グラフィックボード(GPU)とは | パソコンパーツの基礎

gtx1070ti画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

当ページでは、グラフィックボードについて基本的な内容を解説している。このグラフィックボードにはいくつかの呼び方があり、GPU、グラボ、ビデオカード、グラフィックカード等はいずれも同じものを指していると考えても良い。

グラフィックボードの概要

グラフィックボードって何?

videocard
グラフィックカードとは、ディスプレイモニターに映像を映し出すためのチップ(GPU)が搭載されたボードのことです。

引用元:http://www.frontier-direct.jp/sp/tutor/vga_1.html




定義についてフロンティアのサイトを引用している。グラフィックボードは、名前の通りグラフィックをモニターに映し出す役割を担っている。ゲームのようなDirectXを使用したものをスムーズに描写したり、3D CADなどの3D処理をしたりするのを得意としている。特に、ゲームではこのグラフィックボードがとても重要な役割を果たす。

人間に例えるとすると作業をする人の右脳ということになるだろうか。計算のような論理的なものを扱う左脳ではなく、映像を映し出す(書き出す)ということで右脳がしっくりとくる。少しこじつけ感があるが・・・

具体的な機能と役割

比較的ローエンドのコンピュータの場合、出力像を作り出す能力はマザーボードやCPUに一体化されている。しかしながら、もしコンピュータでゲームをしたり、3Dソフトウェアを使用したりするのであれば、専用のグラフィックボードは映像の質を大きく向上させる。

スロットでコンピュータのマザーボードに接続される。スロットは、アクセラレイティッド・グラフィックス・ポート(AGP)や周辺機器高速接続端子(PCIe)となっている。ハイエンドのビデオカードはたくさんの熱を放出する。そのため、ビデオカードは放熱板を装備していて、それは熱を均等に逃がすために多くの金属片から成り立っているのだ。放射版は、通常GPUの上部右側に位置していて、ファンが追加されていることもある。

グラフィックボードにもメモリがある

グラフィックボードは、マザーボードのように印刷回路板になっていて、それ自身のプロセッサーとメモリーがある。それ自体で一種のコンピュータになっているのだ。これによってマザーボードのCPUやメモリーから画像処理の負担を取り除く。

GPUのプロセッサーは、CPUにとても似ていて、そのデザインは画像処理のために最適なものになっている。GPUのメモリはマザーボード上の通常のランダムアクセスメモリに似ている。


二社寡占の独特な業界

このグラフィックボード業界は、現在二社の寡占となっている。GeForceで人気のNVIDIAとRADEONで評判の良いAMDだ。ここに今後新しい企業が加わる可能性は低い。参入障壁が高い業種なのだ。基本的にはいずれかのモデルでパソコンを決める必要がある。

しかし、当サイトではほとんどRadeon製のゲーミングPCを取り扱っていない。その理由はそもそもラインナップ数がほとんどないためだ。さらに、2016年にリリースされたGeForce10番シリーズの販売で、性能的にNVIDIAが優勢になっている。

ゲーミングPCにおけるグラフィックボードの重要性

3Dタイトルのプレイなら必須のパーツ

このグラフィックボードは、パソコンのパーツの中でも広く認知されていて、性能によってゲームの快適さを左右する重要なパーツとなる。最新のゲームを快適にプレイしたいなら高性能グラフィックボードを搭載しているパソコンを選択すべきだ。

ゲーミングPCというからにはこのグラフィックボードを搭載しているわけだが、中には必要最低限の性能で価格を抑えたいわゆるエントリークラスのモデルも存在する。このクラスのグラフィックボードを搭載したパソコンは果たしてゲーミングPCと言えるのだろうか。

ゲーミングPCという定義は難しい。グラフィックボードを搭載していれば全てゲーミングPCというわけではないが、ショップごとにあるゲーミングモデルと同じケースを使用すれば全てゲーミングPCとなるようだ。つまり、ビジネスモデルの片隅に性能の低いグラフィックボードを搭載したモデルがあっても、ゲーミングモデルのケースを使用すればそれはゲーミングPCとなる。

ショップ側の提案する「ゲーム向け」とは、必ずしも「ゲームに適している」というわけではない。このようなことから、初心者ほどパソコン選びに失敗してしまうのだ。だがこれは販売側の意図的な策略のようにも感じられる。

グラフィックボードで後悔しないために覚えておくべきこと

ゲームを快適にプレイするには性能が低すぎる。こういった明らかに後悔しか残らないパソコンは何があっても選択すべきではない。ゲームをプレイする為に購入するであろうゲーミングパソコンでゲームが出来ないというのはおかしな話だ。

しかし、初心者の方は正しい選び方を知らないことが多いので注意が必要。当サイトを参考にして失敗しない選び方を覚えて欲しい。ゲーミングPCを選択する際、グラフィックボードはまずチェックすべき項目だ。描写を担う部分であるため、3Dのゲームであればほぼ必須となる。

ゲームの演算を行うのはCPUだが、グラフィック処理はグラフィックボードが行うため綺麗なグラフィックのゲームであれば相応の性能が必要となる。

用途に合わせて選択しよう!

コストを下げたいユーザーにはローエンド、ロークラスがおすすめだ。GTX1050Tiなどが該当する。最高設定を行うには難しいゲームもあるが、標準設定であればほぼ全てのゲームにフルHD環境でなら対応することができる。値段は安いがその分だけ性能も低く、ミドルクラス以上と比べるとコストパフォーマンスが低かったりもする。

人気が高いのは価格も抑えめで汎用性の高いはミドルエンド~ハイエンドクラスだ。GTX1060 3GB以上が選択肢になる。フルHD環境に限り、最高設定でも快適にプレイすることができるため、ゲームの世界観や景観を楽しむことができる。特にMMORPGをプレイするユーザーに人気が高い。

一部のヘビーゲーマーに人気なのは4K解像度でのプレイを前提としたウルトラハイエンドクラスだ。GTX1080以上ということになる。非常に性能が高く、フルHD環境は当たり前として4K解像度で真価を発揮する。ウルトラハイエンドにも性能差が存在しているため、ウルトラハイエンドだからといって4K解像度の最高設定を快適にプレイできるというわけではない。詳しくはグラフィックボードの性能比較を見てもらいたい。

以上がグラフィックボードの重要性についてだ。ゲームをプレイする上で欠かせないパーツであるため、非搭載モデルでゲームを行うのは非常に難しいので注意したい。

グラフィックボードとCPUのバランス

CPU・GPU組み合わせ例
画質のクオリティを求めると、グラフィックボードに負荷がかかるので綺麗に表示するには強力なGPUが必要になる。GPUパワーは様々な種類があり、必要な用途より少し強いくらいのグラフィックボードを購入すると良いだろう。グラフィックボードの性能はとても重要だということは分かっていただけたと思う。

しかし、高性能なグラフィックボードだけでCPUの性能が高くない場合十分にゲーミングPCの性能を引き出すことはできない。グラフィックボードの性能に合ったCPUを選択するべきだろう。グラボとCPUのバランスに関しては下記記事にて詳細に解説している。


あなたのPC搭載のグラフィックボードを調べて見よう!

早速どんなグラフィックボードが使われているのか調べてみるとよい。

  1. 画面左下の検索窓に【dxdiag】と入力をしてエンターキーをクリック
  2. dxdiag

  3. 上部タブの【ディスプレイ】をクリックして【チップの種類】しよう
  4. gurabokakunin

チップの種類が搭載グラフィックボードとなる。こんなに簡単に確認できるのだ。特に購入後すぐは確認しておこう。

関連記事


あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

ゲーミングPCの選び方

初心者の方はセール情報や今プレイしているタイトルを基準にゲーミングPCを選ぶとわかりやすい。ぜひ参考にして欲しい。
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo

ゲーミングPCの特長を比較

中級者以上の方はゲーミングPCのスペックやショップの比較で目当てのパソコンの絞り込むを行うと良いだろう。グラフィックボードや価格比較は非常に人気のあるコンテンツだ。
グラボ価格構成BTOショップ
gpueisyakakakukouseishop


その他あなたにおすすめの記事はこちら!

サブコンテンツ

このページの先頭へ