Magnate MTtop


当記事では、ドスパラ「Magnate MT」の詳細レビューをまとめている。立ち位置的にはビジネスモデルながらライトミドルクラスのグラフィックボードを搭載していてゲームプレイにも対応することができる。ショップのラインナップ的にゲーミングPCとしても扱われていることがわかるだろう。デザインよりも価格を重視したいという方にぴったりだ。GTX 1660 SUPER搭載モデルの復活は昨今の状況を考えると大きい。

Magnate MTのスペック解説

Magnate XJ

ブランド名Magnate
製品名MT
価格Windows 10 / 115,980円(税込)
CPUCore i5-11400
グラフィックボードGeForce GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源550W BRONZE
マザーボードチップセットH510
コスパ★★★★★★★★★★10.0 over!!

>>Magnate MTを購入<<

Magnate MTのおすすめカスタマイズ

実はMagnate MTはカスタマイズの必要性が薄い。基本的にはデフォルトのままの購入でよいだろう。それでもカスタマイズに興味のある方のためにいくつかピックアップしているので参考にして欲しい。

電源 有用性★★★☆☆

magnatemt-dengen
650W BRONZEへのアップグレードは悪くない。将来CPUやグラフィックボードの換装を考えている方も要チェックだ。それ以上になると価格が高すぎてMagnate MTのコスパの高さが毀損されてしまう。

ハードディスク / SSD 有用性★★★☆☆

magnatemt-hdd
SSDのみのストレージでは不安だという方はHDDを追加するとよいだろう。2TBあれば十分だ。容量を増やしたい方だけ選択しよう。

カードリーダー 有用性★★★☆☆

magnatemt-sdcard
カメラやドラレコのファイルをパソコンですぐにチェックしたいという方におすすめだ。

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

Magnate MTの性能まとめ

PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることができないかもしれない。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて解説していく。

GeForce GTX 1660 SUPER(GPU)

gtx1660superseinou

GTX 1660 SUPERは、ミドルクラスの中心的なグラフィックボードとなっている。性能を無駄にせず、不足しにくいのが特徴だ。迷ったらミドルクラスを選ぶように、グラフィックボードで迷ったらGTX 1660 SUPERを選べば間違いない。信頼性が高いモデルで人気がある。

Ampere世代のグラフィックボードが登場した今はライトミドルクラスとなっている。高解像度への対応は難しく、フルHD+標準設定に合わせた用途に適している。Core i5-11400と優れたバランスが取れるので、ミドルクラスはこの組み合わせが主流になるだろう。

Core i5-11400(CPU)

i511400seinou

Core i5-11400は、6コア12スレッドを採用した第11世代のミドルクラスのCPUとなっている。第10世代のCore i5-10600K以上、Core i7-9700K以下の性能を持つのが特徴だ。Rocket Lake世代の中でもコストパフォーマンスが高くゲーム以外の用途にも活用しやすい。もはやCore i5シリーズ=必要最低限というのは言えなくなってきている。

これまでもCore i5シリーズ最低ランクのCPUは、ゲーミングPCに最低限必要なCPUとして指定されてきた。その最低限という常識を覆すほど優れた性能が魅力だ。Core i5と侮るなかれ、ミドルクラスの主流となれる力がある。コストパフォーマンスは第11世代の中でも1位、2位を争うほど優れている。

総合性能

Magnate MTseinou

Magnate MTは最新の第11世代Core i5-11400を搭載したミドルクラスのモデルだ。従来と比べてCPU性能が強化されている。これにより一般向けPCとしての強みを伸ばしている。また、ゲーム性能もそれなりに向上しているので、ゲーミングPCとしての選択もありだ。

ミドルクラスの性能であるため、4K解像度でのゲームプレイは少し厳しい。FF14であっても4Kでのゲームプレイは快適とは言えない。この性能はフルHDでプレイしてこそだ。Apex Legendsは標準設定であれば144Hzの高リフレッシュレートが実現できる。

フォートナイトは要求スペックが低いので最高設定でも144Hzが目指せる。Magnate MTは本格的なゲームプレイも可能なゲーミングPCのエントリークラスとしても注目したい。

>>Magnate MTを購入<<

Magnate MTの特徴&強み

まさかの値下げで価格帯最強モデルへ

Magnate MTが、およそ5ヶ月ぶりに復活してまさかの1万円の値下げが適用された。復活してすぐの値引きは流石に想定していなかった。そもそも、Magnateシリーズなどの一般向けPCは値引きされにくい。その代わりに通常時でもおすすめしやすい価格に抑えられているのが特徴だ。そのMagnate MTが値引きされたのは大きい。

確認したところ、Core i5-10400搭載モデルがラインナップから消えている。もしかすると、第10世代搭載モデルが消えたことで、価格調整の幅が広がったのかもしれない。Core i5-10400搭載モデルが120,980円で、Core i5-11400が125,980円だった。しかし、ラインナップ上ではCore i5-10400もCore i5-11400も120,980円と表記されていた。

世代で5,000円変わるなら、今回の値引きで価格が115,980円になったというのは設定されていた価格が120,980円だったからかもしれない。この辺りはショップにしか分からないことなので、あまり深く考察しないようにしておく。何にせよ、これでより選びやすくなった。125,980円でも評価自体は高かったと言える。

選びやすさという点では少し微妙なところがあった。Lightning AT5などの対抗製品に差を付けられていたからだ。その問題もクリアし、価格帯最強に舞い戻った。Magnate MTは12万円以下の予算を想定するユーザーにとって心強いモデルである。かつて、低価格帯最強のモデルとして君臨していたように、あの頃の姿をもう一度見せてくれるかもしれない。

性能を過信してはいけない

Magnate MTは低価格帯最強のモデルとして君臨し、現在も価格帯最強のモデルである。しかしその一方で、その性能はミドルクラスに達していない。前世代の中ではミドルクラスとして人気を博していた。今はライトミドルクラスと言うべきか。既存の枠に当てはめるならロークラスである。最新のゲームタイトルでは144Hzなどの高リフレッシュレートに対応しにくい性能だ。

いかに最強クラスと言えども、価格を抑えたモデルであることは理解しておきたい。評価の低いRTX 3060搭載モデルに対しても、性能では大きく差を着けられている。価格に対しては優秀というだけで、性能自体は現行の足元にも及ばない。Magnate MTの性能ではこれからのゲーム事情を考えると性能の寿命は長いとは言いにくい。

もっとも、それはMagnate MTの問題ではなく、価格帯の問題とも言える。12万円以下のモデルならGTX 1660やGTX 1650が主流だ。それらのモデルと比べるとマシ程度に考えたい。プレイするタイトルによっては快適にプレイできるので、既存のゲームタイトルに絞っているなら問題はない。例えばフォートナイトのような要求スペックの低いタイトルだ。

設定で負荷を下げやすいApex Legendsもプレイしやすいタイトルと言える。極端なことを言えば高リフレッシュレートでなく、60fpsでプレイしても不利にならないゲームタイトル向けだ。基本無料系のMMORPGなども含まれる。

幅広くライトにプレイするゲーマーにはおすすめである。最新のタイトルを中心に高解像度でプレイしたいなら間違いなく用途に合わない。自分のプレイスタイルにMagnate MTは合うかどうかをよく考えて選択してほしい。

>>Magnate MTを購入<<

似ているモデルとの比較

ブランド名MagnateLightning
イメージMagnate XJLightning AH5
製品名MTAT5
価格115,980円(税込)118,980円(税込)
CPUCore i5-11400Ryzen 5 3500
GPUGTX 1660 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 500GB
HDD非搭載非搭載
電源550W BRONZE550W BRONZE
マザーボードH510A520
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
ここをチェック!!

比較対象は同じドスパラの一般向けPC Lightning AT5だ。比較対象としては今は弱い。Magnate MTの価格が125,980円だったなら対等な比較対象だっただろう。価格が下がった今となってはMagnate MT一択だ。Ryzen 5 3500とCore i5-11400では性能差が大きすぎる。

基本的な構成に差がなく、性能に優れたMagnate MTの方が安いのだから迷う理由もない。Lightning AT5のCPUが現行のRyzen 5だったなら評価は違っていた。最新モデルと旧モデルの差が出た比較だ。

>>Magnate MTを購入<<

Magnate MTのパソコンケースレビュー

エアフロー

Magnate XH-airflowミニタワーモデルだ。ビジネス向けモデルということもあって落ち着いたデザインとなっている。一般的なエアフローでゲームプレイにも問題はない。もっとも性能的にも熱を持ちにくく対応しやすい。

本体右側

Magnate XH-right本体右側はシンプルだ。特に何も記載することはない。

本体左側

Magnate XH-left左側にはやや大きめの給気口がある。ファンの力を借りて多くの空気を取り入れられる。

本体内部

Magnate XH-inside本体に内部もシンプルだ。配線もしっかりまとめられている。グラフィックボードも補助電源が不要なGTX 1650のためコンパクトだ。最低限の拡張性は担保されている。

I/Oパネル

Magnate XH-iopanel本体前面にI/Oパネルが配置されている。USB端子×2とヘッドフォン端子があり使い勝手は良好だ。

管理人による総評(Magnate MT)

Magnate XJ

GTX 1660 SUPER×i5-11400搭載の一般向けモデルだ。ついに待望の一台が待望の復活を果たした。このMagnateは、ビジネスモデルのパソコンを意味する。ゲーミングブランドであるGALLERIAブランドとは根本的に異なるものだが、最近ドスパラはこのMagnateの販売に力を入れている。ライトミドルクラスというカテゴリにおいて高いコストパフォーマンスを誇る一台だ。光学ドライブやマウスなどの付属品が標準搭載となっているのは魅力的だろう。

グラフィックボードにはGTX 1660 SUPERを搭載しフルHD環境でのゲームプレイに最適な性能を持つ。CPUには最新のCore i5-11400を搭載している。6コア12スレッドとハイパースレッディングに対応したことでゲーム適性が向上している。従来モデルのCore i5-10600Kを超えるCPU性能を持つ。Ryzenシリーズと比べた際のマルチスレッド性能の高さでも十分戦える所まで来た。メモリ16GB、SSD 500GBと価格帯を考えると優秀だ。

価格CPUグラボ
115,980円(税込)Core i5-11400GTX1660 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • 管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • Magnate MTを販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。