Corei5-10600Ktop画像引用元:https://wowma.jp/

当ページでは、Core i5-10600Kの性能レビューの紹介をしている。Core i5シリーズで最強のゲーミング向けCPUが登場した。第10世代最上位のCore i5シリーズはゲーミング用途でどこまで高みを目指せるのか、Core i5に掛かる期待値を超えられるのかについて注目したい。

これまでも主流となることはなかったが知る人ぞ知る高パフォーマンスモデルだ。現時点ではCore i5-10600Kを搭載したゲーミングPCは販売されていない。基本的に自作ユーザー向けのCPUだが、今後はカスタマイズなどで搭載モデルを選択できる可能性がある。

よくわかる!!Core i5-10600Kの特徴まとめ

コードネームComet Lake
プロセス14nm
コア/スレッド数6コア/12スレッド
定格/最大クロック4.1 GHz/ 4.8 Ghz
L3キャッシュ12MB
TDP125W
発売日2020年05月20日
価格$262
コメント ゲーミングPC搭載CPUとしてのポテンシャルが高い
高コストパフォーマンスが魅力のCPU
消費電力が高くワットパフォーマンスに劣る
評価 ・総合評価
7.5

・ゲーム評価
8.5

>>>>>Amazonで最新価格をチェック!!

Core i5-10600Kの基本情報

総合性能

i5-10600Kseinou

Core i5-10600Kはパフォーマンスが高いCPUだ。予想通り第9世代のCore i7シリーズの性能を超えている。まさかCore i7-9700Kまで超えるとは思ってもいなかった。前世代のCore i5-9600Kと比べて20%ほど性能が伸びている。競合であるRyzen 5 3600Xをも置き去りにする性能に注目したい。

実は比較対象のCore i7-9700Kの総合的な性能はそこまで高くない。Core i7-9700Kの凄さはゲーム性能である。Ryzen 9を凌駕し、Core i9シリーズにも並ぶゲーム性能こそが魅力である。総合評価ではCore i7-9700Kを超えていても、ゲーム性能で超えていなくてはあまり意味がない。

第10世代のCore i9は世界最速のゲーム向けCPUとして登場した。同じ第10世代のCore i5も当然ゲーム性能の高さが特徴である。i7-9700Kにどこまで迫る事ができるのか。それこそがCore i5-10600Kの評価を左右する部分だ。まず、Core i7-9700KとCore i5-10600KではゲーミングPCに搭載された時の価格に差がある。

最新とは言えCore i5シリーズは価格的に優位である。もしもゲーム性能でCore i7-9700Kに並ぶ事が出来れば、ゲーミングPCに搭載されるCPUの中で確固たる地位を築くことができる。前世代のCore i5-9600Kは非常に優れたCPUだった。それでも取り扱うBTOショップはかなり限られていた。

Core i5-10600Kも同じ道を辿るのだろう。Core i7-9700Kを超えても、Core i7-10700などの最新i7シリーズがある。その大きな壁に挑むためにも、i5-10600Kを選択するメリットを示さなければならない。i5-10600Kは第9世代のi7を超え、第10世代のi7に匹敵するゲーム性能を持っているのかどうか。

つまるところ、そこが問題なのである。CPUがゲームに与える影響は徐々に小さくなっている。i7-9700Kとi7-10700Kのスコアに差がでていないように、上限が見え始めている。性能で優位に立ちにくいi5-10600Kにとっては、その上限というものが有利に働く可能性がある。個人的に最も注目している最新CPUなだけに、しっかりとした存在感を示して欲しいものだ。

基本スペック

 i5-10600Ki7-9700i5-9600K
メーカーIntelIntelIntel
プロセス14nm14nm14nm
コードネームComet LakeCoffee LakeCoffee Lake
CPUコア数686
スレッド数1286
定格クロック4.1 GHz3.0 GHz3.7 GHz
最大クロック4.8 GHz4.7 GHz4.6 GHz
L3キャッシュ12MB12MB9MB
対応メモリDDR4-2933DDR4-2666DDR4-2666
内蔵グラフィックスUHD Graphics 630UHD Graphics 630UHD Graphics 630
TDP125W65W95W
TBM3.0非対応非対応非対応
TVB非対応非対応非対応
価格$262$323$262
発売日2020/05/202019/06/13 2018/10/20
Core i5-10600Kは第10世代最上位のi5シリーズだ。下位にCore i5-10400がある。従来のCore i5-9600Kやi7-9700と比べて定格クロックが大きく伸びているのが特徴だ。Core i5-10600Kは、6コア12スレッドとハイパースレッディングに対応しているにも関わらず、クロック周波数が減少していないのがポイントとなる。

