haintutaisaku

当記事では、デスクトップパソコンの排熱対策を解説している。もし、これまで排熱対策を考えたことがない方はぜひ参考にして欲しい。パソコンを長く使用するためにも非常に大切なことだと言える。

パソコンは熱を持つもの!

reikyaku
暑い時期だけ熱対策について考えておけば良い!ということはない。夏場はもちろん冬場もしっかりと熱対策を行う必要がある。なぜならパソコンは起動している限り冬であっても熱を持つことになるからだ。

熱によってパフォーマンスが低下してしまう

パソコンはパーツの集合体だ。精密機械である各パーツは熱に非常に弱い。そのパーツから発せられた熱が篭らないようにするのが排熱対策になる。排熱が弱いと熱によるダメージを受ける。寿命が縮まったり、パフォーマンスの低下に繋がったりと様々なトラブルに繋がってしまう。パソコンの根底を支えているのは排熱性能と言っても過言では無いだろう。

ゲーミングPCはグラフィックボードを搭載することが前提である。グラフィックボードは発熱量が非常に大きい。冷却機能が優秀なので、パソコン内部に排出する熱の量も多くなる。そのため、ゲーミングPCは内部に熱が篭もらない構造とエアフローが絶対条件になる。熱を排出すると同時に、冷えた空気を吸気することで内部の熱を抑えている。夏場であるとこの吸気による熱の安定が難しい。これをエアフローで熱を留まらせないようにする。

ゲーミングPCだからといって排熱を無視するのはNG

排熱と吸気は非常に重要な要素だ。パソコンケースはその辺りの事を良く考えられている。しかし、パソコンを設置する環境によっては、想定しているパフォーマンスを上手く発揮することが出来ない。特に、ゲーミングPCではないパソコンケースは、吸気性能が弱い事が多い。性能の低いモデルなら特に問題無いだろう。

扇風機で風を送り続けるという方法も一つだろう。ただし、埃が舞い散ってしまって別の問題が発生しそうだ。だからと言って、室温だけに気を取られてはいけない。室温が30℃前後の部屋であっても、冷却機能がしっかりしていれば十分排熱が間に合う。

より具体的な冷却対策を紹介しよう。もし、既にパソコンを所持していて、夏に備えた対策をしたい方。これからパソコンの購入を考えている方にも参考になるだろう。これらの対策を踏まえた上でパソコン選びをすれば長く使用することができる。

すぐにできる排熱対策講座【全4講】

第1講:室内環境の改善

kankyou
最も気軽にできる熱対策が室内環境の改善だろう。冷却対策として有用なものとして、風の通り道にパソコンを設置するというものが挙げられる。それが難しい場合はエアコンなどで室内温度を下げ、パソコンに冷たい空気を送れるようにする。

熱に困っているなら、夏場にエアコンを付けずにパソコンを稼働し続けるような事は避けるべきだ。最もパソコンの故障の前に、操作している人間がどうにかなってしまう室温になってしまうだろうが。もしそのような状況になれば、パソコンもその熱い空気を取り込み、熱い空気を排出するという悪循環が出来る。パソコンのパフォーマンスも低下し、最悪破損してしまうこともある。

長時間パソコンを稼動している人ならばこの項目について自然と行っていると思う。パソコンは熱くなると、これ以上熱を持たないように性能を制御して熱の発生を抑えようとする。冷却効果が得られないと本来の性能を発揮出来ない。更に故障のリスクも上がって良いことが何も無い。

扇風機をケース内に当てる方法もある。しかし、埃が舞ったり、ゴミが扇風機に煽られて内部に侵入したりする可能性がある。あまり推奨出来る行為ではないので、最後の手段に取っておこう。冷却というのは、夏場を乗り越えるためにあるのではないか。もちろん冬場でもパソコンが発する熱というのは同じだ。しかしながら、吸気による冷却性能には雲泥の差がある。夏場にパソコンが受けるダメージというのは相当大きい。パソコンの寿命を長くするにはいかに夏場にダメージを軽減させるかにかかっていると考える。

