gtx1080msi画像引用元:https://www.msi.com/

当記事では、GeForce GTX 1080の性能スペック&ベンチマークを紹介している。GeForce GTX 1080はPASCAL世代の先陣を切った最強のグラフィックボードだ。ハイエンドモデルとしての地位を築いていた。今となっては60番台の性能に留まるのは時代の進化を感じてしまう。

当該モデルは発売当時、前世代のGTX 980 Tiと同等の価格でTITAN X/GTX 980 SLIよりも性能が高いという怪物で世代を代表するパフォーマンスを誇っていた。後継モデルとして、「GeForce RTX 3080」が登場したので合わせてチェックして欲しい。

>>GTX 1080を確認(Amazon)<<

GeForce GTX 1080のスペックと性能

スペック

 GTX 1080GTX 1080 TiGTX 980 TiRTX 2080
アーキテクチャPascalPascalMaxwellTuring
GPUGP104GP102GM200TU104
SMカウント20282246
プロセス16nm16nm28nm12nm
トランジスタ数72億118億80億136億
ダイサイズ314m㎡471mm²601mm²545mm²
CUDAコア数2560基3584基2816基2944基
コアクロック1607MHz1480MHz1000MHz1515MHz
ブーストクロック1733MHz1582MHz1075MHz1800MHz
GPUメモリ8GB GDDR5X11GB GDDR5X6GB GDDR58GB GDDR6
メモリバス256-bit352-bit384-bit256-bit
メモリバンド幅320.0 GB/s484.4 GB/s337.0 GB/s448.0 GB/s
TDP180W180W250W215W
価格$599$699$699$699
発売日2016年5月27日2017年03月11日2015年6月1日2019年7月23日
GTX 1080のスペックをまとめている。比較対象は、Maxwell世代のGTX 980 Tiと上位のGTX 1080 Tiだ。また、追加でTuring世代のRTX 2080も参考としてまとめている。まず、前世代のGTX 980 Tiと比べるとアーキテクチャがMaxwellからPascalへと進化している。プロセスが28nm→16nmと微細化されたのは大きな変更点だ。

プロセスの縮小によって省電力性に磨きが掛かっている。ダイサイズも601n㎡→314n㎡へとよりコンパクトになった。トランジスタ数は10%ダウンの72億だ。当然パワー効率の向上などがあるためスペック的な不足はない。コア数が10%減っているものの、コアクロック及びブーストクロックをおよそ60%もアップさせている。

その恩恵から格段に性能がアップする形となった。また、GPUメモリが6GB→8GBにアップしているのも心強い。この時代からGPUメモリ容量は多いほうがよくなったと言える。メモリ規格もGDDR5Xとより高性能なものに切り替えられた。これらはPascal世代のグラフィックボード全体に見られる特徴だ。一方で、メモリバスは384 bitから256 bitとなり、メモリバンド幅も5%低い320.0 GB/sに留まる。TDPは250Wから180Wへと25%省電力性が高まっている。価格は$100安い$599だ。

上位モデルであるGTX 1080 Tiと比べるとさすがに一回り性能は落ちている。GPUがGP102になりSMカウントも28へと大きく増えている。CUDAコア数が40%アップが性能に与える影響は大きい。クロック数は抑えられているもののコア数アップによる性能アップが顕著に見られる。GTX 1080 TiもGTX 1080もGTX 980 Tiの消費電力250Wから180Wに抑えられているのも高評価だ。今回のPascal世代は明らかにワンランク上への引き上げた。

参考にTuring世代のRTX 2080を見ておこう。プロセスが16nm→12nmへとさらに縮小化されている。トランジスタ数も72億から136億へと大幅に増えている。なお、プロセスが縮小化されているにも関わらずダイサイズが314n㎡から545n㎡へと大幅に大きくなっているのはRTコア・Tensorコアが増えたからだ。

これらのコアはPascal以前のグラフィックボードには搭載されておらずTuring世代からの最新技術だ。レイトレーシングやDLSSなどよりグラフィックスにこだわりを持てるようになっている。メモリ規格もGDDR6へとワンランク引き上げられた。グラフィックボードの性能は着実に進化している。なお、RTX 2080の後継モデルがRTX 2080 SUPERとなっている。

性能

gtx1080seinou

GeForce GTX 1080は、現行モデルのRTX 3060に近いゲーミング性能を持つグラフィックボードだ。2016年の発売当時こそハイエンドクラスのモデルだったが、さすがに5年も経てばこれぐらいに落ち着く。5年経っても現行のミドルクラスのモデルと同等ならやはりハイエンドクラスを選べば長く使用できるということになる。

フラグシップモデルのGTX 1080 TiでもRTX 3060 Tiにも及ばない。GTX 1080は、フルHD環境×高リフレッシュレートでのゲームプレイが基準となる。GPUメモリ容量に余裕があることからタイトル次第ではWQHD環境にも対応すうrことが可能だ。

>>GTX 1080を確認(Amazon)<<

GeForce GTX 1080の評価【2021年最新】

やはりハイエンド以上のモデルは息が長い

GTX 1080登場から5年の歳月が流れてわかったことがある。それはいつの時代でもハイエンドクラスのグラフィックボードはその後の息が長いということだ。GTX 1080は、現行モデルであるRTX 3060と同等の性能を持っている。レイトレーシングやDLSSといった機能こそ欠如しているが純粋にゲームを楽しむだけなら問題ない。

