GE76 Raider 11U GE76-11UG-596JP

当ページでは、Core i5-11400Hの性能レビュー及び搭載ゲーミングノートPCの紹介をしている。Intel第11世代Tiger Lakeの高コスパCPUが発売開始となった。これまでH$5シリーズのCore i5シリーズは4コア8スレッドというスペックだったが、最新のCore i5-11400Hでは6コア12スレッドへと大幅にスペックが強化されている。

RTX 3050~RTX 3060などミドルクラスまでのグラフィックスと組み合わせればCPU自体がボトルネックとなる可能性は低い。競合は同じ6コア12スレッドのAMD Ryzen 5 5600Hとなる。動画編集などの一般的な作業においてはRyzen 5 5600Hが優勢だ。Core i5-11400Hが強みを発揮するのはゲームプレイ時だと考えてよい。

よくわかる!!Core i5-11400Hの特徴まとめ

cpu

コードネームComet Lake
プロセス10nm SuperFin
コア/スレッド数6コア/12スレッド
定格/最大クロック2.7 GHz/ 4.5 Ghz
L3キャッシュ12MB
TDP35W-45W
発売日2021年05月17日
価格$250
コメント(+)6コア12スレッドと従来モデルよりスペック強化
(+)競合モデルよりもゲーム適性が高い
(+)税込11万円~搭載モデルを購入できる
(-)マルチスレッド性能はRyzen 5 5600Hに劣ることがある
評価・総合評価
8.5

・ゲーム評価
8.5

Core i5-11400HのCinebench R23スコア

ryzen55600h-cinebenchr20

Cinebench R23はCPUのレンダリング性能をスコア化できるベンチマークソフトだ。実際の環境をすべて反映しているわけではないが、性能を客観的に把握する上で一つの参考となる。従来モデルであるCore i5-10300Hよりもマルチスレッド性能が70%高く、シングルスレッド性能が25%高い。4コア8スレッドから6コア12スレッドへとそれぞれ50%も引き上げられたことが大きい。さらに、CPUコアの改良によってパフォーマンスが向上している。Comet Lake世代のフラグシップモデルであるCore i9-10980HKに近いスコアとなっているのは素晴らしい。

上位モデルであるCore i7-11800Hとの差はマルチスレッド性能は22%低く、シングルスレッド性能は3%低い。Core i7-11800Hが8コア16スレッドであることを考えると順当だ。より負荷の掛かる作業を考えている方や高性能なグラフィックボード搭載を考えている方はCore i7シリーズやRyzen 7シリーズがよいだろう。Ryzen 5 4600Hよりもマルチスレッド性能が6%高く、シングルスレッド性能が25%高い。一方で、Ryzen 5 5600Hと比べるとマルチスレッド性能は8%劣るが、シングルスレッド性能は5%上回る。

Core i5-11400Hの基本スペック

 Core i5-11400HCore i7-11800HCore i5-10300H
メーカーIntelIntelIntel
プロセス10nm10nm14nm
コードネームTiger LakeTiger LakeComet Lake
CPUコア数6コア8コア4コア
スレッド数12スレッド16スレッド8スレッド
定格クロック2.70 GHz2.30 GHz2.50 GHz
最大クロック4.50 GHz4.60 GHz4.50 GHz
4コア稼働4.30 GHz4.50 GHz4.20 GHz
6コア稼働4.10 GHz4.40 GHz-
8コア稼働-4.20 GHz-
L3キャッシュ12MB24MB8MB
対応メモリDDR4-3200DDR4-3200DDR4-2933
内蔵グラフィックスUHD GraphicsUHD GraphicsUHD Graphics
EUs1632-
グラフィック周波数1450MHz1450MHz1050MHz
TDP35W-45W35W-45W35W-45W
価格$250$395$250
発売日Q2'21Q2'21Q2'20
Core i5-11400Hは、Intel第11世代H45シリーズにおけるエントリークラスのCPUだ。Tiger Lake世代で10nmプロセスを採用している。従来モデルのCore i5-10300Hの14nmプロセスから微細化されている。ここに来てやっと10nmプロセスへと移行が完了した。4コア8スレッドから6コア12スレッドへとスペックアップが図られて大幅に性能が高くなった。Core i5シリーズでも従来モデルのCore i7シリーズと同等のコア/スレッドとなったのは評価できる。

