Magnate MTtop


当記事では、ドスパラ「Magnate MT」の詳細レビューをまとめている。立ち位置的にはビジネスモデルながら高性能なグラフィックボードを搭載していてゲームプレイにも対応することができる。

ショップのラインナップ的にゲーミングPCとしても扱われていることがわかるだろう。デザインよりも価格を重視したいという方にぴったりだ。5,000円の値引き後の5,000円の値上げで価格が戻ってしまった。

お得なキャンペーン情報

Magnate MTは、現在5,000円オフで購入することができる。GTX 1660 SUPER搭載モデルの価格が業界的に安くなっていてGTX 1660搭載モデルと変わらない状況になっている。そのせいで不利な立場に立っていたMagnate MTにとって、5,000円引きは大きな恩恵がある。

低価格帯最強モデルの座は5,000円の値上げで危うくなっていたからだ。税抜89,980円で展開されている間は間違いなく低価格帯最強のモデルである。Magnate MTはこの価格帯だからこそ評価が高まる。しかしながら、この価格帯で対抗できる製品はほとんどない。94,980円でも評価は下がるがおすすめはできる。Magnate MTに関しては値引きされていたらラッキー程度で選んでも問題はないだろう。

Magnate MTのスペック解説

Magnate XJ

ブランド名Magnate
製品名MT
価格Windows 10 / 94,980円
キャンペーン / 89,980円
CPUCore i5-10400
グラフィックボードGeForce GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GB
SSDM.2 500GB
HDD非搭載
電源550W BRONZE
マザーボードチップセットH410
コスパ・通常時
★★★★★★★☆☆☆7.1

・キャンペーン時
★★★★★★★★★☆8.7

>>Magnate MTを購入<<

Magnate MTのおすすめカスタマイズ

実はMagnate MTはカスタマイズの必要性が薄い。基本的にはデフォルトのままの購入でよいだろう。それでもカスタマイズに興味のある方のためにいくつかピックアップしているので参考にして欲しい。

電源 有用性★★★☆☆

MagnateMTcustomizeBattery
650W BRONZEへのアップグレードは悪くない。将来CPUやグラフィックボードの換装を考えている方も要チェックだ。それ以上になると価格が高すぎてMagnate MTのコスパの高さが毀損されてしまう。

ハードディスク / SSD 有用性★★★☆☆

MagnateMTcustomizeHDD
SSDのみのストレージでは不安だという方はHDDを追加するとよいだろう。2TBあれば十分だ。

カードリーダー 有用性★★★☆☆

MagnateMTcustomizeCard
カメラやドラレコのファイルをパソコンですぐにチェックしたいという方におすすめだ。

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★☆☆
pubg
★★★☆☆
kurosabakutop
★★★★☆
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

Magnate MTの性能まとめ

PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることができないかもしれない。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて解説していく。

GeForce GTX 1660 SUPER(GPU)

gtx1660superseinou

GTX 1660 SUPERは、ミドルクラスの中心的なグラフィックボードとなっている。性能を無駄にせず、不足しにくいのが特徴だ。迷ったらミドルクラスを選ぶように、グラフィックボードで迷ったらGTX 1660 SUPERを選べば間違いない。高解像度への対応は難しく、フルHD+標準設定に合わせた用途に適している。Core i5-10400と優れたバランスが取れるので、ミドルクラスはこの組み合わせが主流になるだろう。

Core i5-10400(CPU)

i5-10400seinou

Core i5-10400は、6コア12スレッドを採用した第10世代のミドルクラスのCPUとなっている。第9世代のi5-9600K以上、i7-9700以下の性能を持つのが特徴だ。今世代からマルチスレッドに対応したことで、ゲーム以外の用途にも活用しやすい。もはやCore i5シリーズ=必要最低限というのは言えなくなってきている。

これまでもCore i5シリーズ最低ランクのCPUは、ゲーミングPCに最低限必要なCPUとして指定されてきた。その最低限という常識を覆すほど優れた性能が魅力だ。Core i5と侮るなかれ、ミドルクラスの主流となれる力がある。コストパフォーマンスは第10世代の中でも1位2位を争うほど優れている。