これまでの性能を超える12スレッドでありながら、コア辺りの処理性能はアップしている。これは性能に関わることだ。Core i5-9600Kと比べて定格クロックが11%、最大クロックが5%引き上げられている。このことを取って見ても性能が格段に良くなっているのが分かる。L3キャッシュはCore i7-9700と並ぶ12MBでメモリ規格もアップグレードされている。

ただ、14nmを採用する第10世代は省電力性とはかけ離れているのがデメリットだ。Core i9-9900KSの次点に着ける125Wはかなり厳しい。Core i5はi9以上の消費電力ともなればワットパフォーマンスが悪い事が明白だ。搭載する電源を考慮すると、i5-10600Kとi9-10900Kが同じ構成になる。いかにi5最上位と言えど、第10世代のメインストリーム最上位と同等の消費電力は洒落にならない。

Core i5-10600Kは考えられない性能の高さを予感させると同時に、消費電力という弱点を持っている。価格辺りの性能は優秀でも、それなりの電源が求められる。そのため、搭載モデルになるとややコストパフォーマンスが落ちてしまう。

オーバークロックに対応するためには余裕を持った電源容量を選択しなければならない。消費電力が従来と同等であれば間違いなくi5最強のCPUだった。そして第10世代最強のコストパフォーマンスを持つCPUとして注目を集めていただろう。

仮にi7-9700に性能が並ぶのであれば、i5-10600Kではなくi7-9700にメリットがありそうだ。ただ、スペックを見る限りi5-10600Kの方が性能が高くなるだろう。定価$61安いi5-10600Kはi7-9700に代わる選択肢となり得る。一方で、i7-10700の存在も忘れてはならない。

純粋にi7-9700の上位互換であるi7-10700は消費電力が据え置きの65Wだ。第9世代のi7-9700を超えても第10世代のi7が立ちふさがる。この関係性はCore i5最上位の宿命である。性能が大きく伸びていれば、選択の余地は残るはずだ。

>>>>>Core i5-10600Kを確認する(Amazon)<<<<<

Intel Core i5-10600Kの特徴

優秀なコストパフォーマンスが魅力

Core i5シリーズはCPU全体でもコストパフォーマンスの高いCPUだ。ゲーム用途で見れば最低限として扱われていることもあるが、実際にはCore iシリーズの上位モデルと比べても遜色のないレベルとなっている。低価格で高性能を体現したCPUは他にもある。しかし、ゲーム用途に限っては、そのコストパフォーマンスは他の追随を許さない。

第10世代ではi5-10400に次ぐ2位のコストパフォーマンスの高さを誇る。性能に重きを置くならi5-10600KはNo.1のコストパフォーマンスと言えるだろう。性能辺りの価格は2位でも、快適にゲームをプレイ出来る性能を持つCPUの中では1位という意味だ。価格と性能のバランスが実に素晴らしい。

Core i5シリーズの中でもi7の影に隠れる最上位モデルは、第10世代になってようやく注目を集めた。海外では主流の最上位i5は、何故か国内ではあまり話題にならない。ただ、i5-10600Kは自然と人気が高まる性能と価格を持ち合わせている。本格的なゲームプレイにも対応できる性能だ。

最も人気の価格帯である15万円台のモデルに搭載出来る価格とその高い性能から人気のグラフィックボードとも幅広くバランスが取れる。これらの要素を持って、人気が出ないわけがない。多くのゲーマーにとってベストなCPUとなるだろう。

高リフレッシュレート、高解像度への対応力も魅力だ。ただ、4Kはやや苦手なようで、WQHDまでに留めたい。基本はフルHDかWQHDでの高リフレッシュレートだろう。フルHD環境では144hz以上にも対応可能だ。競技性の強いゲームでは必須とも言える高リフレッシュレートをi5で最大限活かすことができる。