定格クロックは8%高く、最大クロックは同等の4.5GHzだ。4コア稼働時のクロック周波数も0.1GHz高い。L3キャッシュ容量は12MBへと50%増量となっている。対応メモリもDDR4-2933からDDR-3200へとアップグレードされた。内蔵グラフィックスはIntel UHD Graphicsを採用している。内蔵グラフィックスについてはグラフィック周波数が40%引き上げられただけで性能面ではそれほど変わっていない。TDPは35W-45Wだ。価格も$250と変わっていない。スペックが強化されたことを考えると割安感がある。

上位モデルであるCore i7-11800Hと比較していく。CPUコアが6コアから8コアになり、スレッド数が12スレッドから16スレッドへとそれぞれ33%引き上げられている。定格クロックはCore i5-11400Hの方が17%高いが、最大クロックはCore i7-11800Hの方が3%高い。4コア稼働時・6コア稼働時もCore i7-11800Hが上回る。負荷の掛かる場面に強いCPUということになる。

L3キャッシュ容量についてはCore i5-11400Hは、Core i7-11800Hの半分の12MBだ。メモリ規格は共通だ。内蔵グラフィックスについてもExecution UnitsがCore i7-11800Hの半分の16に留まる。グラフィック周波数は1450MHzで共通だ。TDPも35W-45Wとなっている。Core i7-11800Hのパワー効率の高さが光る。価格差は$145だ。

AMD Ryzen 5 5600Hとスペック比較

 Core i5-11400HRyzen 5 5600H
メーカーIntelAMD
プロセス10nm7nm
コードネームTiger LakeZen 3
CPUコア数6コア6コア
スレッド数12スレッド12スレッド
定格クロック2.70 GHz3.30 GHz
最大クロック4.50 GHz4.20 GHz
L3キャッシュ12MB16MB
対応メモリDDR4-3200DDR4-3200
内蔵グラフィックスUHD GraphicsRadeon Graphics
EUs167
グラフィック周波数1450MHz1800MHz
TDP35W-45W35W-54W
価格$250-
発売日Q2'21Q1'21
競合モデルであるAMD Ryzen 5 5600Hと比較していこう。Ryzen 5 5600Hの価格は非公開だが、Core i5-11400Hよりも少し安い程度だと考えてよいだろう。Ryzen 5 5600Hは7nmプロセスを採用していてCore i5-11400Hの10nmプロセスよりもコンパクトだ。CPUコアは6コア、スレッド数は12スレッドとスペックは共通だ。

定格クロックはRyzen 5 5600Hの方が23%高く、最大クロックはCore i5-11400Hの方が8%高い。サポートメモリはDDR4-3200で同じだ。内蔵グラフィックスについてはRyzen 5 5600Hの方が優れている。TDPはCore i5-11400Hの最大45Wに対してRyzen 5 5600Hでは最大54Wと少しだけ高い。

Core i5-11400H搭載ゲーミングノートの特徴

6コア12スレッドになりCPU性能が向上している

Core i5-11400Hは、Intel Core i5-10300Hの後継モデルだ。Core i5-11400Hと同様にエントリークラスのCPUとして期待値も高い。Core i5-10300Hでは4コア8スレッドだったが、Tiger Lake世代になってCore i5シリーズでも6コア12スレッドとスペックが引き上げられている。前世代の上位モデルであるCore i7-10750Hと同等のスペックを誇る。性能面でも期待が持てる。

性能的にはCPUコア改良の恩恵もあって大きく性能が上がり8コア16スレッドのCore i9-10980HKに匹敵する。Core i5シリーズの性能もついにここまで来たかという感じだ。これまでのCore i5シリーズは、ゲーミングCPUとして必要最低限の性能だったが、それよりもワンランク引き上げられたと考えてよい。特にミドルクラスまでのグラフィックスと合わせればCPUのボトルネックを防ぐことができる。

クリエイターPCとしても評価が高い

Core i5-11400Hは、クリエイターの方にもおすすめのCPUだ。コストが抑えられている割にはCPU性能が高くなっている。6コア12スレッドというスペックなら動画編集・画像編集・WEBデザイン・DTMなどの用途にも対応しやすい。当然上位モデルであるCore i7-11800Hに比べるとパフォーマンスは劣るが、その分消費電力が低く排熱対策のために本体を大きくする必要がない。軽量モデルが豊富だというのは選ぶ理由になるはずだ。

RTX 3050 TiやRTX 3050などミドルクラス以下のグラフィックスを搭載したモデルであれば発熱量もそれほど大きくなく本体を大きくする必要がない。Core i5-11400Hに合わせるには好ましい組み合わせだと言える。本体重量2kgを切ったモデルであれば持ち運びもしやすい。ただし、バッテリー容量が小さくバッテリー駆動時間が短いモデルも多い点は注意しておこう。ドスパラのraytrekブランドやマウスコンピューターのDAIVブランドからも搭載モデルがリリースされるのではないかと思う。

税込11万円台で購入できるコスパの高さが魅力

Core i5-11400H搭載モデルのもう一つのメリットがコストパフォーマンスの高さだろう。性能についてすでに記載した通りCore i9-10980HKに近く大きく引き上げられている。搭載モデルは税込み11万円台から購入できる。性能・価格を考えると満足度が高いはずだ。

グラフィックスにはロークラス~ローエンドクラスのRTX 3050やRTX 3050 Tiが選択されることが多い。フルHD環境でのゲームプレイを考えている方に最適だ。Ryzen 5 5600H搭載モデルと同等の価格で予算を抑えたい学生や新社会人の方でも選びやすい。Ryzen 5 5600Hと比べるとマルチスレッド性能は劣るもののゲーミングCPUとしての評価は高い。

Core i5-11400Hのベンチマーク一覧

Handbrake

handbrakecorei5-11400h-handbrake

動画のエンコードに掛かる時間をまとめている。Comet Lake世代の上位モデルであるCore i7-10750Hよりも18%もパフォーマンスが向上している。Core i9-10980HKとの性能差は4%だ。Ryzen 5 5600Hに比べると6%劣るが、Ryzen 5 4600Hに比べると3%パフォーマンスが高い。Core i5シリーズでも性能が大きく引き上げられていることがわかる。

Blender 2.91

blenderclassroomcorei5-11400h-blender

Blender公式のベンチマークの結果をまとめている。CPUのレンダリング性能を計測できる。Handbrakeと似たような傾向が見られる。Core i7-10750Hよりも22%もパフォーマンスが向上している。同じ6コア12スレッドでもこれだけパフォーマンスが変わるとは驚きだ。Ryzen 5 5600Hよりも9%スコアが劣る。上位モデルであるCore i7-11800Hとの差は18%だ。スペックの差を考えると妥当な水準に収まっている。

7-Zip

zipcorei5-11400h-7zip

Zipファイルの解凍及び圧縮速度をまとめている。Core i5-11400Hが、Ryzen 5シリーズやCore i7-10875Hなどと比べて苦戦しているのはL3キャッシュ容量が少ないことが要因だろう。それでもCore i7-10750Hと比べて解凍速度が13%向上して、圧縮速度が5%向上している。Ryzen 5 5600Hと比べると解凍速度は16%劣るが、圧縮速度は3%速い。Core i7-11800Hに比べると解凍速度は25%遅く、圧縮速度は26%遅い。最新のCore i7-11800Hは高いパフォーマンスを発揮している。

Core i5-11400Hのゲーミング性能

Borderlands 3

boarderland3

7 5800H×RTX 306082
61
i7-10870H×RTX 306074
56
i7-11800H×RTX 3050 Ti64
50
i7-11800H×RTX 305058
47
i5-11400H×RTX 305057
44
7 4800H×GTX 1650 Ti41
33
平均fps1%Low
Core i7-11800Hとの性能差は2%程度だ。1%Lowでも性能差は7%となっている。RTX 3050などのエントリークラスのグラフィックボードとの組み合わせはバランスがよさそうだ。

Hitman 3

hitman3

7 5800H×RTX 306082
45
i7-10870H×RTX 306078
42
i7-11800H×RTX 3050 Ti80
50
i7-11800H×RTX 305075
46
i5-11400H×RTX 305070
39
7 4800H×GTX 1650 Ti67
33
平均fps1%Low
Hitman 3ではややフレームレートの差が大きい。平均fpsでは7%、1%Lowでは10%の差がある。CPUコアが増えた方が有利になるタイトルを中心に考えているならCore i7-11800H搭載モデルを検討した方がよい。ただし、一般的ではなくあくまでも例外的な位置づけとなる。

Shadow of the Tomb Raider

Shadow Of The Tomb Raider

7 5800H×RTX 3060107
85
i7-10870H×RTX 3060106
83
i7-11800H×RTX 3050 Ti85
67
i7-11800H×RTX 305080
64
i5-11400H×RTX 305078
60
7 4800H×GTX 1650 Ti58
47
平均fps1%Low
Core i7-11800Hとのフレームレートの差は3%-7%となっている。1%Lowでも60fpsを超えていて50番台のグラフィックボードとの相性はよさそうだ。

Cyberpunk 2077

Cyberpunk2077top

i7-11800H×RTX 307062
46
7 5800H×RTX 306053
42
i7-10870H×RTX 306046
37
i7-11800H×RTX 3050 Ti34
27
i7-11800H×RTX 305031
25
i5-11400H×RTX 305031
25
平均fps1%Low
Cyberpunk 2077のような負荷の高いタイトルではグラフィックボードがボトルネックとなってしまうためCPUの差は出てこない。設定を下げて対応するかハイエンドクラスのモデルを選択する必要がある。

Core i5-11400H搭載のゲーミングノートPC一覧

New Dell G15 プレミアム(RTX3050搭載)(Dell)

New Dell G15 Ryzen Edition価格:144,980円(税込) 115,984円(税込)
液晶:15.6インチ 120Hz
CPU:Core i5-11400H
GPU:GeForce RTX 3050
メモリ:DDR4-3200 8GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載

公式サイト

現在キャンペーン中で20%OFFクーポン発行中だ。15.6インチ120Hz対応モニターを搭載している。本体重量約2.559kgと重いため持ち運ぶ機会が多い場合は覚悟が必要だ。グラフィックスにはRTX 3050を搭載している。GTX 1650よりも30%程度ゲーミング性能が高く性能の底上げが行われている。Core i5-11400Hとのバランスも保ちやすい。メモリ8GB、SSD 512GB NVMe対応と構成は控え目だ。価格重視でゲーミングノートを選びたい方向けだと言える。

GALLERIA RL5C-G50(ドスパラ)

GALLERIA RL5C-R35T価格:119,980円(税込)
液晶:15.6インチ 144Hz
CPU:Core i5-11400H
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載

公式サイト

15.6インチ120Hz対応モニターを搭載している。GTX 1650を搭載したエントリークラスのゲーミングノートPCだ。Core i5-11400Hとのバランスもよく設定を下げることにためらいがない方におすすめしたい。クリエイターの方にもぴったりだ。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も充実している。本体重量約2.0kgとゲーミングノートとしては軽い。持ち運びをするにはかばんがある方がよいだろう。バッテリー駆動時間は約5.3時間となっている。

GALLERIA RL5C-R35(ドスパラ)

GALLERIA RL5C-R35T価格:139,980円(税込)
液晶:15.6インチ 144Hz
CPU:Core i5-11400H
GPU:GeForce RTX 3050
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載

公式サイト

最新のAmpere世代のRTX 3050を搭載したゲーミングノートPCだ。15.6インチ144Hz対応モニターを搭載している。GALLERIA RL5C-G50との価格差が2万円とやや大きい。本音を言えばもう少し価格が下がってほしいところだ。ゲーミング性能はそこそこでGTX 1650 Tiよりもパフォーマンスは高い。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も充実している。本体重量約2.0kgだ。バッテリー駆動時間は約4.4時間と短くなっている。

GALLERIA RL5C-R35T(ドスパラ)

GALLERIA RL5C-R35T価格:149,980円(税込)
液晶:15.6インチ 144Hz
CPU:Core i5-11400H
GPU:GeForce RTX 3050 Ti
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載

公式サイト

RTX 3050 Ti×Core i5-11400H搭載のゲーミングノートPCだ。GTX 1660 Tiに近いゲーミング性能を得られる。従来モデルのGTX 1650 Ti搭載モデルが税込み10万円前後だったことを考えると価格は下がっていくだろう。プレミアム価格を出すことに抵抗がない方であれば今選択しても後悔はしないだろう。メモリ16GB、SSD 512GB NVMe対応と構成も充実している。

ASUS TUF Gaming F15 FX506HM(ASUS)

ASUS TUF Gaming F15 FX506HM価格:149,800円(税込)
液晶:15.6インチ 144Hz
CPU:Core i5-11400H
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載

公式サイト

15.6インチ144Hz対応モニターを搭載している。RTX 3060を搭載したミドルクラスのゲーミングノートだ。Core i5-11400Hに合わせるならこの性能帯までとなる。フルHD環境でならある程度安定したゲームプレイが可能だ。メモリ16GB、SSD 512GB NVMe対応と構成も充実している。本体重量約2.3kgとやや重めだが、バッテリー駆動時間約10.2時間と余裕がある。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

ベンチマークテスト環境

notepc

モデルMSI GE76 Raider
GPUNvidia GeForce RTX 3080
メモリ16GB DDR4-3200
ストレージ