r9380

当ページでは、Radeon R9 380の性能スペックを検証している。これから新しく購入を検討している方は少ないと思うが、純粋に性能を知りたいという方はぜひ参考にして欲しい。Radeon R9 380は、従来も出るよりも価格が下がって絶妙な価格設定で競合と立ち向かうグラフィックボードだ。ただし、Radeon R9 285のリネームモデルで飛躍的なパフォーマンス向上は見込めない。

>>Radeon R9 380を確認(Amazon)<<

Radeon R9 380の概要

基本スペック

 R9 380R9 285GTX960
アーキテクチャGCN 3.0GCN 3.0Maxwell
GPUTongaTongaGM206
製造プロセス28nm28nm28nm
トランジスタ数50億50億29.4億
ダイサイズ366 mm²366 mm²228 mm²
CUDAコア数1792基1792基1024基
コアクロック970MHz918MHz1216MHz
GPUメモリ4GB2GB2GB
メモリタイプGDDR5GDDR5GDDR5
メモリバス256 bit256 bit128 bit
メモリバス帯域幅182.4 GB/s176 GB/s112.2 GB/s
TDP190W190W120W
価格$199$249$199
発売日2015/06/192014/09/022015/01/23
スペックを見ると9ヶ月前に発売されたR9 285と大きな違いがないことがわかる。ク厳密に言えばRadeon 7950や7970の時代から変わっていない。ロック周波数が918MHzから970MHzに変わったこととGPUメモリが倍増したことぐらいだ。プロセスは同じ28nmでトランジスタ数・ダイサイズにも違いはない。

アーキテクチャはGCN 3.0だ。GPUはいずれもTongaとなっている。性能面でも両者大きな違いが出ていない。メモリタイプは同じGDDR5でだ。メモリバス帯域幅は4%アップの182.4 GB/sとなっているまた、小売希望価格は$249から$199と引き下げられているが、国内での価格は高めなのでそれほど恩恵を受けられない。

R9 380がリリースされる5ヶ月前に発売されたGTX 960の性能を確かに超えてきている。GTX 960よりも一回りダイサイズでトランジスタ数も70%多い50億だ。GPUメモリがGTX 960の倍の4GBとなっている。メモリバスが128 bitとGTX 960は半分だ。メモリバス帯域幅も112.2 GB/sに留まる。Radeon R9 380との差は63%と大きい。

一方で、Radeon R9 380の消費電力はスペック上GTX 960よりも60%ほど高い。従来モデルからアーキテクチャが変わらずクロック周波数を引き上げたのだから当然だ。価格は同じ$199だ。Radeon R9 380がGTX 960を意識していることがわかる。

総合性能

r9380seinou

Radeon R9 380は、現行モデルで言えばエントリークラスのレベルにも到達していない。ある程度苦しい状況にあることは間違いない。フルHD環境で設定を下げることを前提とすればゲームができないこともない。上位モデルのRadeon R9 380Xになるともう少し性能が上がるが、大きく伸びるということはない。GTX 960やGTX 950を超えているのはさすがだと言える。

Radeon R9 380発売当時の評価

GTX 960を超える性能を持つ

Radeon R9 380は、競合となるGTX 960の性能をしっかりと超えて来た。AMDのミドルエンドモデルでGTX 960の対抗製品・・・と言いたいが国内での価格を考慮すると割高と言わざるを得ない。また、ゲーミング性能についても前世代から比べると見劣りしてしまうのも事実だ。

R9 380は、あくまでもRadeon R9 285のリネームモデルでRadeon R9 200シリーズからの買い替えは推奨しない。多くのケースでGTX 960を上回る。フルHD環境では不安定さが目立つのも気になるところだ。4GBモデルもラインナップとして存在している。せっかくなら4GBモデルを選択したい。

ただし、R9 380自体ミドルエンドなので高解像度に適正を持っていないので、GPUメモリ容量が増えたからといって高解像度に対応できるわけではない。あくまでもフルHD環境をターゲットとしている。ちなみに2K解像度といわれる2560×1440環境下ではGTX 960より上回っているので高い負荷がかかる場面では優秀ということだろうか。

クロック周波数の引き上げで消費電力が高い

Radeon R9 380は、これまでのRadeonシリーズの例に漏れず消費電力は高く、NVIDIAのハイクラスであるGTX 980より高い。今回は従来モデルとアーキテクチャを変えずにクロック周波数を引き上げたのだから当然だろう。

電源ユニットには気を使わなければいけない。これまでがひどすぎたことを考えるとまだ現実的な数値となっている。Radeon R9 380は高負荷時に安定感を出してくる。GTX 960は高負荷時に性能が落ちてしまう弱点があることを考えるとある程度消費電力及び熱のコントロールがしやすいのだろう。

この点で両者ともに特徴があると言える。GTX 950との比較において海外では同等とされているのが気になる。評価は分かれるところだろう。Radeon R9 380は、贔屓目なしにミドル帯ではなかなか優秀なグラフィックボードだ。一方で、ワットパフォーマンスや性能面では若干マイナス要素を含んでいるところは理解しておく必要がある。

Radeon R9 380のベンチマーク

Tomb Raider

tombraiderr9380-tombraider

Tomb RaiderではRadeon R9 380が、GTX 960よりも1%劣っている。WQHD環境では15%とやや差が大きい。ゲーム側の最適化がフレームレートに影響を与えているのだろう。フルHD環境では前世代のRadeon R9 285よりも12%フレームレートが高いが、WQHD環境では逆転してしまっているのは気になるところだ。

Bioshock Infinite

bioshockr9380-biochock

Radeon R9 380は、GTX 960よりも6%-7%高いフレームレートとなっている。前世代のRadeon R9 285よりも4%の伸びだ。やはりRadeon R9 285から買い換えるメリットは薄くそれ以前の下位モデルからの買い替えがおすすめだ。

Hitman: Absolution

hitmanr9380hitman

HitmanでもRadeon R9 380が、GTX 960よりも13%高いスコアを出している。ただし、いずれにしても最高設定ではフレームレートが低くなってしまうため設定を下げることが必須だ。Radeon R9 285からは3%高くなっている。クロック周波数の引き上げとGPUメモリ容量引き上げの恩恵はそれほど感じられない。

>>Radeon R9 380を確認(Amazon)<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya