ARK: Survival Evolved推奨ゲームパソコン紹介と必要スペック解説 | ゲーム推奨サバイバルカテゴリー

ARK: Survival Evolved

当ページでは、ARK: Survival Evolved推奨ゲーミングPCを紹介している。サバイバルカテゴリー期待のタイトルで気になっている方も多いだろう。比較的新しいタイトルということもあり要求スペックは高い。ゲームを最大限に楽しむために余裕をもたせたい。

Arkの必要・推奨環境まとめ

ARK: Survival Evolved必要環境

快適にプレイしようとすると非常に高いスペックが要求されるタイトルなのは間違いない。

OS64bit Windows7以上
CPUDual-Core 2GHz以上
メモリ4GB以上
グラフィックボードDirectX10対応
GPUメモリ1GB以上のモデル
HDD空き容量40GB以上

ARK: Survival Evolved推奨環境

当サイトによる独断の推奨環境だ。ゲーミングPC選びの際に参考にして欲しい。

CPU:i7-7700、i7-8700以上

マルチプレイもあるので、i7-7700Kやi7-8700Kやを推したいが・・・それは現時点の話であり正式版となると流石に最適化は成されるはず。余裕を持つならウルトラハイエンド構成となるが・・・。ゲームをとりあえず楽しめれば良いというのであればi5-8400が最低ラインだろう。

メモリ:16GB以上

8GBではカクつく場面もある可能性が高い。試したところ8GBでもそこまで大きく変わることはなかったが、言われてみると遅延が目立ったような気もする。特にテイムした恐竜を乗り回すと差が感じられるので、序盤は大差無いが中盤から影響を感じるようになるかもしれない。

グラボ:GTX1060以上

正直言うとGTX1070以上を推奨したい。ただ、現行モデルではGTX1060のほうが安く性能も高い。ただ、最高設定となるとGTX1070でも厳しい場面はあるだろう。GTX1060はHigh設定でも厳しいこともあるので、Medium程度を推奨。本気で遊びたいのであればGTX1080をおすすめしたいが、今後のアップデートで確実に負荷は低くなるため、少しすると余裕のオーバースペックとなる。

HDD空き容量:100GB

公式に必要とされる容量は40GBとなっている。しかし、現在の容量は約60GBとなっている。数ヶ月前は26.5GBだったことを考えると、今後は100GBまではいかないだろうが見ておきたい。

ARK: Survival Evolved向けおすすめのゲーミングPC

非常に難しい推奨ゲーミングPC選考となる。ある程度の性能を求められるからだ。GTX1060でも快適な動作は設定を下げることで可能なようだが、現時点でプレイするには性能が不足しているように感じる。

  • NEXTGEAR-MICRO im611SA1-TD(G-Tune)
  • im610価格:139,980円
    CPU:Core i7-8700K
    GPU:GeForce GTX1060 3GB
    メモリ:8GB DDR4
    SSD:240GB
    HDD:3TB
    電源:500W 80PLUS BRONZE

    公式詳細

    当サイトとG-Tuneのコラボモデルとなっている。設定を下げれば快適にプレイすることが可能だ!出来る限り予算を抑えたいという方はチェックして欲しい。最低でもこのラインの性能を推奨する。アップデートの影響で最適化も進んでいることもあり、設定を下げれば対応することはできる。第八世代CPUを搭載していることで非常に頼もしい。ARKを快適にプレイする上で最低限必要な性能を持っている。

    これ以下でも動作するモデルはあるが、価格を考慮するとこれより安くて良い製品は存在しないだろう。ゲームが最適化されれば、この性能がピッタリとなるかもしれないが、それまでは標準設定前後で調整しなければならない。サーバーが不安定な場合もあり、遅延やヒットボックスのズレは性能が原因でないこともあるので注意。

    ————————————————————————————————————————

  • GALLERIA ZV(ドスパラ)
  • galleriaxf価格:179,800円
    CPU:Core i7-8700K
    GPU:GeForce GTX1070Ti
    メモリ:DDR4 8GB
    SSD:500GB
    HDD:1TB
    電源:500W 80PLUS SILVER

    公式詳細

    最高設定で快適にプレイしたいユーザー向けのウルトラハイエンドモデルだ!最高設定でも概ね快適にプレイすることができる。それでもこれより低いパフォーマンスのモデルよりは安定する。

    Arkは要求されるスペックが最も高いゲームの一つとなっている。GTX1070Ti搭載モデルは不安定な今輝く。ただ、時間が経てばオーバースペックになるため、4K環境が整って居なければ先々宝の持ち腐れになるだろう。大は小を兼ねるというが、存在しているものが小ばかりでは大である必要はない。

    GTX1070Tiという高すぎる性能をよく理解して選択してもらいたい。簡単に言えば、現状最強の性能を持っているゲーミングPCであるため、予算が合うなら選択しても失敗することはない。

    ————————————————————————————————————————

ARK: Survival Evolved推奨スペック考察

人気のサンドバックス型サバイバルゲーム

最近増えてきたサンドボックス型サバイバル系のゲームで、世界観はSF要素が強い原始シミュレーターのようなものだ。敵はもっぱら恐竜などの生物で、弱肉強食の世界となっている。

