BTOパソコン(ゲーミングPC)購入後製品の保証はどうなっているの?初期不良や故障時の対処法まとめ!

hosyou

当カテゴリーでは、BTOパソコンの製品保証について解説している。ゲーミングPCを購入したものの故障してしまったという方やこれからBTOパソコンを購入するに当たって保証について知りたいという方向けのコンテンツだ。

どのショップでも保証はあるので安心して欲しい

guarantee
当サイトで紹介しているBTOメーカーは購入後の保証がしっかりしているので安心して欲しい。もちろんそんなに簡単に壊れるものではないが、100%故障がないということは誰も言えない。

ゲーミングPCは決して安い買い物ではない。購入したもののすぐに故障してしまい使えなくなると悲しい気分になることだろう。すぐに修理して欲しいと思うのも当然だ。

制度がしっかりと整っていることから大手ほど安心感がある。それぞれのショップの保証内容について確認してみるとよい。追加で延長期間を伸ばすことができるが、基本的には標準の保証のみで十分だろう。

故障かなと思った時の対処法まとめ

初歩的なミスをしていないかを確認する

電源が付かない、ファンが回らないなど不具合が起きたらまずは何かミスがないかどうか確認しよう。また、BTOショップの”故障かなと思ったら”(ドスパラ)を読んでみるのも良いと思う。意外と電源が抜けていたとか初歩的なミスのこともあるので注意しよう。

保証期間内かを確認する

次に故障が疑わしいと思ったら、保証期間の確認を行おう。パソコン購入時に同梱されていた保証書を確認しましょう。紛失してしまっていると保証期間外となることがある。

期間内なら次の段階に進む。もし、期間外であれば修理費用がかさんでしまうことがあるので、見積もりを出して買い替えと比べてみると良いと思う。

BTOメーカーの問い合わせ先に連絡をする

BTOメーカーのサポート窓口に連絡しよう。メール、電話、お問い合わせフォームなどから連絡することができますので、都合の良い手段を選択すると良い。電話の場合は受付時間を確認する必要がある。

商品をカスタマーセンターに送る

修理をすることになったらカスタマーセンターに送る必要があります。送料負担はショップによって規定が異なる。パソコンの送料は意外とばかにできません。3,000円程度掛かることもある。

また、ショップによっては自宅で修理してくれたり、パーツを送ってもらって自身で交換したり、ショップに持ち込んだりと色々なサポート方法があります。あなたに合う方法を選択すると良い。

商品が返送され受け取る

修理完了後返送されますので、受け取って完了となります。返送時の送料については負担してもらえることがほとんどなので、現金を用意する必要はありません。商品を送ってから1週間から2週間程度見ておきましょう。

このような場合は保証対象外

一部保証期間内であっても下記の様なケースでは保証の対象外となることがあるので取り扱いには注意が必要だ。イレギュラーな使用では保証されないと理解しておけば良いだろう。

落下・水没等による損傷

パソコン本体を落としてしまって故障してしまうと保証されない。ノートパソコンを利用している方は大切に取り扱おう。また、水濡れや水没も対象外だ。ただし、ドスパラのセーフティサービスなど一部の保証なら対象となることがある。

天災による故障

地震、火災、落雷、水害等によって故障した場合は保証の対象とはならない。自然災害については諦めるしかない。

改造

BTOパソコンの改造はNGだ。メモリの増設、SSDやHDDの増設、グラフィックボードやCPUの交換なども当てはまる。もし、これらに該当するのであれば元に戻しておこう。

主要BTOショップの保証まとめ

ドスパラ

dosparweb

ドスパラのゲーミングPCブランドのガレリアは、購入後1年間無料で保証が付いている。また、必要があれば延長保証に加入することも可能だ。高額なモデルの購入を検討している方は加入を検討しても良い。2年の延長保証の場合は、本体価格の6%(最低5,980円)、3年の延長保証の場合は、本体価格の10%(最低9,980円)を支払うことで、最大3年まで保証をつけることができる。

1年保証の場合は、郵送で修理に出す場合片道分ユーザーが負担する必要がある。オプションで延長保証を付けた場合は、往復の送料が無料になるという特典もある。また、水漏れや物理的破損もカバーできるセーフティサービスも提供している。セーフティサービスに加入すると本体の割引も受けられるので、うまく活用して欲しい。

故障時問い合わせ先
サポート窓口:https://www.dospara.co.jp/support/
電話番号  :東京:03-4332-9193 (ナビダイヤル:0570-028-119)

パソコン工房

PC工房-GS
パソコン工房での通常の保証は1年間となっている。さらにそれだけでは不安という方のために追加で2年間、最大3年間の延長保証を受けることができる。店頭でのサポートを受けることも可能だ。

その場合60,000円以下のパソコンの場合は一律6,000円(税別)でそれ以上のパソコンの場合は商品代金の10%となる。なお、この延長期間の商品の配送料はユーザー負担となるので注意が必要だ。基本保証は往復送料が無料のことを考えると無料にして欲しかった。

