BTOパソコン(ゲーミングPC)が届いたら初めに確認すべきこと | BTOパソコン購入後の疑問を解決

パソコンを購入して、手元に届いたら確認すべきことをまとめている。

BTOパソコンを購入したあなたは今頃わくわくして待ちきれない状況だと思う。私もいつでもパソコンを新調したときは楽しみで眠れなくなってしまうことがある。少し大げさかもしれないが新しいパソコンを購入することはそれほど嬉しいものだ。

手元に届いたらすぐに箱から出してパソコンを起動してとなるかもしれない。しかし、新しいパソコンが届いたらゲームをプレイする前に確認して欲しい点をまとめているので参考にしてほしい。

1. 内容物のチェック

まず、同梱物の確認を行おう。意外とこの作業をしない方が多い。後になってから足りないものに気付いてもショップに言いにくいだろう。もちろんそれでも対応はしてくれるだろうが・・・

ダンボールを開けるとマニュアルや入っているものが記載された紙があると思う。何が入っているかを十分に確認しておこう。OSのディスクはあるか、ドライバディスクはあるかなどだ。

後述するが、ドライバディスクが同梱されていないと少し厄介なことになる。入っているべきものが入っていない場合はすぐにサポートに問い合わせしよう。下記は一例をまとめている。ショップや製品のよって詳細は異なるので各々確認してほしい。

  • 本体
  • 電源ケーブル
  • OSディスク
  • ドライバディスク
  • キーボード
  • マウス

2. 初期不良のチェック

次に初期不良がないかの確認をしよう。BTOショップで販売されているパソコンのクオリティは非常に高いのでほとんど初期不良に当たることはないと思うが念のためだ。

電源ケーブルを接続し、コンセントに差し込み電源をONにする。本体の電源ボタンは「○」と「-」があり、-のほうがONとなるので注意。

電源ボタン

正常に起動しなかった場合、どういう状態なのかによって改善できるかどうかが変わってくる。電源はつくがWindowsが立ち上がらない、モニターが真っ黒なまま先に進まないということがあるかもしれない。このようなケースは様々な要因で起こり、初期不良の中でも結構挙げられるもの。

大体のパソコンは出荷前に動作確認はされている。しかし、稀になんらかの原因によりOSが起動しないことがある。一度試して欲しいのはメモリが複数枚搭載されている場合、1枚だけ残してあとは取り外して起動してみる。多くの場合はこれで解決する。それでも解決しない場合はグラフィックボードも外してみる。

OSが無事起動したら一度シャットダウンして、外したメモリやグラフィックボードをもう一度取り付けて起動する。これでもOSが起動しない場合はパソコンのHDDアクセスランプを確認してみる。

HDDランプ

パソコン本体の電源付近に赤枠で囲っているマークと光源があるはずだ。ここが細かく点滅していればHDDにアクセスできているということになる。点灯していない場合はHDDにアクセスできていないので、配線を確認してみる。

真っ暗な場合はBIOSやウイルスが原因であることがほとんどだが、買ったばかりのパソコンでそんなことになることは考えにくい。メモリを1枚残した状態で起動しないとなると、解決策は無いわけではないが少しやっかいだ。起動はするがモニターに何も映らないとなると、復旧作業を行わなくてはならず、その作業が非常に手間取る。

また、買いたてのパソコンでこの現象が起こった場合は初期不良の可能性が高く、正しい手順で様々な原因を予測して復旧しても、そもそも何かがおかしいこともあるので購入した店に問い合わせよう。

3. GPUとCPUの確認

OSが正しく起動したら、まずは搭載されているグラフィックボードやCPUに間違いが無いかを確認しよう。ただ、間違いがあることの方が稀なので、この確認は通常はしなくても問題ない。気になる方だけチェックしておくと良い。

