Geforce RTX2080の性能スペック&搭載ゲーミングPC紹介 | GTX1080Tiをわずかに超える性能、RTXシリーズの本命グラフィックボードになれるか?

rtx2080top
画像引用元:https://www.amazon.co.jp/(Amazon公式)

当記事では、Geforce RTX2080の性能スペック&おすすめBTOパソコンを紹介している。NVIDIAがGeForce RTX20シリーズの発表をした約1ヶ月後である2018年9月20日に発売を開始したグラフィックボードだ。現時点でRTX2080Tiに次ぐ二番目に高性能なグラフィックボードとなっている。

フラグシップモデルよりは価格も手頃で購入を検討しやすく気になっている方も多いだろう。ここでは性能を中心にRTX2080の実力を見ていく。なお、今回からGTXではなくRTXとなっているが、これはリアルタイムトレーシング技術が採用されたことによるものだ。

よくわかる!!の特徴まとめ

  • 二番目に早いグラフィックボード(+)
  • レイトレーシングなど新技術搭載(+)
  • 一新されたデザイン(+)
  • 前モデルよりも高額(-)

>>>>>Amazonで最新価格をチェック!!

RTX2080の概要、基本を押さえる!

基本スペック・仕様

 RTX 2080RTX 2080TiGTX 1080
コードネームTuringTuringPascal
トランジスタ数136億186億73億
ダイサイズ545m㎡754m㎡314m㎡
GPC数6基6基4基
SM数46基68基20基
CUDAコア数294443522560
RTコア数46基68基-
ベースクロック1515MHz1350MHz1607MHz
ブーストクロック1710MHz1545MHz1733MHz
メモリバス帯域幅448 GB/s616 GB/s320 GB/s
GPUメモリ8GB GDDR611GB GDDR68GB GGDR5X
TDP215W250W180W
価格$699$999$620
発売日2018/09/202018/09/202016/05/06
Turingアーキテクチャを採用し非常に優れた性能を発揮する。CUDAコアの数は大きくなり、Pascal世代よりも1コアあたりの効率性は50%高められている。その他高速になったGDDR6メモリ、改善されたキャッシュやバンド幅も75%効率化されている。そして、NVIDIAイチオシのレイトレーシングのためのRTコアやDeep Learning ApplicationsのためTensorコアを搭載。これらはまだ対応しているタイトルが少ないものの将来に期待できる。ゲームもNVIDIAのグラフィックボードの進化に合わせて変わっていくことだろう。

スペックを見ていくとトランジスタ数は約45%アップ、ダイサイズ約70%アップそしてCUDAコア約17%アップとなっている。ベースクロック及びブーストクロックはわずかに抑えられているが総合性能は大幅に上がっている。性能については後述のコンテンツを参考にしてほしい。ただし、CUDAコアが増えたことで20%消費電力が上がり、価格も$70程度上昇。これは最上位のRTX 2080 Tiでも見られる。新しい技術を搭載し、性能も上がっているので仕方のない部分だと言える。

RTX2080の実力は!?総合性能を計る!

rtx2080seinou

総合性能をグラフで紹介している。RTX2080の性能の高さがわかるだろう。GTX1080Tiと比べても5%ほど性能が高くなっていることがわかる。GTX1080からの買い替えであれば十分価値があるといえる。RTX2080Tiは性能は高いが価格も高く実際その性能を生かせるタイトルがないことから本命はこのRTX2080ではないかと考えている。

RTX2080の特徴&強みまとめ

デザインが大きく変わっているのが特徴

RTXシリーズのファウンダーズエディションでは従来のモデルと比べてデザインが一新されている。デュアルファンを搭載し、裏面には厚い金属のプレートを採用。金属製になることで綺麗に見えるし、傷から守ってくれるのでこちらのほうが良いだろう。このデュアルファンのおかげかGTX1080よりもノイズが小さくなっている。ただ、金属部分は非常に熱を持ちあつくて触ることができないほどだ。

RTX2080ではGPU Boost 4.0という技術が採用されている。これはGTX10シリーズよりも高負荷時にパフォーマンスを維持できるというものだ。これは冷却機構を整えることで実現可能となるが、このデザインの変更も性能を引き出すために必要だったのだろう。

新しくいくつかの技術を搭載している

Turtingアーキテクチャでは純粋な性能の向上だけではない。その他にもいくつかの進化が見られる。一つ目はやはりリアルタイムレイトレーシング技術だろう。これは発表時点でNVIDIAが大きく打ち出していた。具体的には専用のRTコアを活用して、シンプルにヒトの目に入ってくる情報を再現するための仕組みだということだ。リフレクションや視覚効果をより鮮明に描くことができる。これまで$60,000以上のワークステーションでしか実現できなかったが、ゲーミングPCでも採用されることになったのだ。正直まだまだ対応タイトルは少なく、効果を実感することは難しい。今後数年間を見据えた上での技術だと言える。

