは崩れている。GTX 1650との組み合わせは性能が無駄になる可能性がある。

GeForce GTX 1650(GPU)

RTX 306020,322
RTX 2060 SUPER19,366
RTX 206017,012
RTX 305014,734
GTX 1660 Ti14,522
GTX 1650 SUPER12,238
GTX 1060 3GB11,144
GTX 16509,506
GTX 1050 Ti7,762
GTX 16306,394
GTX 10506,300
GTX 9506,132
GTX 660 Ti5,237
GTX 750 Ti4,713
GTX 7503,627

GTX 1650は、最低限の性能を持つグラフィックボードとなっている。Pascal世代の50番台よりは性能の底上げが行われた。およそ50%程度ゲーミング性能が伸びている。それでもゲームを快適にプレイするよりも価格を抑えるためのGPUという立ち位置に変わりはない。ゲームへの対応力に期待し過ぎてはならない。

価格相応の性能は標準設定でも厳しいタイトルもある。どちらかと言うと少し古めのゲームをプレイを予定しているユーザーにおすすめだ。最新のゲームもプレイしたいと考えているならミドルクラスのグラフィックボードを搭載したモデルを選択するべきだ。具体的にはGTX 1660 SUPER以上がおすすめだ。

>>Magnate MHを購入<<

Magnate MH 第13世代Core搭載の特徴

5,000円の値引き適用も評価はいまひとつ

Magnate MH 第13世代Core搭載は徐々に価格が下がり、今回5,000円引きにより114,980円となった。GTX 1650搭載モデルとしてはまだ少し高く感じてしまう。10万円を切ってこその低価格帯だと感じる。過去のMagnate MHはCore i5とGTX 1650の組み合わせで税込み9.5万円を下回っていた。その価格を今実現しにくいのはCPUの価格にありそうだ。

Ryzen 5 4500との組み合わせのLightning AH5は税込みで84,980円で販売されている。用途によってはCPU性能は確かに重要だが、GTX 1650搭載モデルに関してはCPU性能を下げてでも価格を抑えた方が性能に見合っている。Magnate MHを候補に挙がる要因として、ほとんどのケースでコストを抑えることにあるはずだ。

その点で、Magnate MHは少し選びにくいモデルになってしまったようにも思える。CPU性能の向上は目覚ましいものがある。その一方で、低価格帯のモデルにはよい影響があるとは言いにくい。ここまでの価格推移を見ても、世代が進むに連れて価格は高くなっている。価格が据え置きであるならお得だと感じられるだろう。

それなら現在でも取り扱いショップがあるように、Core i5-12400Fを採用してでも価格を抑えた方がいいのではないか。それこそ、Core i3を採用したモデルがもっとあってもいいのではないかと思う。Core i3の台頭が低価格帯のモデルを有力な選択肢にするはずだ。

GTX 1650は3世代前のCore i5-10400の時代からある。いかにCore i3の性能が低いとしても、現在のCore i3-13100はCore i5-10400よりも性能は高い。シリーズで展開しているドスパラではなかなか難しいことなのだろうか。何にしても5,000円引きでは評価はあまり上がらない。むしろ相対的に評価は下がっていくことになるだろう。

価格が高めでビジネスPCとしての強みが薄い

前述の通りMagnate MH 第13世代Core搭載は価格面に難しい問題を抱えている。Magnate MHも、Ryzenシリーズ搭載モデルのようにもう少し上手く価格のバランスが取れるようになればと思う。それでもゲーミングシリーズのGALLERIA RM5C-G50と比べると2万円ほど安い。これはチップセットとケースの差によるところが大きいのだろうか。それでも物足りない。

現時点では一般向けPCであることのメリットが非常に薄い。例えば、同じMagnateシリーズのMagnate MVもゲーミングブランド版のGALLERIA RM5C-R36と比べて2万円安い。同じ2万円でも、元々の価格設定の安いGALLERIA RM5C-R36から2万円引きと、価格が異常に高めに設定されているGALLERIA RM5C-G50からの2万円引きでは評価も違う。

