20kara30laptop
当記事では、20万円以上30万円以下のおすすめゲーミングノートPCを紹介している。ここまで来るとこだわりを持ちたい方だろう。デスクトップパソコンと比べるとノートPCのラインナップは少ないが、20万円以上の予算があれば選択肢も増えるため楽しめると思う。ぜひ参考にして欲しい。

GTX1070以上×海外ブランドを選択できる

性能的にはデスクトップと比べて遜色ないレベルのモデルを購入することができる。RTX 2070あるいはRTX 2080搭載モデルが選択可能。高価な海外ブランドも選択肢に入るのは魅力的だろう。

20万円以上30万円以下のおすすめゲーミングノートPC紹介

GALLERIA GCR2070RGF-E(ドスパラ)

gallerianote価格:209,800円
モニター:15.6インチ
CPU:Core i7-9750H
GPU:GeForce RTX 2070 Max-Q
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
公式詳細

RTX 2070 MAX-Q搭載のゲーミングノートPCだ。CPUには最高峰のCore i7-9750Hを搭載しバランスも優秀だと言える。FULL HD環境×最高設定でのゲームプレイが可能だ。WQHD環境でも対応できるのはこのクラスならではだ。144Hz対応モニターを搭載しているためより美しい描写が実現する。また、キーボードの操作性が高くデスクトップパソコンと変わらないゲーム体験ができる。

GALLERIA GCR2070RNF(ドスパラ)

gallerianote価格:229,800円
モニター:17.3インチ
CPU:Core i7-9750H
GPU:GeForce RTX 2070
メモリ:DDR4 8GB DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
公式詳細

RTX 2070搭載のゲーミングノートPCだ。17.3インチの大型液晶を採用し外出先でもデスクトップ向けのパソコンと変わらない没入感を得られる。CPUには第九世代のCore i7-9750Hを採用。6コア12スレッドでマルチスレッド性能が高くゲーム適性が高いと言える。ゲーミングノートPCの主流CPUだ。キャンペーン中はメモリ16GBへと増設されているのも嬉しい。より安定したゲームプレイが可能となる。

GALLERIA GCR2070RGF-QC-G(ドスパラ)

gallerianote-gcf2060rgf価格:249,980円
CPU:Core i7-9750H
GPU:GeForce RTX 2070 MAX-Q
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB NVMe対応
HDD:非搭載
公式詳細

ドスパラとIntelの共同開発によって生まれたゲーミングノートPCだ。本体が薄くデザインが高い今風の一台に仕上がっている。グラフィックボードにはRTX 2070 MAX-Qを搭載し高解像にも対応できるパフォーマンスを持つ。メモリ16GB、SSD 1TB NVMe対応と構成も十分だろう。問題は価格が他のRTX 2070搭載モデルと比べて高いことだ。デザインや薄さなどにプレミアムに支払えるかどうかが鍵となる。

GALLERIA GCR2070RGF-QC-G(ドスパラ)

gallerianote-gcf2060rgf価格:249,980円
CPU:Core i7-9750H
GPU:GeForce RTX 2070 MAX-Q
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB NVMe対応
HDD:非搭載
公式詳細

ドスパラとIntelの共同開発によって生まれたゲーミングノートPCだ。本体が薄くデザインが高い今風の一台に仕上がっている。グラフィックボードにはRTX 2070 MAX-Qを搭載し高解像にも対応できるパフォーマンスを持つ。メモリ16GB、SSD 1TB NVMe対応と構成も十分だろう。問題は価格が他のRTX 2070搭載モデルと比べて高いことだ。デザインや薄さなどにプレミアムに支払えるかどうかが鍵となる。

NEW ALIENWARE M17 プラチナ ・RTX搭載 VR(エイリアンウェア)

alienware17価格:256,980円
モニター:17.3インチ
CPU:Core i7-9750H
GPU:GeForce RTX 2070
メモリ:16GB
SSD:256GB
HDD:非搭載
公式

エイリアンウェアの最高峰のゲーミングノートPCだ。RTX 2070モデルを搭載している貴重な一台となっている。メモリ16GB、SSD 256GBと構成も充実。キーボードの品質も高く1,000万回の打鍵にも耐えられるのが素晴らしい。予算さえ許すのであればぜひ選択肢に入れたい。

NEW RAZER BLADE 15- ベースモデル(RAZER)

newrazer価格:249,800円
モニター:15.6インチ 144Hz
CPU:Core i7-9750H
GPU:GeForce RTX 2060
メモリ:16GB
SSD:512GB
HDD:非搭載
公式

フルHD 144HZ | RTX 2060 | 512GB + 2.5″スロット [日本語配列]はRzerのハイクラスのゲーミングノートPCとなっている。144Hzモニターは圧巻だ。また、薄型ベゼルでこだわりが見られる。FULL HDあるいはWQHD環境でヌルヌル動かせるのはストレスを感じない。メモリ16GB、SSD 256GB、HDD 2TBと構成も十分だろう。

OMEN by HP 15-dh0000 ハイパフォーマンスモデル(HP)

omennote価格:219,800円
モニター:15.6インチ 144Hz
CPU:Core i7-9750H
GPU:GeForce RTX 2070 Max-Q
メモリ:16GB
SSD:512GB
HDD:1TB
公式

第九世代のCore i7-9750Hを搭載したモデル。16.6インチ 144Hz対応モニターは最高のゲーム体験を提供してくれる。グラフィックボードにはノート向けの高性能モデルRTX 2070 MAX-Qを搭載しデスクトップPCに匹敵するパフォーマンスを発揮する。NVMe対応M.2 512GB、HDD 1TBのダブルストレージは強力だ。

20万円以上30万円以下の価格帯について

20万円以上のゲーミングノートPCになると当然高性能になる。しかし、一方でゲーミングノートPCのデメリットに表に現れやすくなるということを理解しておこう。具体的には下記のような点が挙げられる。

熱を持ちやすくなる

GTX1070やGTX1080搭載モデルとなると熱を持ちやすくなる。これは本体内部のエアフローが限定的であるため仕方のない部分だ。高性能なゲーミングノートPCを使用するのであれば空調の効いた室内で使用することを推奨する。エアフローを妨げてしまうためカーペットや絨毯の上に置いて使用するのは避けておこう。

バッテリー駆動時間が短い

RTX 2070以上のグラフィックボードを搭載したゲーミングノートPCではバッテリー駆動時間を必然的に短くなる。性能が高くなることの代償としてバッテリーでのゲームプレイはあまり期待しない方が良い。電源を使えない環境でもゲームをしたいのであればGTX1060搭載モデルなど省電力モデルを選択することを推奨する。

本体が大きく重くなる

上記2つをカバーすると本体が大きく重くなってしまう。発熱対策としてヒートシンクを設けたり、ファンを搭載したりすると重くなる。また、本体内部にスペースに余裕をもたせたいとなるとどうしても本体は大きくなる。

もう一つが大容量バッテリーの搭載によって本体は重くなってしまう。それでもバッテリー駆動時間の短さを完全にカバーすることはできない。これらのデメリットはゲーミングノートPCの長所を潰してしまうため妥協が必要だということになる。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2019年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る