gtx1650super-gigabyte画像引用元:https://www.gigabyte.com/

当ページでは、GeForce GTX 1650 SUPERの性能スペックレビュー&おすすめゲーミングPCの紹介をしている。2019年11月末についにSUPERシリーズの廉価モデルが登場した。2019年の年末を前にTuring世代のグラフィックボードが一通り揃った。GTX 1650の後継モデルという位置付けになるが、今はGTX 1650 SUPERを搭載したゲーミングPCは販売されておらずオリジナルのGTX 1650を選択することになる。

販売されていれば税込10万円前後のモデルを考えているなら候補に入るだろう。GTX 1650との性能差など気になる部分について詳しく見ていこう。すでに後継モデルであるAmpere世代の50番台である「GeForce RTX 3050」がリリースされている。レイトレーシング・DLSSといった機能も搭載されているのもポイントだ。性能的にはGTX 1660 Ti/GTX 1660 SUPERが近くフルHD環境で設定を下げることが前提だ。

よくわかる!!GTX 1650 SUPERの特徴まとめ

  • 総合評価:45点/100点
  • 価格:当時約20,000円
  • 発売日:2019年11月22日

低価格帯のゲーミングPCあるいは単体グラフィックボードを探している方におすすめだ。GTX 1650よりも性能がワンランク強化されていて、より安定したゲームプレイが可能となる。ただし、性能はお世辞にも高いとは言えないので、過信しないようにしたい。とにかく安くゲーミングPCを購入したいという方は必見だ。

>>Amazonで最新価格を確認

GTX 1650 SUPERの概要、性能・基本スペックを押さえる!

総合性能

gtx1650superseinou

今回新しく登場したGTX 1650 SUPERは、総合性能でGTX 1060 6GBに匹敵するパフォーマンスを発揮する。フルHD環境で設定を下げることである程度対応することが可能だ。あくまでもエントリークラスのモデルで過度な期待は禁物だ。50番台で前世代の60番台GTX 1060 6GBを超える性能となったのは驚きだ。GTX 1050 Tiと比べると59%も性能が高く50番台のグラフィックボードも底上げが行われていることがわかる。

オリジナルのGTX 1650との性能差は28%と大きい。そうは言ってもエントリークラスのグラフィックボードは性能不足に陥りやすく買い替えのタイミングも早くなってしまう点は注意が必要だ。後継モデルのRTX 3050になると20%程度パフォーマンスが高くなる。次世代のRTX 3050では初めて50番台のモデルでレイトレーシング・DLSSといった機能も搭載されている。

基本スペック

 GTX 1650 SUPERGTX 1660GTX 1650
コードネームTuringTuringTuring
GPUTU116TU116TU117
プロセス12nm12nm12nm
ダイサイズ284m㎡284m㎡200m㎡
トランジスタ数66億66億47億
CUDAコア数1280基1408基896基
ベースクロック1530MHz1530MHz1485MHz
ブーストクロック1725MHz1785MHz1665MHz
GPUメモリ4GB GDDR66GB GDDR54GB GDDR5
VRAM速度12 Gbps8 Gbps8 Gbps
メモリバス128 bit192 bit128 bit
メモリバス帯域幅192.0 GB/s192.0 GB/s128.1 GB/s
TDP100W120W75W
価格$160$220$150
発売日2019/11/222019/03/142019/04/24
GTX 1650 SUPERのスペックについて詳しく見てこう。比較対象は上位モデルであるGTX 1660と無印のGTX 1650(下位モデル)だ。まず、無印のGTX 1650と比較していく。コードネームは当然同じTuringとなっている。GPUがTU117からGTX 1660と同じTU116に変更となった。結果的にGTX 1660に近い性能を発揮できるというわけだ。プロセスは12nmで同じだが、大サイズは200m㎡から284m㎡へと大型になっている。これはトランジスタ数が47億から66億へと増えたことに起因する。

CUDAコア数は43%コア数がアップとなった。ベースクロックも45MHz(3%)、ブーストクロック60MHz(4%)増加している。GPUメモリがGDDR5からGDDR6へと変わったこともパフォーマンス面ではプラスとなる。VRAM速度も50%速くなり、メモリバス帯域幅もGTX 1660と同じ192 GB/sへと50%増加している。より高速に情報のやり取りができフレームレートの安定化に繋がる。メモリ周りでのボトルネック軽減に繋がる。

GTX 1660と比較すると非常に似ていることがわかる。まず、GPUはTU116で同じだ。プロセス、ダイサイズ、トランジスタ数も共通となっている。CUDAコア数は10%多い1408基でこれはTU116のフルスペックバージョンだ。当然GTX 1660との差別化を図るためにGTX 1650 SUPERではややスペックが抑えられている。その他異なる点ではGPUメモリが6GBと50%多いことだ。今後のゲームプレイを考えるとGPUメモリは大いに越したことはない。そこがゲームプレイにどのように影響を与えるのかは下記のベンチマークをチェックして欲しい。

>>>GTX 1650 SUPERを確認(Amazon)<<<

GeForce GTX 1650 SUPERの特徴&注意点など

GTX 1650からのパフォーマンスアップは順当

無印のGTX 1650との差は大きくGTX 1650からおよそ30%も性能がアップした。SUPERの名にふさわしいグラフィックボードに仕上がっていると言える。50番台ながらGTX 1660とほぼ同等のパフォーマンスを発揮する。FULL HD環境への適性が高くより余裕を持ったゲームプレイが可能だ。

もはや50番台だからと侮れないところまで来ている。もちろんその分ゲーム側の要求スペックも上がってきているため最新タイトルへの対応は苦手なことは変わらない。単体価格として見るとGTX 1650よりも高いためGTX 1650と比較して優位性は薄いかもしれない。

ただ、パフォーマンスが向上していることを考えると選択肢に入れてもよいだろう。GTX 1660よりも安く同等の性能が手に入るのは魅力的だ。AMDからもエントリークラスのグラフィックボードRX 5500が登場したがそれほど普及していない。GTX 1650 SUPERの価格がもう少し下がればユーザーにとってメリットが大きくなる。

DDR6メモリ搭載も4GBのVRAMがネックとなる

GTX 1650 SUPERの唯一の懸念事項はGPUメモリ容量が4GBと少ないことだ。ゲームプレイ中のフレームレートに何らかの影響を与えるだろう。メモリ容量が2GB少ないことでゲームタイトルや環境(セッティング)によってはパフォーマンスが低下してしまう可能性がある。それでも2020年時点ではそれほど深刻な影響はない。

メモリ規格については、GTX 1660と同じGDDR6に変更となったため、メモリバンド帯域幅はGTX 1660と同じ192 GB/sとなっている。それでも長い目で見た時このメモリ容量がネックとなってしまう。GTX 1660との差別化はしっかりと図られていると考えて良い。エントリークラスのグラフィックボードとしては十分な性能を持っていることは間違いない。

GTX 1650搭載モデルはほとんど消滅

2022年2月時点で各BTOメーカーのGTX 1650搭載モデルは完全になくなった。主力ラインナップでは目にすることはないだろう。GTX 1650 SUPERがリリースされた直後はドスパラのビジネスモデルである「Lightning AH5」やマウスコンピューターのビジネスモデルである「mouse DT6-G」で採用され一時は高い人気を誇っていた。今はGTX 1650搭載モデルへと切り替えられている。

搭載モデルで見るとGTX 1650搭載モデルと変わらずより選びやすくなったと言える。AMD RX 5500が思ったよりも普及せず価格競争は起きないかもしれない。低価格帯のゲーミングPCはNVIDIA製のグラフィックボードが優勢な状況だ。10万円以下のモデルを探している方はGTX 1650搭載モデルをチェックしておこう。

>>>GTX 1650 SUPERを確認(Amazon)<<<

GeForce GTX 1650 SUPERのベンチマーク一覧

各タイトルのゲームプレイ時におけるフレームレートを計測している。フレームレートが高くなればより安定したゲームプレイが可能だ。GTX 1650 SUPERはWQHD環境でのゲームプレイは厳しいが、参考としてまとめている。

*フレームレート(fps)は、1秒間に描写されるコマ数のことだ。一般的に60fps以上が出れば快適だと言われている。

Borderlands3

boarderland3

GTX 1660 Super55.1
38.5
GTX 166046.8
32.8
GTX 1650 Super45.8
30.6
GTX 1060 6GB43.6
30.2
GTX 165033.3
22.0
GTX 1050 Ti24.4
16.8
FULL HDWQHD
Borderland 3では最高設定でのゲームプレイはやや厳しい。GTX 1650の33.3と比較すると40%程度上がっているものの45.8fpsと重さを感じる。設定を調整する必要があるだろう。もっとも今後最適化されていけばある程度は安定するかもしれない。やはり最新のタイトルにおいては役不足になってしまう可能性が高い。もう少し余裕をもたせたいなら60番台以上がよいだろう。

FAR CRY 5

farcry5

GTX 1660 Super94.7
65.3
GTX 166080.6
56.9
GTX 1650 Super76.3
44.8
GTX 1060 6GB70.3
49.4
GTX 165065.8
40.1
GTX 1050 Ti44.8
31.3
FULL HDWQHD
GTX 1650の65.8fpsから16%伸びて76.3fpsを叩き出した。GTX 1660との差は5%と十分な性能を出していると言える。GTX 1050 Tiとは一回り以上パフォーマンスが向上した。WQHDでのゲームプレイを考えるなら設定を落とすかGTX 1660 SUPER以上を選択する必要がある。

HITMAN 2

hitman2

GTX 1660 Super86.8
58.4
GTX 166082.5
55.2
GTX 1650 Super78.5
50.7
GTX 1060 6GB71.4
44.4
GTX 165064.1
41.7
GTX 1050 Ti41.8
25.3
FULL HDWQHD
GTX 1650 SUPERは、GTX 1650よりも23%高いフレームレートを出している。GTX 1060 6GBよりも性能が高く使い勝手が良い。かつての60番台を超える性能ということになる。GTX 1660との差は5%と僅差だ。最新のタイトルでも対応できる性能は嬉しい。メモリ容量の低さはそれほど気にならない。

Metro Exodus

apexlegends

GTX 1660 Super52.7
40.0
GTX 166047.1
35.2
GTX 1650 Super42.3
31.7
GTX 1060 6GB41.5
31.3
GTX 165031.0
22.7
GTX 1050 Ti23.6
17.8
FULL HDWQHD
どのグラフィックボードでもやや伸び悩んでいる。それでもGTX 1650と比較して40%の差だ。GTX 1660との差は11%とやや大きめとなっている。負荷が高いタイトルだとメモリ容量の与える影響が大きいのかもしれない。いずれにせよ最高設定でのゲームプレイは厳しいので、設定を落としてプレイすることを推奨する。

>>>GTX 1650 SUPERを確認(Amazon)<<<

GeForce GTX 1650 SUPER搭載のゲーミングPC一覧

mouse DT6-G(マウスコンピューター)

LUV MACHINES価格:69,800円
CPU:Ryzen 5 3500
GPU:GeForce GTX 1650 SUPER
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB
HDD:非搭載
電源:500W 80PLUS BRONZE

GTX 1650 SUPER搭載でこの価格は驚きだ。あまりチェックをしていなかったがマウスコンピューターのビジネスモデルもコストパフォーマンスが高い。ドスパラの「Lightning AH5」と比べて価格が5,000円アップするが、グラフィックボードはワンランク性能の高いGTX 1650 SUPERを搭載している。ゲームプレイにおいて有利になることからメーカーにこだわりがなければ選択肢に入れてもよいだろう。電源ユニットも500W BRONZEと容量に余裕がある。ストレージは256GBと最低限に留まる。

LEVEL-M046-iX4-RVS(パソコン工房)

LEVEL-M0B6-i5F-RI価格:86,980円
CPU:Core i5-10400
GPU:GeForce GTX 1650 SUPER
メモリ:DDR4 8GB
SSD:480GB
HDD:非搭載
電源:500W 80PLUS BRONZE認証

GTX 1650 SUPER×i5-10400搭載のゲーミングPCだ。最新の第10世代CPUを搭載しているのがポイントとなる。まだ登場したばかりということで価格は高めだが、今後Core i5-9400搭載モデル並みに価格は下がっていくはずだ。性能的にはFULL HD環境でのゲーム適性が高い。メモリ8GB、SSD 480GBと構成も充実していて扱いやすい。

LEVEL-R0X6-R53-RVS(パソコン工房)

LEVEL-M0B6-i5F-RI価格:96,980円
CPU:Ryzen 5 3600
GPU:GeForce GTX 1650 SUPER
メモリ:DDR4 16GB
SSD:480GB
HDD:非搭載
電源:500W 80PLUS BRONZE認証

GTX 1650 SUPER×Ryzen 5 3600搭載のゲーミングPCだ。6コア12スレッドのRyzen 5 3600搭載は心強い。やはりRyzenのコスパの高さは素晴らしい。GTX 1650 SUPERとの相性もよく性能を引き出すことが可能だ。メモリ16GB、SSD 480GBとこのクラスなら十分な構成だ。電源ユニットは500W BRONZEを搭載している。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

ベンチマークテスト環境

desktoppc

CPUCore i7-8700K
メモリ2x8GB G.Skill TridentZ RGB DDR4-3200
ストレージSamsung 970 Evo 1TB
Samsung 860 Evo 4TB
電源ユニットEVGA SuperNova P2 1000W
マザーボードGigabyte Z370 Aorus Gaming 7