g-tunetop

>>>G-Tuneの公式HP<<<

当ページでは、人気BTOショップG-Tuneの評判をまとめている。G-Tuneは、マウスコンピューターのゲーミングブランドだ。ミニタワー・ミドルタワー・フルタワー・ノートと幅広いラインナップを持つ。セール・キャンペーンが開催されるようになりコスパの高いモデルも増えてきている。

秋葉原や大阪・名古屋・博多など主要都市にはリアル店舗がある。実機を見たいという方は訪れてみるとよいだろう。G-TuneでゲーミングPCの購入を検討している方やショップに興味を持っている方は是非参考にして欲しい。

60秒で理解!G-Tuneってどんなショップ!?

初心者におすすめ!

コスパカスタマイズセール納期サポート
nijyuumaru
コラボ
のみ
sankaku
最低限
対応可
nijyuumaru
定期的に
開催

最短
翌営業日
nijyuumaru
365日
24時間対応
G-Tuneの特徴

・コラボモデルのコスパが高い

・ゲーミングノートのラインナップが多い

・サポート対応が365日24時間対応

管理人レビュー
G-Tuneは、マウスコンピューターのゲーミングPCブランドだ。乃木坂46のCMを打つなど知名度が上がってきている注目のショップになっている。上場企業であるMCJグループの一員ということもあって信頼性が高い。初めてのゲーミングPCにもぴったりだろう。

一番の特徴は当サイト「ゲーミングPC徹底解剖サイト」とのコラボレーションモデルのコストパフォーマンスが高いということだ。コラボモデル以外のモデルについては全体的に割高でコスパは悪化している。コラボモデル以外のモデルを購入したいならセール対象モデルをチェックするべきだろう。コラボモデルが入荷待ちの際は少し待つことを検討してもよい。

最後にサポートの対応時間も24時間365日といつでも問い合わせができるのも初心者には嬉しい。トラブルが起きてもすぐに相談できる環境だ。友人・知人にパソコンに詳しい人がいなくても安心できるだろう。サポート面の強みがあるからか法人での利用も増えてきている。私が某企業と打ち合わせをしたときに担当者が使用しているのを見たことがある。PanasocicやNECなどの大手メーカーを使うところは少なくなっているのかもしれない。

機能性・デザイン性の高いG-Tuneブランドは人気が高い

gtunegaming
G-TuneのゲーミングPCのラインナップは主に上記の4つ+ノートパソコンだ。ハンドル付きミニタワー型は最近はゲーミングPC市場でも減少傾向にあるキューブタイプで持ち運びに適している。ミニタワーやミドルタワーは売れ筋モデルだ。コラボモデルについては基本的にはミニタワーかミドルタワーで作成している。

フルタワー型は機能性・拡張性が高くヘビーゲーマーの方に最適だ。価格は上がるがその分満足度も高くなる。ゲーミングノートPCについては15.6インチサイズが主流だ。モデルによっては120Hz以上の高リフレッシュレートに対応したモニターを採用している。ユーザーの用途に合わせて選択できるのは嬉しい。

あらゆる価格帯のモデルが用意されているのも特徴だ。10万円前後の激安モデルから30万円強のハイスペックPCのラインナップで多くのユーザーが満足できるようになっている。もちろんゲーミングノートPCのラインナップも充実している。

様々な構成から選択できるため、品揃えはトップクラスと言っていいだろう。それぞれにメリットは当然あるが、独特な構成もあり好みは分かれるかもしれない。非常に機能性が高く、デザイン性も特徴的なケースを採用している。シンプルでありながらもインテリアとしても考えることができる。BTOパソコンの弱みであるケースを逆に強みにしているショップだと言える。

>>>G-Tuneの公式HP<<<

G-TuneのおすすめゲーミングPC

 1位:G-Tune TD-S2位:G-Tune TD-B3位:G-Tune TD-P
イメージnextgear-micronextgear-micronextgear
価格189,800円(税込)149,800円(税込)369,800円(税込)
CPUCore i7-11700FCore i5-11400FCore i9-12900K
GPURTX 3060 TiRTX 3060RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GBDDR4-3200 32GB
SSD512GB NVMe256GB NVMe1TB NVMe
HDD非搭載1TB非搭載
電源700W BRONZE700W BRONZE1000W TITANIUM
公式
詳細

