PUBG推奨ゲームパソコン紹介と必要スペック解説 | PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDSの要求スペックは高い

PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(プレイヤーアンノウンバトルグラウンド) (PUBG) 推奨ゲームパソコンを紹介している。

必要動作環境

OS64-bit Windows 7, Windows 8.1, Windows 10
CPUIntel Core i3-4340 / AMD FX-6300
メモリ6GB以上
グラフィックボードnVidia GeForce GTX 660 2GB、
AMD Radeon HD 7850 2GB
HDD空き容量30GB以上

GamingPCs独断の推奨環境

OS64bit Windows7以上
CPUIntel Core i7-7700
メモリ8GB以上
グラフィックボードGTX1060 3GB以上

PUBGゲーム概要

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDSのゲーム概要をまとめている。ゲームとしては「H1Z1」に近く「ARMAシリーズ」や「DAYZ」にも近いと言える。同じ開発者が関わったことで、その色はより濃く反映されている。H1Z1の対戦よりもシビアに、DAYZよりも対人要素の高いゲームである。生き残りを賭けたサバイバルで、チーム戦も可能であることから非常に人気が高く、早期アクセスながら100万人以上のユーザーがプレイした。

時間経過で戦える範囲が制限され、範囲外にいるとダメージを喰らうバトルロワイヤル方式のルールがマッチ。DAYZをプレイしていたユーザーにとっては分かりやすいかもしれないが、広大なマップで対人を行うのはなかなか難しい。

人が来やすいポイントで待ち伏せるしかないDAYZと比べると、生存出来る範囲が徐々に狭まるということは安全地帯というものが存在しない。特に、建物の中が有利であるゲーム性になりやすいが、この範囲が制限されるということで有利なポイントは建物とは限らなくなった。

建物の屋上から獲物を狩りしていたはずが、今居るポイントが範囲外になると、これまでの有利が一転し、自分たちが獲物となってしまう。H1Z1に慣れたユーザーだとリアル系のゲームやそのゲーム性に抵抗が生まれるかもしれない。

スペック考察

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)には現在デメリットがある。それは、早期アクセス故の問題だ。ゲームクライアントやサーバーに安定感が無く、ゲーム負荷が非常に高い。グラフィックボードよりもCPU負荷が高いため、CPUを中心に構成を考えていきたい。どれだけスペックが高くても、fpsは安定せず低いこともあり、H1Z1と比べるともっさりしてしまっていることも挙げられる。

H1Z1とPUBGの違いは細かく言えば多いが、似て非なるゲームであり、プレイヤーの棲み分けは出来ているように思う。DAYZのサバイバル要素を強くしたものという意味では、どちらも同じだが…。

早期アクセスであり、最適化が不十分である現在では、ある程度のスペックが無いとプレイ自体が厳しい。プレイ出来てもラグや遅延により圧倒的な不利からゲームがスタートすることもある。バグもいくつかあり不安定ではあるものの、将来性という意味では期待の持てるゲームである。

負荷がかかる場面はスタート時の飛行機からの飛び降り時。一瞬止まることも当たり前にあるが、ここでのカクつきや遅延は大した問題ではない。車の移動中も負荷が高く、グラフィックを描写するためなのか、TPS視点で後ろを振り向いたり辺りを見渡しながら走ると負荷を感じる。

待機する初期の島で火炎瓶やグレネードが重なったりするとクライアントが強制終了されたりもすることから、投げ物のエフェクトも大きな影響を与えるだろう。つまり、言ってしまえば重要な場面ほど負荷が集中して落ちやすいという致命的な側面を持っているのだ。

これをある程度抑えるのがCPUだが、CPU性能がいくら高くても落ちる時は落ちる。ドアの開け閉めが上手くいかなかったり、アイテムが上手く拾えないのはサーバー側の問題なのでどうしようもない。性能で支えられるのは、戦闘中や重要な場面の負荷を抑えることくらいだ。

第6世代のCPUであればi7-6700以上を推奨、グラフィックボードは900シリーズではGTX970以上を推奨したい。グラフィックボードの性能は、実際にはそこまで良いものでなくても良いが、今後のアップデートのことを考えて少しだけ上の性能を見ておきたい。PUBGをプレイするということは、新しいゲームをプレイする可能性もあるということだ。そこを考慮すると悪い選択肢ではないはずだ。

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS向けおすすめのゲーミングPC

  • NEXTGEAR-MICRO im570SA2-TD(G-Tune)
  • NEXTGEAR-MICRO im570SA6-TD価格:129,800円
    CPU:Core i7-7700K
    GPU:GeForce GTX1060 3GB
    メモリ:DDR4 8GB
    SSD:256GB
    HDD:2TB
    電源:500W 80PLUS BRONZE

    公式詳細

    推奨環境を大きく上回る性能が魅力の当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデル。CPUはi7-7700K グラフィックボードはGTX1060 3GB。ストレージも余裕があるため、多くのゲームをプレイするユーザーも安心だ。この手のオープンワールドのゲームはメモリも意外と使う機会があるため、余裕があればメモリを16GBにカスタマイズしても良いだろう。このモデルを基本として、予算や性能で合わせていきたい。

    ————————————————————————————————————————

  • NEXTGEAR-MICRO im570SA8-TV(G-Tune)
  • NEXTGEAR-MICRO im570SA6-TD価格:109,800円
    CPU:Core i7-7700
    GPU:GeForce GTX1060 3GB
    メモリ:DDR4 8GB
    SSD:非搭載
    HDD:1TB
    電源:500W 80PLUS BRONZE

    公式詳細

    予算を抑えたいユーザー向けのゲーミングPC。CPUはi7-7700 グラフィックボードはGTX1060 3GB。ストレージは大きく削られるが、価格もしっかり抑えられている。SSDであれば読み込みが早くなるが、ロビー待機時間があるため恩恵は受けにくい。もちろん、起動が早くなるという意味では恩恵はあるが、ゲームプレイに関するものはほとんど無い。今後、SSDによる恩恵が伸びれば増設することで対応は出来るだろう。

    ————————————————————————————————————————

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS動画

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨タイトル即納モデルプロコラボモデル
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラフィックボードBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

関連外部サイト

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