r9390x
画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

当ページでは、Radeon R9 390Xの性能スペック&ベンチマークの検証を行っている。現在このモデルを所有している方やどのような性能を持っているのか気になっている方向けの内容だ。

>>>Radeon R9 390Xを確認する(Amazon)<<<

Radeon R9 390Xの概要

スペック

 R9 390XR9 290XGTX980
製造プロセス28nm28nm28nm
アーキテクチャHawaiiHawaiiGM204
CUDAコア数2816基2816基2048基
コアクロック1050MHz1000MHz1126MHz
GPUメモリ8GB4GB4GB
メモリタイプGDDR5GDDR5GDDR5
メモリバス帯域幅384 GB/s320 GB/s224 GB/s
TDP275W290W165W
価格$430$549$480
発売日2015/06/192013/11/052015/06/01
Radeon R9 390XはAMDのハイエンドカードだ。従来のアーキテクチャのリネームモデルとなっている。コアのマイナーチェンジによってパフォーマンスの向上に成功した。冷却性能がアップしたことでクロック周波数が5%アップし1050MHzとなっている。それでいて消費電力が275Wへと省電力化が進んだ。Fury Xでデビューした革新的な高いメモリバス帯域幅は採用されていないもののGPUメモリが8GBへと倍増している。290Xの320GB/secよりも20%アップした384GB/secだ。GTX980の224GB/secよりも50%近いのはさすがだ。

R9 390XはNVIDIAのGTX980の競合と言える。$50安く購入できるのは嬉しいだろう。GTX980は、2048基のコア数となっているもののクロック周波数が1126MHzと高く設定されている。GPUメモリも半分でメモリバス帯域幅も控えめだ。しかし、これらは消費電力に大きく影響している。GTX980のMaxwellの方がAMDよりも圧倒的に省電力でわずか165Wとなっている。

総合性能を見るとGTX980の方がやや高いが好みの問題だろう。タイトルによって数値が異なるためどちらが良いかはタイトル次第だ。最新APIのDirectX 12だとAMDが優勢となる。しかし、従来のDirectX 11などだとNVIDIAが優勢だ。Radeon R9 390Xについては、タマが少なく中古でも入手することが困難なため新しく購入するというのは難しいかもしれない。

特徴

GPUの新しい世代に対するAMDのアプローチは過去に世代に渡って異なっている。Radeon R9 200シリーズはコードネーム”Hawaii”という一つのアーキテクチャを採用した。そして前世代のフラグシップモデルであるR9 290シリーズが登場した。一方で、他のラインナップは前世代のリネームアーキテクチャを採用。AMDの前世代のフラグシップモデルであるHD7900シリーズがミドルクラスであるR9 280シリーズになった。そしてミドルクラスのTongaが後に追加された。この流れはそのまま当てはめることができる。

この世代では”Fiji”がリリースされAMDから5つの製品が発売された。前世代のフラグシップモデルで採用された”Hawaii”は、AMDのミドルクラスセグメントの製品になり、R9 390Xに引き継がれている。Ri 390XはHawaiiが基本になっている。シリコンの大きな変化はないものの”Grenada”と呼ばれているが中身的にはHawaiiで間違いない。

R9 390Xは、AMDの前世代のフラグシップモデルになるはずだった。しかし、Fury Xが登場したことで今はトップのグラフィックボードというわけではない。390Xは2011年からAMDのグラフィックボードで採用されているGPUコアを採用。R9 290Xで採用されたHawaiiコアは、マイナーチェンジされGrenadaにリネームされR9 390Xが誕生した。

Radeon R9 390X発売当時の評価

Radeon R9 390Xは、GPUメモリ8GB搭載のGTX980対抗製品となるハイエンドモデルだ。性能面はかなり不安定で、GTX970にも劣る場面があったりGTX980を追い越したりと場面によって異なる。全体的な性能はGTX980とGTX970の間ぐらいでややGTX980寄りと言ったところだろうか。

価格はGTX980と同価格帯ながら、GPUメモリを活かした高解像度にはGTX980よりも優れた対応が出来る。ただし、メーカー発表スペックと実際の性能が異なることが多くそこまでの期待はできない。消費電力がGTX980に比べて100Wほど高くなっている点ではワット効率は悪い。

一長一短あり、GTX980のほうが優れているというわけではなくGTX980と比べて特徴的というか独特というか・・・。簡単に言ってしまうとGPUメモリが倍になったR9 290Xのリネームに近い。コストパフォーマンスは悪くはないが、GTX980と比べると若干落ちる。高解像度に対応できるモデルとしては最下位モデルで、対応力はGTX980とほぼ変わらない。

Radeon製品のショップでの取り扱い数はそこまで多くない。このモデルに関しては使い勝手がよいので今後充実してくるのを期待している。Radeonの良さがわかるというコア層の方におすすめだ。

>>>Radeon R9 390Xを確認する(Amazon)<<<

Radeon R9 390Xのベンチマーク

FULL HD及びWQHD環境での平均フレームレートを計測している。すべて最高設定となっている。4K解像度向きではないためここでは省略した。

Battlefield 4

battlefieldbattlefieldr9390x

FULL HDで89.1FPS、WQHDで60.1FPSと高いフレームレートを計測している。ただし、ライバルのGTX980がFULL HD環境で11%高く、WQHD環境でも5%高いスコアとなっている。この差はNVIDIAへの最適化の度合いと考えても良いかもしれない。

Grand Theft Auto V

gta5Grand Theft Auto Vr9390x

このタイトルでもGTX980の方が上回っている。それでもR9 390Xが高いフレームレートを計測しているのはさすがだ。WQHDでも71.7FPSと非常に安定している。

Hitman

hitmanr9390xhitman

HitmanはDirectX 12を採用していてAMDが得意とする分野だ。GTX980より4%-7%ほど高いフレームレートを計測した。将来性は高いと言える。

>>>Radeon R9 390Xを確認する(Amazon)<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2019年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る

ベンチマークテスト環境

desktoppc

CPUCore i7-6700K
メモリ16GB DDR4-3000
マザーボードMSI’s Z170A Gaming M7
電源ユニットDark Power Pro 10 850W
参照元:Nvidia GeForce GTX 1060 6GB Review (tom’s HARDWARE)