GeForce GTX1080の性能スペック&おすすめゲーミングPC紹介【2018年】 | GTX1070Tiの登場で存在感が薄くなった!ただ4K解像度で輝くグラボは健在!

gtx1080画像引用元:https://www.amazon.co.jp/(Amazon公式)

当記事では、GeForce GTX1080の性能スペック&おすすめゲーミングPCを紹介している。GTX1080はPASCAL世代の先陣を切った最強のグラフィックボードだ。ハイエンドモデルとしての地位を築いている。

当該モデルは、GTX980Tiと同等の価格でTITAN Xよりも、GTX980 SLIよりも性能が高いという怪物世代を代表するパフォーマンスを誇る。早速性能スペックについて見ていこう。

2018年06月02日追記!!
GeForce GTX1080Tiが登場したことで存在感が薄くなってしまっている。それでも高い性能を持つこのグラフィックボードはBTOパソコンでも人気が高い。性能的にはしっかりと差別化されているためだ。GTX1080Tiの発売によって価格が下がったのでより購入しやすくなった。意外と狙い目のグラフィックボードかもしれない。一時ラインナップから消滅していたが、今はドスパラでもGTX1080搭載モデルが復活した。

GTX1080のスペックと性能

スペック

 GTX1080GTX1080TiGTX980Ti
アーキテクチャPascalPascalMaxwell
CUDAコア数2560基3584基2816基
コアクロック1607MHz1480MHz1000MHz
ブーストクロック1733MHz1582MHz1075MHz
GPUメモリ10GB11GB6GB
TDP150W180W250W
GTX1080のスペックをまとめている。比較対象は、上位のGTX1080TiとMaxwell世代のGTX980Tiだ。まず、前世代のGTX980Tiと比べるとコア数が10%減っているものの、コアクロック及びブーストクロックを60%アップさせている。その恩恵から格段に性能がアップする結果となった。GPUメモリが6GB→10GBにアップしているのも心強い。Pascal世代のグラフィックボード全体に見られる特徴だ。

現行の上位モデルであるGTX1080Tiと比べるとさすがに一回り性能は落ちている。CUDAコア数が40%アップが性能に与える影響は大きい。クロック数は抑えられているもののコア数アップによる性能アップが顕著に見られる。消費電力が180Wに抑えられているのも高評価だ。今回のPascal世代は明らかにワンランク上への引き上げた。

性能

gtx1080seinou

GTX10シリーズ及び前モデルのGTX900シリーズの総合性能をまとめた。GTX1080は、GTX1080Tiに次ぐ高い性能を持っている。コストパフォーマンスは非常に高く、発売数ヶ月前から話題となっていた。価格は少し高くなってしまったが、前評判通りの性能が魅力的だろう。発売から時間が経っているが今でもなお現役だ。

これまでのグラフィックボードの全てを過去に買えてしまうほどの実力を持つ。シングルGPU最強の名を、遂に80番で獲得してしまった。これまではGTX690から数えるとGTX780Ti、GTXTITAN Xと上がってきたナンバリングを一気に下げたといえる。

ゲーミングPCの搭載モデルの価格は、170,000円(税抜)~となっている。Core i5-8400搭載だと安いがあまりバランスが良くなく現実的ではないのでここでは省略する。全体で見ると上位のGTX1080Ti搭載モデルよりも40,000円前後安くなっているので購入しやすい。

GTX1080の特徴まとめ

4K解像度やVR環境下で輝くグラボ(+)

GTX1080は、これまで存在していたウルトラハイエンドモデルよりも群を抜いて高い性能が魅力だ。これまで必要だったSLI環境をも必要としないパフォーマンスには驚嘆を隠せない。GTX980 SLIと同等の性能を持つことで、最新のゲームを4K解像度で最高設定にして快適にプレイすることができる唯一のシングルGPUだ。

4K解像度は当たり前として今後伸びてくるであろうVRも視野に入れている。VRに必要なスペックはGTX970ということを考えるとオーバースペックかもしれない。ただ、フレームレートを安定させることが快適性に繋がる性質上パフォーマンスは高いほうが良い。

一般的な用途ではオーバースペックになりがち(±)

価格が抑えられているため忘れてしまうかもしれないが、フルHD環境であれば文句なくオーバースペックになる。確かに優れたグラフィックボードだが、ほとんどのユーザーが必要としない性能であることも否めない。

例えば、AVAやCSシリーズのようなFPSをプレイするユーザーにはまず性能的に必要がない。4K解像度に対応したモニターを所持していなければそもそも最適な環境を構築することすら難しい。高解像度でのプレイを想定していないのであれば選択しても恩恵はかなり薄いだろう。

>>>>>GTX1080を確認する(Amazon)<<<<<

GeForce GTX1080のベンチマーク

galleriaxf

CPUGPUメモリ
Core i7-7700GTX10808GB
ベンチマークの測定に使用したパソコンの構成は上記の通りだ。独創的な構成というわけではなく、標準的なモデルとなっている。BTOパソコン購入時に参考になる数値だ。

FF14(DirectX11版)

gtx1080ff14
スコアは18311となった。7000以上なら「非常に快適」となる。このクラスになるとFF14ぐらいの負荷なら全く問題ない。

SkyDiver

gtx1080skydiver
スコアは37159となる。Sky DiverはDirectX11のミドルクラスのタイトルと同等だ。下位のGTX1070だと32000程度、上位のGTX1080Tiだと42000程度となる。ちょうど間に位置する。GTX1070Tiだと36000程度でほぼ同等のスコアが出る。

FireStrike

gtx1080firestrike
スコアは16788となる。高設定を基準としたベンチマークの負荷を測るのに最適だ。GTX1080Tiだと20000前後、GTX1070だと14000となる。負荷が高くなるとGTX1080Tiとの差が大きくなるがこれは性能差をそのまま反映していると考えて良い。いずれにせよ性能的には十分だろう。

GeForce GTX1080搭載おすすめゲームパソコン

NEXTGEAR i670PA2-SMM (G-Tune)

NEXTGEAR i670PA2-SMM 価格 Windows 10/219,800円
CPU Core i7-8700K
GPU GeForce GTX1080
メモリ 32GB DDR4
SSD 480GB
HDD 3TB
コスパ ★★★★★★★★☆☆
レビュー NEXTGEAR i670PA2-SMMレビュー記事

NEXTGEAR i670PA2(G-Tune)

NEXTGEAR i670PA2 価格 Windows 10/169,800円
CPU Core i7-8700K
GPU GeForce GTX1080
メモリ 16GB DDR4
SSD 非搭載
HDD 2TB
コスパ ★★★★★★★★☆☆
レビュー NEXTGEAR i670PA2レビュー記事

LEVEL-M037-i5-VN(パソコン工房)

LEVEL-M037-i5-VN 価格 Windows 10/126,800円
CPU Core i5-8400
GPU GeForce GTX1080
メモリ DDR4 8GB
SSD 非搭載
HDD 1TB
コスパ ★★★★★★★☆☆☆
レビュー LEVEL-M037-i5-VNレビュー記事

GeForce GTX1080搭載ゲームパソコン一覧

製品名価格CPUGPUメモリSSDHDD
i310PA7184,800i7-7700GTX108016GB240GB2TB
im610PA1159,800i7-8700GTX10808GB×1TB
i670PA2169,800i7-8700GTX108016GB×2TB
i670PA2-SMM219,980i7-8700KGTX108032GB480GB3TB
LEVEL-M037-i5-VN139,980i5-8400GTX10808GB×1TB

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

ゲーミングPCの選び方

初心者の方におすすめのコンテンツとなっている。セール情報やゲーム推奨パソコンを参考にすれば選びやすいだろう。

セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo

ゲーミングPCの特長を比較

ゲーミングPCの特長や販売ショップの比較をしている。十分に比較検討した上でパソコンを購入すれば後悔することはないと思う。

グラボ価格構成BTOショップ
gpueisyakakakukouseishop

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • 最新ゲーミングPCおすすめランキング(TOPページ)
  • 多くのBTOパソコンの中から本当におすすめできるゲーミングPCをピックアップしている。これを購入すれば間違いないというモデルのみを厳選している。
  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトにてレビューをしている全てのゲーミングPCを一覧表でまとめている。製品ごとに価格、サイズ、スペック、サイト独自のコスパ指標等を見ることが可能だ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