故障時問い合わせ先
サポート窓口:https://www.pc-koubou.jp/
電話番号  :0570-550-760

G-Tune

gtunegamesuisyou
G-Tune(マウスコンピュータ)の製品は標準で1年間の保証を受けることができる。また、最大3年間の追加保証を受けることも可能だ。3種類の異なる料金形態があって、修理時の対処方法が異なる。

ユーザーが修理センターに送る場合(センドバック)は7,000円、運送業者がPCを取りに来るタイプ(ピックアップ)は10,000円、技術者がユーザーの自宅に訪問しその場で修理する場合(オンサイト)は15,000円となっている。対象がノートPCの場合はまた少し異なるがここでは割愛させて頂く。

マウスコンピューター、パソコン工房、TWO TOP、Faithなどユニットコム直営店舗でも対応してもらうことも可能だ。グループ企業の強みだと言える。

故障時問い合わせ先
サポート窓口:https://www2.mouse-jp.co.jp/
電話番号  :0570-783-794

フロンティア

frontiertop
フロンティアの基本保証は2年だ。初期不良期間は2週間と標準的に設定されている。延長保証については2種類から選べる。

一つは、一般的な延長保証で3年間センドバックでの保証(12,312円)を受けられる。もう一つはPCワランティ保証(16,200円)が付いている。火災、物理的損害、水害、破裂などでも保証される手厚い保証だ。

故障時問い合わせ先
サポート窓口:http://www.frontier-direct.jp/
電話番号  :0120-248-555

エイリアンウェア

エイリアンウェア
エイリアンウェア(Dell)の基本保証は1年となっている。エイリアンウェアでは様々な保証サービスが用意されているので、好みで選べるのは嬉しい。最大4年の引取修理サービス、訪問修理サービスや最大5年のPremium Supoortなどがある。平日夜間や休日にも対応してもらえるサービスもあるので、平日は仕事で忙しい方でも安心して相談することができる。

故障時問い合わせ先
サポート窓口:https://www.dell.com/
電話番号  :-

各BTOメーカーの保証内容比較

基本保証

BTOメーカー基本保証送料負担初期不良期間
ドスパラ1年片道負担1週間
パソコン工房1年負担なし2週間
G-Tune1年片道負担1ヶ月
フロンティア1年片道負担2週間
TSUKUMO1年負担なし1ヶ月
セブン1年片道負担2週間
エイリアンウェア1年負担なし-
基本保証に大きな違いはないが、パソコン工房、エイリアンウェア、TSUKUMOは送料負担がないので大きい。基本保証についてはショップごとの違いはほとんどないと考えて良い。

延長保証

BTOメーカー延長保証保証料送料想定費用
ドスパラ最大3年商品代金の6%~負担なし9,000円
パソコン工房最大4年商品代金の10%~片道負担18,000円
G-Tune3年7,000円~保証による10,000円
フロンティア3年12,312円片道負担15,312円
TSUKUMO3年5,400円~片道負担11,640円
セブン3年一律8,000円片道負担11,000円
エイリアンウェア最大5年保証による保証による11,000円
延長保証についてまとめている。想定費用は、3年間・15万円(税抜)のパソコンを一度修理依頼した場合の費用(送料3,000円)を計算している。ドスパラが送料負担もないことから最も安くなっている。一方、パソコン工房は基本保証は優れていたが、延長保証になるととたんに割高になる。

G-Tuneに関してはピックアップ修理(10,800円)あるいはオンサイト修理(16,200円)を選択すれば送料が無料になる。送料が高い遠方からならピックアップ修理を選択した方が結果的に安くなるかもしれない。

TSUKUMOは、延長保証に加入すると他のメーカーの延長保証では対応していない物理的な破損、水漏れなどによる故障もカバーしてもらえる。延長保証を加味するとドスパラあるいはツクモがおすすめだ。

当記事のまとめ

当記事では、BTOパソコンが故障したときの対処法と各メーカーの保証についてまとめた。BTOパソコンを購入して手元に届いたけど、電源がつかない・何か不具合があるといった場合や一定期間利用して故障してしまったという場合はどのように対処すればよいのだろうか。答えは、購入したショップに連絡をしてパソコン修理依頼あるいは交換の依頼をすれば良い。

もちろん保証に沿った対応をしてもらうことになる。例えば、購入後一ヶ月以内の故障であれば初期不良に該当して無料で交換あるいは修理対応をしてくれるということもある。万が一保証期間を過ぎてしまっていても、修理費用を支払えばちゃんと対応してもらうことができる。

基本保証なら往復送料が掛からないパソコン工房が頭ひとつ出ているが、基本保証についてはそれほど大きな違いはない。延長保証では、保証料が低額なドスパラや保証範囲が広いツクモがおすすめだ。ただ、どのショップも保証はしっかりとしているので、保証を基準にBTOパソコンを選ぶというのはナンセンスだろう。購入するパソコンを決めた上で保証を確認しておくぐらいで十分だ。

合わせて読みたい記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