生きるために狩りをしなくてはならないので、手に入る素材を加工して武器を作り恐竜などを狩る。MineCraftやDAYZに近いものがあるが、グラフィックが非常に美しくそしてよりシビアな世界だ。

プレイしてみた感じでは常に油断できず、クラフトしようとインベントリを開いたら大蛇に襲われ死亡した。また、素手で木などを殴るとダメージが発生するなど、ゲームとしては本当にシビアなほどリアル志向。いきなりマップ上に放り出されるのでwikiなどを読んでおくと助けになるだろう。スタートするとパンツ一丁で海岸沿いに放り出される。

運が悪ければ生まれてすぐに、この島の過酷さを味わうことになるだろう。この広大なフィールドはオープンワールドのようで、360度陸地にキャンプを作るよりは海を背後にしたりするのが主流だ。

襲われる確率が低くなるというメリットはあるが、海にも巨大な生物が存在しているので油断は禁物だ。夜は冷えるので家に入るか、焚き火が必要となる。序盤は何よりも食料の確保がその日暮らしのレベルで、常に困窮していくことになる。

武器が貧弱なこともあり、1対多数であればかなり厳しい。操作に慣れればある程度対応できるが、動きの速い恐竜などには対処が難しい。その要因として、要求されるスペックが高いということが挙げられる。

求められる性能は高い!ある程度の覚悟が必要

さて、このゲームは非常に動作が重いことでも有名だ。設定を変更すればそこそこ動作するということなのだが、設定画面を開いただけで軽く嫌気が差すほどに細かい。i7-4790K、GTX980、16GBの構成でプレイしたところ「High」にしてみると60fpsなんてとても届かない。せいぜい30出れば良いほうだった。

この状態ではどうしても、挙動にカクつきと遅延が発生してしまい、ヒットボックスのズレも生じてまともな戦闘が難しい。動きの遅い亀が、急に高速移動を始めたりもする始末だ。ただ、アップデートはかなり頻繁に、それこそ1日数回レベルで行われており、これらの問題は解決したり再現されたりする。

ゲーム内設定を下げることで、ミドルエンドクラスでも十分プレイ自体は可能だが、グラフィックが綺麗なゲームであるため醍醐味は失われてしまう。草むらに隠れて見えなくなる敵、何となく登った丘から見る景色。グラフィックが綺麗であるからこそ、サバイバル感が出てくる。ただ、視認性が悪くなる部分もあるため難易度は上がるかもしれない。

もっとも、設定を下げると敵を視認する距離が変更されてしまうので、敵が居ないと思って走っていると目の前に突然現れるようなこともある。そういう意味ではどっちにしろ難易度は高くなるのだが…。

移動速度が上がればかかる負荷は非常に高くなる。プテラノドンなどに乗り、空を飛び回ることができるのもこのゲームの魅力だ。ただ、テイム(捕獲)に現実時間で最長15時間かかってしまうこともある。これはサーバー設定で短縮されていることもあるが、カスタムサーバーで無ければ期待しないほうがよく、便利な恐竜ほど非常に長い時間と大量のエサが必要になる。

そういう性質から、ソロ向きのゲームではなく、数人でキャンプを築き、建造物を建てたり、狩猟や採集に出かけたり、リアルなマインクラフトという印象も受ける。いや、どちらかというと冒険に特化しているため、Terraria寄りだろうか。

最低限遊びたいか!?がっつり遊びたいか!?

最低限遊べれば良いというユーザー向きの構成と、ARKを存分に楽しみたいというユーザー向きの構成は大きく異なる。それこそ、10シリーズ登場前は最高設定でプレイするにはTITAN Xが必要とまで言われていたゲームだ。当時から比べると要求されるスペックはかなり落ち着いてきたように思うが、現在はまだまだトップクラスの負荷。

無限の楽しみがあるものの、必要な性能は異常に高いことから敬遠されてしまっている。特に、ゲームは楽しいがまともに遊べないというユーザーは多い。アップデートを待って、最適化がしっかりされるのを待つのもありだ。

だがしかし、この手のゲームはやればやるほど楽しくなってしまうもので、楽しさを知ってしまっては待つという選択肢は無いかもしれない。ハッキリと必要な性能を断言してしまうのは難しい。それほどゲーム内設定に左右されてしまうゲームだからだ。ミドル以下は生物やオブジェクトの表示距離が短くなり、大きいモンスターも近づかないと表示されないのでサバイバルゲームとしては致命的。

最高設定の推奨はGTX TITAN Xとされており、ウルトラハイエンドがオーバースペックではなく最高設定で快適にプレイするための推奨環境なのだ。とはいっても、まだゲーム自体が最適化されていないだけで、今後軽量化されていくと予想されるので流石にそこまでの性能は必要としないはず。ミドル設定でもカスタマイズして表示距離の変更などすれば対応できるので、個人的な要求スペックは最新のゲームほどだろうと考えている。

ただし、最高設定となるとSLIを含むウルトラハイエンドが必要となるため悩ましい・・・。

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

ゲーミングPCの選び方

セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo

ゲーミングPCの特長を比較

グラボ価格構成BTOショップ
gpueisyakakakukouseishop

当ページ訪問者に人気のある記事一覧

ARK: Survival Evolved動画


関連外部サイト

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