これまで、本格的なゲームプレイにはCore i7-9700以上が求められた。それがi5で実現出来るとなると、Core i7よりも選択しやすくなるだろう。結果として、快適なゲームプレイが可能なゲーミングPCの価格を下げることに繋がる。CPUのみならずゲーミングPC全体に波及するその影響力は、コストパフォーマンスという枠に留まらないのかもしれない。

価格次第ではCore i7シリーズに代わる選択肢となる

ゲームではCore i7-9700Kには届かなかったが、ベンチマーク上には記録の無いi7-9700は上回っている。Core i7-9700より安く、性能の高いCPUの登場である。Core i7-10700の価格が落ち着くまではi7-9700は市場に残るだろう。その期間はi7-9700よりも優れた選択肢として注目を集めそうだ。

問題はこれまでもi5シリーズはi5-9400のような低価格モデルが採用されてきたことだ。i5-9600K搭載モデルの取り扱いがほとんど無かったように、i5-10600Kを取り扱うショップがどれほど出てくるのか。ユーザー視点で見ればi7-9700よりも優れたCPUは歓迎だ。

ショップとしてはi7-9700の方が扱いやすいかもしれない。旧世代のCPUは価格が大きく下がる。キャンペーンやセールで大幅な値引きが適用される可能性が高い。結果として、i5-10600Kよりも安く展開されるかもしれない。その点だけが懸念材料である。

現状の評価ではi7-9700を上回り、主力として見れるCPUだ。取り扱い価格が安くなればゲーミングPCの勢力図を変える存在である。ベンチマークの結果を見て分かる通り、CPUの性能がゲームに与える影響は徐々に小さくなっている。

ゲームの要求スペックが高くならない限りはCore i5-10600Kでもトップクラスのスコアを出せる事に他ならない。ハイエンドなCPUが必要無いというわけではない。i5-10600Kが既にハイエンドなCPUの領域に踏み入れているのだ。もちろん、それはゲームにおいてのみである。ゲーム以外の用途では上位CPUとの差は明確にある。ゲーム主体で考えるならi5-10600Kでも十分過ぎる性能だ。

ワットパフォーマンスの悪さが不安

Core i5-10600Kは、性能と価格という2大要素を満たすCPUとして評価が高いモデルだ。その一方で、消費電力の高さが指摘されている。TDP 125Wは主流のCore iシリーズの中で2位の高さである。i9-10900Kに並び、i9-9900KSに次ぐ2番目の消費電力の高さは褒められたものではない。

これはCore i7-9700やi7-10700の65Wに対して倍近い。ワットパフォーマンスでは最悪の部類である。TDPは消費電力そのものを示す数値ではないが、それに準拠するものとして記載している。電源の品質が高くなった現在では、あまり消費電力を重視するユーザーはいないかもしれない。それも自然なことだろうと思う。

ただ、ゲーミングPCではそうもいかない。例えば、これまで500W BRONZEで対応できていたものが、650Wや700W搭載モデルになってしまう。そうなると価格が少し上がることになる。コストパフォーマンスが魅力のi5-10600Kの良さを削ってしまうことになるのだ。

このデメリットはメリットを削るという意味でマイナス要素が非常に強い。比較的性能が控えめのGTX 1660搭載モデルで言えば、i7-10700搭載とi5-10600K搭載で価格差が小さくなる。性能差ははっきりあるにも関わらず、価格差は1万円を切る程度になるかもしれない。

数千円の差なら、上位のi7を選択した方が良い。また、搭載モデルではi7もそれなりに価格が抑えられている傾向にある。仮に、価格差が5,000円程度にまで縮まるとモデルの評価は逆転してしまうだろう。こういった状況も考えられるのがワットパフォーマンスの影響である。

Core i5シリーズ最上位モデルが注目されにくい理由はこの辺りにある。i5-9600Kもi7-9700より消費電力が高かった。省電力性を主軸にするには、オーバークロック機能が余計なのかもしれない。その証拠に、オーバークロック機能を持たないi5-10600は65Wである。ただ、性能もそれなりに下がっているのでi5-10600の方が良いということにはならないのが難しいところだ。

