5ma10mannote

当記事では、5万円以上10万円以下の安いおすすめゲーミングノートPCを紹介している。2022年8月時点で新品のゲーミングノートPCのラインナップはなく、中古のモデルが対象だ。信頼できるショップであるドスパラの中古PCを中心に紹介していく。この価格帯でゲーミングノートPCを探し始める方が多い。学生の方でも手を出しやすく気軽に購入できるからだ。10万円以下なら中学生や高校生でも両親にお願いしやすいかもしれない。

世代を重ねるごとに性能面が強化されて今では10万円以下の格安ゲーミングノートPCでもある程度快適にゲームをプレイすることが可能となった。前世代のPascal世代までは性能的にやや厳しかったことを考えるとゲーミングノートPCも進歩したものだ。パーツメーカーやBTOメーカーの努力の賜物だと言える。少しでも安く購入したいと考えている方はぜひ参考にして欲しい。

ラインナップは少なく選択肢は限られる

まず押さえておくべきことは10万円以下という括りにするとラインナップが激減してしまうことだ。2022年8月時点で税込10万円以下で購入できる新品のゲーミングノートPCは存在していない。一時は在庫性分的な立ち位置の新品のモデルがあったがすぐに売り切れとなってしまった。今は中古のゲーミングノートPCが中心でほとんど限られたモデルの中から選択する必要があるということになる。今後もモデルが増えるとは考えにくい。

性能はそれほど高くなく、ゲームプレイにおいて妥協が必要だ。ゲーミングノートPCの相場はデスクトップPCよりも20%-30%高い。モニターやキーボードが搭載されていてコストが掛かるからだ。つまり、ラインナップ数が少ないというのは必然だと言える。場合によっては予算を10万円以上に引き上げるかデスクトップPCも選択肢に入れた方がよいかもしれない。デスクトップPCなら10万円以下でも選択肢多い。

10万円以下のモデルで売り切れ続出

kakuyasunote

10万円以下のモデルは売り切れが続出中だ。特にドスパラでは在庫切れあるいは入荷待ちのモデルが目立つ。購入のタイミングをしっかり図っておきたい。次世代のRTX 3050 Mobileへの切り替えが進み価格帯は引き上げられそうだ。2022年8月時点で購入できる最安値クラスのゲーミングノートPCは後継モデルである「GALLERIA RL5C-G50」だ。半導体不足及び円安の影響を受けて価格が高くなっている。

激安ゲーミングノートPCを選ぶ際のポイント

グラフィックボードはロークラスが候補に入る

RTX 3070 Mobile18,646
RTX 3060 Mobile17,197
RTX 2070 Mobile17,075
RTX 2060 Mobile15,883
RTX 3050 Desktop14,734
GTX 1660 Ti Mobile12,476
RTX 3050 Ti Mobile11,843
RTX 3050 Mobile11,185
GTX 1650 Ti Mobile9,129
GTX 1650 Mobile8,544
GTX 1050 Mobile5,350
GTX 950M2,969
10万円以下のゲーミングノートに搭載されるグラフィックボードは2種類だ。エントリークラスのGTX 1650か性能が少し強化されたGTX 1650 Tiとなる。GTX 1660 TiやRTX 2060など60番台も候補に入る。なお、50番台とは言ってもTuring世代になり性能の底上げが行われている。Pascal世代のGTX 1050 TiやGTX 1050と比べると最大40%近くパフォーマンスが向上した。

2022年時点でゲームをプレイする上で必要最低限の性能を持っていると考えてよい。フルHD環境を最高設定プレイするには厳しくフルHD環境+設定調整が必須となる。最高設定でのゲームプレイにこだわりたい方は注意しよう。FPSなど負荷の軽いタイトルなら問題はない。それを理解した上で購入を検討して欲しい。高設定でのプレイを考えているならRTX 3050 MobileあるいはRTX 3060 Mobile以上を選択するべきだろう。

CPUはRyzen 5あるいはCore i5シリーズが中心

Core i5-12500H17,085
Ryzen 7 6800H17,045
Core i9-11980HK16,954
Core i7-11800H15,631
Ryzen 7 5800H15,559
Ryzen 5 6600H14,392
Ryzen 7 4800H13,788
Ryzen 5 5600H13,127
Core i5-11400H11,961
Core i7-10875H11,739
Ryzen 5 4600H11,141
Core i7-10750H9,415
Core i5-11300H8,592
Core i5-10300H6,599
Core i5-10200H6,246
Core i5-9300H5,904
CPUの選択肢は旧世代のモデルが中心だ。いずれにしてもゲーミングノートPCでは最低限必要な性能を持っているので不安はない。上記の数値は総合性能を表している。Ryzen 7 4800Hは、Core i7-10875Hを超えるCPU性能を持っているが、ゲーミング性能はCore i7-10875Hに劣る。

Ryzenシリーズについては、ゲームプレイにおいて過度な期待は禁物だ。それでも価格の優位性が高く価格を追求したい方におすすめできる。ゲームの快適性を考えるとCPU性能を重視するよりもグラフィックボード性能を選択した方が賢明だ。あなたのゲーム環境において最適なモデルを選択して欲しい。

構成面においてストレージは意外と優秀

10万円以下のゲーミングノートPCでも実はストレージ容量は10万円以上のモデルと変わらない。つまり、純粋にCPU・GPU・メモリの分だけ安価なモデルということになる。考え方によっては・ストレージ構成を落とせばもっと安くできるということだ。ただし、そうするとBTOメーカー側の利益が薄くなってしまうことからある程度調整しているのではないかと考えている。

ストレージにSSD 512GBを搭載したモデルは一般的だ。一方で、メモリ容量については8GBが基本でゲーミングノートPCにおいては少し物足りなさがある。16GB搭載モデルと比べるとパフォーマンスが落ちることは明らかで、ある程度妥協をする必要がある。一部のモデルでは16GBのメモリを搭載している。

5万円以上10万円以下のおすすめ中古ゲーミングノートPC紹介

GALLERIA GCL1650TGF200(ドスパラ)

GALLERIA GCL1650TGF200価格:73,590円(税込)
液晶:15.6インチ
CPU:Core i5-10200H
GPU:GeForce GTX 1650 Ti Mobile
メモリ:DDR4-3200 8GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式サイト

Core i5-10200H×GTX 1650を搭載したゲーミングノートPCだ。15.6インチノートで重量は約2.10kgと平均的だと言える。持ち運びをメインに考えている方にもおすすめしにくい。ビジネス用途+α(ゲームなど)で考えているユーザー向けだ。ゲーミング性能は控え目で標準設定でのゲームプレイが中心となる。CPUにはCore i5-10200Hを搭載している。4コア8スレッドとエントリークラスだ。現行モデルのCore i5-12500Hと比べると性能は大きく劣る。メモリ8GB、SSD 512GB NVMe対応と構成も最低限に抑えられている。

GALLERIA RL5R-G50T(ドスパラ)

GALLERIA GCL1650TGF200価格:79,090円(税込)
液晶:15.6インチ
CPU:Ryzen 5 4600H
GPU:GeForce GTX 1650 Ti Mobile
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式サイト

Ryzen 5 4600H×GTX 1650 Ti Mobile搭載のゲーミングノートPCだ。CPUにZen 2アーキテクチャ採用のRyzen 5 4600Hを搭載している。6コア12スレッドとマルチスレッド性能が高く動画編集などクリエイター作業にも適している。GTX 1650 Ti MobileはTuring世代のエントリークラスのモデルでフルHD環境で60fpsを目指すのがよい。メモリ16GB、SSD 512GBと税込7万円という価格を考えると優秀だ。

GALLERIA RL5C-G50(ドスパラ)

GALLERIA GCL1650TGF200価格:90,090円(税込)
液晶:15.6インチ
CPU:Core i5-11400H
GPU:GeForce GTX 1650 Mobile
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式サイト

Core i5-11400H×GTX 1650搭載のゲーミングノートPCだ。Intel製CPUでは中価格帯のCore i5-11400Hでも6コア12スレッドとマルチスレッド性能が高い。グラフィックボードにはGeForce GTX 1650を搭載し低価格路線の一台となっている。税込10万円を切る価格は健闘している。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も充実している。設定にこだわらずとりあえずゲームができたらいいという方向けだ。この性能と構成ならそれほど性能面で心配する必要はないだろう。ちなみに2022年8月時点で新品でも販売されている。「GALLERIA RL5C-G50」は税込115,980円だ。中古なら20%以上安く購入できるということになる。このモデルが新品で購入できる最安値クラスのゲーミングノートPCだ。

GALLERIA GCL2060RGF-T875(ドスパラ)

GALLERIA GCL1650TGF200価格:90,090円~(税込)
液晶:15.6インチ
CPU:Core i7-10875H
GPU:GeForce RTX 2060
メモリ:DDR4-3200 8GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式サイト

Core i7-10875H×RTX 2060と2世代前のCPUを搭載したゲーミングノートPCだ。エントリークラスのモデルで比較的価格が抑えられている。Core i7-10875Hは、後継モデルであるCore i7-11800Hに比べると30%程度パフォーマンスが劣る。グラフィックスにRTX 2060を搭載していて十分な処理性能を持つ。メモリ8GB、SSD 512GB NVMeという構成だ。性能を本体重量約1.90kgとゲーミングノートとしては平均的で持ち運びにも適している。バッテリー駆動時間は最大3.8時間だ。

GALLERIA GR2060RGF-T(ドスパラ)

GALLERIA GCL1650TGF200価格:92,290円~(税込)
液晶:15.6インチ
CPU:Ryzen 7 4800H
GPU:GeForce RTX 2060
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式サイト

Ryzen 7 4800H×RTX 2060を搭載したローエンドクラスのゲーミングノートPCだ。GALLERIA GR2060RGF-Tは販売されていた当時非常に人気の高いモデルだった。Ryzen 7 4800Hは旧世代のモデルながら8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高くゲーム実況や動画編集にも対応しやすい。RTX 2060ならGTX 1650 TiやGTX 1650よりもワンランク高い性能を得られる。メモリ16GB、SSD 512GB NVMeと構成も十分だろう。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya