gtx680top画像引用元:https://www.elsa-jp.co.jp/

当記事では、GeForce GTX 680の性能スペック&ベンチマークを紹介している。Fermi世代に続くKepler世代のグラフィックボードが登場した。従来どおり上位モデルからリリースされている。GTX 580からどのぐらいパフォーマンスが向上しているのかを見ていこう。

Keplerは全く新しいアーキテクチャというわけではなくFermiのリフレッシュモデルと考えるとよい。このKepler世代でシェダークロックという概念はなくなりコアクロック及びブーストクロックという概念が生まれた。

よくわかる!!GeForce GTX 680の特徴まとめ
総合評価 :30/100
ゲーム評価:30/100

  • (+)Radeon HD 7970を超える性能を持つ
  • (+)省電力性が大きく向上している
  • (+)中古でも購入しやすい(現時点)
  • (-)GTX 1050と同等の性能に留まる(現時点)

>>>Amazonで最新価格をチェック!!

GeForce GTX 680の基本スペック・仕様

 GTX 680GTX 580HD 7970
アーキテクチャKeplerFermiGCN 1.0
GPUGK104GF110Tahiti
プロセス28nm40nm28 nm
トランジスタ数35.4億30.0億43.13億
ダイサイズ294 mm²520 mm²352 mm²
CUDAコア数1536基512基2048基
コアクロック1006 MHz772 MHz925 MHz
ブーストクロック1058 MHz--
シェダークロック-1544 MHz-
メモリクロック1502 MHz
(6.0Gbps)
1002 MHz
(4.0Gbps)
1375 MHz
(5.5 Gbps)
GPUメモリ2GB1.5GB3GB
メモリタイプGDDR5GDDR5GDDR5
メモリバス256 bit384 bit384 bit
バンド幅192.3 GB/s192.4 GB/s264.0 GB/s
TDP195W244W250W
価格$499$499$549
発売日2012/03/222010/11/092011/12/22
GTX 680はKepler世代のグラフィックボードだ。採用されているGPUはGK104となっている。プロセスは前世代の40nmから28nmへと微細化された。GTX 580ではパワー効率が悪く非難を浴びてしまったが、このプロセスの微細化によってネックを打ち消したと言える。事実消費電力が244W→195Wへと20%程度抑えられている。ダイサイズは294 mm²でNVIDIAの平均的なGPUとしてはコンパクトだ。GTX 580が520 mm²だったことを考えると44%も小さくなっている。トランジスタ数が18%多く35.4億個だ。

CUDAコア数は大きく変わったところの一つだ。これまでSM(Streaming Multiprocessor)当たりCUDAコアは32基だったものが、SMX(Streaming Multiprocessor eXtreme)と拡張されてCUDAコアも192基へと6倍になっている。GTX 680ではCUDAコア192基×SMX 4×GPC 4=1536基だ。GTX 580が512基だったので3倍になっているということだ。また、Kepler世代からシェダークロックがなくなり代わりにブーストクロックが追加されている。消費電力に余力がある場合自動的にGPUコアクロックが引き上げられる仕組みだ。これは現行のTensor世代にも繋がっている。

メモリ周りについてはやや変化が加えられている。メモリバスが384 bitから256 bitへとグレードダウンとなった。そのダウン分をカバーするためにメモリ速度が6.0Gbps、メモリクロック1502 MHzと大幅に引き上げている。GPUメモリは33%アップの2GBとなる。バンド幅はほぼ同じ192.3 GB/sだ。なお、バスインターフェースがPCle 3.0へと変わっている。

Radeon HD 7970が直接の競合となる。GCNアーキテクチャを採用していてAMDのフラグシップモデルだ。プロセスは同じ28nmでトランジスタ数は43.13億個となっている。ダイサイズは20%大きく352 mm²だ。CUDAコアが2048基でコアクロックは925 MHzだ。メモリ速度は5.5 Gbpsでメモリクロックが1375 MHzとGTX 680よりも少しだけ劣る。

一方で、GPUメモリ容量やメモリバスは大きく上回る。メモリバンド幅は264.0 GB/sとGTX 680よりも40%近く広いということになる。このメモリ周りの差がゲームプレイにおいてどのような影響を与えるのかは注目したい。TDPは250Wと消費電力は大きめでやや古さを感じてしまう。価格は$549と$50高い。

GeForce GTX 680の特徴まとめ【2021年】

GTX 1050よりもゲーム性能が高い

gtx680performance
ゲーミング性能的にはPascal世代のGeForce GTX 1050よりも高い。ゲーミング性能自体高いわけではなくFULL HD環境で設定を落とすことが前提だ。9年前に発売されたグラフィックボードとしては健闘しているように思える。下位モデルのGTX 670やGTX 660 Tiに比べると扱いやすい。80番台や90番台のグラフィックボードは長く使用できることを証明した。