第2講:ケースファンの増設

corsaircasefan画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

最も簡単に行える熱対策

ケースファンの増設は簡単で、最も効果的な熱対策だ。BTOパソコンを購入する際にもケースファンについて安価で選択することができるので、特にハイエンドなゲーミングPCなら積極的に導入を検討すると良い。内部のエアフローを強化すれば、それだけ空気の循環がスムーズに行われる。

注意点は、吸気と排出のファン取り付け箇所だ。基本的なパソコンは背面に排出ファンが取り付けられている。排出面は1箇所にしておくことが重要だ。天板にファンを取り付けられるケースでも、排出ではなく吸気ファンを取り付ける。

こうすることで、設計されたエアフローを崩さずに強化出来る。天板に排出ファンを搭載すると、CPUファンが排出される熱い空気を取り込んでしまう。パソコン内部の風の方向を一定にすることがエアフローを構築する上で重要である。

取り付け自体は手軽だが、実は知識がないと難しいことがある。例えば、電源をマザーボードから供給してもらうタイプのファンが多い。マザーボードに接続するだけで稼働する。実際にはマザーボードの構造や型番によって少し変わってくる。それでも難易度が高いものではないので安心して欲しい。

なお、ケースによっては余分に取り付ける場所がないことがある。吸気ファンを設置する箇所に、誤って排出ファンを搭載してしまうのはエアフローを崩してしまうので注意して行う必要がある。基本は「後ろから排出」だ。どのケースでも背面以外は全て吸気に設計されている。稀に底面から吸気というタイプもある。完全な正解は無い。ケースによってベストなファンが異なるからだ。一般的には前面から吸気し、背面から排出されるタイプが主流だ。

PCケースは環境に合わせて選ぶ

ケースファンと言っても種類は多くどれを選べば良いか分からないと思う。これはケースの形状によるのでこれが一番ということはなく現在の環境に合わせて選ぶのが良い。まず大きさは6cm~16cmくらいまである。最もポピュラーなのは12cmだろうか。

吸気と排出のファンは同じものを逆に取り付けられるタイプ、吸気専用、排出専用のタイプがある。特に記載の無いものはどちらでも使用できる。最近はLEDファンが一般的である。消費電力が跳ね上がるわけでは無いので気軽にLEDの光を試せる。背面のファンは露出が大きいのでLEDにすると見栄えが良くなる。背面なのであまり目に入らないのは良し悪しだ。

ファンには風量や回転数、ノイズなどの項目がある。これも適切なものを選ぶほうが良い。吸気ファンの風量は大きければ良いと考えてしまいがちだ。しかし、風量が強すぎるとファンの回転音が気になるかもしれない。ノイズはそのままファンが回転するときの音なので、気になる人は小さめのものを選ぼう。

風量が大きくなればノイズも大きくなる。静音性と両立させるなら、少し控えめなものが良いだろう。ファンを増設するだけで恩恵が大きいのだから、風量が小さくても効果は期待出来る。

第3講:パーツごとのファンの増設・交換

cpucasefan画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

冷却機構であるファンは、パーツ単位でも搭載することが可能だ。CPUファンのようなポピュラーなものから、HDDファンのようなマイナーなものまで選択肢は幅広い。HDDやメモリ、リアスロット用のファンは一般的とは言えない。マイニングなど長時間稼働が前提となる用途向きだろうか。

CPUファンは最もポピュラー

CPUに必須のCPUファンはパーツ専用の冷却機構として最も有名だ。CPUの発熱量を抑える効果がある。これにより、CPUの性能安定、そしてパソコン内部の熱を下げることにも繋がっている。少し前までCPUファンはオーバークロックをしない限りは必要無いとされていた。

しかし、現行のCore i9-9900Kのような高性能なCPUには社外製のCPUファンが搭載されることが当たり前になっている。一つ下のCore i7-9700Kでも大型のCPUが採用されていることがあるなど徐々にこれまでの常識が変化している。冷却効果は高くて困ることは無い。

