r9380

当ページでは、Radeon R9 380の性能スペックを検証している。これから新しく購入を検討している方は少ないと思うが、純粋に性能を知りたいという方はぜひ参考にして欲しい。

>>>Radeon R9 380を確認する(Amazon)<<<

Radeon R9 380のスペック

 R9 380R9 285GTX960
製造プロセス28nm28nm28nm
アーキテクチャTongaTongaGM206
CUDAコア数1792基1792基1024基
コアクロック970MHz918MHz1216MHz
GPUメモリ4GB2GB2GB
メモリタイプGDDR5GDDR5GDDR5
メモリバス帯域幅182.4 GB/s176 GB/s112.2 GB/s
TDP190W190W120W
価格$199$249$195
発売日2015/06/192014/09/022015/01/23
スペックを見るとわかるが9ヶ月前に発売されたR9 285と大きな違いがない。クロック周波数が918MHzから970MHzに変わったこととGPUメモリが倍増したことぐらいだ。事実性能面でも両者大きな違いが出ていない。また、小売希望価格は下がっているが国内での価格は高めなのでそれほど恩恵を受けられない。

R9 380がリリースされる5ヶ月前に発売されたGTX960の性能は確かに超えてきている。クロック周波数が上がったことよりもGPUメモリが増えたことで性能の引き上げが行われた形だ。消費電力はスペック上60%ほど高い。現在の中古価格を見るとGTX960の方が安く数も多いのでおすすめだ。もっともGTX1060 3GBを購入する方が良いだろう。

Radeon R9 380発売当時の評価

GTX960を超えるパフォーマンスを持つ

Radeon R9 380は、AMDのミドルエンドモデルでGTX960の対抗製品・・・と言いたいが国内での価格を考慮すると割高と言わざるを得ない。性能面に関しては多くのケースでGTX960を上回る。のだがフルHD環境での不安定さはいただけない。

4GBモデルもラインナップとして存在している。しかしながら、ミドルエンドなので高解像度に適正を持っていない。ちなみに2K解像度といわれる2560×1440環境下ではGTX960より上回っているので高い負荷がかかる場面では優秀ということだろうか。

消費電力は高め

例に漏れず消費電力は高い。しかし、このクラスからはまだ現実的な数値となっている。それでもGTX980より高いので何とも言えないが・・・。GTX960は高負荷時に性能が落ちてしまう弱点があるが、R9 380は高負荷時に安定感を出してくる。

この点で両者ともに特徴があると言える。GTX950との比較において海外では同等とされているのが気になる。評価は分かれるところだろう。ただ、贔屓目なしにミドル帯ではなかなか優秀なグラフィックボード。一方で、ワットパフォーマンスや性能面では若干マイナス要素を含んでいるところは理解しておく必要がある。R9 285のリネームに近い。

>>>Radeon R9 380を確認する(Amazon)<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2019年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る