ランキング1位の「G-Tune TD-S」はハイクラスのゲーミングPCだ。当サイトとG-tuneとのコラボレーションモデルで高いコストパフォーマンスを誇る。Core i7-11700F×RTX 3060 Tiの組み合わせで税込18万円台は最安値クラスと言えるだろう。当サイトのおすすめランキングでも1位に輝く。WQHD環境でのゲームプレイにも対応できる。フルHD環境で144fps以上を目指すことも現実的だ。メモリ16GB、SSD 512GBと必要十分だろう。電源ユニットは700W BRONZEを採用している。

ランキング2位の「G-Tune TD-B」は中価格帯のゲーミングPCだ。こちらもコラボレーションモデルとなっている。Core i5-11400F×RTX 3060搭載のゲーミングPCでミドルクラスに属する。フルHD環境なら最高設定でのゲームプレイに対応できる。タイトルによっては高解像度に対応することも可能だ。メモリ16GB、SSD 256GB、HDD 1TBと構成も充実している。電源ユニットは700W BRONZEを採用している。

ランキング3位の「G-Tune TD-P」はRTX 3080を搭載したハイエンドクラスのゲーミングPCだ。当サイトとのコラボレーションモデルとなっている。CPUにはIntel第12世代のCore i9-12900Kを搭載していて高いゲーミング性能を発揮する。4K環境でのゲームプレイがメインとなる。もちろん、フルHD環境で高リフレッシュレートを実現したり、WQHD解像度でのゲームプレイを楽しんだりということも可能だ。電源ユニットは1000W TITANIUMと圧倒的だ。

他社と比べたG-Tuneの強み

プロゲーマーとの豊富なコラボモデル

gstargaming
G-Tuneならではの特徴としてプロゲーマーとコラボをしたゲーミングPCモデルの販売を行っている。例えば、女性だけのプロeスポーツチームである「G-STAR Gaming」のメンバーが勧めるコラボモデルなどがある。他では見られないレアな組み合わせがあるなどこだわりのゲーミングPCを購入したいと考えている方は必見だ。

「ダブル水冷」は業界注目の冷却方法でコストパフォーマンスも高く、一度は見ておきたい。パフォーマンスが高くなるほど必要になる排熱や冷却性能を高めるのに最適だ。熱対策における悩みを解決してくれるだろう。また、MMDに適したクリエイターモデルやVR対応モデルなどもあり、様々な用途でユーザーのニーズに応えている。

当サイト限定コラボレーションモデル登場

gtunebanner
ゲーミングPC徹底解剖とG-Tuneとのコラボレーション企画が実現した。G-Tuneの担当者からアドバイスをいただきながら、当サイトの管理人である私が理想とする構成のパソコンの販売が実現した。一般価格よりも最大数万円安いお買い得価格なので是非チェックして欲しい。G-Tuneで普通に購入するよりもオトクだ。

一般販売されていない魅力的な構成のモデルもある。こだわり抜いたモデルで自信を持っておすすめできる。なかなかBTOパソコンで理想とするモデルが見つからない方はぜひチェックしてみて欲しい。また、意見をいただけると次回のモデルで取り入れさせていただくかもしれない。

充実のサポートサービスが自慢

supportservice
G-TuneのゲーミングPCを購入すると24時間365日電話サポートを受けることができる。完全無料となっているので、初めてゲーミングPCを購入する方も安心だ。他のショップでは土日祝のサポートは受け付けていないし、9時~18時までというのが一般的だ。休日や深夜でもサポートを受けられるのはさすがG-Tuneだと言える。

さらに、万が一の故障時の修理の早さにも力を入れている。PCを郵送あるいは預けてから遅くとも96時間以内に完了となる。前もってある程度の時間が予測できるのは魅力的だろう。修理時間の早さは業務の効率化、マニュアル化がうまくできていることの証明だ。

上場企業のグループ企業

G-Tuneブランドを展開するマウスコンピューターは、上場企業である株式会社MCJのグループ企業だ。MCJグループのことをあまり知らないという方も多いかもしれない。しかし、実はパソコン工房やTWO TOPといったPCショップのユニットコムもグループ企業に持っている大手企業だ。

