Cities: Skylines(シティーズスカイラインズ)推奨ゲームパソコン紹介と必要スペック解説

citiesskylines

当ページでは、シティーズスカイラインズの概要及び必要スペックと推奨ゲームパソコンを解説している。人気のシミュレーションであるシティーズスカイラインズは、それほど高いスペックを要求されるタイトルではないので予算的には10万円~12万円を考えておけば良い。ミドルスペックでも十分だが、もちろんそれ以上のスペックでも問題ない。

シティーズスカイラインズの必要環境と推奨環境

必要環境

OSWindows XP/Vista/7/8/8.1 (64-bit)
CPUCore 2 Duo, 3.0GHz
AMD Athlon 64 X2 6400+, 3.2GHz
メモリ4GB
グラフィックボードGTX 260以上
HDD空き容量4GBの空き容量
Direct X9.0c

推奨環境

OSWindows 7/8 (64-bit)
CPUCore i5-3470以上
メモリ6GB
グラフィックボードGTX 660以上
HDD空き容量4GBの空き容量
DirectX11

シティーズスカイラインズにおすすめのゲーミングPC

  • NEXTGEAR-MICRO im600SA1-TD(G-Tune)
  • NEXTGEAR-MICRO im570SA1-SH2-TD価格:119,980円
    CPU:Core i7-8700K
    GPU:GeForce GTX1060 3GB
    メモリ:8GB DDR4
    SSD:非搭載
    HDD:1TB
    電源:500W 80PLUS GOLD

    公式詳細

    当サイトとのコラボレーションモデルとなっている。CPUは最高峰のi7-8700Kを搭載し万全だ。グラフィックボードにはコスパの高いGTX1060 3GBを採用している。この組み合わせは人気が高い12万円前後出せるという方に最高の一台だと言える。シティーズスカイラインズだけではなく様々なタイトルに対応できる性能は圧巻だ。SSDは非搭載となっているので、カスタマイズで追加するのも悪くない。

    ————————————————————————————————————————

  • GALLERIA DT(ドスパラ)
  • galleriadt価格:99,980円
    CPU:Core i5-7500
    GPU:GeForce GTX1060 3GB
    メモリ:8GB DDR4
    SSD:250GB
    HDD:1TB
    電源:400W 80PLUS BRONZE

    公式詳細

    Cities:skylinesにおいては十分過ぎる性能を持っているモデルだ。10万円前後でパソコンを探している方にぴったり。他のゲームでもその性能は活かしやすく、ゲームをプレイするのにもってこい。CPU性能が不安であるため、余裕があればi5-7600にカスタマイズしておきたい。ただし、納期が延びてしまうのがデメリットだ。それでもアップグレードすることでよりほかのゲームに対応しやすくなる。特に基本無料系のMMORPGでは、意外とCPU負荷が高いものがある。色々なゲームをプレイするのであれば憂いは断っておきたいものだ。ゲーミングPCのラインナップの中では、このモデルより安くて優れたモデルは無いと考えている。価格が安いもの、性能が高いもの、どちらか一つであれば存在しているが…。割りとライトなゲームであっても、高性能なGTX1060搭載モデルが最もお買い得というわけだ。

    ————————————————————————————————————————

推奨スペックの考察
CPU     :i5-6500、i5-7500以上

余裕があるのならばi5-6500あるいはi5-7500以上を搭載しておきたい。特に全てのフィールドを開放して巨大な都市を構想しているのであれば性能が高いことに越したことは無い。別のゲームをプレイするときにも、CPU性能が高いと何かと役に立つはずだ。

メモリ    :8GB以上

推奨環境が6GBだが、中途半端なので8GBは考えておくと不足はないだろう。

グラボ    :GTX960、GTX1060以上

最低ラインはGTX950あるいはGTX1050だが、現行モデルで価格も大差無いGTX1060を推奨する。色々なゲームをプレイするユーザーであれば尚更だ。

HDD空き容量 :10GB

4GB程度なら、あまり意識しなくても問題ない。500GBのパソコンであっても十分余裕がある。一応余裕を持って10GBを見ておくことと、MODによってはそれ以上必要になることもある。

シティーズスカイラインの概要

シム系のゲームとしては新しく「Cities in Motion2」の続編に近いという印象を受ける。前作で出来たことが出来なかったり、前作で出来なかったことが今作で出来たりとバランス調整はしっかりされている。また、住人たちの行動などが非常に細かく、ゲームの自由度を高める要因の一つとなっている。人気と評価も高く、日本語化Modも完成しているので英語が苦手なユーザーも楽しむことが出来るのはポイントが高い。

グラフィックは綺麗だが、リアルというよりはジオラマ的なグラフィックで他の街づくりシムとは一線を画している。使用できるフィールドも広大でユーザーの意図によって徐々に広げることができる。Modを使用することで、最大25個のフィールドに拡張することができるため都市構想などがやりやすい。反面、できることが多すぎて渋滞や資金繰りの苦労が大きく、序盤は特に制限して行わなければ一気にゲームオーバーとなってしまう。

後から改善しようとすると道路網が悲惨なことになり、一箇所の渋滞を改善するために20本もの道路を敷かなくてはならなくなることもある。そして、その改善のために用意した20本の道路のどこかが渋滞すれば…。他のシム系ゲームよりもマップが広いことから、序盤からチマチマした構想はかえって首を絞めることに繋がる可能性を秘めている。そういう失敗から学ぶのも一つだが、最初からやり直すとなると面倒だ。

ゲーム自体の負荷は軽めで、大きな街となっても負荷が大きくなりすぎることはない。要求されるスペックは高くはない。ただし、ミドルクラス程度はないと街が大きくなるにつれて負荷も大きくなってしまう。CPU負荷はそこそこなのでi5-6500あるいはi5-7500、グラフィックボードはGTX950、GTX1050が最低ラインだろうか。

ただ、住民はマップ上を目的を持って行動するため、ランダムに描写するわけではなく、負荷もそれなりに高くなる。ここはグラフィックボードの性能が問われるが、ミドルエンド以上あれば十分だろう。ゲーム設定で負荷を変更できる上に、対戦ゲームで無いためスペックが多少不足してもそこまで困らない。

シム系の醍醐味は作った街を見下ろしたりすることだ。マップからすぐに渋滞の有無を確認できるくらいであれば良い。Modを使用することで、自分が引いた鉄道をFPS視点で楽しんだり、街を歩いたりすることができる。単なる箸休め的なオマケのようにも思えるが、歩くことで渋滞や交通機関などの問題を発見できるので、単なるオマケではない。

ゲーム自体は自由度の高いシム系だが、楽しみ方は人それぞれだ。このゲーム目的でゲーミングPCを購入するユーザーはいないだろうから、汎用性の高いモデルを推奨する。

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

ゲーミングPCの選び方

セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo

ゲーミングPCの特長を比較

グラボ価格構成BTOショップ
gpueisyakakakukouseishop

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

ゲーミングPCおすすめランキング【2018年冬】(TOPページ)

最新のゲーミングPCランキングを紹介している。年間多くのパソコンのレビューをしている管理人が厳選した自慢のコンテンツの一つと言える。

ゲーミングPCの評判とレビュー | 紹介ゲーミングPC一覧表

製品ごとに、価格・性能・コスパ指標を一覧表にまとめている。購入前に是非参考にすると良いだろう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