tera

当記事では、TERA推奨ゲーミングパソコン&必要スペックを紹介している。TERAは韓国のゲーム開発会社であるBluehole Studioが、多額の資金を投入して開発・リリースを行ったタイトルになっている。世界中でリリースされていて高い人気がある。「TERA推奨PC」については最後にまとめている。

TERAの必要環境及び推奨環境まとめ

必要環境(公式)

OSWindows VISTA、7、8、8.1
CPUIntel Pentium 4 3.20GHz以上
メモリ2GB
GPUGeForce 7600GT以上 又は 
Radeon X1600XT以上
HDD空き容量60GB

推奨環境(公式)

OSWindows VISTA、7、8、8.1
CPUIntel Core2 Duo E6750 2.66GHz以上
メモリ4GB
GPUGeForce 8800GT以上 又は 
Radeon HD 3870以上
HDD空き容量60GB

徹底解剖推奨スペック

  • OS:Windows 10 64bit
  • CPU:Intel Core i7-9700/8700
  • グラボ:GeForce GTX1650以上
  • メモリ:8GB以上
実際にプレイしたところ、CPUとグラフィックボードの性能はどれだけ高くなろうと一定の水準以上にはならないのがTERAだ。ゲームの最適化のせいか現行のハイエンドで前世代のミドルクラスがほぼ同じ負荷となる。違いがあるとすれば最高設定でも最低設定でも同じ程度のフレームレートになるのが高性能の魅力。

ただし、最高設定で安定するには現行のハイクラス程度の性能が必要であり、それ以上はTERAにとってオーバースペックである。フレームレートは不安定になりがちでカクつく場面も多いのがTERAが重いと言われる所以だ。ゲーム全体でみてもやや扱いづらいと言えるかもしれない。

TERA向けのおすすめゲーミングPC

GALLERIA XF(ドスパラ)

価格:169,980円
CPU:Core i7-9700 Core i7-9700F
GPU:GeForce RTX 2070 Super
メモリ:DDR4-2666 8GB 16GB
SSD:500GB 512GB NVMe対応
HDD:2TB
電源:650W BRONZE
公式詳細

非常に高い性能で最高設定でのゲームプレイに適している。TERAは5年以上前のゲームにしてはグラフィックも綺麗で、TERA独自の世界を上手く表現しており、設定を上げることで楽しみ方も増えてくる。それ以外にもボスのモーションがハッキリ見えるようになったりするため、性能が高いことでゲームを有利に進められるようにもなる。高すぎる性能は無駄になるのでGALLERIA XFが上限だろう。これ以上はフルHD環境では確実にオーバースペックとなる。4K解像度でのゲームプレイを想定しているのであれば更に上を目指しても良いだろう。


NEXTGEAR-MICRO TD-G(G-Tune)

im610価格:129,800円
CPU:Core i7-9700
GPU:GeForce GTX 1660 Ti
メモリ:DDR4-2666 16GB
SSD:NVMe対応256GB
HDD:2TB
電源:500W BRONZE
公式GALLERIA XT詳細

選びやすい価格と性能で人気の当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデルNEXTGEAR MICRO TD-G。推奨環境を満たしており、このくらいの性能以上はオーバースペックとなるので性能上限ギリギリを攻めたコストパフォーマンスの高いモデル。メモリ容量16GBが頼もしく、TERA以外でも推奨環境を満たしていないゲームはなく、ゲーミングPCの王道のようなモデルである。


G-Tune TD-B(G-Tune)

im610価格:84,800円
CPU:Ryzen 5 3600
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4-2666 8GB
SSD:NVMe対応256GB
HDD:1TB
電源:500W BRONZE
公式GALLERIA XT詳細

TERAを最低限プレイできるゲーミングPC。性能はお世辞にも高くなく、強くおすすめできるわけでもない。それでも必要十分な性能を持っており、価格が安く選びやすいのが特徴。ストレージもNVMe対応SSD 256GB搭載でローディングの短縮に繋がるため、起動やIDのストレスが少し軽減する。設定は最低設定~標準設定を基準にし、環境に合わせて自分で調整したいところだ。低価格で選べる最高峰のゲーミングPCである。


TERA推奨パソコン選びのポイント

CPU性能について妥協しない

TERAをプレイする上でCPUは非常に重要で、CPUの性能が低いとグラフィックボードの性能が高くてもカクつきの原因となる。そしてCPUとグラフィックボードのバランスを考える必要があり、どちらかが低いと上手く性能を発揮することができない。

TERAはインスタンスダンジョン(ID)のボスを繰り返し攻略することになり、難易度が上がれば即死攻撃が当たり前となってくる。ボスが即死攻撃を行う前にモーションが入り、そのモーションを見てタイミングを合わせて回避するのが通例だ。

しかし、ゲームの設定を下げているとこのモーションが正しく表示されず、いきなり即死攻撃を放ってくることがある。高難易度のIDを攻略するユーザーにとってこれは致命的だ。標準設定とまでは言わずとも一部の設定を上げられるくらいの性能を持たなくては厳しいだろう。

では、その性能とはどのくらいか。理想で言えばCPUがi7-9700以上、グラフィックボードはGTX 1660以上としたい。このくらいあればフルHD環境なら余裕だろうと判断した。多少の前後や設定次第ではもう少し下げても快適と言える範疇だ。TERAは最適化が不十分であり、サーバーもそこまで強く無いのかRTX 2080 Tiとi9-9900KSでも街中は時々50fpsを切ることがある。この性能で安定しないのであればゲーム側の問題なのでユーザー側ができることは少ない。

ずっと50前後のfpsで安定していてくれればまだ我慢できる。TERAはfpsが一桁まで下がったり急激に80超えしたりと不安定な挙動をする。一定のフレームレートまで下がると強制的に設定を変更し負荷を下げ、フレームレートが一定まで戻ると設定を元に戻すというシステムが原因である。

これにより、負荷が高くてカクついたから設定を下げたのに、フレームレートが戻ったらまた負荷が高くなる設定に戻すという無限ループのようなことを繰り返し常時カクついたような挙動を見せる。よって、性能を疑う前にゲームを疑ってみるのも重要だ。意外と買い替えて性能アップしたのに何も変わらないということがある。

プレイヤースキルが必要だが性能が低いと対応しにくい

TERAはノンターゲティングシステムを採用したMMORPGで、装備の力よりもプレイヤースキルが求められる。しかし、ボスの動きを覚えるまでは死んで覚えるしかない。さらに高難易度ダンジョンになると即死攻撃が当たり前になり、覚えゲーの即死ゲーと化す。そこがまた緊張感があって楽しめるポイントとも言える。

実装されたてのIDは何度も繰り返し突撃することで進行を覚え、より効率的な攻略方法を考えたりと頭も使うゲームだ。ただし、TERAの不安定さは街とIDが特にひどく、定期的に再起動やリログを行わなければカクつきが強くなり、まともなゲームプレイが難しくなる。性能に自信があってもIDに入ってからリログしたり再起動したりしなくてはならないこともあり、長時間のプレイではほぼ必須となっている。

性能が高ければこの症状が起きにくく、起こるまでの時間が伸びるため性能は高いに越したことはない。不可避の負荷と言われるTERAの理不尽な負荷はユーザー側ではなくゲーム側にある。何故このタイミングで…と思うようなところでクライアントが落ちる。ピーク時は性能が高くても最高設定で街中をウロウロしていると20分に1回は落ちる。

これらは性能である程度回避できるものの、完全な回避はできないようだ。かと言って設定を下げれば即死攻撃のタイミング見えなくなったり、避けたはずが突然死んだり、自分にだけラグがあったりもする。
これらの不可避の負荷は仕方ないにしても性能不足による負荷は風当たりが強いのも否めない。ノンタゲでプレイヤースキルが問われるゲーム性であるため、場合によっては責任を追求されたりもする。

性能はTERAを快適に、そして楽しくプレイするために必須と言えるだろう。今性能不足で買い替えを検討しているのであれば、現行のミドルクラス以上をおすすめしたい。パソコンの性能が高いことがプレイヤースキルを支える重要な要素なのである。

BTOメーカーのTERA推奨モデルについて

ドスパラはラインナップが更新されておらず、第八世代CPUが未だにラインナップとなっている。現時点ではアバター的にもG-tuneのほうが希少価値がある。CPUがi7-9700以上理想である。それでもG-tuneのTERA推奨モデルはラインナップが更新されている分だけマシだろう。

性能もバランスが良いので遊びやすく、価格も比較的抑えられたモデルであるため選択しやすいのもポイントだ。ただし、特典を求めていないのであれば当サイトがおすすめするモデルを選択するほうが良い。特典は付かないが、同じ価格帯でより優れた性能を持つゲーミングPCである。

特にNEXTGEAR-MICRO TD-Gは当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデルであり、通常ラインナップよりもお得な構成となっている。値段を気にして中途半端な性能の製品を選んでしまうと、快適とは言えない環境を構築してしまうこともある。CPUは最低でもi7-9700を選択してもらいたい。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る

TERA動画(公式)

関連外部サイト