マウスコンピューターは、2006年にMCJから新設分割して設立された。現在業績も好調で株価も堅調に推移している。親会社が上場企業ということで品質やサポート面を含めて初めてBTOパソコンを購入する方でも安心だろう。上場企業ということでマウスコンピューターの戦略や売上までオンラインで確認することができる。他のBTOメーカーではなかなか知ることのできない情報だと言える。

>>>G-Tuneの公式HP<<<

G-Tuneの弱み

コスパの悪い製品が多い

2019年4月頃からG-Tuneの各モデルが値上げされたため、それまでの販売価格より1万~3万円ほど高くなった。それ以降も登場するモデルは他ショップに比べて明らかに割高な製品が多くなっている。当サイトでコスパがいいと謳っているのは特別価格のコラボモデルがあるからだ。

為替の影響など様々な要素がある。しかし、それはユーザーにとっては何も関係のない話だ。一部優れたモデルも存在しているものの、大半のラインナップはとてもおすすめできる代物ではない。一時はドスパラをも凌ぐコストパフォーマンスを持った製品を排出してきただけに、返り咲きに期待したいところだ。

セール実施もイマイチ


これまでセールやキャンペーンを行ってこなかったG-tuneがセールやキャンペーンを展開。ただし、その内容は上述の値上げ分を引いているに過ぎず、お得というよりも元に戻っただけの内容がほとんどだ。

このための値上げだったのではないかと勘ぐりたくなる。基本的に値引きが中心であるため、お得度が急激に高くなるというわけではない。内容や評価をよく確認して検討して欲しい。値引き額の大きさに飛びつくと失敗する可能性も高い。

新製品のリリースが遅い

G-Tuneは新しいパーツが発売されても搭載モデルが販売されるまでにラグが生じる。G-TuneでゲーミングPCを購入したいと考えている方は気長く待つ必要がある。販売が他のショップよりも遅いのはG-Tune側で実機検証に時間を掛けているからだ。発売時には万全の状態でラインナップに並んでいるということになる。

ちゃんとした理由があるもののユーザーからすると検証に時間を掛けていることなど知る術もなく新製品の発売が遅いというデメリットのみが付きまとってしまう。当然新しいパーツの方が高性能なので、古いラインナップが並ぶことの多いG-Tuneは不利なことが多い。

繁忙期は納期が延びていることがある

G-Tuneでは通常時5営業日での出荷となる。オプションで翌営業日サービスを選択すればよりスピーディーに受け取ることが可能だ。ただし、年末年始・ゴールデンウィーク・夏休みなどの繁忙期には納期が延びてしまうことがある。

これまでの流れを見ると最長1ヶ月の出荷ということもある。もちろんその際には翌営業日出荷サービスを選択することはできない。それだけ人気ショップであるという証とも言える。少しでも早くパソコンを購入したい方は繁忙期前に購入しておきたい。

G-Tuneの口コミまとめ

  • TwitterでG-Tune TD-Gを知って購入しました ★★★★★
  • TwitterでG-TuneのゲーミングPCについて紹介しているのを見つけました。ちょうど私が欲しいと思っていたスペックでしかもやすかったので購入を決めました!色々な人に聞いてみた結果やはり相場より安かったみたいで嬉しかったです。

    管理人コメント
    当サイトとのコラボモデルであるTD-Gは特にコストパフォーマンスの高いモデルです。グラフィックボード・CPUといった性能部分とストレージなどの構成部分両方において強みを持っています。FULL HD環境でゲームをしたいと考えている方におすすめです。頻繁にキャンペーンを実施していますので、合わせてチェックしてみてくださいね。

  • 価格の安さで決めました! ★★★★★
  • ゲーミングPCを購入するに当たって様々なショップを比較しました。結果的に価格が安くて構成面も満足の行くモデルがあったG-Tuneに決めました。しばらく使ってみて使いやすくて本当にユーザーのことを考えたゲーミングPCだなと満足しています。

    管理人コメント
    G-Tune最大の魅力はコスパの高さだと思います。しかもそれがセールなど関係なくいつでもオトクだというのがみそです。もちろん安いからといって使用しているパーツやケースがダメだということはなく、高いレベルでまとまっているパソコンだと感じています。メンテナンス性の高さもあり長く使用することができると思います。

  • NEXTGEAR i670PA2を購入!コスパが高いと思います ★★★★★
  • 評判の良かったNEXTGEARのプラチナモデルを購入しました。この性能があればどのタイトルでも満足できるプレイが可能です。今まで設定を下げて無理矢理していたPUBGもさくさく動くようになったのは感動です。メモリは16GBに増設しておけばさらに安定感が増すと思います。騎士のようなデザインもかっこいいです!友人が自宅に来たら必ず何か言われます!

    管理人コメント
    i670PA2は当サイトでもおすすめランキングNo.2の人気モデル(現在は販売終了)です。性能が高くそれでいて価格も手頃なので管理人おすすめの一台となっています。

    GTX 1080×i7-8700の組み合わせはライバル不在で圧倒的な地位となっています。G-tuneは他ショップと比べてもコスパが高くおすすめしやすいですね。当サイトとのコラボモデルも是非チェックしてくださいね。

>>>G-Tuneの公式HP<<<

G-Tuneの各種サービス

最短翌営業日発送に対応

yokueigyoubi
+2,200円のオプションを選択することで最短翌営業日の発送サービスを受けることができる。13時までに注文確定すれば翌々営業日には受け取ることができることになる。少しでも早くゲーミングPCを手に入れたいという方必見だ。管理人もG-Tuneで購入する時は必ずチェック入れるオプションの一つだ。

G-Tuneで可能な支払い方法

cardkessai
G-Tuneで対応している決済方法をまとめている。これは多くのBTOショップで一般的になってきているが支払方法は現金だけではない。現金以外にも様々な購入方法がある。

支払い方法対応
クレジットカードVISA
Mastercard
JCB
American Express
Diners
コンビニ決済セブンイレブン
ローソン
ファミリーマート
サークルK
サンクス
ミニストップ
デイリーヤマザキ
セイコーマート
ショッピングローンジャックス
銀行振り込み
ジャパンネット銀行リンク決済未対応
ATM決済未対応
代金引き換え
銀行ネット決済未対応
クレジットカードではVISA、Mastercard、JCB、Amex、Dinersと主要な国際ブランドに全て対応しているのが嬉しい。ショッピングローンの利用も可能となっている。その他にもG-Tuneでは銀行振り込み、代金引換、コンビニ決済、クレジットカード、ローン購入に対応している。

クレジットカードで購入すればポイントを貯めることができるし、ローンであれば今手元に現金がなくても購入することができる。豊富な決済方法が用意されているのはうれしいサービスだ。

G-Tuneの保証

hosyousyo
標準保証として1年間は故障を無料で修理してもらうことが可能となっている。故障時にはサポートセンターに送付する必要があり、片道の送料を負担する必要がある。24時間365日電話またはメールにて商品の不具合や不明点を質問することができる。

3年の延長保証

別途料金を支払うことで最長3年の保証延長を行うことが可能となっている。その費用はサポートの種類によって異なる。もし延長保証の加入を考えているのであれば費用を考えるとセンドバックがいいだろう。

センドバック修理は標準保証と同様でサポートセンターにパソコン本体を送る形となる。その際の片道の送料を負担しなければならない。このセンドバック修理の3年間保証は7,000円となる。

ピックアップ修理は運送業者が自宅にパソコンを取りに来てくれる。送料を負担する必要はなく、忙しくても気軽に依頼することが可能だ。ピックアップ修理の3年間保証は10,000円となる。

オンサイト修理は技術者が自宅に来てくれその場で修理を行ってもらえる。オンサイト修理の3年間保証は15,000円となっている。

保証内容必要コスト
センドバック修理7,700円(税込)
ピックアップ修理11,000円(税込)
オンサイト修理16,500円(税込)

安心パックサービス

3,000円~20,000円の追加料金を支払うことで、下記三つのサービスを受けることが可能となる。コストがかかるのでそこまでおすすめはしないが、簡単に紹介しておく。ユーザー視点でいうとすべて無料で提供してほしいと感じてしまう。

