Magnate MTtop


当記事では、ドスパラ「Magnate MT」の詳細レビューをまとめている。立ち位置的にはビジネスモデルながら高性能なグラフィックボードを搭載していてゲームプレイにも対応することができる。ショップのラインナップ的にゲーミングPCとしても扱われていることがわかるだろう。デザインよりも価格を重視したいという方にぴったりだ。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★★☆(対応)
kurosabakutop
★★★★☆(対応)
ff14suisyou
★★★★☆(対応)
fortnite
★★★★☆(対応)

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

Magnate MTは、i7-9700に近い性能を持つi5-10400を搭載したミドルクラスのゲーミングPCだ。総合性能で言えば第9世代搭載の上位ミドルクラスに匹敵する。当然全てのゲームを快適にプレイできるだけの性能は持っている。高リフレッシュレートにも対応可能なパフォーマンスは価格帯随一と言えるだろう。設定次第で最新のゲームも快適にプレイすることが可能だ。圧倒的な対応力とコストパフォーマンスで、その名を一躍世間に知らしめた。

Magnate MTのスペック解説

Magnate XJ

ブランド名Magnate
製品名MT
価格Windows 10 / 94,980円
CPUCore i5-10400
グラフィックボードGeForce GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GB
SSDM.2 500GB
HDD非搭載
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットH410
コスパ★★★★★★★★★★9.9

>>>>>Magnate MTを購入する<<<<<

Magnate MTの性能まとめ

PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることができないかもしれない。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて解説していく。

GeForce GTX 1660 SUPER(グラフィックボード)

gtx1660superseinou

GTX 1660 SUPERは、ミドルクラスの中心的なグラフィックボードとなっている。性能を無駄にせず、不足しにくいのが特徴だ。迷ったらミドルクラスを選ぶように、グラフィックボードで迷ったらGTX 1660 SUPERを選べば間違いない。高解像度への対応は難しく、フルHD+標準設定に合わせた用途に適している。Core i5-10400と優れたバランスが取れるので、ミドルクラスはこの組み合わせが主流になるだろう。

Core i5-10400(CPU)

i5-10400seinou

Core i5-10400は、第10世代のミドルクラスのCPUとなっている。第9世代のi5-9600K以上、i7-9700以下の性能を持つのが特徴だ。今世代からマルチスレッドに対応したことで、ゲーム以外の用途にも活用しやすい。i5シリーズ最低ランクのCPUは、ゲーミングPCに最低限必要なCPUとして指定されてきた。その常識を覆すほど優れた性能が魅力。Core i5と侮るなかれ、ミドルクラスの主流となれる力がある。コストパフォーマンスは第10世代の中でも1位2位を争うほど優れている。

総合性能

Magnate MTseinou

ややCPU性能が突出している。これでもGPUとのバランスはしっかり取れている。第10世代の中ではこれより抑えられた性能はi3しかない。ゲーミングPCにi3が採用されるようになれば、最良のバランスが取れるCPUは変わるかもしれない。とても低価格で実現できるとは思えない性能だ。ゲーミングPCに求められる多くの要素を満たしたモデルである。

>>>>>Magnate MTを購入する<<<<<

Magnate MTの特徴&強み

ゲーミングPCに一石投じたビジネスモデル

GALLERIA MTが、第10世代搭載モデルとしてリニューアルした。その姿は全ての低価格モデルを過去にするほど鮮烈だ。ミドルクラスの人気の性能、十分過ぎる構成、そして何より低価格帯での登場。i5-10400の性能が大きく伸びたことが一因とは言え、最初からここまで突き抜けるとは予想もしていなかった。

Magnateシリーズは現在ゲーミングPCにカテゴリされている。しかし、元々はゲーミングブランドではなく、一般向けPCのラインナップだった。突如ゲーミングPCのラインナップに加わったMagnateシリーズは、特徴的にもあまり受け入れられるモデルではなかった。

ゲーミングPCの歴史に名を残すモデルがあるとするなら、Magnate MTは確実にその枠に入るだろう。そのままの意味で、低価格高性能を実現したモデルは少ない。特に、性能面の妥協は必須だった。Magnate MTが妥協したポイントはHDDとチップセットである。大きく性能に関与しない箇所を妥協するというのはドスパラの賢さだろう。

税抜10万円を下回るモデルの中で、明らかに異質なモデルである。メインラインナップに119,980円で並んでいてもおかしくない。他ショップの動向からしても、このモデルなら109,980円でも評価されていたはずだ。他製品と並び歩くつもりは毛頭ない。そんな気概すら漂わせるゲーミングPCだ。とても元ビジネスモデルとは思えない。

低価格帯最強のゲーミングPCとして君臨

Core i5-10400搭載のMagnate MTが登場するまで、GALLERIA RT5が税抜10万円以下の低価格帯トップモデルだった。突き抜けたコストパフォーマンスから、これ以上のモデルが登場することはないだろうと考えていた。しかし、それを上回る最新モデルが登場した。第9世代搭載の税抜129,800円のモデルと対等に渡りあえるほどだ。

ここまで優れたモデルが同じドスパラから誕生するとは思いもしなかった。i5-10400の発表から、いずれはMagnate MTのようなモデルが出てくる予感はあった。ただ、その登場までの期間が思っていた以上に短かった。第10世代のi5は現在入手困難な供給不足である。

他ショップでは早々にi5-10400搭載モデルがラインナップから消えた。第10世代はi9-10900Kしか取り扱えないショップも目立つ。そんな中、人気モデルになること間違いなしのMagnate MTを販売したドスパラの勢いは素晴らしい。

Magnate MTの功績はパソコンでゲームをするハードルの高さを大幅に下げたことだろう。2010年あたりでは、快適にゲームをプレイするためには税抜16万円ほど必要だった。10年で半額近い価格で快適なゲームプレイを実現するモデルが生まれた。CPUとGPUの進化の凄まじさを感じさせられる出来事だ。

予算が税込み15万円までなら、Magnate MTも選択肢に入る。予算を抑える目的だけではなく、性能的にも候補に加わる形だ。第10世代の評価ははっきり言って高くない。しかし、第10世代搭載のゲーミングPCでは多大な評価を得ている。

今、Magnate MTの登場による衝撃はあるが、しばらくするとこれが当たり前になるかもしれない。供給がある程度追いつけば追随するモデルもあるだろう。それまではMagnate MTが受けて立つ立場だ。低価格帯最強のゲーミングPC誕生は誰にとっても嬉しい話である。

>>>>>Magnate MTを購入する<<<<<

似ているモデルとの比較

ブランド名MagnateGALLERIA
イメージMagnate XJgalleriadhtop-1
製品名MTRT5
価格94,980円89,980円
CPUi5-104005 3500
GPUGTX 1660 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSD500GB256GB NVMe
HDD非搭載1TB
電源500W BRONZE500W BRONZE
マザーボードH410B450
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
ここをチェック!!

比較対象は前最強モデルGALLERIA RT5だ。基本的にはCPUとストレージと価格に差がある。CPUはMagnate MTが大幅にリードし、価格ではGALLERIA RT5がリードしている。ストレージは評価が分かれるところだ。NVMe対応SSD 256GB、HDD 1TBを搭載したGALLERIA RT5は総容量では勝っている。

一方のMagnate MTはM.2 500GBだ。SSDの利便性を考えると500GBのMagnate MTの方が有利に見える。高速のNVMe対応SSDであっても、256GBゲームを保存する容量としては物足りない。ただ、HDDを搭載していないと動画の保存などが難しい。ここは同等という評価にしておきたい。

結論から言うとMagnate MTが圧倒的に優れている。価格差が5,000円しかないことが影響している。GALLERIA RT5の価格が84,980円を下回っても同等程度の評価だ。GALLERIA RT5がMagnate MTを上回るためには、79,980円以下にならなくてはならない。これは厳しい価格である。このことからも、Magnate MTは長期に渡り低価格帯最強モデルに君臨すると予想できる。Magnate MTのキャンペーンにも期待したいところだ。

>>>>>Magnate MTを購入する<<<<<

Magnate MTのパソコンケースレビュー

エアフロー

Magnate XH-airflow
ミニタワーモデルだ。ビジネス向けモデルということもあって落ち着いたデザインとなっている。一般的なエアフローでゲームプレイにも問題はない。もっとも性能的にも熱を持ちにくく対応しやすい。

本体右側

Magnate XH-right
本体右側はシンプルだ。特に何も記載することはない。

本体左側

Magnate XH-left
左側にはやや大きめの給気口がある。ファンの力を借りて多くの空気を取り入れられる。

本体内部

Magnate XH-inside
本体に内部もシンプルだ。配線もしっかりまとめられている。グラフィックボードも補助電源が不要なGTX 1650のためコンパクトだ。最低限の拡張性は担保されている。

I/Oパネル

Magnate XH-iopanel
本体前面にI/Oパネルが配置されている。USB端子×2とヘッドフォン端子があり使い勝手は良好だ。

管理人による総評(Magnate MT)

Magnate XJ

GTX 1660 SUPER×i5-10400搭載のゲーミングPCだ。このMagnateは、ビジネスモデルのパソコンを意味する。GALLERIAブランドとは根本的に異なるものだが、最近ドスパラはこのMagnateの販売に力を入れている。ミドルクラスというカテゴリにおいて圧倒的なコストパフォーマンスを誇る一台だ。FULL HD環境でのゲームプレイに最適な性能を持つ。CPUには最新のCore i5-10400を搭載。ハイパースレッディングに対応したことでゲーム適性が向上している。メモリ16GB、SSD 500GBと価格帯を考えると優秀だ。

価格CPUグラボ
94,980円Core i5-10400GTX1660 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ

Magnate MTを販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る