[Windowsキー]または[スタート]から[プログラムとファイルの検索]に[dxdiag]と入力。

dxdiag

DirectX 診断ツールが起動し、確認を求められる。OKを押すと診断ツールが立ち上がる。ここで搭載されているものを一通り確認する。

3.1 確認内容

[システム]タブ

診断

  • システムの情報
  • 現在の日時
  • DirectX診断ツールを起動した時間が表示される。

  • コンピューター名
  • 現在使用しているPCの名前(OSインストール時に決めたユーザー名)だ。

  • オペレーティングシステム
  • OSの種類を表示する。

  • システム製造元
  • マザーボードのメーカー名が表示されるが、記載の無い場合がある。

  • システムモデル
  • チップセット名が表記されているはずだが、記載の無い場合もある。

  • BIOS
  • 現在のパソコンのBIOSの種類やバージョンとなっている。

  • プロセッサ
  • 搭載されているCPUの情報となる。

  • メモリ
  • 搭載されているメモリ容量16GBの場合は16000MB。大体の場合は300程度多くなる。

[ディスプレイ]タブ

診断2

  • 名前
  • 搭載されているグラフィックボードの種類と名前となっている。

  • 製造元
  • グラフィックボードのメーカー名が表示される。

  • チップの種類
  • グラフィックボードの種類を表示している。

  • DACの種類
  • デジタルデータをアナログに変換する機構の種類だ。あまり気にしなくても良いだろう。

  • メモリ合計
  • 搭載されているグラフィックボードのメモリ。一般的に言うGPUメモリ、GPU RAMだ。

  • ディスプレイのモード
  • 現在適用されているデスクトップ画面の解像度のbit数(bit)やリフレッシュレート(Hz)を表示している。

とりあえず主要なパーツはCPU メモリ容量 グラフィックボードの3つだろうか。ここを確認して特に問題が無ければ、とりあえず一安心。

4. その他

4.1 不必要なものはインストールしない or アンインストール

BTOパソコンの場合、メーカーPCと違い最初にインストールされているものはほとんど無い。稀に期間限定のOfficeやアンチウイルスソフトがインストールされていることもあるが、使用しないのであればアンインストールしてしまって構わない。邪魔にならないと思うのであれば特に何もしなくてもいいかもしれない。また、不要なものをインストールしないようにすることが大切だ。

ただ、頻繁に広告のようなものが表示されたてしまうものもある。特に期間限定で無料化になっているソフトはその傾向が強く、1ヶ月経った頃からポップアップしてきて煩わしく感じることがある。また、zipファイルを解凍するソフトなどは必要なものだ。最初から準備されていないのでダウンロードしておきたい。慣れているなら初期のままでもいいかもしれないが・・・。ブラウザは同期機能があるFireFoxやChromeがおすすめだ。

とは言っても、最近のブラウザの多くは同期機能があるので、買い替えの場合はブラウザの同期設定をしておくと楽だろう。また、以前使用していたHDDはシステムドライブ(通常はCドライブ)で無ければそのまま流用することが可能となる。ただしソフトウェアなどはCドライブに関連ファイルが存在していることがあるので再度インストールしなくてはならなかったりもする。買い替えユーザーの場合は、なるべく以前の環境に近いほうが使いやすいことが多いので、便利な機能はしっかり利用したい。

4.2 マルチディスプレイの場合注意すべきこと

マルチディスプレイを以前のPCで行っていたユーザーは注意してもらいたいことがある。グラフィックボードが変わると、DVI-Iが一つしか搭載されておらずディスプレイポートしかないことがある。マザーボード側にDVI接続端子があるが、そのモニタはグラフィックボードではなくCPU側の管理となるので注意が必要。

マルチディスプレイを構築しようとしているユーザーは、予め搭載されているグラフィックボードにどの端子が搭載されているかを確認しておきたい。また、ディスプレイポートなどは変換コネクタで対応できるため、モニタや配線の買い替えまではしなくても良い。

4.3 初期化の前に確認すべきこと

何も入れていない状態ということもありOSをSSDに入れようとするユーザーもいるかもしれない。BTOパソコンの場合は、ドライバディスクなどが同梱されていないこともある。それを確認せずに初期化してしまった場合、インターネットに接続できるパソコンを用意しなくてはならなくなる。

というのも、OSのディスクはあるがマザーボードのドライバディスクが無いとLAN機能が使えないのでネットでドライバをダウンロードできなくなる。私は幸いサブのノートPCとフラッシュメモリが手元にあったため対応できたが、1台しかないとなるとどうすればよかったのだろうか。

また、古いPCに接続されているシステムドライブはそのまま搭載しても認識しなかったり、起動しなかったりするので注意が必要。どうしても初期化せず移動したい場合は、レジストリから設定を行わなければならない。100%起動する保証も無く、一部では性能が少し落ちるとも言われているため、ここでは掲載しない。行う際は自己責任となるので、せめて引越しツールなどを使いたいところだ。

少し話が逸れたが、パソコンが届いて嬉しくなってしまうのは分かる。しかしまずはマザーボードのドライバが同梱されているか確認しておきたい。購入してすぐOSを再インストールするユーザーはいないと思っていたが、SSDを搭載するなら何も入っていない一番適した時期だけに注意してもらいたい。ドライバディスクが同梱されていない場合、ドライバディスクを作成するツールがインストールされているはずだ。なので、再インストールする再はドライバディスクを作成してから行うことを忘れないで確認して欲しい。

参考記事:ドライバをダウンロードしなければいけない

4.4 PCの置き場所について考える

最後にパソコン自体に直接関係あることではないが、パソコンの置き場所についても考えると良いだろう。

基本的には机の下に置くのが最適だと考えている。せっかく購入したパソコンの性能を120%発揮するためにも是非真剣に向き合って欲しい。

関連記事:デスクトップPCの置き場所を考えてみる | 机の上か机の下かどちらがベストな選択か検証

5. まとめ

パソコンを購入しても初期不良があることは稀だと思う。それでも、万が一のことを考えて一通り見ておくのが良いだろう。電源がきちんと入るかどうかは基本的な事項となる。また、余裕があれば搭載されているCPUとグラフィックボードが正しいかどうか確認しておくことをおすすめする。上記の手順通りに行えば初心者の方でも簡単に行うことが可能だ。

その他見落としてしまいがちなのが、ドライバディスクが同梱されているかどうかだ。もし、ディスクがない状態で初期化してしまうとネット上からドライバをダウンロードできない状態になってしまう。サブPCがあれば問題はないが、不要な手間をかけないためにもしっかりと確認しておこう。もしなければ、事前にディスクを作成しておくと良いだろう。

あなたにおすすめの人気記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