発熱量の多くないHDDファンの重要度は落ちる

HDDファン、メモリファンはそれほど恩恵が大きいわけではない。元々の発熱量がそこまで大きいわけではないからだ。SSDが普及している今では、HDDファンは廃れつつある。SATA接続SSDは発熱しない。対して、M.2接続のSSDは発熱量が非常に大きい。この部分はファンではなくヒートシンクという放熱性能高い金属パーツがある。ミニ四駆で言うところの放熱フィンのようなものだ。

パソコン内部の進化は性能だけではない。性能を支える機構があってのものだ。高い性能を持つパーツが登場すると、高い冷却性能を持つパーツも同時に登場している。脚光を浴びることは少ない。縁の下の力持ちという言葉だけでは足りない。性能の全てとも言えるだろう。

CPUの冷却が足りなければパソコンがダウンする。それはグラフィックボードも同じだ。最高峰の性能を持っていても、冷却が甘いとミドルクラス程度のパフォーマンスしか発揮できない。もしかするとそれ以下かもしれない。パソコンの冷却とは、パーツ単位の冷却である。その全てを司るのがエアフローだ。エアフロー、パーツの冷却、パソコンの排熱性能。これらが揃って初めてスタートラインなのである。

HDDを2個以上搭載している場合はHDDファンというものも試して欲しい。SSDなら必要ないが、HDDの熱はフロント部分の吸気が大きな影響をもたらすので、自作で配線などがまとまっていないのであれば選択したい。HDDが熱を持つとエアフローの悪化にも繋がるため、常時負荷をかけっぱなしのパソコンなどは必須に近いかもしれない。

第4講:パソコンの掃除&メンテナンスを行う

maintenance5
意外と疎かにされがちなのは掃除やメンテナンスだ。パソコンは人間よりも激しく吸って吐いての呼吸を繰り返している。それも埃が溜まりやすい場所でだ。埃が溜まると吸い込める空気や吐き出せる空気の量が減っていく。そうすると、エアフローが弱体し、排熱効率が大きく下がる。熱が篭もりやすい環境が出来上がってしまう。

パソコンの掃除は主にパーツやフィルターに溜まった埃を取り除くことにある。パーツの表面に埃が溜まると放熱しにくく、パーツに熱が留まりやすくなる。パフォーマンスを安定させるためにも、定期的な掃除やメンテンスが必須だ。一度パソコンの内部を確認して欲しい。掃除・メンテナンスの方法については下記の記事で詳しくまとめているので、参考にして欲しい。

エアフローが強力なゲーミングPCは特に埃が溜まりやすい。ゲームをプレイするという性質上、稼働時間が長くなることも影響している。ゲーミングPCの寿命を縮めないためにも、掃除とメンテナンスは重要だ。僅か10分程度のメンテナンスで寿命が年単位で変わっていく。

購入前のコストパフォーマンスはショップ次第だ。しかし、購入後のモデルのコストパフォーマンスは使用するユーザー次第となる。10年使えるか、3年で終わるかではコストパフォーマンスは大きく異なる。お得で良い買い物をしたと思えるように大事に使用してもらいたい。

当記事のまとめ

パソコンを快適に使用するために排熱は必ず考えなければいけない。パソコンは熱を持ちやすい機械なので、対策をしないと故障してしまったり、パフォーマンスが低下してしまったりと快適から程遠くなってしまうことになる。

すぐにできる対策としては、室内環境の改善、ケースファンの増設、パーツごとのファンを増設・交換などが挙げられる。比較的簡単に行うことができるので、今すぐにでも実施したい。また、埃がパソコン内部に溜まってしまうと排熱効率が悪くなるばかりでなく、故障の原因にもなるので掃除やメンテナンスも行っておこう。メンテナンスを定期的に行えば、長く使用できるようになるのでおすすめだ。

熱によるトラブル例まとめ

  • 性能が不足しているように感じる
  • パソコンの動作が重く、遅くなる
  • 不具合やエラーが頻繁に発生する

熱による症状には上記のような症状もある。メンテナンスや掃除、熱対策はパソコンのトラブルを解決するかもしれない。また、未然にトラブルを防ぐ事にもなる。しっかりした対策が快適なパソコンライフを築くことになるだろう。

合わせて読みたい記事一覧

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

サイトのトップに戻る