ゲーミングPCの短所と欠点について | 強いて短所を挙げると価格がビジネスモデルに比べて高いこと!?

tansyoゲーミングPCの短所と欠点について解説している。

結論から書くとゲーミングPCに基本的に短所は存在していないと考えている。ただし、人によっては短所と感じる箇所もある。

考えられる欠点としては、通常のパソコンと比べると価格が高めなことだろう。また、価格と性能の関係がわかりにくいということにある。

ゲーミングPCには10万円を切る安いモデルもあれば、50万円以上する高いモデルもある。最も身近な性能なものであれば価格帯としては10万円~18万円くらいだろうか。10万円の買い物は決して安くはないが、ゲーミングPC全体から見ると安い部類だ。

現在であればGTX1080搭載モデルに関して性能を考えると「安い」とされているが、価格単体で見ると20万円近いので「高い」と言えるだろう。特にゲームをプレイしないユーザーからすると信じられない価格かもしれない。このようにどちらを重く見るかで価格に対する意識は変わってしまう。

価格単体で見れば、10万円のゲーミングPCを高いと思うこともある。性能と比較して見れば18万円のゲーミングPCを安いと思うこともある。

同じ性能と比較して見れば10万円のゲーミングPCを18万円のゲーミングPCよりも高いと思うこともある。この価値は、自分の予算と求めている性能で大きく変わるように思う。

コンシューマ機との比較で見る欠点

ゲームをプレイする媒体として考えるのであれば、コンシューマ機はわかりやすい。例えばPS4であれば、容量は別としても性能は統一されている。価格は4万円ほどだが、これを高いか安いかで考えると難しい。何故なら、比較対象が無いからだ。

そこで無理矢理比較すると、他のコンシューマ機となる。PS3と比べて、Wiiと比べて、Vitaと比べて…。身近なもので「ゲームをプレイする媒体」という共通点を持っていることで比較を行うのだ。コンシューマ機は1万円~5万円ほどだろうか。

全体で見ればPS4は「高い」と言える。 ただ、将来性やゲームの種類を考えると「候補」になるだろう。安いとは言い難いが、選択肢としてはゲームの種類が豊富というのは魅力的となる。

ここに価格を持ってきてもプレイしたいゲームができないコンシューマ機は選択肢から除外される。このため、ゲーミングPCとは比べ方が違ってくる。一般的なパソコンと比べるのは、PS4と他のコンシューマ機を比べるようなものであり、全くの別物だ。

電気代が高くなることは欠点なのか?

電気代が高くなるという意見もあるかもしれないが、これは短所や欠点とは違うと考えている。何故なら、例えゲーミングPCでなくともゲームをプレイすればブラウジングや簡単な作業よりはパソコンを稼働させる時間は長くなる。

もちろん消費電力で言えば一般的なパソコンよりもグラフィックボードを始め、性能の高いパーツを使用するゲーミングPCのほうが高いだろう。それでも大きな差として出るほどではない。

まとめ

用途が違う以上、ゲーミングPCの短所や欠点を挙げるのはナンセンスである。ゲーミングPCとゲーミングPCを比べての短所や欠点であれば列挙するのは簡単だが、一般的なパソコンとの比較は難しい。

仮に、一般的なパソコンとゲーミングPCでゲームをするのであればゲーミングPCは全ての面で優れているだろう。逆に一般的なパソコンとゲーミングPCでブラウジングをするのであればほとんどの場合、ゲーミングPCは価格に大きなデメリットを抱えているだろう。

まとめるとやはりゲーミングPCには短所や欠点は無く、人によって短所や欠点は存在しているということになるだろう。

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