Magnate MTtop


当記事では、ドスパラ「Magnate MT」の詳細レビューをまとめている。Core i5-12400×GTX 1660 SUPER搭載のビジネスPCだ。GTX 1660 SUPER搭載モデルで税込12万円台というのが魅力だったが、10,000円以上の値上げで評価を落としている。比較対象モデルに優秀なモデルをピックアップしている。ワンランク高い性能を得られるので必ず確認しておこう。

Magnate MTのスペック解説

Magnate XJ

ブランド名Magnate
製品名Magnate MT
価格139,980円(税込)
CPUCore i5-12400
グラフィックボードGeForce GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源550W BRONZE
マザーボードチップセットH610
コスパ★★★★☆☆☆☆☆☆ 4.4
おすすめ度Dランク

Magnate MTの価格推移

magnatemtkakaku

Magnate MTは頻繁に価格調整が行われている。登場時は150,980円だった。そこから6,000円の値引き、5,000円の値引き、10,000円の値引きが適用となった。その後9月に5,000円、11月に5,000円の値上げが適用となり評価を落としている。

>>Magnate MT i5-12400を購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
240Hz
フォートナイト
144Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★☆☆☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★☆☆
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

Magnate MTseinou

Magnate MT 第12世代Core搭載はCore i5-12400とGTX 1660 SUPERを搭載したモデルだ。比較的ライトな性能で、最新のCPUと世代落ちしたGPUのアンバランスさがある。しかしながら、設定を下げることでApex Legendsやフォートナイトのような人気タイトルを高リフレッシュレートでプレイできる。扱いやすい性能ではあるので、初心者向けのモデルだ。メリットとデメリットが明確にあるので選択する際は注意してもらいたい。

Magnate MTの性能まとめ

PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることができないかもしれない。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて解説していく。

Core i5-12400(CPU)

corei5-12400-seinou

当該モデルでは、Intel第12世代のCore i5-12400を搭載している。6コア12スレッドと従来モデルのCore i5-11400と同等のスペックながらCPUコアの改良で25%以上も性能が向上している。Core i5シリーズでも従来モデルのCore i7-11700を上回るパフォーマンスを発揮する。動画編集・画像編集などの作業を考えている方にもおすすめしやすい。

GeForce GTX 1660 SUPER(GPU)

gtx1660superseinou

Magnate MTで採用されているグラフィックスはTuring世代のローエンドクラスのGTX 1660 SUPERだ。2019年10月にリリースされた旧世代のグラフィックボードとなる。リリースされた時こそミドルクラスだったが、今ではローエンドクラスに収まる。最新のAmpere世代の50番台であるRTX 3050よりも性能は低い。レイトレーシングにも対応していない。フルHD環境で設定を下げることである程度ゲームプレイに対応可能だ。

>>Magnate MT i5-12400を購入<<

Magnate MTの特徴&強み

5,000円の値上げでおすすめ度急落

Magnate MTは再度5,000円の値上げが適用されおすすめ度が急落しているモデルだ。かつてはミドルクラス最強を誇り、長らくトップモデルに君臨していたモデルの姿はもうない。GTX 1660 SUPER搭載モデルで13万円台になると、さすがにおすすめできない。13万円台はRTX 3050を中心に、最安値クラスのRTX 3060搭載モデルのある価格帯だ。

2世代前のミドルクラスであるGTX 1660 SUPERが同じ価格帯にあっては、性能的にも価格的にかなり苦しい。今回の5,000円の値上げはMagnate MTにとって致命的なものだ。一つ気になるのは同時期に5,000ポイント付与のキャンペーンが適用されていることだ。

以前にも1万ポイントが付与されるキャンペーン時に、多くのドスパラ製品が1万円値上げされていた。そういう類であればキャンペーン終了後に5,000円の値下げが適用される可能性はある。何にしても、この価格帯になってくると候補に入れることは避けたい。Magnate MTは少し前にも5,000円近い値上げが適用され、実質1万円ほど高くなっている。

ある程度性能の高いモデルであれば1万円の影響は大きくないかもしれない。しかしながら、GTX 1660 SUPERを搭載したモデルは価格が控えめであることが強みだ。5,000円や1万円の値上げで評価は大きく動いてしまう。Magnate MTの理想的な価格は119,980円だ。

129,980円より高くなってしまうと別のモデルを候補にした方がよくなる。単純な話で、同じ価格帯でより優れたモデルが存在するかどうかだ。残念ながら13万円台になると優れたモデルが多くなる。2世代前のGPUが戦うにはそれなりの強みがなくてはならない。

