Warframe

当記事では、Warframe(ウォーフレイム)推奨スペック&おすすめゲーミングPCの紹介をしている。負荷は極端に高いわけではなくミドルクラスを基準に考えると選びやすい。ページの下部で「Waframe推奨おすすめゲーミングPC」をまとめているので、ぜひ参考にして欲しい。

Warframe(ウォーフレーム)の動作&推奨スペック

最低動作環境

OSWindows 7 64bit
CPUCore2Duo E6400以上
メモリ4GB
グラフィックボードDirect X 10以上対応グラフィックボード
HDD空き容量35GB
DirectX10

GamingPCs検証推奨スペック

CPU:Cpre i5-11400以上

CPU負荷は控えめなのでとりあえずはi5もあれば十分。負荷を感じるようなら設定を下げるなどで対応できる余力を持っているCore i5-11400であればゲームプレイは問題ない。高設定でのゲームプレイを想定しているならCore i5-11600K以上のCPUを選択しよう。

メモリ:8GB以上

最低限プレイするなら4GBあれば可能ではある。ただし、現状ゲーミングPCとして4GBを選択するメリットはないので8GB以上を目安にしておいたほうが他のゲームをプレイする際に対応しやすくおすすめだ。

グラボ:GeForce GTX 1660以上

爽快なアクション性が魅力のゲームとなっている。そういう意味では比較的負荷は軽く現行のミドルクラスもあれば十分だ。何をするにも性能が足りないということが無くなるラインの性能なので、今後のアップデートにも対応可能だ。また、同時に他のゲームへの対応力を考えての選択でもある。

HDD空き容量:35GB

少し古めのゲームということもあって度重なるアップデートにより必要な容量が大きく増えている。SSD一つならOSと合わせても120GBあれば十分だろう。現在のゲームの中では控えめで容量をあまり気にして無くて良い部類だろう。

Warframe向けおすすめのゲーミングPC

Magnate MT(ドスパラ)

Magnate XJ価格:102,278円(税込)
CPU:Core i5-10400
GPU:GeForce GTX 1660 SUPER
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB
HDD:非搭載
電源:500W BRONZE

公式サイトFRXN710/WS3詳細

GTX 1660 SUPER×i5-10400搭載のモデルとなっている。価格が税込10万円弱とかなり抑えられていながら、ほぼ全てのゲームに対して要求スペックをクリアしている。ただし、最低設定も辞さないプレイが必要となるため、プレイできる設定を選ぶ幅は狭い。価格を抑えることを第一としたエントリーモデルを探しているならピッタリだろう。メモリ16GB、SSD 500GBと構成も充実している。

GALLERIA XA7C-R36(ドスパラ)

GALLERIA XA7C-R70S (2)価格:169,980円(税込)
CPU:Core i7-10700
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:650W BRONZE

公式サイトFRXN710/WS3詳細

Warframeの要求スペックを全てクリアしつつ、コストパフォーマンスの高いGALLERIA XA7C-R36はミドルクラスの性能を持つゲーミングPCだ。この価格帯と性能帯で最も人気のあるGALLERIA XA7C-R36は現在登場している全てのゲームの要求スペックをクリアしている。まずはこの性能から検討していきたい。高リフレッシュレートや高解像度、最高設定を求めるならもう少し上の性能のほうが対応力は高くなる。ガレリアXTを標準的なモデルと考えて良いだろう。

GALLERIA XA7C-R37(ドスパラ)

GALLERIA XA7C-R70S (2)価格:199,980円(税込)
CPU:Core i7-11700
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:650W 80PLUS BRONZE

公式サイト詳細

同じドスパラのGALLERIA XA7C-R36よりも優れた性能と構成を持つゲーミングPCとなっている。RTX 3070は、4K解像度にも対応できるポテンシャルの高さが人気の秘密だ。CPUには最新のCore i7-11700を搭載。RTX 3070とのバランスもよく性能を引き出しやすい。さらに、必要十分な性能とストレージにより、予算をある程度抑えながらも性能を確保できている。

Warframeの概要

爽快感のある戦闘が魅力のアクションゲームで、壁を走ったり回り込んだり、近接格闘を繰り広げたりと高いアクション性と自由な戦闘スタイルで敵を薙ぎ払う無双系のようなゲーム。4人Co-oPが主軸でSFと忍者を合致させた異色のジャンルだ。無課金でも十分楽しめるゲーム性とシンプルで遊びやすいゲームスタイルにより、誰でも気軽に戦闘に混ざることができる。宇宙船などをメインにエイリアンのような生物を叩き伏せるゲームでやや視界が暗く視認性が悪い。そのため、設定を細かくいじったり、デジタルバイバランスを設定するなどで対応する必要がある。

それなりに作り込みはされているにも関わらず、比較的要求スペックが軽い。それだけ上手く最適化されているのか、それとも少し古いゲームとなったことでスペックが追いついてしまったのか分からない。ただ、そのゲーム性は今尚廃れることなく一定のプレイユーザーが現存している。

ホラーというジャンルではないが、それなりの雰囲気を持つゲームだけに設定はしっかりしたいユーザーも居るだろう。その場合はi7-9700とGTX 1660 Tiの組み合わせくらいあれば十分に設定できる。逆に設定は最低で良いなら第7世代以降のi3とGTX 660でも対応できるほど幅広い性能を扱えるゲームである。

久しぶりにプレイした感じで要求されるスペック自体はそこまで変わっておらず、ゲームを快適にプレイするために必要なハードルは低いように思う。ただし、4人Co-oPでドタバタした展開の際にフレームレートがやや落ちる傾向があったので、普段は軽くとも性能に自信が無いなら少し下げる程度が良さそう。また、ゲームの性質上スピーディーな展開となるため、3D酔いを起こす可能性があるので適度に休憩は必要だろう。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

動画

関連外部サイト