もう一つの技術がDeep Learning Super Sampling (DLSS)だ。これはリアルタイムトレーシングに比べると表に出ることはほとんどないかもしれない。新しいAIを基本としたアンチエイリアスアルゴリズムで他のアンチエイリアスアルゴリズムよりもより良い画像を映し出すことができるのだ。Ark、FF、Hitman、PUBGなどのタイトルが対応している。

今後価格が落ちていくのを待つのも良いだろう

RTX2080は、パートナーモデルについては$700、ファウンダーズエディションについては$800からのスタートだ。ちなみに日本だと12万円以上だ。おそらく来月にはRTX2070が500$-$600で手に入るだろう。前世代の同等のモデルから$100-$300程度高くなっていると考えてよいだろう。ただそうは言ってもグラフィックボードはすぐに一般的な価格まで下がる。間接的なマイニング需要の高まりで価格が高騰したて2018年の初頭は驚くことに$1000まで上昇しおよそ2倍の価格をつけていたのだ。

ここでこれまでの80番台での価格の推移についてみていく。これまで何世代かに渡ってNVIDIAの80番台は後に80Tiによって立ち位置が変わってきた。GTX480及びGTX580は2019年に$490で発売された。それから2012年に発売されたGTX680もスタート地点では$500だった。しかし、GTX780は$649と価格が上昇した。700シリーズではTiブランディングが再開され2013年に$699でGTX780Tiが発売され少し前に出たGTX780は$599まで下がった。Kepler世代では初めてのTitanが生まれた世代でもあり、Titanは$999だった。

900シリーズでは700シリーズと多少の違いはあれどほぼ同様のパターンが見られた。GTX980が2014年に$549で登場。9ヶ月後にGTX980Tiがわずか$649で発売された。$999のTItan Xのダウングレードモデルだ。10シリーズになってGTX1080のファウンダーズエディションが$699、その数カ月後カスタムカードが$599だった。それからGTX1080Tiが$699で登場して、GTX1080は$499まで価格が落ちた。

過去の価格推移は長くなってしまうがそれを知ることは大切だろう。RTX2080のファウンダーズエディションは、これまで見た中でも最も高く、$799はGTX1080の発売当初の価格より$100も高い。現在のカスタムバージョンの安いモデルと比べると$330も高いのだ。また、GTX1080Tiよりも$150高い。今後どのぐらい価格が落ちるかはわからないが、もう少し安くなるのを待っても良い。これまでの流れからこのままの価格ということはありえないのだから。

純粋な性能を取るか将来性を取るか

RTX 2080には明らかにまだ触れられていないポテンシャルがあるというのを感じざるを得ない。GTX1080Tiは現在のタイトルにおいては同じレベルの性能を持っていると言える。表面だけ見るとマイニング需要も落ち着き価格が落ちているGTX1080を購入するのは妥当だと思えるかもしれない。しかし、次世代ゲームが増えてくるとGTX1080Tiは一気に時代遅れになってしまう。そうなると$699のRTX2080が真価を問われるときだ。

レイトレーシングに対応したタイトルが十分に発売されるのかどうか、そしてこれらのタイトルがRTX 2080で十分に動かせるのか、現在のタイトルではわずかに性能が高いだけのグラフィックボードにお金を出せるのかということを考えないといけない。そして、一番重要なのは近い将来にRTX2080が生かせるタイトルが揃うのかどうかということだが、それは誰にもわからない。

まずはNVIDIAがハードウェアのソリューションを提供した。次はソフトウェア側が追いつけるかどうかだ。ただ、現時点では価格が高くまだまだパフォーマンスを最大限引き出せるわけではない。少なくとも現時点では革命ではない。しかし、レイトレーシングの将来を見据えるゲーマーにとっては今購入しても良い100点満点のグラフィックボードだと言える。

>>>>>Geforce RTX2080を確認する(Amazon)<<<<<

GeForce RTX2080のベンチマーク一覧

各タイトルのベンチマークを見ていく。すべて最高設定での計測となっている。このクラスだとFULL HDは不要なので除外。メインはやはり4K解像度となる。これまでのグラフィックボードと比べてどのぐらい性能が高くなっているのかを見てほしい。

PUBG

pubgrtx2080tipubg

WQHDでは113.2FPSと圧倒的なパフォーマンスを発揮。肝心の4K解像度でも58.6FPSと十分対応できるフレームレートだ。GTX1080と比べると30%以上高い数値を出している。GTX1080Tiと比べても数%高い。

