gigabytetop

>>>GIGABYTE(ギガバイト)公式HP<<<

当ページでは、GIGABYTE(ギガバイト)の特徴&評判を紹介している。ギガバイトというのは通称で正式名称はGIGA-BYTE Technology Co., Ltd.だ。意外と知っている方は少ないのではないかと思う。

GIGABYTEは台湾のパソコン及び周辺機器メーカーで世界的に多くのユーザーに支持されている。あまり知らない方向けに詳しくブランドの特徴について見ていこう。ゲーミングノートPCも有名なのでおすすめのモデルをピックアップしていく。

GIGABYTEはパーツメーカーとして知名度が高い

当ページではGIGABYTEをBTOメーカーとして紹介している。GIGABYTEのゲーミングノートPCでは構成などのカスタマイズができることからBTOメーカーとして分類しても特に違和感はないはずだ。これからゲーミングノートPCの購入を考えている方はぜひ参考にして欲しい。国内メーカーにはない個性的なラインナップもあって見ていておもしろい。

多くの方にとってGIGABYTE=PCパーツメーカーという認識かもしれない。事実、GIGABYTE製のグラフィックボードやマザーボードは人気がある。ただし、これらのパーツがBTOメーカーのパソコンで積極的に採用されているわけではないため自作ユーザーの方が馴染みが深いだろう。

GIGABYTEについて詳しく知りたい方はTwitterの公式アカウントをチェックして欲しい。頻繁にツイートを行っていて参考になると思う。プレゼント企画も頻繁に行われているので、フォローしておくとラッキーなことが起きるかもしれない。

>>>>GIGABYTE Japan公式アカウント(Twitter)

ゲーミングノートPCのラインナップ

AORUS

aorus

144Hzリフレッシュレートモニターを採用したゲーミングノートPCだ。狭額縁デザインで視認性が高い。最上位モデルになるとMicrosoft Azure AIと呼ばれる最新のAIを搭載している。このAIがユーザーの選好や状況を判断して動的に設定してくれる。

また、キーボードにはOMRONとのコラボレーションモデルであるメカニカルスイッチを搭載したゲーミングキーボードを採用している。デスクトップパソコンに匹敵する操作性の高さを実現している。300Hz対応モニターを搭載しているモデルもありハイエンドらしいモデルが揃う。

AERO Series

aero

4K UHDディスプレイを搭載しているのがウリのクリエイターPCだ。Microsoft Azure AIを搭載し最適化されたゲーミングパフォーマンスを発揮する。OLEDモデルではSamsung製4K有機ELパネルを採用。安価なCLassicモデルもある。

G Series

gseries

ゲーミングノートPCブランドだがAORUSに比べると価格は抑えられている。オムロン製のキーボードは採用されていない。また、液晶モニターは144Hzで統一されている。最新のRTX 30シリーズ搭載モデルも多く人気が高い。G7及びG5については売り切れが続いているようだ。

>>>GIGABYTE(ギガバイト)公式HP<<<

GIGABYTE(ギガバイト)の特徴と長所まとめ

機能性が高いゲーミングノートPCを販売

GIGABYTEのゲーミングノートPCは様々な機能を搭載していて画期的だと言える。他のブランドにはない独自のものが多い。ゲーミングノートPCに特化しているブランドだからこそ実現できている。

搭載機能例

  • オムロン製ゲーミングキーボード
  • オムロンメカニカルスイッチを採用しているモデルもある。ゲーミングノートPCでデメリットになりやすいキーボードを強化しているのは素晴らしい。1500万回のキーストローク耐久性を持つ。打鍵感がよくデスクトップパソコンと変わらない環境を提供してくれる。

  • Microsoft Azure AI
  • Microsoft Azureマシンラーニングプラットフォームから得たユーザーの選好データを元に最適なゲーミング体験ができる。CPU及びGPUの電力設定を動的に設定される。具体的にはAIシステムを活用することでリフレッシュレートを高くすることが可能だ。

  • 強力な冷却システム
  • WINDOFORCE技術を採用。2つの12V巨大ファンと6つのヒートパイプを搭載し本体に熱がこもらない仕組みができあがっている。また、AORUS 7では特別なポートデザインを採用し内部のケーブルがすっきり収まりエアフローが確保されている。

  • グラフィックスイッチ
  • GPUのコントロールができるグラフィックスイッチが搭載されている。ゲームをプレイする時はNVIDIA GPUを、仕事をするときはバッテリー節約をといった使い方が可能だ。

国内メーカーにはないデザイン性の高さが光る

GIGABYTEのゲーミングノートPCは、海外ブランドらしくデザイン性の高さが特徴だ。無骨なデザインで”THE ゲーミングノートPC”としてゲーマーを魅了してくれるだろう。特に売れ筋のAORUS(オーラス)は、Microsoft Azure AIやオムロン製キーボードを採用するなど最新の技術をたくさん投入していてデザイン+αで考えることができる。

全体的に国内BTOメーカーの販売するゲーミングノートPCよりも価格は高めだが、国内製のノートでは満足できない方は他のユーザーと違うモデルが欲しい方は必見だ。人気のモデルに関しては入手が困難な状況になることもある。

購入先が豊富で好みで選べる

gigabyte-kounyuusaki

GIGABYTEには直営店はなく販売代理店経由で購入可能だ。Amazon.co.jp、ark、ワンズ、TSUKUMO、STORMなどで販売されている。スピード重視ならAmazon.co.jpがおすすめだ。アマゾンプライムでスピード出荷が可能となる。その他お気に入りのメーカーがあればそこで購入するとよいだろう。当然どこで購入してもちゃんとした代理店経由なら保証を受けられるので安心だ。

>>>GIGABYTE(ギガバイト)公式HP<<<

GIGABYTE(ギガバイト)の弱み

公式サイトの日本語化が進んでいない

公式サイトについて一部日本語対応がされているものの全体的に見ると十分な対応がされているとは言えない。商品ページについても英語と日本語が混じっているためわかりにくいだろう。そのような場合はark・Amazon.co.jp・ヨドバシカメラなどのECサイトの紹介ページを見た方がわかりやすいかもしれない。

また、そのような影響もあってかGIGABYTEのゲーミングノートPCについて言えば日本での知名度が高くない。もちろんグラフィックボードやマザーボードの知名度は高いが…世界的な評価が高いことから今後は日本での知名度も上がってくるのではないかと思う。

デスクトップパソコンのラインナップはない

GIGABYTEにはゲーミングデスクトップパソコンのラインナップはない。ゲーミングノートPCのみ販売されている。公式サイトのデスクトップパソコンのラインナップには、「Mini-PCベアボーン」という製品が入っている。

この製品はPCケース・電源・マザーボードのみが組み込まれたもので半自作PCと考えてよいだろう。それほど一般的なものではなくゲーミングPCとしては使いにくいため省略する。デスクトップパソコンの購入を考えている方は他のメーカーを検討したほうがよい。

コストパフォーマンスは低い

GIGABYTEのゲーミングノートPCについては、国内のBTOメーカーのゲーミングノートPCと比較するとコストパフォーマンスが低い。ただし、あくまでもこれはグラフィックボードやCPUの性能及び構成面を見ただけの判断だ。ブランド力や様々な機能を考慮すればコストパフォーマンスの評価は変わるだろう。

単純に価格を抑えたい方は他のBTOメーカーも検討しよう。最近価格が比較的抑えられたG Seriesが登場した。国内メーカーのモデルと比べても遜色ないレベルだ。むしろかなり安い部類に入っているかもしれない。

GIGABYTE(ギガバイト)のおすすめゲーミングノートPC

 1位:AORUS 17G SB-7JP1130MH2位:AERO 17 HDR XC-8JP4450SP3位:AORUS 17G YC-8JP6450SH
画像AORUS 17G SB-7JP1130MHAERO 17 HDR XC-8JP4450SPAORUS 17G YC-8JP6450SH
価格186,780円(税込)318,780円(税込)351,780円(税込)
CPUi7-10750Hi7-10870Hi7-10870H
GPUGTX 1660TiRTX 3070RTX 3080
メモリDDR4-2933 16GBDDR4-2933 32GBDDR4-2933 32GB
SSD512GB1TB1TB
HDD非搭載非搭載非搭載
ディスプレイ17.3インチ17.3インチ17.3インチ
重さ2.2Kg2.5Kg2.7Kg
公式
1位のモデル「AORUS 17G SB-7JP1130MH」は、GTX 1660 Ti×Core i7-10750Hを搭載したゲーミングノートPCだ。価格はやや高いもののGIGABYTE製のゲーミングノートPCとしては手頃だ。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も充実している。Microsoft Azure AIが搭載されているなど最もおすすめの一台だ。

2位の「AERO 17 HDR XC-8JP4450SP 」は4K解像度の液晶モニターを採用したクリエイターパソコンだ。グラフィックボードにはRTX 3070を搭載していて高解像度でのゲームプレイにも対応できる。他のモデルとは一線を画する。3位の「AORUS 17G YC-8JP6450SH」は、RTX 3080×i7-10870Hを搭載したハイクラスのゲーミングノートPCだ。RTX 3080はTuring世代の最高峰のグラフィックボードで高い性能を持ちデスクトップ向けモデルと変わらないゲーム環境を構築できる。

>>>GIGABYTE(ギガバイト)公式HP<<<

GIGABYTE(ギガバイト)の基本情報

保証

基本保証は1年だ。ただ、多くのゲーミングノートPCでは2年間の保証が付いている。ノートパソコンの場合持ち運ぶことも多く保証期間が長いというのはユーザーからするとメリットとなる。

サポート

  • 住所:神奈川県川崎市多摩区登戸1669-1 大沢ビル 201
  • 電話番号:0570-001081
  • 対応時間:10:00~18:00 (土日祝除く)
  • メールアドレス:[email protected]

Amazonで購入してもストームで購入してもサポートはGIGABYTEのサービスサポートセンターを利用することになる。詳細については下記の記事を参考にして欲しい。

>>>GIGABYTE(ギガバイト)の公式HPを見る<<<

GIGABYTE(ギガバイト)の会社情報

ショップ名GIGABYTE(ギガバイト)
企業名GIGA-BYTE Technology Co., Ltd.
設立1986年
資本金
サポート平日10:00~18:00
基本保証1年保証
支払い方法ショップによって異なる

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya