Cyberpunk2077top

当ページでは、サイバーパンク2077の概要及び必要スペックと推奨ゲームパソコンを解説している。2020年12月10日に登場した最新のゲームだ。レイトレーシングなどでRTX 30シリーズの威力を発揮できるタイトルとなる。おすすめのモデルは「サイバーパンク2077におすすめのゲーミングPC」で紹介している。

サイバーパンク2077のゲーム環境まとめ

動作環境

 最小動作環境推奨動作環境
OS Windows 7/10 (64-bit)Windows 10 (64-bit)
CPUCore i5-3570KCore i7-4790以上
メモリ8GB12GB
GPUGTX 780以上GTX 1660 SUPER以上
HDD70GB70GB

4K推奨環境

 4K推奨4K+RT推奨
OSWindows 10 (64-bit)Windows 10 (64-bit)
CPUCore i7-4790以上Core i7-6700以上
メモリ16GB16GB
GPURTX 2080 SUPER / RTX 3070以上RTX 3080以上
HDD70GB70GB

徹底解剖検証推奨スペック

  • CPU:Core i7-11700
  • GPU:GeForce RTX 3060
  • メモリ:16GB
サイバーパンク2077は、これまでその性能の高さから必要性を感じさせなかったRTX 30シリーズの存在意義を見出したタイトルだ。公式にRTX 3080を要求する圧倒的な負荷は、現時点でトップクラスだと考えて間違いない。

その一方で、CPUの要求スペックはそこまで高くないことから、プレイスタイルに合わせたスペックを選択できる形となっている。当サイトでは公式のWQHD推奨環境に照準を合わせつつ、フルHDで快適にプレイできる性能を推奨環境に設定している。

Core i7-11700の性能があれば、ゲーム以外への対応もしやすい。動画の撮影や配信などがそうだ。RTX 3060はあくまで基準として設定しているものだ。搭載モデルの数が少ないので、この環境を基準に多少前後する。メモリは16GBを最低に据えたい。サイバーパンク2077のスペック選びはかなり難しいことになりそうだ。

サイバーパンク2077におすすめのゲーミングPC

GALLERIA RM5C-G60(ドスパラ)

GALLERIA RM5C-G60S価格:109,980円(税込)
CPU:Core i5-10400
GPU:GeForce GTX 1660
メモリ:DDR4-2666 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:550W BRONZE

公式サイトFRXN710/WS3詳細

サイバーパンク2077の最小環境を満たせる最安値のゲーミングPCだ。GALLERIA RM5C-G60は低価格帯最強のゲーミングで、多くのゲームに対応できる。性能の上では推奨環境を満たしているので60fpsを安定させることはできる。ただ、144Hz以上の高リフレッシュレートを目指すのは難しい。最低設定でも100に届くかどうかだ。とりあえずプレイすることができるモデルを探しているなら最低限必要な性能を持つモデルとしておすすめだ。

GALLERIA XA7C-R37T 第10世代(ドスパラ)

GALLERIA XA7R-R37T価格:229,980円(税込)
CPU:Core i7-10700
GPU:GeForce RTX 3070 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:700W 80PLUS GOLD

公式サイトFRXN710/WS3詳細ingpcs.jp/wp-content/uploads/2021/02/btn-detail-page.png” alt=”FRXN710/WS3詳細” width=”220″ height=”50″ class=”alignleft size-full wp-image-69292″ />

WQHD+リアルタイムレイトレーシングの環境を満たせる性能を持つゲーミングPCだ。リアルタイムレイトレーシングを適用しなければ4K+高設定に対応できるが、WQHD+144Hzを超える高リフレッシュレートへの対応は難しい。フルHDであればリアルタイムレイトレーシング+144Hzも可能だ。優れた性能であるため、対応できるプレイスタイルの幅は非常に広い。予算に余裕があるなら、まずはGALLERIA XA7C-R37Tをメインに考えてもよさそうだ。

LEVEL-R059-LC119K-VAX(パソコン工房)

LEVEL-R049-LCiX7K-VWXH-JUPITER価格:318,978円(税込)
CPU:Core i9-11900K
GPU:GeForce RTX 3080
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB
HDD:非搭載
電源:800W TITANIUM

公式サイトFRXN710/WS3詳細

サイバーパンク2077を余すこと無く遊び尽くしたいならRTX 3080を搭載したLEVEL-R059-LC119K-VAXがおすすめだ。リアルタイムレイトレーシング+4K+最高設定でも安定しやすい性能が特徴だ。現行最強の性能を有していることから、高解像度を前提としているなら目指したいモデルだ。最上位の環境は、どんなプレイスタイルでも環境を構築しやすい。これから登場してくるゲームにも対応できるので、コアなゲーマーにとっては理想的なモデルと言える。

サイバーパンク2077推奨モデルを詳しく見る

Cyberpunk2077spec
公式の推奨環境を数値化し、推奨モデルを入れたグラフだ。要求されるGPU性能に対して、CPU性能は控えめなのでCore i5-10400搭載のMagnate MTでも推奨環境をクリアできている。ある程度予算を抑えたモデルでも対応できるということになる。ただし、あくまでも推奨環境であり、快適にプレイできるかは別だ。

高リフレッシュレートを実現するために相応のCPU性能が必要だ。想定する環境よりひとつ上を見て性能を決める方が快適になるだろう。オンラインゲームはDLCやアップデートでスペックが向上する可能性がある。サイバーパンク2077も例外ではない。

パッケージ製品なので要求スペックが大幅に引き上げられることはないが、対応するためにも少し余裕は見ておくべきだ。特に、現在バグが多発しており、その修正のアップデートが繰り返されている。修正のために負荷が増大することは割とよくあることだ。GPUは現行のモデルで考えた方が安心かもしれない。

サイバーパンク2077推奨パソコン選びのポイント

次世代のゲームを感じさせるグラフィックのクオリティ

サイバーパンク2077はリアルタイムレイトレーシングなどの最新の機能に対応した次世代のゲームだ。要求スペックの幅は非常に広く、前世代のロークラスから現行のハイエンドまでが要求されている。性能が大きく伸びたRTX 30シリーズを活かすにはちょうどよいタイトルである。ウィッチャーシリーズのスタッフが制作しているが、サイバーパンク2077の世界はボーダーランズシリーズに近いものがある。

グラフィックの質、街の構造やNPCのスタンスがよく似ている。ボーダーランズシリーズが好きであれば特に違和感なく入り込めると思う。ただ、既存のタイトルに似た部分はあっても、グラフィックのクオリティは抜群によい。アニメーション風に見えて、細部まで作り込まれている。このこだわりが負荷に表れているのだろう。

RTX 30シリーズが登場したとき、このスペックを要求するタイトルはないのだから扱いにくいと思っていた。しかし、サイバーパンク2077を見ると、性能の向上がゲームの質も向上させるのだと実感した。性能が上がればゲームに費やせるリソースも増えるようだ。グラフィックもそうだが、武器やUIもボーダーランズに近いものを感じる。この辺りはかなりユーザーを選んでしまいそうなのが気になる。

サイバーパンク2077は、リアルタイムレイトレーシングの効果を体感するには十分なものだ。これからのゲームにリアルタイムレイトレーシングが標準で対応していくことも考えられる。グラフィックレベルはまた一歩前進したように思う。ただ、ゲーム性の向上には繋がっていなさそうだ。サイバーパンク2077を語る上で避けられないのが膨大なバグだ。

現在は修正されつつあるが、致命的なバグも幾つか残っている。リアルタイムレイトレーシングの影響がないとは言い切れない。幅広いスペックに対応することが影響してそうだ。グラフィックのクオリティは高くても、ゲームの完成度は今ひとつだ。この課題は徐々に解決に向かうはずだ。その時、サイバーパンク2077は再度評価されるタイトルになるだろう。

プレイ環境で要求スペックが大きく変わる

サイバーパンク2077はプレイする環境によって要求スペックが大きく変わる。そのため、快適にプレイするための環境を準備するのが最も難しいタイトルでもある。グラフィックの高さはサイバーパンクの世界を楽しむ上で重要な要素だ。しかし、最高設定を想定すると現行のハイクラスレベルの性能が求められる。まず、スペック選びは解像度の選択から始まる。

フルHD・WQHD・4Kのうちどの解像度を想定するかだ。フルHDならロークラス~ミドルエンド、WQHDならミドルエンド~ハイクラス、4Kならハイクラス~ハイエンドが必要となる。これだけ要求スペックの幅が広いのはリアルタイムレイトレーシングに対応しているからだ。この時点でGPUの選択肢はNVIDIAに傾く。Radeon RX6000シリーズはリアルタイムレイトレーシングにほぼ対応できない。そのため、推奨環境を始め、当記事ではNVIDIAのGPUのみの取り扱いだ。

公式の推奨環境は60fpsを基準にしている。快適の基準が144fpsや240fpsであるならかなりの余裕を見ておく必要がある。推奨スペックに対して、高リフレッシュレートを想定するなら一つ上の環境を見ておく方がいいかもしれない。ただでさえ要求されるスペックの幅が広いのに、こういった具合に環境次第で多少の振り幅がある。これがスペック選びをややこしくしている。GPUを中心に考えると少しわかりやすい。

サイバーパンク2077はGPU負荷が高く、CPU負荷は比較的低い。フルHDならRTX 3060 or RTX 3060 Tiを選ぶといい。リアルタイムレイトレーシングを有効にする場合はRTX 2070 SUPERかRTX 3060 Tiをおすすめする。WQHDならRTX 3060 Ti or RTX 3070がよい。4KはRTX 3070、リアルタイムレイトレーシングを有効にするならRTX 3080以上が適している。

GPUを基準に、CPUはフルHDならCore i5-11400、それ以上ならCore i7-11700以上を推奨する。第10世代のCore i5-10400やCore i7-10700でも問題ない。この組み合わせで考えるとパターンはそう多くない。想定した環境に合わせてスペックを決めれば選びやすい。

サイバーパンク2077のような負荷の高いゲームは環境によって適切なスペックが変わる。初心者ユーザーにとってはかなりハードルの高い推奨環境と言える。GPUを基準に選べば性能不足に陥りにくい。購入したのにゲームがプレイできないという最悪は回避できる。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!