同じ予算でより優れたモデルが存在している

Magnate MTをチェックしていたなら、ローエンドクラス相当の性能が必要だということだろう。予算もこのくらいで想定しているなら標準的な選択肢だと言える。ただし、前述の通りこの価格帯はRTX 3050を中心としたモデルが多い。ワンランク上の性能を持つモデルなので、GTX 1660 SUPER搭載モデルよりもゲームの快適性は高い。

Magnate MTと同じく、用途と予算に合うモデルであってもその中身は様々だ。それならより優れたモデルを選択するべきだ。比較の項目で、近い価格で優れた性能を持つモデルをピックアップしている。Magnate MTをチェックしていて予算がこのあたりであるなら是非チェックしておいてもらいたい。

今のMagnate MTよりも満足できるモデルであるはずだ。ゲーミングPCやゲームをプレイするためのパソコンを選ぶ時、まずは用途に合わせる必要がある。どういった環境でプレイしたいのかだ。解像度はどのくらいを想定しているのか、リフレッシュレートはどのくらい必要なのか。そういった用途に合った性能のモデルを選ぶのは必須だ。

そして、その用途に合うモデルを予算内で見つける。当たり前のように聞こえるかもしれないが、非常に重要なことだ。予算と用途に合うモデルは必ず複数見つかる。その中でよりよいモデルを選ぶことで満足度は高まる。

>>Magnate MT i5-12400を購入<<

似ているモデルとの比較

ブランド名MagnateFRONTIER
イメージmagnatemhFRGXB46037
製品名Magnate MTFRGXB660/WS14/NTK
価格139,980円(税込)134,800円(税込)
CPUCore i5-12400Core i5-12400F
GPUGTX 1660 SUPERRTX 3050
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源550W BRONZE600W BRONZE
チップセットH610H670
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
ここをチェック!!

比較対象はフロンティアのFRGXB660/WS14/NTKだ。一時は同等の価格となっていたが、Magnate MTの値上げにより価格差は逆転して5,000円安い。さらにGPU性能は高くなり、チップセットのグレードもアップしている。また、FRGXB660/WS14/NTKはゲーミングPCであるため、一般向けPCのMagnate MTと比べてケースの性能にも優れている。

タイミングよってはより優れたモデルが登場しているかもしれないので、当サイトのランキングもチェックしておいてほしい。お得なモデルが登場していればランクインしているはずだ。特にこの価格帯のモデルはそう多くないので、突出したモデルは高確率でランキングに入っている。優れたモデルは日々変化しているので、タイミング次第では圧倒的なモデルを選択できるかもしれない。基本的にFRGXB660/WS14/NTKを選んでおけば間違いないが、念のため確認しておきたい。

>>Magnate MT i5-12400を購入<<

Magnate MT i5-12400のパソコンケースレビュー

エアフロー

Magnate XH-airflowミニタワーモデルだ。ビジネス向けモデルということもあって落ち着いたデザインとなっている。一般的なエアフローでゲームプレイにも問題はない。もっとも性能的にも熱を持ちにくく対応しやすい。

本体右側

Magnate XH-right本体右側はシンプルだ。特に何も記載することはない。

本体左側

Magnate XH-left左側にはやや大きめの給気口がある。ファンの力を借りて多くの空気を取り入れられる。

本体内部

Magnate XH-inside本体に内部もシンプルだ。配線もしっかりまとめられている。グラフィックボードも補助電源が不要なGTX 1650のためコンパクトだ。最低限の拡張性は担保されている。

I/Oパネル

Magnate XH-iopanel本体前面にI/Oパネルが配置されている。USB端子×2とヘッドフォン端子があり使い勝手は良好だ。

管理人による総評(Magnate MT i5-12400)

Magnate XJ

Magnate MT 第12世代Core搭載は、Core i5-12400×GTX 1660 SUPER搭載のビジネスPCとなっている。もちろんグラフィックボード搭載でゲームプレイにも対応可能だ。旧世代のGTX 1660 SUPERを搭載していて税込13万円台という価格設定は厳しい。円安の影響か徐々に価格が上昇しているのだ。

メモリ16GB、SSD 500GBと構成は十分だと言える。価格帯的にはRTX 3050搭載モデルと並んでしまったことで選ぶ理由が薄れてしまった。今回の値上げは痛かった。RTX 3050はレイトレーシング・DLSSにも対応していて実用性が高い。現時点では比較対象モデルと合わせて確認しておくとよい。

価格CPUグラボ
139,980円(税込)Core i5-12400GTX1660SUPER
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • 管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • Magnate MTを販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya