NEXTGEAR JG-A7G60


マウスコンピューターが販売する「NEXTGEAR JG-A7G60」の詳細レビューをまとめている。Ryzen 7 5700X×RTX 4060搭載のミドルクラスのゲーミングPCだ。標準的な性能で、誰にとっても扱いやすいのが特徴だ。初心者にしても、まずはこのRTX 4060の性能を基準にするとよいのではないかと思う。

今最も注目したいモデルの一つだ。非常に充実した構成に、抑えられた価格でコストパフォーマンスの評価がずば抜けて高い。送料無料に加え、標準で3年保証はマウスコンピューターならではだ。24時間365日電話サポートもあり、パソコンに慣れていない方や初心者の方には非常に心強い。マウスコンピューターは業界トップクラスのサポート充実度を誇っている。

NEXTGEAR JG-A7G60のスペック解説

nextgear

ブランド名NEXTGEAR
製品名NEXTGEAR JG-A7G60
価格149,800円(税込)
CPURyzen 7 5700X(水冷)(レビュー)
グラボGeForce RTX 4060(レビュー)
メモリDDR4-3200 16GB
ストレージSSD 1TB NVMe
電源750W 80PLUS BRONZE
マザーボードチップセットB550
おすすめ度Sランク
評価・コスパ
10.0

・構成
7.5

・品質/サポート
10.0

・総合評価
9.1

>>NEXTGEAR JG-A7G60を購入<<

各タイトルの対応表

FF15Apex LegendsFORTNITE
ff15
・4K


・WQHD
Apex-Legends
・240fps


・144fps
fortnite
・240fps


・144fps

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

NEXTGEAR JG-A7G60はRyzen 7 5700XとRTX 4060を搭載したミドルクラスのゲーミングPCだ。オーソドックスで標準的なゲーム性能を有しており、ほぼ全てのゲームの推奨環境を満たしている。最高設定では負荷を感じることもある。Apex Legendsやフォートナイトは144Hz環境に対応できる。ただし、Apex Legendsは少し設定を下げた方が安定しそうだ。基本的に設定を下げることを前提にした性能なので、最高設定を目指すには適していない。

NEXTGEAR JG-A7G60の性能まとめ

ゲーミングPCは、CPUやグラフィックボードなどのパーツの集合体だ。ゲーミングPCの性能を決める重要な部分はCPUとグラフィックボードの性能だ。この2つのスペックをより詳しく見ていく。

ゲーミングPCの性能を知るためには、CPUとグラフィックボードの性能を理解する必要がある。数値やグラフで確認することで、パソコンに慣れていない方にとっても直感的にわかりやすいはずだ。

AMD Ryzen 7 5700X(CPU)

Core i7-1370036,074
Core i7-12700K30,046
Core i7-1270028,961
Ryzen 7 7700X27,183
Core i5-12600K25,507
Core i5-1340025,345
Ryzen 7 5800X24,001
Core i7-11700K23,705
Ryzen 7 5700X22,789
Core i5-1240022,546
Ryzen 7 3700X21,064
Ryzen 5 5600X20,616
Core i7-1170020,009
Ryzen 5 560019,765
Ryzen 5 3600X16,117
Core i5-1140016,019
Ryzen 7 2700X15,250

NEXTGEAR JG-A7G60で採用されているCPUは旧世代のRyzen 7 5700Xだ。競合モデルよりも価格が安く再評価されている。8コア16スレッドというスペックを持つが、アーキテクチャがZen 3と古くマルチコア性能はそれほど高くない。Intel第13世代のCore i5-13400(10コア16スレッド)と比べて10%程度劣る。ゲーミング性能自体はCore i5-13400と同等だと考えてよい。

高性能なGPUに対してバランスが取りにくいため、評価の高いモデルは限られている。その点では、RTX 4060を搭載したNEXTGEAR JG-A7G60とはバランスがよく、価格の安さでしっかり性能をカバーできている。Ryzen 7 5700Xは登場から1年以上経過した旧世代のCPUだ。8コア16スレッドというスペックはIntel第13世代CPUと比べて心許ない。それでも、ゲーム性能はRTX 4060の足を引っ張らない程度にはある。RTX 4060との組み合わせならデメリットはないと考えてよさそうだ。

GeForce RTX 4060(GPU)

RTX 407034,914
RX 680030,479
RTX 3070 Ti29,957
RTX 307028,194
RTX 4060 Ti28,036
RTX 2080 Ti26,552
RX 6700 XT25,895
RTX 3060 Ti24,213
RX 7600 XT23,782
RTX 406022,620
RX 760022,164
RX 6650 XT21,990
RX 6600 XT21,147
RTX 306018,722
RTX 2060 SUPER16,150
RTX 206014,812
GTX 1660 SUPER13,913

GeForce RTX 4060は、2023年6月29日に発売されたグラフィックボードだ。非常に扱いやすい標準的なGPUで、歴代のGPUでも60番台が最も選ばれている。前世代のRTX 3060とRTX 3060 Tiの中間のような性能だ。どちらも人気のGPUだったので、双方のいいとこ取りのようなGPUである。

WQHD解像度への対応力が増し、従来よりも幅広い環境を構築できるようになった。さらに、消費電力はRTX 3050と同程度にまで下がっており、ワットパフォーマンスにも優れたGPUだ。RTX 3060並の価格、RTX 3060 Tiに近い性能、RTX 3050と同等の消費電力と、従来のミドルクラス全般のよさを引き継いでいる。

>>NEXTGEAR JG-A7G60を購入<<

NEXTGEAR JG-A7G60の特徴

従来モデル並の低価格を実現したモデル

NEXTGEAR JG-A7G60の魅力はRTX 4060搭載で15万円を切る価格にある。マウスコンピューターは送料も無料なので、他のショップよりも実質価格は下がる。一般的にBTOパソコンの送料は2,200円~3,300円程度なのでお得感がある。表記通りの価格で購入できるというのは親切だ。

Ryzen 7 5700XとRTX 4060で149,800円という価格は、従来のRyzen 7 5700XとRTX 3060搭載モデル並の価格設定だ。最新のGPU搭載モデルが、すでに従来の最終盤の価格に近づいている。いかに価格で勝負できるモデルなのかがわかりやすいはずだ。加えて、NEXTGEAR JG-A7G60は構成を大きく削ったようなモデルではない。コストパフォーマンスの評価が高くなるのも頷ける。

ゲーミングPCで選択される価格帯は15万円前後が最も多い。人気の価格帯で、標準的なモデルを展開できるのは素晴らしい。Ryzen 7 5700X搭載モデルは価格を抑えやすいが、ここまで選びやすいモデルは他にない。この価格帯のゲーミングPCではトップクラスのモデルと言っても過言ではないだろう。

NEXTGEAR JG-A7G60に、目立った弱点はない。構成も性能を考えれば妥当なもので、むしろ充実しているようにすら感じる。今のRTX 4060搭載モデルで、NEXTGEAR JG-A7G60を上回る評価を持つモデルはないはずだ。そのくらい突出した存在だ。

一部のセールモデルや一般向けモデルが対抗となる。常時販売されている通常ラインナップで、それらのモデルに対抗できること自体が驚きだ。G-Tuneとは違うマウスコンピューターの新たな施策が伺えるモデルだ。コストパフォーマンスを求めるなら、まずは候補に入れておきたい。

コストカットが見られない充実の構成

NEXTGEAR JG-A7G60は充実の構成も魅力の一つだ。yzen 7 5700X搭載のミドルクラスは、価格を抑えるために構成を削ったモデルが多い。対抗製品がCore i5搭載モデルになることから、少しでも価格を抑えて特徴的なモデルを目指しているのだろう。NEXTGEAR JG-A7G60はそんなモデルに一石を投じるような存在だ。

Ryzen 7 5700Xには明らかにオーバースペックと言える水冷CPUファンを搭載している。これが何よりの驚きだ。コストカットどころか、コストを掛けている。SSDも1TBあり、電源も750Wの大容量が採用されている。はっきり言って、この性能帯では最強の構成だ。なぜこの価格が実現できるのか不思議なくらいだ。

Ryzen 7 5700Xに水冷ファンを採用したモデルはどのくらいあるのだろうか。ほぼ全てと言っていいほど、空冷式が採用されるCPUだ。見方によっては無駄とも思えるかもしれない。しかし、オーバークロックなど、CPU性能を底上げする際には求められる。長く使用するならCPUの交換も視野に入ってくるだろう。その時にCPUファンの交換が必要ない。

少しでも長く使用できるように、パーツの交換で対応できるように考えられているように見える。G-Tuneなど他のマウスコンピューターの製品と違い、ケースデザインもゲーミングPCらしさがある。ケースデザインがいいとパーツ交換で対応しやすくなる。こういった部分でも長寿なゲーミングPCになれる可能性を感じる。

一般向けモデルなど、NEXTGEAR JG-A7G60よりも価格が抑えられたモデルはある。ただ、NEXTGEAR JG-A7G60ほどおすすめできるRTX 4060搭載モデルはない。予算が15万円ほどであるなら、NEXTGEAR JG-A7G60を選んでおけば間違いない。胸を張っておすすめできるモデルである。

>>NEXTGEAR JG-A7G60を購入<<

競合モデルとの比較

ブランドNEXTGEARMagnate
イメージnextgearMagnate XJ
製品名NEXTGEAR JG-A7G60Magnate MV
ケースミニミニ
価格149,800円(税込)139,980円(税込)
送料無料3,300円(税込)
CPURyzen 7 5700XCore i5-13400F
GPURTX 4060RTX 4060
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 500GB
電源750W BRONZE650W BRONZE
マザボB550H610
納期最短翌営業日最短翌営業日
基本保証3年間1年間
電話サポート24時間365日24時間365日
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はドスパラのMagnate MVだ。価格は1万円安く、CPU性能にも優れている。構成ではSSD容量が半減、電源容量が下がり、チップセットも下がる。構成面は圧倒的にNEXTGEAR JG-A7G60が優れている。それこそ、1万円程度の価格差なら逆転できるほどだ。ドスパラは送料に3,300円かかる。実際の価格差は6,520円だ。

SSDを1TBに変更するのに4,000円かかることも考えれば、実質的な価格差は2,500円程度である。ケースデザインや水冷CPUファンまで加味すればNEXTGEAR JG-A7G60をおすすめしたい。1万円の価格差を吹き飛ばすには十分な評価を得ている。価格で勝るモデルはあっても、評価まで覆すことのできるモデルは存在しない。

NEXTGEAR JG-A7G60はこの価格帯、性能帯でも頭一つ抜けた存在だ。3年保証を標準で付随してくるので、初心者の方にとっても安心だ。Magnate MVに3年保証をつけると5,600円だ。これらも加算すると価格差は逆転する。これほど優れたモデルはなかなか登場してこないだろう。しばらくはNEXTGEAR JG-A7G60の独壇場になりそうだ。

パソコンケースレビュー

NEXTGEAR JG-A5G1D」のレビューで撮影したケース画像だ。基本的な中身は同じだ。カスタマイズで赤色LEDケースファンを選択している。

梱包

NEXTGEAR-konpou
非常にシンプルだ。説明書と電源ケーブルがついている。

NEXTGEAR-konpou2
かなりきれいに梱包されている。

正面

NEXTGEAR-syoumen
NEXTGEARを表したピンクのNGというデザインロゴが黒いケースに映える。2世代前のNEXTGEAR-Microを彷彿とさせる強力なフロントファンが、エアフローの強さを感じさせる。確認しづらいが、フロントファンは3連ファンとなっており、吸気性能は非常に高いことがわかる。右下には小さくNEXTGEARのロゴも見える。シンプルでありながら、ゲーミングPCとしての存在感のある重厚でスタイリッシュなデザインに仕上がっている。

ライトアップ

NEXTGEAR-lightup
カスタマイズで変更可能な赤色LEDファンをライトアップ。カスタマイズなしはLEDファン非搭載なので注意。ゲーミングPCらしい派手なライトアップはガラスサイドパネル採用ケースには映える。従来のケースと異なり、サイドパネルを変更した上でLEDファンへ変更ではない。標準でガラスサイドパネル採用のケースである。単にLEDファンに変更するだけなので、コストも抑えられており、デザインを意識した選択がしやすくなっている。

I/Oパネル

NEXTGEAR-iopanel
I/Oパネルは最近のゲーミングPCに多い天板に搭載されている。USB 3.0が2つにイヤホン・マイクの入出力端子が1つのオーソドックスなものだ。一般的にUSBの接続端子が黒色はUSB 2.0を指すが、NEXTGEARのケースでは黒色でも3.0となっている。背面の黒色は2.0、青色は3.0となっているので少しややこしく感じる。天板部に黒色のUSB 3.0を採用したのはデザインを重視してのことだろう。

イヤホンマイクの入力端子にしても、I/Oパネルがケース全体の雰囲気を損なわない工夫だ。電源スイッチが黒く四角いタイプであることもケースデザインやカラーの基調に合わせたものだ。小さなところかもしれないが、こういった工夫がゲーミングPCのデザインと言える。

また、天板部には取り外し可能な防塵フィルターが装着されている。天板にも2基のファンがあり、吸気の強さを感じさせる。その分だけ埃の吸入も多くなるので、防塵フィルターの存在はありがたいものだ。パソコン内部に埃がたまりにくくなれば、それだけ長く使い続けることができる。本当によく考えられたケースであり、NEXTGEAR-Microの正当な後継機と言えそうだ。

右側

NEXTGEAR-right
NEXTGEARのケースの右側はエアホールのないカバーのみとなっている。左側がガラスサイドパネルであることを考えると、空気の出入りは左右から行われない構造である。吸気が強いことで、空気が横に流れずに正しいエアフローを構築するような形だ。フロント3基、天板2基のファンのよさを損なわないカバーである。

右側内部

NEXTGEAR-rightinside
右側パネルの中は背面通しが可能なケーブルマネジメント機構となっている。ボトムカバーと合わせて、ケーブルを見せずにすっきりさせる形状となっている。また、2つの2.5インチシャドウベイも右側パネルの中にある。SATA SSDを搭載する際は、ここに固定することで表からはSATAケーブルのみ見える形になる。すっきりするだけでなく、接続しにくい電源ケーブルに近いことでセットアップが容易になる。

搭載されているファンが多いことで、少しケーブルがごちゃごちゃして見えるかもしれない。しかし、表からは見えないようにすっきりさせるというポイントはしっかり抑えられている。意外とこういった形状は管理がしやすく、ケーブルの破損も少ないので合理的なものだ。

左側内部

NEXTGEAR-leftinside
ガラスサイドパネルを外しての撮影だ。これだけすっきりしていると、ガラスサイドパネルを外さなくてもパソコン内部を確認できる。できるだけケーブルを見せないことで、各パーツの視認性が上がり、取り外しも非常に容易になる。3.5インチベイを採用しないことで、フロント部の余分なスペースを上手く利用できている。ファンを搭載し、3.5インチベイや2.5インチベイにエアフローを阻害されることがない。

ボトムカバーを採用しており、電源周辺のケーブルもうまく見えなくしている。また、デザインの重さを下部に集中させ、3.5インチベイや2.5インチベイを廃止したことで、上部まで広くすっきりして見える。スペースを広く確保しつつ、ボトムカバーで底上げをすることで、ケーブルに光が吸収されにくく、しっかりとLEDが反射しやすくなる。単にLEDファンを設定できるだけではない。LEDファンを搭載することを前提としているからこそできたケース内部だ。最近のデザイン偏重のケースにも負けないスタイリッシュな内部だ。水冷クーラーのラジエーターも設置できることから、実用性の高さもうかがい知れる。

背面

NEXTGEAR-haimen
背面ははっきり言ってデザインを台無しにしやすい。ケース全体が黒なのに背面は銀色というのはよくある。ケースのしっかり合わせたカラーと形状をしており、評価を高めている。剛堅さを感じさせるフォルムに、使い勝手のよさを思わせる構造がある。

気になったのは背面ファンの取り付け位置だ。可変式の固定具があり、位置やサイズをあまり気にせず取り付けられそうだ。天板にファンを搭載しているケースにはよくあることだが、14cmファンなどの大きなタイプは干渉して取り付けられないことがある。それを考えてか、取り付け位置を上下に調整できるようになっている。これは天板のファンを交換することがあると恩恵を受けられる。大型、特殊なファンや機構を天板に取り付けると、設置できる背面ファンが限定されてしまいがちだ。それを防ぎ、幅を広げられている。デザインや機能を活かす機構が備わっているのは素晴らしい。

もう一つの注目点はPCIEカバーの留め具というのだろうか。スロットカバーを固定する箇所だ。内部にネジで固定するのではなく、外部の留め具に固定することで取り外しがしやすくなる。その留め具部分がしっかりケースと一体化しているのに驚く。実用的にもデザイン的にも軽視されやすい箇所を、しっかりとデザインの一部にしている。こほど完成度の高い背面は見たことがない。間違いなくNEXTGEARのケースは歴代のマウスコンピューター製品で最高峰の傑作である。

NEXTGEAR-soko
底面はマウスコンピューターの得意分野であると言える。おなじみのマグネット付きの防塵フィルターで、埃の吸引を抑えている。底面に関して少しても衝撃はあった。それは、底面の吸気箇所が完全に電源に集約されていることだ。G-Tuneのミニタワーは底面全体にエアホールがあり、全体を覆う防塵フィルターを採用していた。それをNEXTGEARでは実用性に完全に割り振っている。フロント3基、天板2基の吸気ファンは底面にも影響を与えていたのだ。

電源部分にのみ吸気口を用意しており、防塵フィルターもその部分だけにしている。これは完全に電源のためのスペースとして準備されている。電源の冷却と防塵のみを考えており、電源のパフォーマンスを安定させる構造だと言える。それはケース底面四隅の足を見てもわかる。一般的なパソコンやゲーミングPCはあまり高くないゴム足が採用されている。

そのため、底面はメンテナンスがしにくく、埃もたまりやすい環境になる。当然埃の吸入も多くなり、電源へのダメージは大きい。これだけの高さのあるNEXTGEARなら、電源は安定した吸気が可能となる。さらに、防塵フィルターの存在で電源へのダメージは軽微になるはずだ。ただ、防塵フィルターは定期的に水洗いして乾かすなどのメンテナンスが必要になる。

管理人による総評(NEXTGEAR JG-A7G60)

nextgear

NEXTGEAR JG-A7G60は、Ryzen 7 5700X×RTX 4060搭載のミドルクラスのゲーミングPCである。RTX 4060を搭載したモデルの中で、圧倒的に評価が高い。価格を抑えつつ充実の構成が嬉しい。この性能帯で水冷CPUクーラーを搭載しているのは驚きだ。オーバークロックへの適性が上がる。ストレージを見ても見劣りしない。抜群のコストパフォーマンスを武器に、この性能帯で存在感を放っている。

価格だけで言えばNEXTGEAR JG-A7G60よりも安価なモデルは複数ある。しかし、構成・送料・保証面まで加味すると同じ価格で並べるモデルは存在しない。モデルそのものも、保証などモデルにダイレクトに影響しない部分に強みを持っているのはNEXTGEARシリーズの特徴だ。

Ryzen 7 5700XとRTX 4060を搭載したモデルは価格を抑えやすい。それでもNEXTGEAR JG-A7G60ほどしっかりしたモデルは、他のメーカーは展開しにくいはずだ。それほどまでに突出したモデルなので、予算が15万円前後であるなら是非選んでほしい。ケースの見た目もよく弱点がない。この価格帯では考えられないほどの完成度は、素直に評価したい。

価格CPUグラボ
149,800円(税込)7 5700XRTX4060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載