  • 最短当日の修理対応
  • 通常1週間での返送となるところを、最短当日に返送をしてもらえる。故障することでパソコンを使用できない期間を短くすることが可能だ。

  • 新品交換サービス
  • 製品到着後1ヶ月以内に不具合が発生した場合、通常の修理対応ではなく新品と交換してもらうことができる。

  • 専用ダイアル利用可能
  • 安心パックサービス加入者専用のダイアルが用意されている。繋がりやすく、より専門的なアドバイスをもらうことができる。

>>>G-Tuneの公式HP<<<

G-Tune販売ゲーミングPC解説

ミニタワー

newnextgearmicro
ミニタワーはG-Tuneの売れ筋モデルだ。CPUはCore i5-11400・Core i7-11700・Ryzen 5 5 5600Xを選択できる。グラフィックスはRTX 3070・RTX 3060 Ti・RTX 3060・GTX 1650・GTX 1050 Tiがラインナップに入っている。Intel第12世代Core iシリーズはまだリリースされていない。

ミドルタワー

gtunenextgearcase
G-Tuneのミドルタワーは、ミニタワーより一回り大きいケースとなっている。拡張性・機能性に優れていてハイパフォーマンスモデルにおすすめだ。CPUはCore i7-12700K・Core i7-11700K・Ryzen 5 5600Xを選択できる。グラフィックスはRTX 3080・RTX 3070 Ti・RX 6700 XT・RTX 3070・RTX 3060 Ti・RTX 3060となる。ミドルクラス以上が選択できる形だ。

フルタワー

masterpiece
フルタワーケースは高い冷却性能と排熱性能が魅力だが、価格は結構高めだ。デザイン性に優れていて所有欲を満たしてくれる。CPUはCore i9-12900K・Core i9-11900K・Core i7-12700K・Core i7-11700K・Ryzen 7 5800Xを選択できる。グラフィックスはRTX 3090・RTX 3080 Ti・RTX 3080・RTX 3070 Ti・RTX 3070・RX 6700 XTだ。

キューブ型

littlegear

キューブ型モデルはハンドル付きミニタワーだ。ここ最近は市場から消えつつあるキューブ型のケースで今でも一定の評価を得ている。CPUはCore i7-11700とCore i5-11400を選択できる。グラフィックスはRTX 3060 Ti・RTX 3060・GTX 1650・GTX 1050 Tiとなっている。ミドルクラス以下が中心だ。

ノートパソコン

G-Tune H5
G-TuneのゲーミングノートPCは、17.3インチと15.6インチモデルがある。17.3インチモデルはCore i5-11400とRTX 3060の組み合わせのみだ。15.6インチモデルはRyzen 9 5900HX・Core i7-11800H・Core i5-11400Hから選択できる。国内BTOメーカーでRyzen 9 5900HX搭載モデルを選べるのは珍しい。グラフィックスはRTX 3070・RTX 3060・RTX 3050・GTX 1650 Ti・GTX 1650となっている。

>>>G-Tuneの公式HP<<<

G-tuneの企業・店舗情報

ショップ名G-Tune
企業名株式会社マウスコンピューター
資本金1億円
店舗G-Tune Garage 秋葉原店
G-Tune Garage 大阪店
秋葉原
春日部
名古屋
大阪
博多

求人情報

新卒採用 ・総合職(専門学卒)
職種:営業部門・購買部門・開発職
勤務時間:8:50~18:00(実働8時間)
    :8:30~17:30(実働8時間)
給与:169,500円(開発職)
  :186,000円(総合職)
勤務地:東京都・長野県

・総合職(新規学卒)
職種:営業部門・購買部門・開発職
勤務時間:8:50~18:00(実働8時間)
給与:210,000円~
勤務地:東京都・長野県

キャリア採用 ・EC部門担当スタッフ
・法人営業(家電量販店)東京本社
・法人営業販売店向け
・モニター開発
・パソコン開発
・店舗営業職 ラウンダー
・法人営業(家電量販店向け)
・営業事務
アルバイト・パート ・本社一般事務職
・秋葉原ダイレクトショップ販売スタッフ
・飯山事業所パソコン製造スタッフ
・埼玉事業所パソコン修理スタッフ

参照元:https://www.mouse-jp.co.jp/

業績を伸ばしている企業だけあって求人にも力を入れている。新卒採用も行っているので興味のある方はぜひ挑戦して欲しい。事業会社で働けばその後の選択肢も豊富になる。キャリア採用ならこれまでの経験から活かせるポジションを選択することが可能だ。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya