NEXTGEAR JG-A5G70white5ten
当記事では、20万円以上25万円以下のおすすめゲーミングを紹介している。ここまでくるとGeForce RTX 4070 Ti搭載モデルやGeForce RTX 4070 SUPER搭載モデルなどハイスペックなゲーミングPCが揃っている。妥協することなくゲームを楽しめるはずだ。

WQHD解像度以上の高解像度や最高設定でのゲームプレイにも対応しやすい。予算に余裕がある方なら選択して後悔することはないだろう。この価格帯のゲーミングPCは「20万円以上25万円以下のおすすめゲーミングPC紹介」でまとめているので参考にして欲しい。

当サイトでの取り扱い数は増加傾向にある

20-25kakaku
当サイトでの取り扱いはモデル全体およそ20.2%となっている。夏頃が11.4%だったことを考えると一気にレビュー数が増えたことになる。今では各BTOメーカーでの取り扱いも10万円-15万円&15万円-20万円に匹敵するほどになっている。これはグラフィックボードの価格高騰の影響を受けた結果だ。

価格が上がるということはCPUもGPUもハイクラスでミドルクラス以下のパーツが排除されるのでラインアップが少なくなるのは当然だろう。それでもこの価格帯のモデルが増加傾向にあることは間違いない。モデルによって振れ幅が大きくコストパフォーマンスの差が大きくなる。メモリやストレージ容量が多い方がコストパフォーマンスが伸びやすい。

当サイトでは、基本的にはコストパフォーマンスが高いモデルをピックアップしているので、悩まずに選べるはずだ。意外とこの価格帯のモデルは人気があってそれなりの販売数を誇る。CPUやグラフィックボードの価格が高騰していることも要因かもしれない。一括で支払う方よりもローンを利用している方も多いのではないかと思う。金利0%キャンペーンを活用すればお得に購入できる。

20万円以上25万円以下の価格帯の特徴

ラインナップの中でもトップモデルを選べる

20-25万円という予算があればゲーミングPC全体の中で見ても上位のモデルを選択することが可能だ。GPUはハイクラスと呼べるGeForce RTX 4070 TiやGeForce RTX 4070 SUPERを選択することができる。フルHD環境で高リフレッシュレートを実現したり、4K解像度でのゲームプレイに対応したり幅が広がる。通常の使用において性能不足になる心配は不要だ。

CPUはゲーム用途ではトップの性能を誇るCore i7-14700Fを搭載したモデルが揃っている。RyzenシリーズならRyzen 7 7800X3DやRyzen 7 7700Xを選択することが可能だ。CPU性能も一気に高くなりゲームプレイだけではなく動画配信などを行うクリエイターの方にもおすすめだ。Ryzenシリーズの価格が下がってきて選びやすくなっているように思う。

CPUをRyzen 7 5700XやRyzen 5 7500Fまで落とせばワンランク上のグラフィックボードを選択できる。一般ユーザー向けの最高峰モデルと考えて問題ないだろう。モンスター級とまではいかず現実的な性能を持つ予算に余裕があるのであれば選択肢に入れたい。構成だけに注意しておけば、後悔することはないと考える。

Ada Lovelace世代GPUの登場で注目の価格帯になる

2022年10月に新しいAda Lovelace世代のグラフィックボードが登場した。Ada Lovelace世代のグラフィックボードが登場したことでこの価格帯のモデルは増えている。現時点では販売されている中ではGeForce RTX 4070がちょうど中心になる。GeForce RTX 3080 10GBを超える性能を持つ。せっかくならハイクラスのGeForce RTX 4070搭載モデルを狙いたい。後発モデルのGeForce RTX 4070 SUPERも候補だ。

CPUや構成次第では上位モデルのGeForce RTX 4070 Tiも選択肢に入る。CPUや構成に特化したモデルならGeForce RTX 4060 Ti搭載モデルもこの価格帯だ。60番台のグラフィックボードは価格を抑えられるという点で注目度は高い。Core i9シリーズとの組み合わせでも実現できる可能性がある。予算が限られている方はCPUよりもグラフィックボードに費用を掛けよう。その方がより高いフレームレートを実現できるからだ。

20万円以上25万円以下のおすすめゲーミングPC紹介

NEXTGEAR JG-A5G70(スターター5点セット)(マウスコンピューター)

NEXTGEAR JG-A5G70starter価格:209,800円(税込)
CPU:Ryzen 7 7500F
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:DDR5-4800 16GB
ストレージ:SSD 1TB Gen4 NVMe
電源:750W 80PLUS BRONZE
コスパ:調査中

公式サイト

ゲーミングPC一式がセットになったモデルだ。ゲーミングPC本体・ゲーミングモニター・ゲーミングマウス・ゲーミングキーボード・ゲーミングヘッドセットが付いている。初めてゲーミングPC一式を揃えたいと考えているゲーマー向けだ。ゲーミングPC本体はCPUにRyzen 5 7500Fを、GPUにはGeForce RTX 3070を搭載している。Ryzen 5 7500FはZen 4アーキテクチャ採用のCPUで旧世代のRyzen 5 5500と比べても30%以上も性能が高くCore i5-13400と同等だ。グラフィックスのGeForce RTX 3070は一世代のモデルながら現行のGeForce RTX 4060 Tiと同程度で高いゲーム性能を持つ。CPUとGPUのバランスも悪くない。メモリDDR5-4800 16GB・SSD 1TB Gen4 NVMeと構成も充実している。電源ユニットは750W BRONZEだ。必要要件を満たした選択と言える。チップセットはA620で廉価グレードが採用されているがそこまでデメリットはない。

NEXTGEAR JG-A7G6T(マウスコンピューター)

NEXTGEAR価格:219,800円(税込)
CPU:Ryzen 7 7800X3D
GPU:GeForce RTX 4060 Ti
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 1TB Gen4 NVMe
電源:750W 80PLUS BRONZE
コスパ:調査中

公式サイト

マウスコンピューターの新しいゲーミングブランドNEXTGEARの高コスパモデルとなる。CPUに3D V-Cache搭載のRyzen 7 7800X3Dを搭載したゲーミングPCだ。ゲーミング性能が高くCore i9-14900Kでさえも上回る。スペック自体は8コア16スレッドとやや控え目でゲーム以外の用途ではRyzen 7 7700XやCore i7-14700Kに劣る。あくまでもゲーム特化型CPUと考えておこう。グラフィックスにはミドルハイクラスのGeForce RTX 4060 Tiを搭載している。Ryzen 7 7800X3DとのバランスだとCPU寄りだ。将来的にグラフィックボードの換装を考えているユーザー向けだ。メモリDDR4-3200 16GB・SSD 1TB Gen4 NVMeと構成も充実している。電源ユニットは750W BRONZEを採用している。

GALLERIA RA7C-R46T(ドスパラ)

GALLERIA XA7C-R36価格:219,980円+送料3,300円
CPU:Core i7-14700F
GPU:GeForce RTX 4060 Ti
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 500GB NVMe
電源:650W 80PLUS BRONZE
コスパ:7.0

公式サイト詳細

ドスパラの売れ筋No.1モデルだ。税込20万円以上のモデルがランクインするということはそれだけ高い性能を求めるユーザーが増えてきたということだろう。パルワールドの登場も後押ししてくれそうだ。Core i7-14700F×GeForce RTX 4060 Ti搭載で高いゲーム性能を持つ。フルHD環境なら高リフレッシュレートを目指せる。タイトル次第では高解像度・高リフレッシュレートにも対応可能だ。メモリDDR4-3200 16GB・SSD 500GB NVMeと構成はやや平凡だ。電源ユニットは650W BRONZEを採用している。

LEVEL-M7A6-R77-TLX(パソコン工房)

LEVEL-M価格:224,800円+送料2,200円
CPU:Ryzen 7 7700
GPU:GeForce RTX 4070
メモリ:DDR5-4800 16GB
ストレージ:SSD 1TB Gen4 NVMe
電源:700W 80PLUS BRONZE
コスパ:調査中

公式サイト
管理人コメント

Ryzen 7 7700×GeForce RTX 4070搭載のハイクラスの一台だ。CPUにはZen 4アーキテクチャ採用のRyzen 7 7700を搭載している。まだまだ搭載モデルが少なく貴重だ。従来モデルのRyzen 7 5700Xと比べると20%以上ゲーム性能が向上している。ハイクラスのGeForce RTX 4070とのバランスもまずまずだ。高解像度でのゲームプレイにも最適だ。メモリDDR5-4800 16GB・SSD 1TB Gen4 NVMeという構成だ。電源ユニットは700W BRONZEとなる。Ada Lovelace世代になってグラフィックボードの省電力性に磨きが掛かり700Wあれば十分カバーできる。

FRGKB760/WSA/NTK(フロンティア)

FRGKB760WS1201価格:244,800円+送料2,200円
CPU:Core i7-14700F
GPU:GeForce RTX 4070 SUPER
メモリ:DDR4-3200 32GB
ストレージ:SSD 1TB NVMe
電源:750W 80PLUS GOLD
コスパ:調査中

公式サイト

Core i7-14700FとGeForce RTX 4070 SUPERの組み合わせで税込23万円台での販売は評価されるべきだ。コストパフォーマンス重視ならこのモデルで決まりだろう。ゲーミング性能は高くGeForce RTX 3080と同等以上だ。DLSS 3.0に対応していたり、ワットパフォーマンスが高かったりとGeForce RTX 3080 10GBよりも優れている点も多い。税込235,800円なら選んで後悔はしないだろう。Core i7-14700Fは、低価格帯で人気のRyzen 7 5700X搭載モデルと比べて大きくパフォーマンスが向上する。次世代のRyzen 7 7700と比べても性能は大きく上回る。ゲームプレイだけではなくゲーム実況や画像生成AIなどを活用したい方は必見だ。メモリDDR4-3200 32GB、SSD 1TB NVMeと構成も必要十分だ。電源ユニットは750W GOLDを採用している。

20万円以上25万円以下のゲーミングPC一覧

製品名価格CPUGPUメモリSSDHDD
GALLERIA RM5C-R47209,800i5-14400FRTX407016GB500GB×
GALLERIA RM5C-R47S234,980i5-14400FRTX4070S16GB500GB×
GALLERIA RM7C-R46204,980i7-14700FRTX406016GB500GB×
GALLERIA RM7C-R46T219,980i7-14700FRTX4060Ti16GB500GB×
GALLERIA XA7C-R46232,980i7-13700FRTX406032GB1TB×
GALLERIA RM7C-R47244,979i7-14700FRTX407016GB500GB×
GALLERIA XA7C-R46T246,980i7-14700FRTX4060Ti32GB1TB×
GALLERIA XA7R-R47214,9807 5700XRTX407016GB1TB×
raytrek 4CXF 第13世代Core搭載229,980i7-13700FRTX307016GB1TB×
NEXTGEAR JG-A7G7S 5700X搭載229,9007 5700XRTX4070S16GB1TB×
NEXTGEAR JG-A7G7T239,8007 5700XRTX4070Ti16GB1TB×
G-Tune HL-B(プレミアムモデル)224,800i7-12700FRTX306016GB512GB×
G-Tune HL-B-3060Ti(プレミアムモデル)234,800i7-12700FRTX3060Ti16GB512GB×
G-Tune DG-I5G6T(スターターセット)219,800i5-13400FRTX3060Ti16GB500GB×
G-Tune HM-A (プレミアムモデル)209,8007 5700XRTX306016GB512GB×
LEVEL-M17M-144F-TLX-WHITE209,800i5-14400FRTX407016GB500GB×
LEVEL-R779-137F-SL1X219,800i7-13700FRTX4060Ti16GB500GB×
FRGKB460/SG2214,800i7-11700FRTX3070Ti32GB1TB×
FRGAH670/WS310199,800i7-12700FRTX307032GB1TB×
FRGKB760/WS1221/NTK222,980i7-14700FRTX407032GB1TB×

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

ゲーミングPCの選び方
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
ゲーミングPCの特徴を比較
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya