foundationtop画像引用元:https://www.kickstarter.com/

当記事では、Foundation(ファウンデーション)推奨のゲームパソコンの紹介をしている。ページの下部で「Foundation(ファウンデーション)推奨おすすめゲーミングPC」をまとめているので、ぜひ参考にして欲しい。

Foundationの動作&推奨スペック

foundationgame

最低環境

OSWindows 7 SP1 64bit以上
CPU3 GHz Dual Core Processor
メモリ4GB
GPUNVIDIA GeForce GTX 660以上

推奨環境

OSWindows 7 SP1 64bit以上
CPU3.2 GHz Quad Core Processor
メモリ8GB RAM
GPUNVIDIA GeForce GTX 1060以上

ゲーミングPC徹底解剖サイトの検証推奨スペック

CPU:Core i5-10400/i5-11400以上

推奨環境はQuad Core以上のCPUで3.2GHzのクロックとなるCPUだ。つまり、現行のCore i5シリーズ以上であればその要件を余裕を持って満たしている。ゲーム自体の負荷はそこまで高くないため、Core i3であっても対応自体は可能である。ただ、まだまだ早期アクセス段階のゲームであり、今後のアップデート次第で負荷も変わる可能性を考慮して余裕を持たしておきたい。

メモリ:8GB以上

メモリ消費量も激しくなく、ゲーミングPCとして最低条件でもある8GBあれば十分だ。MoD等に対応したり、大きなアップデートがあったりすると16GB推奨となるかもしれない。その可能性はそこまで高くないと見て8GB以上を推奨する。

グラボ:GeForce GTX 1660以上

グラフィックボードに求められる性能は割と高めだ。ゲーム自体は負荷が低そうに見えるが、これは最適化の問題と見ている。正式版の頃には負荷はそれなりに収められているだろう。現状要求されるスペックを満たすGTX 1660であればFoundationを快適にプレイできる。

Foundation向けおすすめのゲーミングPC

Magnate MT i5-12400(ドスパラ)

magnatemh価格:143,980円(税込)
CPU:Core i5-12400
GPU:GeForce GTX 1660 SUPER
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:550W 80PLUS BRONZE

公式サイト詳細

ドスパラの低価格帯は強力だ。ローエンドクラスながらFoundation以外のゲームでも快適にプレイできる優秀なゲーミングPCだ。予算的にも選択しやすくゲーミングPC選びの基準ともなるモデルである。グラフィックスにはGTX 1660 SUPERを搭載していて最新のゲームであってもフルHDであれば設定次第で高リフレッシュレートに対応できるのは強みである。CPUにはCore i5-12400を搭載している。6コア12スレッドと十分な性能を持つ。旧世代のCore i7シリーズに匹敵するパフォーマンスを発揮する。メモリ16GB、SSD 500GB NVMe対応と構成が充実しているのも魅力だ。

G-Tune TD-B(G-Tune)

nextgear-micro価格:149,800円(税込)
CPU:Core i5-11400F
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:256GB NVMe対応
HDD:1TB
電源:700W BRONZE

公式サイト詳細

G-Tuneとのコラボレーションモデルとなっている。グラフィックスにRTX 3060を搭載したモデルだ。CPUに旧世代のCore i5-11400Fを採用することで価格を抑えている。現行モデルだとここから10%以上価格が上がってしまうため、価格が高騰した今となっては非常に魅力的なモデルとなる。フルHD環境でのゲームプレイに最適だ。メモリ16GB、SSD 256GB、HDD 1TBと構成も十分すぎる。デュアルストレージ採用は評価したい。

Foundationの概要とゲーミングPC選びのポイント

Foundationは早期アクセス中で開発が継続して行われているゲームだ。それだけに動作がやや不安定な場面があるなどゲーム性も完成したものとは言い難い。少し広めの箱庭系のシミュレーションゲームであるFoundationはグラフィックが比較的簡素でそこまで負荷は高くならないと考えている。ひょっとするとその考えは覆るかもしれないが、現在のゲーム状況を考えると負荷はより小さくなっていくことだろう。

不安要素として、Foundationならではの特徴である建物のカスタマイズがどれだけ影響してくるかである。教会の塔を高くしたりできるFoundationで例えば風車のように動作しているもののサイズを変更することができるようになれば、その負荷は大きく変わってくるだろう。今のFoundationならこのくらいの性能であると断言しやすいものの、この先のこととなると確定的なことは言えない。早期アクセス中のゲームの負荷は徐々に下がってくるのが通例であるため、早期アクセス中に設定された推奨環境を上回ることはほとんどない。

しかしながら、MoDを導入しやすいシミュレーション系のゲームであること、建物のカスタマイズが行えるゲーム性を持っていることを考えると、いかに箱庭系のシミュレーションゲームと言えども負荷の高さは想像しにくいものがある。もっとも、Foundationは覇権を取れるほどの人気ゲームになれるかと言われるとNOだ。人気が出なければMoD等の登場はあまり期待できない。売り切りのシミュレーションゲームとして終わるのが当然の流れだ。

ただ、それでも独自の要素を持ったシミュレーションゲームであり、バニラ状態ではゲームクリアまで駆け抜けてしまえそうなボリュームはMoDの誕生を助長させるには十分な気がしてならない。求められる性能は低くとも、実際には少し余裕を持って見ておきたいのがパソコンゲームの常識だ。

海外のゲームは公式の推奨環境と実際の推奨環境が近く、当サイトの推奨環境であれば問題無いだろう。シミュレーションゲームは連続して長い時間プレイするメインゲームというよりも、思い出したようにプレイするサブ的なゲームとしてのプレイスタイルを持つユーザーが多い。飽きにくく、結果的に長期間遊べるタイトルだ。そういう意味でもなるべくアップデートで高くなった要求スペックに耐えうる性能を選んでおきたい。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

動画

関連外部サイト