radeon7画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

当記事では、AMD Radeon VIIの性能スペックレビュー&おすすめBTOパソコンの紹介をしている。初めて市場に投入された7nmプロセスGPUということで業界でも注目されているグラフィックボードだ。

2018年11月にRadeon RX 590がリリースされたため当面新しいグラフィックボードはないと考えられていた。しかしCES 2019でハイエンドのグラフィックボードRadeonⅦのリリースがわかり注目されていた。気になるスペックや性能について詳しく見ていこう。

よくわかる!!AMD Radeon VIIの特徴まとめ

  • 初めて7nm GPUを搭載したグラフィックボード(+)
  • WQHD環境以上で高いパフォーマンスを発揮(+)
  • HBM2 16GBの大容量GPUメモリを搭載(+)
  • 熱を持ちやすく熱対策が必須(-)

>>>>>Amazonで最新価格をチェック!!

AMD Radeon VIIの概要、性能・基本スペックを押さえる!

総合性能

radeonⅦ_sougouseinou

性能はRTX 2080にやや劣る

総合性能では同じ価格帯である競合のRTX2080よりも数%劣る結果となっている。性能的にはRTX2080とRTX2070のちょうど真ん中に位置する。価格に対するコストパフォーマンスでは今ひとつと言えるかもしれない。それでもRX Vega 64よりも20%-程度高い性能を持っている。AMD派の方には嬉しい選択肢となるだろう。

基本スペックまとめ

 Radeon VIIRTX 2080RX Vega 64
コードネームVega 20TuringVega 10
プロセス7nm212nm214nm2
ダイサイズ331mm²545mm²486mm²
トランジスタ数132億136億125億
RTコア数-46基-
Tensorコア数-368基-
CUDAコア数3840基2944基4096基
ベースクロック1400MHz1515MHz1247MHz
ブーストクロック1750MHz1800MHz1546MHz
メモリバス帯域幅1 TB/s448 GB/s484 GB/s
GPUメモリ16GB HBM28GB GDDR68GB HBM2
TDP300W215W295W
価格$699$699$499
発売日2019/02/072018/09/202017/08/14

コードネームVega 20は、RX Vega 64で採用されているVega 10のリニューアル版ということだ。RX Vega 64との大きな変更点はプロセスが14nm→7nmに半分に縮小されているところとなる。一般消費者向けのGPUとしては初めて7nmプロセスが採用された。結果的に、トランジスタ数を6%アップしてるにもかかわらずダイサイズも30%縮小することに成功。

通常プロセスが縮小すると消費電力を抑えることが可能だ。しかし、AMDはクロック周波数を13%引き上げたことで省電力よりも性能を取った。消費電力は300WとRTX2080よりも40%も高くなってしまっている。発熱も多く、ファンノイズも大きめだ。ここを気にされる方は注意した方が良い。

改善点としてはメモリの性能を向上させたのも注目ポイントだ。RadeonⅦは、4096btのワイドバスメモリで、驚異的な1TB/sのメモリバンド幅を実現した。Vega 64の2倍になっているのは驚くべきだ。

AMD Radeon VIIの特徴&注意点など

RX Vega64から飛躍的な進歩はない

AMDにとって利点と言えるのはRadeonⅦが確実に前モデルから性能がアップしているということだ。一方、AMDにとってのマイナス面はRadeonⅦはVegaのままということだ。新しい7nmのプロセスを採用しているものの第5世代のアーキテクチャを流用している。

NVIDIAがレイトレーシングなど新しい技術に焦点を当てていることを考えるとやはり物足りない。レイトレーシング自体未知数だが、ゲーム向けの新技術ということで評価できる。Vega 20はVegaアーキテクチャ自体に付加された機能はない。AMDの戦略で気になるのはRX Vega 64から大きく変化していないことに尽きる。中身を見るとRadeonⅦはVega 60あるいはスペックを表した型番にするべきだったかもしれない。

AMDは、何よりも性能を追いかけているということだ。コレ自体AMDの立ち位置を考えると理にかなっているかもしれないが、RadeonⅦが先代モデルの欠点をなくそうという努力はしていないということになる。例えば、パワー効率などが欠点の一つだ。

コンテンツクリエイター向けとして優秀

コンテンツ制作を考慮すると興味深いグラフィックボードとなる。RadeonⅦは、16GBのVRAMを搭載したグラフィックボードだ。現時点で市場にライバルはいない。8GB以上のVRAMを要求されるアプリケーションの利用を考えているプロフェッショナルの方にとっては10万円前後で購入できるRadeonⅦは魅力的な選択肢だと言える。

VRAM 24GBのRTX TITANだと40万円近い予算が必要だ。ゲームプレイにおいては16GBのVRAMを活かせるとは思えない。それでもVRAMを求められるクリエイター向けのアプリケーションを使用する方には最適な選択肢と言える。

在庫が少なく入手しにくい

RadeonⅦで懸念されるのは在庫僅少で入手困難になる可能性があることだ。RTX2080Tiのリリース時も品切れが続いたが、このRadeonⅦでも同様に在庫が薄くなりやすいと言われている。この新しいRadeonシリーズについては需要がそれほど高くないことを考慮して生産自体それほど多くないだろう。

各グラフィックボードのベンダーもそれほど参入しないと考えられる。現時点ではMSIから発売が予定されている。BTOメーカーでも抱える在庫はそれほど多くないだろう。同様にRadeon Ⅶ搭載のBTOパソコン自体ほとんど販売されない可能性はある。今後のラインナップ追加を要チェック。当サイトでも新しいモデルが販売されれば随時追加していくつもりだ。

>>>>>Radeon VIIを確認する(Amazon)<<<<<

AMD Radeon VIIのベンチマーク一覧(ゲーム)

ゲームプレイ中のフレームレートを計測。WQHD環境及び4K解像度×最高設定で計測している。簡単に結果をまとめると、基本的にはWQHD環境をターゲットとするグラフィックボードだ。4K解像度も対象となるが、一部のタイトルでは60fpsを出すことができないこともあり設定を調整することが求められる。

PUBG

pubgradeonⅦ-pubg

人気タイトルのPUBGではRTX 2080よりも3%-5%高いスコアを計測している。RX Vega 64と比較すると50%高い。新しいグラフィックボードということで性能面では確かに向上しているということがわかる。ただし、PUBG以外では基本的にはRTX 2080が優勢となっている。

Rise of the Tomb Raider

Rise Of The Tomb RaiderradeonⅦ-riseofthetomb

RX Vega 64よりも25%高いフレームレートとなっている。ただし、RTX 2080と比べると20%劣ってしまっている。最適化があまり進んでいないのだろう。なお、4K解像度では最高設定でのゲームプレイは厳しい。設定を調整して対応する必要がある。

Battlefield 5

battlefiled5radeonⅦ-battlefield5

RTX 2080とほぼ同等のスコアだ。新しいタイトルほど高いフレームレートが出やすい。WQHD環境ならリフレッシュレートの高いモニターでも最大限活かせる。4K解像度でも73.1fpsと十分過ぎる性能を持っていると言えるだろう。RX Vega 64と比較すると25%高くなっていることから新モデルとしてふさわしい性能だ。

Far Cry 5

farcry5radeonⅦ-farcry5

TOP 3のモデルについてはほぼ同等のスコアとなっている。これはCPUがボトルネックとなってしまっているからだろう。注目すべきは、4K解像度でのゲームプレイにおいてはRTX 2080及びGTX 1080 Tiよりも高くなっていることだ。新しいタイトルに強いグラフィックボードに仕上がっている。

Deus EX: Mankind Divided

deusexradeonⅦ-deusex

RTX 2080とほぼ同等だ。数%の差なので誤差と言えるかもしれない。RX Vega 64と比較すると35%程度高いスコアを計測している。グラフィックボードの性能は時代と共に確実に進化しているということだ。

AMD Radeon VIIのベンチマーク一覧(その他)

コンテンツ制作はゲームとは全く異なる土俵となる。ゲーム以上に大容量のGPUメモリがより良い影響を与えることがあるのだ。それらを踏まえた上でベンチマークを見ていこう。LuxMarkは、OpneCLのベンチマークツールだ。Cinema 4Dは、MAXON Computer社によって開発されている3DCGソフトウェアだ。

LuxMark v.3.1

Luxmark-radeonⅦ画像引用元:http://www.luxrender.net/LuxMark v.3.1-radeon7

LuxBall HDRのようなバンド幅が重要なベンチマークでは、Titan RTXのようなモンスター級のグラフィックボードをも超える。Nueumann TLM-201 SEやHotel LobbyではさすがにTitanを超えられていないが、RTX 2080よりも15%以上高いスコアとなっている。

Cinema 4D

cinema4d-radeonⅦ画像引用元:https://www.amd.com/Cinema4D-radeon7

Cinema4Dは、RTX 2080を好むようだ。それでもRX Vega 64と比較して30%-40%程度スコアが向上している。ゲームだけではなくクリエイター用途を中心に考えたら魅力的な選択肢となるだろう。

AMD Radeon VII搭載おすすめゲーミングPC

LEVEL-R0X4-R72X-RSVI-TD2(パソコン工房)

LEVEL-M037-i5-VN価格:217,980円
CPU:Ryzen 7 2700X
GPU:AMD Radeon VII 16GB
メモリ:DDR4-2666 16GB
SSD:250GB 512GB NVMe対応
HDD:1TB
電源:800W 80PLUS TITANIUM
公式

RadeonⅦ搭載モデルで最もおすすめの一台となっている。CPUにはRyzen 7 2700Xを搭載し最高峰のグラフィックボードの相性もばっちり。メモリ16GBと大容量だ。SSDは512GBに無償アップグレードとなっている。HDD 1TBを採用しダブルストレージなのは嬉しい。

LEVEL-R0X4-R72X-RSVI-PJS(パソコン工房)

LEVEL-M037-i5-VN価格:217,980円
CPU:Ryzen 7 2700X
GPU:AMD Radeon VII 16GB
メモリ:DDR4-2666 16GB
SSD:250GB NVMe対応
HDD:1TB
電源:800W 80PLUS TITANIUM
公式

現時点でこのモデルを選択する理由はない。SSD容量が少ない分だけ損だからだ。

当記事のまとめ

Radeon Ⅶは、AMDから新しく登場したグラフィックボードだ。多少クセはあるものの購入する目的さえしっかりと理解していれば最適なグラフィックボードだと言える。RX Vega 64よりも2倍のHBM2メモリと1TB/sのメモリ帯域幅を装備して性能は向上している。ゲームプレイにおいてはWQHD環境が中心となるだろう。4K解像度でも設定を調整すれば対応することが可能だ。

課題は、競合と比べた場合のコストパフォーマンスの低さだ。同じ価格帯のRTX2080と比較して性能は数%劣る。その上、レイトレーシングやDLSSなどの新技術が搭載されているわけではないので割高感は否めない。それでもHBM2メモリ 16GBと大容量でコンテンツ制作向けのソフトウェアでは高いパフォーマンスを発揮する。

Radeon Ⅶを搭載したBTOパソコンはそれほどラインナップは増えないだろう。2019年2月上旬時点で搭載モデルはない。主なターゲットは自作派のゲーマーあるいはクリエイターの方となる。AMDが好きな方はぜひチェックして欲しい。

>>>>>Radeon VIIを確認する(Amazon)<<<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る

ベンチマークテスト環境

desktoppc

CPUCore i7-8700K
メモリ2x8GB G.Skill TridentZ RGB
DDR4-3200
SSDSamsung 970 Evo 1TB
Samsung 860 Evo 4TB
電源EVGA SuperNova P2 1000W
マザーボードGigabyte Z370 Aorus Gaming 7
参照元:AMD RADEON VII REVIEW (PCGAMER)

その他参照外部サイト