総合性能

Magnate MTseinou

第10世代のCore i5-10400を搭載していることでCPU性能が非常に高い。これにより、ゲームだけではなくゲーム以外への対応力を高めている。現行のスタンダードとも言えるミドルクラスの性能は、初心者から上級者まで扱いやすい。

X4のようなハイスペックなゲームをプレイするにも、標準設定程度であれば快適にプレイすることができる。さらに設定を調整することで高リフレッシュレートにも対応できる。予算を抑えて本格的なゲームプレイを目指すならMagnate MTの性能が最適である。メモリ16GB搭載していることで、FF14などのミドルクラスの性能をが求められるゲームに対しては強い。

その一方で、最新のゲームは未知数だ。X4のように突き抜けたスペックが必要になるゲームは当然苦手だ。優れたモデルであってもミドルクラスの枠にぴったり収まるモデルである。あまり高望みできる性能は持ち合わせていないことは理解しておきたい。

コストパフォーマンスに関しては非常に優秀である。予算を抑えたいユーザーの強力な味方となってくれるモデルだ。ゲームに作業に用途の広さも持ち味だ。PCゲームとはどういったものか、パソコンでする作業はどうなのか。そういった疑問に応えられる性能と価格を持っている。

>>Magnate MTを購入<<

Magnate MTの特徴&強み

ビジネスモデルとは思えない存在感

Magnateシリーズはゲーム向けPCではなく、一般向けのシリーズだ。ゲーミングPCのラインナップに常時存在しているわけではない。ケース形状もゲーミングモデルのGALLERIAとは異なる。チップセットや拡張性などではGALLERIAシリーズが上だ。Magnate MTは性能に限り上位モデルを上回る。

例えば、ストレージ構成はM.2 SSD 500GBである。現在のGALLERIAシリーズと比べて規格が落ちる。また、先々GALLERIAシリーズにはHDDが追加される可能性が高い。対して、従来から変わらない構成を持つMagnate MTにはHDD追加は期待できない。キャンペーンでの大幅な構成アップも見込めないという弱点がある。

元々低価格帯のモデルにはキャンペーンが適用されにくい。これ以上の進化はあまり考えにくいのが現状だ。それはつまり、いつ選んでも損をすることがないということでもある。Magnate MTはビジネスモデルでありながら、ゲーミングPCとして認知されている。その存在感は、低価格帯のゲーミングPCの存在意義を奪うのに十分である。

もはや、ゲーミングPCとビジネスPCの区別はケースだけでしかないのかもしれない。CPUとGPUの進化が性能による区別をなくしてしまったのだ。ゲームをプレイするためにはゲーミングPCが必要という概念を崩した。十分な性能を持ったビジネスモデルの登場で、ゲーミングPCというカテゴリが意味を成していない。

Magnate MTより価格が高く、性能の低いゲーミングPCは無数に存在している。このことからも分かるように、ゲームをプレイできる性能があればカテゴリを無視してもよい時代になりつつある。Magnate MTは低価格帯の王者として君臨し、ビジネスモデルからゲーミングPCのラインナップに割って入った。ゲーマーが選びやすいようにゲーミングPCと名乗っているに過ぎないのかもしれない。

低価格帯最強モデルは未だ健在だが…

Magnate MTは価格が頻繁に変化している。税抜89,980円から94,980円を言ったり来たりだ。その一方で、ゲーミングブランドGALLERIAシリーズは価格を下げている。Core i5-10400とGTX 1660 SUPERを搭載したGALLERIA RM5C-G60Sは99,980円まで下がった。これにより、Magnate MTの低価格帯最強の座も危ぶまれている。税抜94,980円になった今でも最強モデルはMagnate MTだ。

これまでの独走状態から考えるとギリギリ1位というだけである。視点を変えて見るとGALLERIA RM5C-G60Sの方が優れているとも取れる。低価格帯唯一の選択肢とも思えたMagnate MTは、他製品の驚異的な追い上げで危機に瀕している。Magnateは安価で5,000円の差は低価格帯では大きい。それでも、両者に構成に差がある以上、価格的な優位は築きにくい。

今Magnate MTが持つ利点は同等の性能を持つモデルより価格が安いことでしかない。総合的な評価で言えばGALLERIA RM5C-G60Sに逆転を許している状況だが、Magnate MTは税抜89,980円で展開した実績がある。ドスパラは過去最良の状態を通常モデルにすることが多い。税抜94,980円では立場が危ういものの今後改めて価格が下がれば確固たる地位を築くことができる。

今の状態で選ぶならGALLERIA RM5C-G60Sと比較して選ぶ形になる。少し待って価格が下がれば、また唯一無二の存在になれる。市場の変化でMagnate MTもまた、選択するタイミングを図る必要が出た。独走状態に待ったをかけたのは、同じドスパラのモデルだ。一つのショップ内で相乗効果を完結させる面白い展開である。

>>Magnate MTを購入<<

似ているモデルとの比較

ブランド名MagnateGALLERIA
イメージMagnate XJRM5C-G50
製品名MTRM5C-G60S
価格94,980円99,980円
CPUi5-10400i5-10400
GPUGTX 1660 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSD500GB M.2512GB NVMe
HDD非搭載非搭載
電源500W BRONZE550W BRONZE
マザーボードH410B460
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
ここをチェック!!

比較対象はGALLERIA RM5C-G60Sだ。同じCPU・GPU・メモリを持つモデルで、MagnateシリーズかGALLERIAシリーズかの違いでしかない。価格差は5,000円。価格だけ見るならMagnate MTが上だが、構成に目を向けると同等以上のモデルであることが分かる。ストレージはM.2とNVMe対応M.2の規格差がある。チップセットも最低限のH410と拡張性と機能面に優れるB460を採用している。

構成は5,000円では届かないほどGALLERIA RM5C-G60Sが優れている。Magnate MTの価格が89,980円になれば確実にMagnate MTに分がある。選択する際は価格に注意したい。94,980円ならGALLERIA RM5C-G60Sを選択するメリットが大きくなる。一気に差を詰めてきたGALLERIA RM5C-G60Sはしばらく変化に期待ができない。対するMagnate MTはまだ変化の余地を残している。しばらく様子を見つつ、決断することが無難かもしれない。

>>Magnate MTを購入<<

Magnate MTのパソコンケースレビュー

エアフロー

Magnate XH-airflow
ミニタワーモデルだ。ビジネス向けモデルということもあって落ち着いたデザインとなっている。一般的なエアフローでゲームプレイにも問題はない。もっとも性能的にも熱を持ちにくく対応しやすい。

本体右側

Magnate XH-right
本体右側はシンプルだ。特に何も記載することはない。

本体左側

Magnate XH-left
左側にはやや大きめの給気口がある。ファンの力を借りて多くの空気を取り入れられる。

本体内部

Magnate XH-inside
本体に内部もシンプルだ。配線もしっかりまとめられている。グラフィックボードも補助電源が不要なGTX 1650のためコンパクトだ。最低限の拡張性は担保されている。

I/Oパネル

Magnate XH-iopanel
本体前面にI/Oパネルが配置されている。USB端子×2とヘッドフォン端子があり使い勝手は良好だ。

管理人による総評(Magnate MT)

Magnate XJ

GTX 1660 SUPER×i5-10400搭載のゲーミングPCだ。このMagnateは、ビジネスモデルのパソコンを意味する。GALLERIAブランドとは根本的に異なるものだが、最近ドスパラはこのMagnateの販売に力を入れている。ミドルクラスというカテゴリにおいて圧倒的なコストパフォーマンスを誇る一台だ。

グラフィックボードにはGTX 1660 SUPERを搭載しFULL HD環境でのゲームプレイに最適な性能を持つ。CPUには最新のCore i5-10400を搭載。6コア12スレッドとハイパースレッディングに対応したことでゲーム適性が向上している。Ryzenシリーズと比べた際のマルチスレッド性能の高さでも十分戦える所まで来た。メモリ16GB、SSD 500GBと価格帯を考えると優秀だ。

価格CPUグラボ
94,980円Core i5-10400GTX1660 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ

Magnate MTを販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。