本来一般向けモデルはゲーミングPCよりもコストカットされているため、機能や性能面にマイナスはあっても価格面に大きなプラスがあるはずだ。ケース性能やマザーボードの性能の恩恵を受けにくいミドルクラス以下のモデルでは選択するメリットがある。GALLERIAシリーズを基準にしているのかは分からないが、同じ2万円引きでも受ける印象と評価は大きく異なる。

仮にGTX 1650を搭載したGALLERIA RM5C-G50が異常に割高だったとしても、一般向けモデルは安いと思えるくらいの価格に設定してもらいたい。もっとも、現状Ryzen搭載のLightningシリーズのよさが伝わりやすい。Core i5-13400F搭載で10万円台になれば最低限というところだろうか。現在のMagnate MHはゲーム目的としては少しおすすめしにくい。

>>Magnate MHを購入<<

似ているモデルとの比較

ブランド名MagnateLightning
イメージMagnate XJLightning AH5
製品名Magnate MH
第13世代Core搭載
Lightning AT5
Ryzen5 4500搭載モデル
価格114,980円(税込)99,800円(税込)
CPUCore i5-13400FRyzen 5 4500
GPUGTX 1650GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 500GB
HDD非搭載非搭載
電源450W BRONZE550W BRONZE
マザーボードH610A520
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
チェックポイント!!

比較対象は同じドスパラの一般向けモデルLightning AT5だ。CPU性能は落ちるが、GPU性能は大きく向上する。Ryzen 5 4500の性能はかなり低い。それでもGTX 1660 SUPERとはバランスが取れる。ゲームを中心とするなら15,000円安く、対応力の高いLightning AT5をおすすめする。作業を中心にする場合はCore i5-13400F搭載のMagnate MHは強力だ。

ただ、ゲームをするのであればGTX 1650はネックになりやすい。プレイするゲームが決まっており、そのゲームは負荷が軽く、作業を中心とするユーザーにはMagnate MHが適していると言える。かなり限定的になるため、Lightning AT5を選ぶ方が無難である。

Magnate MHのパソコンケースレビュー

本体正面

Magnate MHsyoumen
Magnate MHではミニタワーケースを採用している。スイッチと比べてもそれほど大きくないことがわかる。

本体上部

Magnate MHjyoubu
本体上部はシンプルだ。メッシュ加工なども一切ない。

本体右側

Magnate MHright
本体右側もシンプルで特に何も記載することはない。

本体左側

Magnate MHleft
左側にはやや大きめの給気口がある。ファンの力を借りて多くの空気を取り入れられる。

本体背面

Magnate MHback
背面には電源ボタンや各種出力・入力端子が配置されている。電源部分にはメッシュ加工が施されていて熱を放出できる仕組みがある。

本体底面

Magnate MHsokomen
見えづらいが底面の前方部には吸気口が設けられている。

光学ドライブ

Magnate MHdrive
光学ドライブが標準搭載だ。写真はBlu-rayディスク対応となっているが、初期構成ではDVDスーパーマルチドライブが搭載されている。

I/Oパネル

Magnate MHiopanel
本体前面にI/Oパネルが配置されている。USB端子×2とヘッドフォン端子があり使い勝手は良好だ。

エアフロー

Magnate XH-airflow
ミニタワーモデルだ。ビジネス向けモデルということもあって落ち着いたデザインとなっている。一般的なエアフローでゲームプレイにも問題はない。もっとも性能的にも熱を持ちにくく対応しやすい。

管理人による総評(Magnate MH)

Magnate XJ

Magnate MHは、Core i5-13400F×GTX 1650を搭載したビジネスPCだ。ゲーミング性能はそれほど高くなくビジネスモデル+αと考えた方がよい。CPUにはIntel第13世代のCore i5-13400Fを搭載している。5,000円の値引きで114,980円となったもののまだまだ物足りない。Magnate MHは世代を追うごとに価格が上がり選びづらくなっている。CPU性能が高くなりすぎて高性能なビジネスPC寄りになっているようにも思える。税込7万円台(2020年5月時点、メモリ8GB)で販売されていた頃が懐かしい。かつての価格を実現するのは難しいとしてもせめて税込10万円を切ってくれれば当サイトでもおすすめができる。

価格CPUグラボ
114,980円(税込)Core i5-13400FGTX1650
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya