AMD RADEON RX 5600 XT画像引用元:https://www.asrock.com/

当記事では、Radeon RX 5600 XTの性能スペックレビュー&ベンチマークを紹介している。世界的なイベントであるCES 2020で発表された新しいグラフィックボードがついに登場となった。Radeon RX 590の後継モデルだ。

$300というミドルクラスの市場に新しいラインナップが追加されゲーマーの注目を集めている。競合はGTX 1660 Ti/RTX 2060でそれらを上回る性能を持っていることがわかっている。10%安くRTX 2060と同等の性能が手に入る。フルHD環境での適性が高い。次世代モデルは、「Radeon RX 6600 XT」だ。RDNA 2.0アーキテクチャになってより高いパフォーマンスを得られる。

よくわかる!!Radeon RX 5600 XTの特徴まとめ

  • (+)フルHD環境で高いパフォーマンスを発揮する
  • (+)競合モデルよりも性能が高い
  • (+)ミドルクラスとして高い存在感を示す
  • (-)レイトレーシングやDLSSといった機能はない
  • (-)搭載モデルのラインナップは僅少

>>>>>Amazonで最新価格をチェック!!

CES 2020での発表

ces2020rx5600xt出典:(マイナビニュース, 2020)

現地時間2020年1月6日にAMDがRDNAアーキテクチャ採用の新しいグラフィックボードであるRadeon RX 5600 XTを発表した。同じ$279という価格であるGTX 1660 Tiと比べて10%-20%程度高いゲーミング性能を発揮するということだ。コストパフォーマンスではRadeon RX 5600 XTに期待が掛かる。

Radeon RX 5600 XTの概要、性能・基本スペック

総合性能

rx5600xtseinou

RX 5600 XTは、フルHD環境をターゲットにしたグラフィックボードだ。最高設定においてしっかりその目標を達成している。RTX 2060よりも1%-2%性能が高く適正の高さがわかるだろう。Radeon RX 5700との差は6%、RX 5700 XTとは20%となっている。NVIDIAのミドルクラスのグラフィックボードであるGTX 1660 Ti及びGTX 1660 SUPERよりも17%高く圧倒する結果となった。価格帯を考えると非常に魅力的だ。現行モデルと比べてもまずまずの性能を持っていると言えるだろう。

基本スペックまとめ

 RX 5600 XTRX 5700RX 590
コードネームNavi 10Navi 10Polaris 30
プロセス7nm7nm12nm
ダイサイズ251n㎡251n㎡232n㎡
トランジスタ数10.3億10.3億5.7億
GPUコア数230423042304
ベースクロック-1465 MHz1469 MHz
ゲームクロック1375 MHz1625 MHzN/A
ブーストクロック1560 MHz1725 MHz1545 MHz
メモリクロック12 Gbps GDDR614 Gbps GDDR614 Gbps GDDR6
GPUメモリ容量6GB8GB8GB
メモリバス幅192-bt256-bit256-bit
メモリバス帯域幅288 GB/s448 GB/s256 GB/s
消費電力150W180W225W
価格$279$349$279
発売日2020年1月21日2019年12月20日2019年3月29日

Navi 10のスペックダウンバージョンを採用

RX 5600 XTで採用されているGPUは、RX 5700 XTと同じNavi 10だ。通常AMDはこのようなパターンを取ることはない。今回イレギュラーにNavi 10を採用した理由は単純で、それはRX 5500 XTで採用されているNavi 14ではAMDが競争相手に見ているGTX 1660シリーズと対等に戦えないとわかっているからだ。

RX 5600 XTは、RX 5700と多くの共通点がある。例えば、コア・テクスチャ、処理能力は非常に似ている。また、Navi 10のROPs 64も共通となっている。大きく違うのは15%引き下げられたクロック周波数ぐらいだ。同等のスペックを維持しない限りGTX 1660シリーズに勝てないと踏んだということになる。

メモリには12 Gbps GDDR6を採用

クロック周波数以外で異なるのはメモリ規格だ。RX 5700 XTとの差別化を図るために重要な役割を果たしている。メモリ規格はRX 5700/RX 5500で採用されている14 Gbps GDDR6とは異なる12 Gbps GDDR6を採用。結果的にRX 5700と比べてメモリバンド幅は36%低い288 GB/sだ。また、容量も6GBと25%少なくなっている。

メモリバンド幅をカットすることはAMDにとって、パフォーマンスに関して製品の差別化を図ったり及びグラフィックスの製造価格の引き下げたりという点において理にかなっている。AMDが192-bitメモリバスを搭載したグラフィックボードを発売したのは初めてで通常はしない。192-bitバスを採用したことでAMDはNavi 10 GPUを採用しつつ安価なメモリを採用することで価格を引き下げることに成功した。

Radeon RX 5600 XTの特徴&注意点など

フルHD×高設定でのゲームプレイを見据えたモデル

Radeon RX 5600 XTは、明確なターゲットがありそれはフルHD(1080p)でのゲームプレイだ。基本的にフルHD環境なら高設定あるいはそれに近い設定で対応することができる。世界的なゲーミングプラットフォームであるSteamでも多くのゲーマーがフルHD環境を選択していることから売れ筋モデルになるポテンシャルを持っているということ(STEAM, 2022)だ。

STEAMのデータは2022年のものだがこれは発売当時でも変わらない。価格的にも$300以下という絶妙なところを攻めている。競合となるGTX 1660 TiあるいはGTX 1660 SUPERを上回るパフォーマンスを発揮する。価格の高いRTX 2060をも超えているのだ。2022年時点でもある程度通用するモデルだと考えて問題ないだろう。

$300前後の価格帯をいい意味で荒らした

AMDラインナップ価格帯Intelラインナップ
$349GeForce RTX 2060
Radeon RX 5700$329
$299GeForce RTX 2060
Radeon RX 5600 XT$279GeForce GTX 1660 Ti
$229GeForce GTX 1660 Super
Radeon RX 5500 XT 8GB$199/$209GeForce GTX 1660
Radeon RX 5500 XT 4GB$169/$159GeForce GTX 1650 Super
$149GeForce GTX 1650

Radeon RX 5600 XTは、$279という価格帯だ。$329のRX 5700と$199のRX 5500 XTの間を埋めるモデルでAMDとしても必要だったグラフィックボードだと言える。このRX 5600 XTがターゲットとするのはフルHD環境での高いゲームプレイができるGTX 1660 Tiだ。その後登場したGTX 1660 Superも比較対象となる。

RX 5600 XTの発売が決まったことでNVIDIAもRTX 2060の価格を$50下げた。つまり、$300以下の価格帯に多くのモデルが混在する形になっている。これはユーザーにとって選択肢が増えるためメリットが大きい。それでもRX 5600 XTは、RTX 2060以上の性能を持つことから優位性がある。

レイトレーシングなど目新しい機能は備わっていない

Radeon RX 5600 XTにはRTX 2060にあるレイトレーシング・DLSSといった最新の機能は搭載されていない。よりリアルなゲーム描写をしたいと考えている方や新しい技術に興味を持っている方にとってはデメリットとなってしまう。NVIDIA製グラフィックボードに対して遅れをとってしまっている。

もっともRTX 2060ではレイトレーシングをするにはやや性能不足となってしまうため性能を存分に発揮することが難しいが…GeForce RTX 2060と同等以上の性能を持つグラフィックボードであることに価値を見出だせる方なら損はしないはずだ。

メモリ容量は6GBとやや物足りない

RX 5600 XTの懸念点は6GBというメモリ容量にある。今年次世代のソフトウェアがリリースされれば、ハードウェア要件は突然引き上げられる可能性がある。そうなると6GBというメモリ容量がネックとなってしまうだろう。とは言ってもAMDとNVIDAは、同じ道を辿っている。

RX 5600 XTもGTX 1660シリーズもメモリ容量は6GBだからだ。つまり、今後何らかの形で動きがあれば両方のモデルが衰退するこということになる。ただし、そうなると6GBのRX 5600 XTと8GBのRX 5500 XTを説明するのがトリッキーだ。

デメリットばかりではない。小さいGPUメモリ容量と抑えられたクロック周波数によってパワー効率は引き上げられている。150W以下で利用できるのはコストを掛けられない方には魅力的だろう。

>>Radeon RX 5600 XTを確認(Amazon)<<

Radeon RX 5600 XTのベンチマーク一覧

当該グラフィックボードのゲーミングパフォーマンスを見ていく。ゲーミング性能は各タイトルにおけるフレームレートを計測することで把握可能だ。平均と99th(最小)を合わせてみればゲームプレイ時にどれほど安定しているのかを理解することができる。

Far Cry 5

farcry5

RX 5700123.3
107.2
RX 5600 XT116.3
99.5
RTX 2060110.3
84.7
GTX 1660 Ti95.7
71.9
GRX 59091.1
77.1
平均99th
RX 5600 XTは、RTX 2060よりも5%性能が高く安定感もずば抜けている。GTX 1660 Tiと比べると20%程度高いスコアを叩き出している。GTX 1660 Superも同等のスコアと考えて良いだろう。価格差を考えてもRX 5600 XTは有利な立場にある。

Battlefield V

battlefiled5

RX 5700141.8
125.9
RX 5600 XT127.9
112.7
RTX 2060122.7
106.8
GTX 1660 Ti108.2
95.8
GRX 59092.8
85.1
平均99th
Battlefield VでもRTX 2060よりも5%程度高いフレームレートとなっている。GTX 1660 Tiとの差も大きく20%だ。実際のゲームプレイにおいても高いパフォーマンスを発揮している。

Shadow of the Tomb Raider

Shadow Of The Tomb Raider

RX 5700105.5
79.9
RX 5600 XT95.1
72.3
RTX 206091.4
68.6
GTX 1660 Ti80.3
61.1
GRX 59067.2
51.2
平均99th
RTX 2060との差は4%で上回っている。99thでも5%程度高いことからゲームプレイの適性は高いと言える。RX 5700との差は10%程度でしっかりと差別化が図られていることがわかる。

Boarderland 3

boarderland3

RX 570071.4
60.5
RX 5600 XT67.9
58.4
RTX 206066.5
55.5
GTX 1660 Ti56.4
47.9
GRX 59044.8
38.8
平均99th
新しいタイトルでもRX 5600 XTの性能の高さがわかる。RTX 2060との差は2%とわずかだが価格の高いグラフィックボードよりも性能が高いのは魅力的だ。GTX 1660 Tiとの差は20%と他のタイトルと同水準となっている。

Metro: Exodus

Metro-Exodus-Title

RX 570061.2
33.9
RX 5600 XT57.0
30.5
RTX 206052.6
31.1
GTX 1660 Ti43.9
25.6
GRX 59036.9
21.1
平均99th
他のタイトルと同等の結果となっている。ただし、RTX 2060との差は10%程度と高くなっている。負荷が掛かるタイトルではよりパフォーマンスを発揮できるのかたまたま相性が良いのかは判断がしづらいが納得できる性能であることは間違いない。

p class=”al-c”>>>Radeon RX 5600 XTを確認(Amazon)<<

Radeon RX 5600 XT搭載のゲーミングPC一覧

GALLERIA ARV(ドスパラ)

価格:114,980円
CPU:Ryzen 5 3500
GPU:Radeon RX 5600 XT
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:2TB
電源:650W BRONZE

Radeon RX 5600 XT×Ryzen 5 3500を搭載したゲーミングPCだ。ミドルエンドクラスのパフォーマンスを発揮する。消費電力の高さについては650W BRONZEの電源ユニットでカバーできる。SSD 512GB、HDD 2TBのダブルストレージも素晴らしい。最近はSSDのみを搭載したモデルが増えてきているが、その逆光をいっているモデルだと言える。

GALLERIA AXRV(ドスパラ)

価格:159,980円
CPU:Ryzen 7 3700X
GPU:Radeon RX 5600 XT
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:2TB
電源:750W GOLD

RX 5600 XT×Ryzen 7 3700X搭載のゲーミングPCだ。RTX 2060 Superに近いゲーミングパフォーマンスを発揮する。メモリ16GB、SSD 512GB NVMe対応、HDD 2TBと構成も充実している。ミドルクラスのゲーミングPCを探している方向けだが、まだ価格が高いのでもう少し待ってから購入した方が良いだろう。

参照外部サイト

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

ベンチマークテスト環境

desktoppc

CPUIntel Core i9-9900K
メモリ2x16GB Corsair DDR4 3200 MHz
ストレージ2TB Kingston KC2000
電源ユニット
マザーボードMSI Z390 MEG Ace Motherboard
参照元:AMD Radeon RX 5600 XT Review: Look out, RTX 2060 (tom’s HARDWARE)