Assassin’s Creed Origins

assassinassasinsrtx2080ti

4K解像度では52.5FPSとなっている。最高設定でのゲームプレイはぎりぎりできるというところだ。それでもGTX1080と比べると30%性能が高いことがわかる。GTX1080Tiをも圧倒。価格はまだ高いとは言えこの性能の高さは魅力的だろう。

Grand Theft Auto5

gta5rtx2080tigta5

このタイトルについてはすべてのエフェクトをオンにしているため負荷が高く思うように数値が出ていない。今後最適化されていけば大きく数値は改善するはずだ。もちろん一般的な設定にしておけば4K解像度×最高設定でも60FPSを超える。

GeForce RTX2080搭載おすすめBTOパソコン

  • GALLERIA ZG (ドスパラ)
  • 価格:259,980円
    CPU:Core i7-8086K
    GPU:GeForce RTX 2080
    メモリ:DDR4 16GB
    SSD:NVMe 512GB
    HDD:3TB
    電源:SILVERSTONE 750W 静音電源

    公式詳細

    まだやはり高い。i7-8086K×RTX 2080の組み合わせは高いパフォーマンスを発揮することは間違いない。ただ、現存するタイトルだとGTX1080Tiとパフォーマンス面で変わらないことを割高だろう。レイトレーシングに対応したタイトルが増えたときが買いだと言えるだろう。今はアーリーアダプターだ。少し待ってからでも良いかもしれない。

    ————————————————————————————————————————

  • GALLERIA XG (ドスパラ)
  • 価格:219,980円
    CPU:Core i7-8700
    GPU:GeForce RTX 2080
    メモリ:DDR4 8GB
    SSD:500GB
    HDD:2TB
    電源:CORSAIR 650W 静音電源

    公式詳細

    このクラスだと現実的なラインとなる。ただ、CPUがi7-8700なのは物足りないかもしれない。ボトルネックとはならないがやはりフラグシップモデルを搭載しておきたい。メモリ8GBもグラフィックボードの将来性と合わせるなら少なくとも16GBにしておくべきだ。SSD 500GB×HDD 2TB採用でストレージはこのままで良いだろう。

    ————————————————————————————————————————

  • MASTERPIECE i1630PA3-SP (G-Tune)
  • masterpiececase価格:299,800円
    CPU:Core i7-8700K
    GPU:GeForce RTX 2080
    メモリ:32GB
    SSD:480GB
    HDD:3TB
    電源:700W 80PLUS BRONZE

    公式詳細

    G-TuneからもRTX 2080搭載モデルが販売されている。メモリ32GB、SSD 480GB、HDD 3TBと圧倒的な構成が特徴。予算にかなり余裕があるならおすすめできる1台だ。SSDにはNVMeを非搭載としてコストパフォーマンスを引き上げている。ドスパラのGALLERIA ZGと比較すると良い。

    ————————————————————————————————————————

RTX 2080搭載ゲームパソコン一覧

製品名価格CPUGPUメモリSSDHDD
GALLERIA XG219,980i7-8700RTX20808GB500GB2TB
GALLERIA ZG259,980i7-8086KRTX208016GB500GB3TB
GALLERIA ZG i7-9700K244,980i7-9700KRTX208016GB500GB3TB
im620PA1219,980i7-9700KRTX208016GB×1TB
i690PA1-SP239,980i7-9700KRTX208016GB256GB3TB
i1640PA1-TD309,800i9-9900KRTX208032GB512GB3TB
i1630PA3-SP299,800i7-8700KRTX208032GB480GB3TB

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

ベンチマークテスト環境

desktoppc

CPUIntel Core i7-8700K
メモリ16GB DDR4-2666
マザーボードGigabyte Z370 Aorus Gaming 7
電源ユニットEVGA SuperNova P2 1000W
参照元:NVIDIA GEFORCE RTX 2080 FOUNDERS EDITION REVIEW (tom’s HARDWARE)

2 Responses to “Geforce RTX2080の性能スペック&搭載ゲーミングPC紹介 | GTX1080Tiをわずかに超える性能、RTXシリーズの本命グラフィックボードになれるか?”

  1. MR より:

    パソコン工房のRTX2080搭載BTOパソコン LEVEL-R037-i7K-VOVI-ULIU

    の購入を検討しているのですが、グラボのメーカー(MSIやASUSなど)って大体どこのものが組み込まれるのでしょうか?
    MSIのLED付きのRTX2080が欲しくて…笑

    • GamingPCs.jp管理人 より:

      コメントありがとうございます。残念ながらパソコン工房の場合グラボのメーカーは固定されていないため購入するまで判断できないです。なお、LED付きが採用される可能性はほとんどないと言えます。別に購入する方が確実です。よろしくお願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