Core i9-9900Kの性能レビュー&おすすめゲーミングPC紹介【2018年】| 8コア16スレッド搭載でメインストリーム最強のCPU!

cputoha

当ページでは、Core i9-9900Kの性能レビュー及びおすすめゲーミングPCの紹介をしている。2018年10月20日ついに第九世代CPUが登場した。Coffee Lake refreshは3つの新しいKシリーズのプロセッサーが先陣を切った。

これらの中で最も高い性能を持つのがこのi9-9900Kだ。これまでの世代と大きく異なるのはi9シリーズがメインストリームの製品ラインナップに入ったことだ。ゲーミングPC=Core i7ということはなくなるかもしれない。8コアが標準的なCPUとなる時代の到来か。より詳しく見ていこう。

Core i9-9900Kの基本スペック

 Core i9-9900K Core i7-9700Ki7-8700K
コードネームCoffee Lake-RCoffee Lake-RCoffee Lake
プロセス14nm++14nm++14nm++
CPUコア数886
スレッド数16812
定格クロック3.6 GHz3.6GHz3.7GHz
最大クロック5.0GHz4.9GHz4.7GHz
L3キャッシュ16MB12MB12MB
TDP95W95W95W
価格$499$385$380
発売日2018/10/202018/10/202017/11/02

基本的なアーキテクチャは前世代と同じ

コードネームにRefreshと付いていることからわかるだろうが、第九世代CPUの基本的なアーキテクチャは前世代のCoffee Lakeと同じだ。プロセスについても14nmのままとなっている。Intelが力を入れていた10nmプロセスを実現することはできなかった。もうこれ以上販売を遅らせることはできないという企業の判断だろう。これはAMD Ryzen第二世代が思いの外健闘しているので急いでリリースしたということだ。

内部的な大きな変更点としては、ダイとヒートスプレッダの間の熱伝導素材としてはんだベースのSTIM(Solder Thermal Interface Material)を採用したことだろう。これにより排熱性能が向上したことで同じ消費電力でもコア及び高いクロック周波数を支えることができるようになったというわけだ。

また、近年問題となったCPUの脆弱性であるメルトダウンとスペクターに対してハードウェアベースで緩和させたはじめてのIntel製CPUということになる。これらのセキュリティの弱点を回避させるためにパフォーマンスインパクトが小さくなっているはずだ。

8コア16スレッド、最大クロック5.0GHzを実現

AMD Ryzenに合わせて8コア/16スレッドとして登場した。また、メインストリームのCPUとしては最も高い周波数を持っているのも興味深い。改善された熱素材のおかげで第九世代全般でクロック周波数が大きく向上している。Core i9-9900Kは、2コアでも5.0GHzを超える。これは単体でのみ5.0GHzを超えるCore i7-8086Kを超える。

前世代よりも明らかに周波数が上がっている。これらの周波数アップはゲームのようなライトスレッドタスクでもIntelの優位性が際立つ。また、追加されたコアのおかげでマルチスレッドタスクもRyzenに対して十分戦うことができる。コアが追加されたことで2つの追加2MBのL3キャッシュが搭載となった。合計L3キャッシュは16MBとなっている。

Core i7-7820XがIntelのハイエンドデスクトップラインナップでは最も比較しやすいCPUかもしれない。8コア16スレッドという点では共通点はある。ただ、根本的に異なる構造となっている。メッシュアーキテクチャは、一般的な用途においてはネガティブな影響を与えてしまう。さらに、$600のこのチップは、高価なX299チップセットマザーボードを必要として、クアッドチャンネルメモリを用意する方が好ましい。内蔵グラフィックスが搭載されていないのも大きな違いとなる。やはりCore i7-9900Kはずば抜けた性能を持つCPUということだ。

価格は高めになっている

性能面では間違いなくゲーミングCPUとしてトップだと言える。一方でまた最も高価なCPUの一つになっている。$499は、Core i7-8700Kよりも$119高い。こうなるとゲーミングPCの価格も上がってしまうため売れ筋モデルとはなりにくいかもしれない。

Intelは、AMDが持つコスパには対抗していない。高いお金を出して購入する価値のある究極のモデルなのだろうか。次の項目から実際の性能を見ていくが、その性能の高さに間違いなく衝撃を受けるだろう。ただ、ほとんどの方にはワンランク下のCore i7-9700Kでも十分だと感じる。

$115安くほとんどのタイトルで同レベルの性能を発揮する。ほとんどのタイトルで多くのコアを有効活用することはできないというのは知っておこう。お金が問題ではなくとにかく高性能なモデルが欲しいというのであればCore i9-9900Kは購入に値するCPUだと言える。

Core i9-9900Kの総合性能

corei9-9900ksougou

Core i9-9900Kは、CPUの市場において最も性能の高いゲーミング向けCPUの王座についた。また、これまでAMDのRyzenが得意としていたマルチスレッドにおいても高い性能を発揮することがわかる。Core i7-8700KやRyzen 7 2700Kをも上回るパフォーマンスを持っている。

ただし、Core i7-8700Kからは買い替え対象とはならないだろう。まだまだマルチコアはゲームプレイにおいては性能を生かすことができる大きな差があるわけではないからだ。第七世代CPUからではあれば十分性能差を体感できるだろう。

ベンチマーク(レンダリングやエンコード etc.)

Cinebench R15

cinebenchcorei9-9900Kcinebench

CPUにレンダリングをさせてその性能を図れるベンチマークソフトだ。Core i9-9900Kの性能の高さがはっきりと表れている。マルチスレッドではCore i7-8700Kよりも60%高く、Core i7-7820Xよりも30%高い。

シングルスレッドでもそれぞれ10%、15%高くなっている。やはりi7-7820Xはなかなかスペック通りにはいかないようだ。シングルスレッドではintel製CPUがトップを独占する形となった。ただ、コア数の多いAMD製品はマルチスレッドベンチマークにおいては低いIPCを相殺できている。

Handbrake

handbrakecorei9-9900khandbrake

Handbrakeで動画のエンコードに掛かる時間をまとめている。x264及びx265それぞれ異なるファイル形式を計測。数値が少なければ少ないほど性能が高いということがわかる。Core i9-9900Kが圧倒している。Core i7-8700Kと比べて35%高い性能を持っている。AMDが得意だったx264でもIntel勢が優勢だ。

7-zip

corei9-9900k7zip

Zipファイルの圧縮及び解凍速度を計測している。Core i9-9900Kの存在感がすごい。Core i7-8700Kよりも40%以上高いスコアを計測している。Ryzen 7が得意な解凍速度でも大きく上回っている。確かにこれだけ性能がずば抜けているのであれば選択する意味はあるのかもしれない。

ゲームプレイのベンチマーク

Far Cry 5

farcry5Core i9-9900Kfarcry5

オーバークロックをしたCore i9-9900Kがトップに君臨。しかし、同様にオーバークロックしたCore i7-8700Kもほぼ同等のスコアを計測。通常時でも大きな差はない。また、Core i7-9700Kとのスコア差もほとんどなく、ゲーム用途で考えるとプレミアム価格のi9を購入する理由は薄いだろう。

Civilization Ⅵ

civ6Core i9-9900Kciv6

Core i7-9700Kがトップに躍り出た。Coffee Lake世代のi7も高いスコアを計測。なお、IntelのSkylake世代のXシリーズでは全く歯が立たない。これはやはりメインストリームプロセッサーの高い周波数には及ばないということだろう。ゲーム用途では、コアやハイパースレッディングが必ずしも良い影響を与えるわけではないということがわかる。

hitman

hitmanCore i9-9900Khitman

Core i7-9700Kが上回る結果となった。ハイパースレッディングがない方がベンチマークが安定することもあるのだ。Core i7-8700Kとの性能差も体感できるレベルではない。Ryzen 7 2700Xが一歩遅れて他は似たようなフレームレートとなっている。

Core i9-9900K搭載おすすめゲーミングPC

GALLERIA ZZ i9-9900K搭載(ドスパラ)

価格:339,980円
CPU:Core i9-9900K
GPU:GeForce RTX 2080 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:NVMe対応M.2 500GB
HDD:3TB
電源:SILVERSTONE 750W PLATINUM

公式詳細

最新のグラフィックボード&CPUを搭載したモデルだ。現時点で購入できるゲーミングPCとしては最高峰の性能を持つ。4K解像度でゴリゴリゲームをプレイしたいという方は選択肢に入れても良いかもしれない。ただし、Full HDやWQHDではオーバースペックとなる。このモデルがすごいのはCPUやグラフィックボード以外にも力を入れていることだ。SSDには高性能なNVMe対応M.2を搭載しより快適なゲームプレイやPC作業が可能だ。電源にはハイパフォーマンスなパーツを支えるために80PLUS認証PLATINUMを採用。30万円を軽く超える価格が問題でないのであればぜひ選択肢に入れて欲しい。

G-GEAR GA9J-G181/ZT(TSUKUMO)

G-GEAR GA7A-B180T価格:269,800円
CPU:Core i9-9900K
GPU:GeForce RTX 2080
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB
HDD:2TB
電源:CWT製 700W BRONZE

公式

RTX2080を搭載したゲーミングPCだ。GALLERIA ZZに比べるとまだ現実的な価格設定と言えるかもしれない。SSD 500GB×HDD 2TBのダブルストレージは嬉しい。ハイエンドのゲーミングPCならではだ。電源にはCWT製700Wを採用ししっかりとパソコンを土台から支えてくれるだろう。レイトレーシングに興味がある方に魅力的な選択肢となるだろう。

NEXTGEAR i690PA2-SP(G-Tune)

nextgeartop価格:269,800円
CPU:Core i9-9900K
GPU:GeForce RTX 2080
メモリ:DDR4 16GB
SSD:NVMe対応M.2 256GB
HDD:3TB
電源:800W TITANIUM

公式詳細

RTX2080を搭載したゲーミングPCだ。GALLERIA ZZに比べるとまだ現実的な価格設定と言えるかもしれない。SSD 500GB×HDD 2TBのダブルストレージは嬉しい。ハイエンドのゲーミングPCならではだ。電源にはCWT製700Wを採用ししっかりとパソコンを土台から支えてくれるだろう。レイトレーシングに興味がある方に魅力的な選択肢となるだろう。

Core i9-9900K搭載ゲームパソコン一覧

製品名価格CPUGPUメモリSSDHDD
GALLERIA ZZ i9-9900K339,980i9-9900KRTX2080Ti16GB500GB3TB
i1640PA1-TD309,800i9-9900KRTX208032GB512GB3TB
im620PA1-SP294,800i9-9900KRTX2080Ti16GB16GB1TB
im620PA2-SP339,800i9-9900KRTX2080Ti32GB480GB1TB

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • ゲーミングPCおすすめランキング【2018年最新】(TOPページ)
  • 多くのBTOパソコンの中から本当におすすめできるゲーミングPCをピックアップしている。これを購入すれば間違いないというモデルのみを厳選している。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトにてレビューをしている全てのゲーミングPCを一覧表でまとめている。製品ごとに価格、サイズ、スペック、サイト独自のコスパ指標等を見ることが可能だ。

ベンチマークテスト環境

desktoppc

GPUGeForce GTX 1080 Founders Edition
メモリ16GB G.Skill FlareX DDR4-3200
SSD1TB Toshiba
マザーボードMSI MEG Z390 Godlike
電源ユニットDark Power Pro 11, 850W

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