magnatemttop


当記事では、ドスパラ「Magnate MT」の詳細レビューをまとめている。立ち位置的にはビジネスモデルながら高性能なグラフィックボードを搭載していてゲームプレイにも対応することができる。ショップのラインナップ的にゲーミングPCとしても扱われていることがわかるだろう。デザインよりも価格を重視したいという方にぴったりだ。現在はゲーミングブランドのGALLERIA RM5C-G60Sよりもかなり価格が抑えられていておすすめしやすい。

Magnate MTのスペック解説

Magnate XJ

ブランド名Magnate
製品名MT
価格Windows 10 / 117,980円(税込)
CPUCore i5-11400
グラフィックボードGeForce GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源550W BRONZE
マザーボードチップセットH510
コスパ★★★★★★★★★☆9.4

>>Magnate MTを購入<<

Magnate MTのおすすめカスタマイズ

実はMagnate MTはカスタマイズの必要性が薄い。基本的にはデフォルトのままの購入でよいだろう。それでもカスタマイズに興味のある方のためにいくつかピックアップしているので参考にして欲しい。

電源 有用性★★★☆☆

magnatemt-dengen
650W BRONZEへのアップグレードは悪くない。将来CPUやグラフィックボードの換装を考えている方も要チェックだ。それ以上になると価格が高すぎてMagnate MTのコスパの高さが毀損されてしまう。

ハードディスク / SSD 有用性★★★☆☆

magnatemt-hdd
SSDのみのストレージでは不安だという方はHDDを追加するとよいだろう。2TBあれば十分だ。容量を増やしたい方だけ選択しよう。

カードリーダー 有用性★★★☆☆

magnatemt-sdcard
カメラやドラレコのファイルをパソコンですぐにチェックしたいという方におすすめだ。

各タイトルの対応表

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

Magnate MTの性能まとめ

PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることができないかもしれない。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて解説していく。

GeForce GTX 1660 SUPER(GPU)

gtx1660superseinou

GTX 1660 SUPERは、ミドルクラスの中心的なグラフィックボードとなっている。性能を無駄にせず、不足しにくいのが特徴だ。迷ったらミドルクラスを選ぶように、グラフィックボードで迷ったらGTX 1660 SUPERを選べば間違いない。高解像度への対応は難しく、フルHD+標準設定に合わせた用途に適している。Core i5-11400と優れたバランスが取れるので、ミドルクラスはこの組み合わせが主流になるだろう。

Core i5-11400(CPU)

i511400seinou

Core i5-11400は、6コア12スレッドを採用した第11世代のミドルクラスのCPUとなっている。第10世代のCore i5-10600K以上、Core i7-9700K以下の性能を持つのが特徴だ。Rocket Lake世代の中でもコストパフォーマンスが高くゲーム以外の用途にも活用しやすい。もはやCore i5シリーズ=必要最低限というのは言えなくなってきている。

これまでもCore i5シリーズ最低ランクのCPUは、ゲーミングPCに最低限必要なCPUとして指定されてきた。その最低限という常識を覆すほど優れた性能が魅力だ。Core i5と侮るなかれ、ミドルクラスの主流となれる力がある。コストパフォーマンスは第11世代の中でも1位、2位を争うほど優れている。

総合性能

Magnate MTseinou

Magnate MTは最新の第11世代Core i5-11400を搭載したミドルクラスのモデルだ。従来と比べてCPU性能が強化されている。これにより一般向けPCとしての強みを伸ばしている。また、ゲーム性能もそれなりに向上しているので、ゲーミングPCとしての選択もありだ。

ミドルクラスの性能であるため、4K解像度でのゲームプレイは少し厳しい。FF14であっても4Kでのゲームプレイは快適とは言えない。この性能はフルHDでプレイしてこそだ。Apex Legendsは標準設定であれば144Hzの高リフレッシュレートが実現できる。

フォートナイトは要求スペックが低いので最高設定でも144Hzが目指せる。Magnate MTは本格的なゲームプレイも可能なゲーミングPCのエントリークラスとしても注目したい。

>>Magnate MTを購入<<

Magnate MTの特徴&強み

従来モデルの値上げで台頭

Magnate MTは、GTX 1660 SUPER×Core i5-11400搭載のゲーミングPCだ。最新のCore i5-11400を搭載したモデルととCore i5-10400搭載モデル(チップセットH510)がある。少し前まで、旧モデルに当たるCore i5-10400搭載モデルは1万円安かった。価格が安い方がこの性能帯では受け入れられやすい。

当初はそちらをおすすめモデルにピックアップしていたが、旧世代のMagnate MTが7,000円の値上げとなり、価格差は3,000円に縮まった。最新のCPUへ3,000円で換装できるならと、最新のCore i5-11400搭載モデルをピックアップした形だ。Magnate MTを候補に入れているなら、最新モデルの方をおすすめしたい。

ただし、現在のBTOパソコンは非常に価格が不安定である。また価格差が開くことは十分考えられる。旧モデルと新モデルの価格差が5,000円以内であれば新モデルに分がある。今は昨日と今日で価格が変わることも珍しくない。どちらを候補に入れていても価格には注意してほしい。

Magnate MTのこれまでと比べると価格は確かに高騰している。それでも、Core i5-11400とGTX 1660 SUPER搭載モデルの相場から見ると選びやすい。比較的安価なGTX 1660 SUPERに人気が集まり、GTX 1660 SUPERの価格も高騰を始めた。おそらく、Magnate MTも近いうちに再度値上げが適用されるだろう。

選ぶなら価格が税込11万円台の今がベストかもしれない。15,000円以上の値上げは可能性としてあり得る。GALLERIAシリーズをベースに考えれば最低でも1万円は値上げするはずだ。評価が高く、おすすめできるのは値上げするまでの期間だけだ。もしも候補に入っているなら少し早めに選択しておきたい。

初心者にも選びやすい一般向けモデル

Magnate MTは一般向けモデルだが、一時期は低価格帯最強のゲーミングPCの座に着くほど突き抜けた評価を有したモデルだった。今はその最強から外れてしまっているが、選ぶ価値のあるモデルだと言える。それは一般向けPCならではの構成にある。

Magnate MTは光学ドライブ・マウス・キーボードが標準搭載となっている。ゲーミングPCでは光学ドライブ搭載モデルはほとんどない。さらに、マウスとキーボードも非搭載が当たり前だ。これはゲーミングPCではない一般向けだからこそのメリットだ。買い替えユーザーからするとあまりメリットに感じないかもしれない。

初めてパソコンを購入するユーザーなら、追加で購入する必要がなくパソコン購入時点である程度揃えられるのは嬉しいメリットだ。もしも、初めて購入したパソコンがゲーミングPCだった場合、届いてからマウスとキーボードの存在を知るかもしれない。付属品だけでパソコンの操作ができるというのは初心者ユーザーにとってはありがたいことである。

光学ドライブが必要な多くのことはオンラインで解決できるようになり、今や形骸化されていると言っても過言ではない。それでも、光学ドライブを必要とする場面は緊急の時がほとんどだ。一部のゲームではディスクインストールが必須である。あって困るものではなく、ないと困ることがある。それが光学ドライブだ。使わなくてもあるだけで助かる場面が訪れることもある。一種の保険としておくと無駄ではないだろう。

買い替えユーザーにも一応のメリットはある。マウスとキーボードが不要な場合はカスタマイズでなしにできる。それぞれ550円の値引きとなるので、マウスとキーボード合わせて1,100円の値引きだ。昔はゲーミングPCでも当然のようにあったカスタマイズが今でも現役だ。僅かな値引きでも、価格が抑えられたモデルではそれなりの恩恵がある。Magnate MTは初心者やライトゲーマーにおすすめのモデルだ。

>>Magnate MTを購入<<

似ているモデルとの比較

ブランド名MagnateGALLERIA
イメージMagnate XJRM5C-G50
製品名MTRM5C-G60S
価格114,980円(税込)139,980円(税込)
CPUCore i5-11400Core i5-11400
GPUGTX 1660 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源550W BRONZE550W BRONZE
マザーボードH510B560
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
ここをチェック!!

比較対象は同じドスパラのGALLERIA RM5C-G60Sだ。Magnate MTと比べてチップセットが優れている。それ以外ではケースデザインがゲーミングPCらしいくらいで中身は同等だ。それでいて価格はMagnate MTの方が25,000円安い。GTX 1660 SUPER搭載モデルを探しているなら間違いなくMagnate MTの方がおすすめだ。

マウスとキーボードをなしにすれば更に1,100円安くなる。コストパフォーマンスで大きく引き離している。一方で、GALLERIA RM5C-G60Sの価格はMagnate MTの将来の姿かもしれない。これまで、この2製品は常にMagnate MTが価格でリードしてきた。しかし、価格差は1万円以内に収まっていた。

これまでの傾向から、Magnate MTは134,980円まで値上げする可能性がある。この性能帯で探しているなら、Magnate MTの価格がそこまで上がる前に選んでおきたい。価格差が5,000円以内になるとケースデザインを重視してGALLERIA RM5C-G60Sという選択肢もありになる。Magnate MTが安いうちがおすすめだ。

>>Magnate MTを購入<<

Magnate MTのパソコンケースレビュー

エアフロー

Magnate XH-airflowミニタワーモデルだ。ビジネス向けモデルということもあって落ち着いたデザインとなっている。一般的なエアフローでゲームプレイにも問題はない。もっとも性能的にも熱を持ちにくく対応しやすい。

本体右側

Magnate XH-right本体右側はシンプルだ。特に何も記載することはない。

本体左側

Magnate XH-left左側にはやや大きめの給気口がある。ファンの力を借りて多くの空気を取り入れられる。

本体内部

Magnate XH-inside本体に内部もシンプルだ。配線もしっかりまとめられている。グラフィックボードも補助電源が不要なGTX 1650のためコンパクトだ。最低限の拡張性は担保されている。

I/Oパネル

Magnate XH-iopanel本体前面にI/Oパネルが配置されている。USB端子×2とヘッドフォン端子があり使い勝手は良好だ。

管理人による総評(Magnate MT)

Magnate XJ

GTX 1660 SUPER×i5-11400搭載のゲーミングPCだ。このMagnateは、ビジネスモデルのパソコンを意味する。GALLERIAブランドとは根本的に異なるものだが、最近ドスパラはこのMagnateの販売に力を入れている。ミドルクラスというカテゴリにおいて高いコストパフォーマンスを誇る一台だ。光学ドライブやマウスなどの付属品が標準搭載となっているのは魅力的だろう。

グラフィックボードにはGTX 1660 SUPERを搭載しフルHD環境でのゲームプレイに最適な性能を持つ。CPUには最新のCore i5-11400を搭載している。6コア12スレッドとハイパースレッディングに対応したことでゲーム適性が向上している。従来モデルのCore i5-10600Kを超えるCPU絵師脳を持つ。Ryzenシリーズと比べた際のマルチスレッド性能の高さでも十分戦える所まで来た。メモリ16GB、SSD 512GBと価格帯を考えると優秀だ。

価格CPUグラボ
117,980円(税込)Core i5-11400GTX1660 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • 管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • Magnate MTを販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。