さすがにTuring世代のGTX 1650には及ばず2021年時点で快適にゲームがプレイできると言えない。GPUメモリ容量が2GBと少ないこともデメリットとなる。GTX 1650だと倍の4GBメモリを搭載している。設定にこだわらない方や負荷の軽いゲームしかプレイしないという方向けだ。

在庫が豊富で中古で探すこともできる

Fermi世代のGTX 580が不評だったこともあってGTX 680はよく売れた。その後GTX 900シリーズが登場して買い替えるゲーマーが多く、その時の名残で今でも市場にGTX 680の在庫があるようだ。税抜6,000円前後という価格で購入しやすい。

性能的には劣るGTX 1050が7,000円~8,000円なのでコスパは良好だ。GTX 1050になると省電力性は向上しているが、パフォーマンスだけを見ればGTX 680は選択肢として悪くない。友人や知人に譲ってもらえるならなおさら嬉しいはずだ。

GeForce GTX 680の発売当時の評価【2012年】

シングルGPU最強の称号を獲得

GTX 680は、性能でRadeon HD 7970を上回りシングルGPU最強の名にふさわしいグラフィックボードとなった。およそ3ヶ月で最強の座に返り咲いたということになる。GTX 580と比べておおよそ15%ゲーミング性能が向上している。

その上でアーキテクチャの改善によって省電力性が引き上げられたのは嬉しい。ワットパフォーマンスで言えば30%程度向上している。ドライバが最適なクロック周波数を決定する仕組みだ。これはGTX 580でネガティブだった部分をしっかりと克服してきたということだ。

実質GTX 560 Tiの後継モデル

GTX 680のGPUはGK104となっている。GTX 580のGPUがGF110でGTX 560 TiのGPUがGF114というNVIDIAのルールを勘案すると本来はGK100となったはずだ。ハイエンド向けGPUではなくミッドレンジのGPUを採用したのは興味深い。GTX 680の直接の祖先はGTX 560 Tiということになる。

CUDAコアでは4倍と大幅にスペックが引き上げられている。GTX 560 Tiと比べるとGTX 680はシェダーパフォーマンスが244%アップ、ROPパフォーマンスが122%アップ、メモリバンド幅が150%アップとなっている。ROPを除いておおよそ2倍以上のパフォーマンスが向上に成功したということだ。

>>>GeForce GTX 680を確認(Amazon)<<<

GeForce GTX 680のベンチマーク一覧

GTX 680の実際のゲーム環境(1920×1200と2560×1600)におけるフレームレートを計測した。他のグラフィックボードとの相対的な位置を確認して欲しい。

Battlefield 3

battlefield3

GTX 59076.5
49.3
GTX 68071.2
43.0
HD 797063.4
42.6
HD 795052.5
34.8
GTX 58051.9
33.1
GTX 48043.8
28.5
1920p2560p
GTX 580よりも36%もパフォーマンスが向上している。消費電力が大幅に引き下げられているのもポイントだ。GTX 480から見て着実に性能が高くなっている。Radeon HD 7970よりも12%高く王者に返り咲いたと言える。特に1920p環境での結果が素晴らしい。安定して60fps以上を出すことができるので、快適にゲームを楽しみたいと考えている方は必見だ。

The Elder Scrolls: Skyrim

els5skyrim

GTX 68064.7
56.8
GTX 58060.4
45.2
HD 797059.1
55.8
HD 795058.6
51.5
GTX 48055.2
39.8
GTX 59052.0
34.8
1920p2560p
GTX 680がトップになった。GTX 590のスコアが伸びなかったのはデュアルGPUの最適化が不十分ということだろう。GTX 580との差は7%-25%となっている。高解像度での差がかなり開く結果となった。Radeon HD 7970と比べても最大10%程度と差が大きい。HD 7970よりもゲーミング性能が高いことは否定できないはずだ。

Civilization 5

civ5

GTX 59090.6
76.4
GTX 68078.3
61.9
GTX 58073.4
53.2
HD 797065.2
55.6
HD 795066.7
48.0
GTX 48063.8
43.7
1920p2560p
GTX 580との差は7%-15%となっている。これで消費電力が抑えられていることを考えると完全に上位互換だ。Radeon HD 7970よりも20%程度スコアが高い。さすがにGTX 590には及ばないが十分なスコアだと思う。

>>>GeForce GTX 680を確認(Amazon)<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2021年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2021年】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya