radeonr9furyx
画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

当記事では、Radeonの最高峰グラフィックボード「R9 Fury X」について解説している。3年前のグラフィックボードとは言えない高いパフォーマンスを持っているのが特徴。初の試みとしてメモリにHBM1を採用したことでも注目された。

>>>Radeon R9 Fury Xを確認する(Amazon)<<<

Radeon R9 Fury Xの基本スペック

 R9 Fury XRX 390XGTX 980 Ti
アーキテクチャFijiHawaiiGM200
プロセス28nm28nm28nm
CUDAコア数4096基2816基2816基
コアクロック--1000MHz
ブーストクロック1050MHz1000MHz1075MHz
GPUメモリ4GB4GB6GB
メモリタイプHBM1GDDR5GDDR5
メモリインターフェイス4096bit512bit384bit
メモリ幅512 GB/s320 GB/s336.5 GB/s
TDP275W290W250W
価格$649$430$649
発売日2015/6/242015/6/182015/6/1
今回採用しているFijiアーキテクチャは、Tongaをベースに作られているがシェダーコアが2倍でさらにHBM1をサポートしていることから新しいグラフィックボードだと言える。GTX980Tiと比べるとコア数が約40%高くなっている。Fury Xのコアクロックは公表されていないがGTX980Tiとほぼ同等だろう。

GPUメモリは4GBと少なくなっている。注目すべきはHBM1を採用したことによるメモリ幅の広さだろう。GTX980Tiのおよそ1.5倍となっている。WQHD環境や4K解像度などメモリ幅を生かせる場面で輝く。参考までに下位のRX 390Xのスペックをまとめている。やはりメモリタイプがGDDR5だとメモリ幅は伸びない。

>>>Radeon R9 Fury Xを確認する(Amazon)<<<

Radeon R9 Fury Xの特徴と強み

初めてHBM1を採用したグラフィックボード

R9 Fury Xは革新的なグラフィックボードとなっている。それは初めてHBM1(High Bandwidth Memory)と呼ばれるメモリを採用していることに起因する。AMDがグラフィックボードの販売がIntelに遅れてしまっていたのはこのHBM1にこだわっていたからだ。この最新のメモリ規格は垂直に積み重ねたDRAMダイを使用している。この仕組みのおかげでGDDR5やDDR4に比べて省電力でかつ優れたメモリバンド幅を実現することができる。

HBM1は今後の主流メモリになる可能性がある。主に三つの理由がある。一つにGDDR4は近い将来グラフィック性能の成長に追いつくことができなくなると考えられている。二つ目ににGDDR5だとメモリバンド幅を増やすためにたくさんのチップを物理的に設置する必要がある。結果的に消費電力が多くなってしまうのだ。最後にNAND、DRAMなどの技術は内蔵チップで恩恵を得られるが技術的に両立し得ないのだ。

2019年でも通用する高いパフォーマンスを持つ

当該グラフィックボードは、2019年現在でも使用できる高い性能を持っている。三年前のフラグシップモデルは現在のミドルクラスに匹敵する。GTX 1060 6GBやRadeon RX Vega 64と同等の性能だ。

FULL HD環境であれば最高設定でもさくさくゲームプレイを楽しむことができる。できる限り高性能なグラフィックボードを購入しておけば数年は使い続けることができるということだ。

Radeon R9 Fury Xのベンチマーク

総合性能

furyxsougou

総合性能を見るとGTX980Tiよりも劣る結果となっている。メモリバンド幅が広いことから4K解像度を得意としている。GTX980Tiと比較するとそれがわかる。FULL HDだと8%劣っているが、4K解像度だと1.5%にとどまっている。それでも負けてしまっているので意味がないかもしれないが…

Ashes of the Singularity

ashesofthesinguashesofthesingluarity

Fury XがTitan Xをも上回る結果となった。4K解像度でも57.1FPSと高いフレームレートを実現しているのはさすがだ。4K解像度に強いというのは伊達ではないようだ。GTX980Tiよりも10%程度高いスコアとなっている。

Grand Theft Auto Ⅴ

gta5gta5furyx

Fury Xが少し苦戦しているタイトルだ。GTX980Tiよりもおよそ20%劣るスコアだ。GTX 980Tiよりも安定感がないのは弱みでもあり強みでもあるのかもしれない。

>>>Radeon R9 Fury Xを確認する(Amazon)<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2019年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る

ベンチマークテスト環境

desktoppc

CPUCore i7-5930K
メモリ16GB
SSDSamsung 850 EVO 2TB
電源ユニットEVGA SuperNOVA 1300 G2
マザーボードGigabyte GA-X99-UD4
参照元:GEFORCE GTX 1060 REVIEW (PCGAMER)