>>>>>Core i5-10600Kを確認する(Amazon)<<<<<

Core i5-10600Kのベンチマーク一覧

Cinebench R20

cinebenchi5-10400-cinebenchr20

Cinebench R20でのベンチマークだ。Core i5-10600Kはシングル、マルチでi7-9700Kを超えている。およそ5%の性能差が生まれている。しかし、総合性能が求められるCinebench R20ではRyzenシリーズが猛威を奮っている。

総合的な性能ではまだまだRyzenシリーズに遠く及ばない。ただ、i5-9600Kから見るとマルチコア性能は大幅に伸びているのが分かるだろう。Ryzenに及ばないながらも食らいつく性能は、ゲーム性能への高い期待が募るばかりだ。

Adobe Photoshop 2020

photoshop-i5-10400

Adobe Photoshop 2020は第10世代のi7とi9が高い数値を残した。i5シリーズは従来と比べて伸びた程度で、i7やi9ほど突出した性能とは言い難い。Adobe Photoshop 2020ではi7-9700Kに迫るスコアを残している。

期待以上とも取れるが、ここはしっかり超えていて欲しかった。コア性能が求められる性質なのか、6コアのi5-10600Kでは8コアのi7-9700Kには太刀打ちするのは難しいのだろうか。ここまでは「i5にしては」性能が高い程度である。

Adobe After Effects 2020

aftereffects-i5-10400

Adobe After Effects 2020もAdobe Photoshop 2020と同じく、マルチコア性能が求められている。ややシングルコア性能の高さも影響しているのかi7-9700Kが優秀なスコアを残している。

i5-10600Kはここでもそこそこなスコアだ。i5として見れば突出している程度である。もう少し高いスコアが残せるのではないかと考えていただけに残念だ。12スレッドにアップしたと言っても、基本は6コアだ。この辺りが6コアの限界なのだろう。

Core i5-10600Kのゲームプレイ時のフレームレート

Far Cry New Dawn 1080p

farcrynewdawn

Core i9-10900K135
105
Core i7-9700K134
105
Core i7-10700K133
105
Core i9-9900K130
103
Core i5-10600K122
97
Core i5-10400118
95
Ryzen 7 3700X114
90
平均fps最小fps
Far Cry New Dawnのベンチマーク。まずまずのスコアだ。圧倒的というわけではないが、価格辺りのスコアで言えばトップクラスだろう。i7-9700Kには追いつけなていない。これもまた6コアと8コアの差だ。

スコアで言えば近い位置にいる。ただ、同等と言うには明確な差がある。贔屓目に見てもワンランク落ちる性能だ。Ryzenシリーズに対しては性能的な優位を築いている。Ryzenのスコアが一定であることから、Ryzenの上限はIntelより低くなっているのだろう。

Far Cry New Dawn 1440p

farcrynewdawn

Core i9-10900K126
103
Core i7-10700K126
103
Core i7-9700K125
103
Core i9-9900K123
101
Core i5-10600K117
97
Core i5-10400116
90
Ryzen 7 3700X108
83
平均fps最小fps
WQHD環境での計測。解像度が高くなるとi9-9900Kとの差が縮まった。最小fpsでは3fpsの差である。一方で、i5-10400との差も縮まっている。上位に対して強い性能をアピールしつつも、Core i5-10400との差が疵になりそうだ。平均fpsで見るとi5とi7以上では差が出来ている。コア数による影響が大きいようだ。Ryzenに対しては変わらず優位な数値である。

Borderlands 3 1440p

boarderland3

Core i5-10600K68
60
Core i7-9700K67
60
Core i9-9900K67
60
Core i7-10700K67
60
Core i9-10900K67
60
Core i5-1040066
60
Ryzen 7 3700X64
57
平均fps最小fps
Ryzenに最適化されたRyzenの得意なゲームでの計測。Borderlands3のWQHD環境では、何故かi5-10600Kが最も高いスコアを叩き出している。コア数よりもシングルコアの性能が求められているのだろうか。マルチコア性能が上手く活かせない構造なのだろう。i9-10900Kのスコアがそれを示している。

RyzenシリーズはRyzenに最適化されていることもあり、最小fpsがIntelに対してほぼ同等である。数値上のこととは言え、60fpsを切るというのは少し気になるところだ。Borderlands3でのベンチマークでi5-10600Kは存在感を示すことが出来た。一応は面目が保たれたと言ったところだろう。ただ、少し出来すぎな結果なのが気になる。i5-10600Kが優秀というよりも、他CPUが思うように性能を出せなかったというのが本質だと言える。

Ghost Recon Breakpoint 1440p

Ghost Recon Breakpoint

Core i9-10900K113
97
Core i7-10700K113
97
Core i7-9700K111
95
Core i9-9900K111
95
Core i5-10600K111
94
Core i5-10400111
94
Ryzen 7 3700X104
90
平均fps最小fps
Ghost Recon Breakpointでのスコアだ。Core i7-10700Kとi9-10900Kが同率1位。i5-10600Kは同率2位である。ここではi7-9700Kに並ぶことができている。しかし、i5-10400も同率2位である。

このことから、CPUによる影響の小さいゲームである事が分かるだろう。CPUによる影響が小さければi7-9700Kどころかi9-9900Kにも並ぶことが出来る。ただ、参考記録のようなもので、CPU性能が求められるゲームではこうはいかないことは他のベンチマークで証明されている。

Total War : Three Kingdoms 1080p

totalwar

Core i9-10900K149
125
Core i7-10700K147
122
Core i7-9700K147
97
Core i9-9900K144
119
Core i5-10600K142
115
Core i5-10400139
112
Ryzen 7 3700X123
82
平均fps最小fps
第10世代に最適化されたTotal War :Three Kindomsでのベンチマーク。i5-10600Kは第10世代に最適化された状態でi9-9900Kに匹敵するスコアになる。ここはせめて並んでおきたかった。i7-9700Kに対しては平均fpsで下回っているものの、最小fpsでは18fpsも上回っている。

最小と平均との差が大きいほど負荷を感じやすい。安定感という意味では流石に第10世代だ。もしも、第10世代に最適化されるゲームが増えるようなことがあれば、ある程度の地位は確立できるだろう。

>>>>>Core i5-10600Kを確認する(Amazon)<<<<<

Core i5-10600K搭載のおすすめゲーミングPC一覧

現在搭載モデルは販売されていない。今後各BTOメーカーから搭載モデルがラインナップ入りしたら追加する予定だ。

管理人による総評(Core i5-10600K)

Corei5-10600Ktop

(+) ゲーミングPC搭載CPUとしてのポテンシャルが高い
(+) コストパフォーマンスが高く人気が出るかも!?
(-) 消費電力が高くワットパフォーマンスに劣る
Core i5-10600Kは個人的に非常に注目しているCPUだ。ゲームに対する性能の高さと価格の安さが最大の魅力だ。ワットパフォーマンスが悪いというデメリットはある。しかし、これはショップ側の対応で大きく変わってくるものだ。

例えばドスパラなら標準搭載の電源容量が上がっても、BRONZEクラスなら価格差がほとんど無い。パソコン工房にしても同じことだ。i5-10600K搭載モデルはショップのカラーが出やすいCPUと言える。取り扱いの難しいCPUでもあるので、やはり搭載モデルは少ないかもしれない。

自作となるとワットパフォーマンスの悪さは大きく影響を及ぼす。それだけ優れた電源を購入しなくてはならないのだから。オーバークロックを活かすためにはチップセットZ490も必要だ。活かさないなら別の選択肢を考えた方が良い。

こういった関係から、単純な選択肢とならないのは歴代通して同じである。価格が近いならi7の方が良いという前提が常にある。i5-10600Kはシビアな価格の勝負が求められる。i5-10400のようなi5最低ランクのCPUであれば、i7との価格差が割合で見ると微妙であっても安いことで差を着けられる。

人気CPUになれる素質はあっても、それを上手く運用出来ない。i5-10600Kはあまり一般受けしにくいのかもしれない。i5-10600K搭載モデルを選択の際はi7-10700搭載モデルの価格もチェックしておきたい。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

サイトのトップに戻る