購入時は高価でも長い目で見るとコストパフォーマンスが高いというのはあながち間違いではない。発売してからすぐに購入しても5年以上も使えるのなら高い買い物ではない。もっとも4K解像度でのゲームプレイは厳しいが、フル HD環境~WQHD環境までなら対応できそこまで不満も出ないのではないかと思う。

中古価格は税抜30,000円~で絶妙な価格帯

GTX 1080の中古価格は30,000円~となっている。これはRTX 2060の中古価格とほぼ同じだ。これは中古パーツ屋さんもしっかりと価格設定を行っていると言える。RTX 2060と比較するとGTX 1080の方が性能が高いので選択肢としては悪くない。ただし、AmazonなどでRTX 2060 SUPERの価格が30,000円前半まで落ちることがある。

もしそうなったら上記で書いたようにRTX 2060 SUPERとはほぼ同等の性能があることから中古でGTX 1080を購入するのは賢明とは言えない。もし、GTX 1080の購入を考えるとすれば20,000円中盤まで価格が落ちたときだろう。もっともその時はRTX 2060 SUPERの価格も落ちるだろうが…

>>GTX 1080を確認(Amazon)<<

GeForce GTX 1080のベンチマーク

フルHD及びWQHD環境でのフレームレートを計測している。すべて最高設定での数値だ。前世代のGTX 980 Ti/GTX 980とのスコアの違いに注目して欲しい。

Fallout 4

fallout4

GTX 980 SLI134.3
103.0
GTX 1080130.0
92.8
GTX 980 Ti95.9
64.0
R9 Fury X95.1
69.2
GTX 98078.5
51.6
FULL HDWQHD
GTX 980 SLIに近い結果が出ている。GTX 1080は、FULL HD環境で130.0fps、WQHD環境でも92.8fpsと余裕がある。GTX 980 SLIとの性能差は1%-3%でほぼ同等だ。GTX 980 Tiと比較しても40%以上パフォーマンスが高い。同じ型番である従来モデルのGTX 980と比較すると70%も向上している。WQHD環境なら80%以上もフレームレートが高い。さすがハイエンドのグラフィックボードだ。

Hitman

hitman

GTX 980 SLI109.3
91.3
GTX 108094.6
84.0
GTX 980 Ti92.5
63.9
R9 Fury X85.0
64.0
GTX 98075.5
50.4
FULL HDWQHD
GTX 1080は、WQHD環境でも84.0fpsとかなり余裕がある。GTX 980 Tiが60fps弱であることを考えるとかなりの進歩だ。一方で、フルHD環境ではほとんど差がない。これはグラフィックボードがボトルネックになっていると考えて良い。いずれにしてもGTX 1080のポテンシャルの高さが光る。

Rise of the Tomb Raider

Metro-Exodus-Title

GTX 1080103.0
72.3
GTX 980 SLI94.2
75.7
GTX 980 Ti79.2
53.2
GTX 98062.1
44.0
R9 Fury X55.3
42.0
FULL HDWQHD
Rise of the Tomb RaiderではGTX 1080がトップに立った。フルHD環境においてはGTX 980 SLIよりもスコアが高いのは驚きだ。性能差は10%だ。さすがにWQHD環境ではあと一歩というところだがシングルGPUとしては十分健闘している。GTX 980 Tiとの差は30%、GTX 980との差は60%としっかり進化していることがわかる。Radeon Fury Xを置き去りにしている。

>>GTX 1080を確認(Amazon)<<

GeForce GTX 1080の特徴まとめ【2016年当時】

4K解像度やVR環境下で輝くグラボ(+)

GTX 1080は、これまで存在していたウルトラハイエンドモデルよりも群を抜いて高い性能が魅力だ。これまで必要だったSLI環境をも必要としないパフォーマンスには驚嘆を隠せない。GTX 980 SLIと同等の性能を持つことで、最新のゲームを4K解像度で最高設定にして快適にプレイすることができる唯一のシングルGPUだ。

4K解像度は当たり前として今後伸びてくるであろうVRも視野に入れている。VRに必要なスペックはGTX970ということを考えるとオーバースペックかもしれない。ただ、フレームレートを安定させることが快適性に繋がる性質上パフォーマンスは高いほうが良い。

一般的な用途ではオーバースペックになりがち(±)

価格が抑えられているため忘れてしまうかもしれないが、フルHD環境であれば文句なくオーバースペックになる。確かに優れたグラフィックボードだが、ほとんどのユーザーが必要としない性能であることも否めない。

例えば、AVAやCSシリーズのようなFPSをプレイするユーザーにはまず性能的に必要がない。4K解像度に対応したモニターを所持していなければそもそも最適な環境を構築することすら難しい。高解像度でのプレイを想定していないのであれば選択しても恩恵はかなり薄いだろう。

GTX 1080 Tiの登場で存在感が薄くなった

GeForce GTX 1080 Tiが登場したことで存在感が薄くなってしまっている。それでも高い性能を持つこのグラフィックボードはBTOパソコンでも人気が高い。性能的にはしっかりと差別化されているためだ。GTX 1080 Tiの発売によって価格が下がったのでより購入しやすくなった。意外と狙い目のグラフィックボードかもしれない。一時ラインナップから消滅していたが、今はドスパラでもGTX 1080搭載モデルが復活した。

>>GTX 1080を確認(Amazon)<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

ベンチマークテスト環境

desktoppc

CPUCore i7-5930K
メモリ
ストレージ
電源ユニット
マザーボードGigabyte Z370 Aorus Gaming 7
参照元:NVIDIA GEFORCE GTX 1080 REVIEW (PCGAMER)