GALLERIA RM5C-R35-13thtop


当記事では、GALLERIA RM5C-R35のレビューとスペックの解説を行っている。Core i5-13400F×RTX 3050搭載のゲーミングPCだ。グラフィックスのRTX 3050は、GTX 1660 SUPER/GTX 1660 Tiを上回る性能を持つ。性能を考えるとあと1万円は安くなって欲しい。現在の価格では上位モデルであるRTX 3060搭載モデルと比べた優位性がほとんどなく選ばれづらいはずだ。比較対象モデルなら同じ価格でツーランク上のモデルが購入できる。

型番の解説コーナー

GALLERIA RM5C-R35という型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実は型番を分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA RM5C-R35」は、R=シリーズ(Refine:洗練)、M=MicroATX(ケース)、5C=Core i5-13400F、R35=RTX 3050ということだ。

GALLERIA RM5C-R35のスペック

RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA RM5C-R35
価格144,980円(税込)
CPUCore i5-13400F
グラフィックボードGeForce RTX 3050
メモリDDR4-3200 16GB
SSD500GB Gen4 NVMe
電源550W BRONZE
マザーボードチップセットB760
おすすめ度Bランク
評価・コスパ
6.7

—–内訳—–
・コスパ(CPU・GPUメイン)
5.0

・構成
6.0

・品質/サポート
9.0

10,000円の値引きも存在感は出ない

GALLERIA RM5C-R35 SSD500GB搭載は1万円の値引きが適用されたが評価は上がらない。1万円引きされても選びやすいとは言えず、RTX 4060搭載モデルに近い価格であることが苦しい。当該モデルを含めてGeForce RTX 3050は依然として影の薄い存在だ。GTX 16シリーズの取り扱いが終了してからが本番だ。それまではどうしても微妙な性能と価格のままとなる。

GeForce RTX 3050搭載モデルは、どのメーカーも取り扱いに困る存在となっているように思える。下位モデルに迫ることも難しく、上位モデルに迫られいいところがない。はっきり言って、現時点ではあまり選ぶメリットのないモデルだ。登場からそれなりに時間が経過していること、すでに次世代シリーズが登場していることから、今後価格が下がる可能性がある。

下位のGTX 1660 SUPER搭載モデルは12万円台、上位のRTX 4060搭載モデルが15万円台だ。RTX 3050搭載モデルは129,980円~134,980円になれば選択する価値が出てくる。あと1万円安くなれば狙い目ということだ。現時点ではGeForce RTX 4060搭載モデルを選ぶ方が無難だ。

GeForce RTX 3050は50番台であるため、本来はロークラスになるべきモデルだ。GTX 16シリーズが現存していることで、相対的にミドルクラスに属していることが状況をより悪くしている。性能よりも価格を重視したいだけに、当面は別のモデルを選択することを推奨したい。

>>GALLERIA RM5C-R35を購入<<

GALLERIA RM5C-R35の各タイトル対応表

FF15Apex LegendsFORTNITE
ff15
・4K


・WQHD
Apex-Legends
・240fps


・144fps
fortnite
・240fps


・144fps

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5C-R35はCore i5-13400FとRTX 3050を搭載したロークラスのゲーミングPCだ。ゲーム性能はそれほど高くないものの、設定を下げることで高リフレッシュレート環境に対応できる。Apex Legendsやフォートナイトは設定を標準より少し下げることで144Hz環境で快適にプレイできる。プレイするゲームがある程度決まっているなら扱いやすい性能と言える。

GALLERIA RM5C-R35の性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。他のパーツと比較して相対的な位置を見ることは意味がある。

Core i5-13400F(CPU)

Core i7-13700K38,343
Ryzen 9 7900X37,541
Core i9-12900K34,518
Core i5-13600K30,159
Core i7-12700K30,046
Core i7-1270028,961
Ryzen 7 7700X27,183
Core i5-1350027,009
Core i5-12600K25,507
Core i5-1340025,345
Ryzen 5 7600X24,962
Ryzen 7 5800X24,001
Core i7-11700K23,705
Core i5-1240020,146
Core i7-1170020,009
Core i5-1140016,019

当該モデルではIntel第13世代のCore i5-13400Fを搭載している。CPU内蔵グラフィックスは非搭載だが、グラフィックボードを搭載しているゲーミングPCのためデメリットはない。10コア16スレッドと従来モデルよりもスペックが引き上げられてパフォーマンスが大きく向上している。従来モデルのCore i5-12400と比べて25%以上も性能が高く動画編集などの作業にも対応しやすい。競合モデルであるRyzen 5 7600Xを引き離している。ゲーミングCPUとしての評価も高くCore i5-12600Kと同等以上の性能を期待できる。RTX 3050とのバランスを考えるとこれ以上のモデルはない。

GeForce RTX 3050(GPU)

RTX 3060 Ti24,213
RTX 306020,322
RTX 2060 SUPER19,366
RTX 206017,012
GTX 107016,442
RTX A2000 12GB14,816
RTX 305014,734
RTX A2000 6GB14,569
GTX 1660 Ti14,522
GTX 1660 SUPER14,113
GTX 1650 SUPER12,238
GTX 1060 6GB12,009
GTX 1060 3GB11,144
GTX 16509,506
RX 64009,392
GTX 1050 Ti7,762
GTX 16306,394
GTX 10506,300

当該モデルでは、Ampere世代におけるエントリークラスであるGeForce RTX 3050を搭載している。50番台ながらTuring世代のミドルクラスであるGTX 1660 SUPERやGTX 1660を上回る性能を持つ。フルHD環境でのゲームプレイに対応することができる。従来モデルのGTX 1650と比べて50%以上もパフォーマンスが引き上げられている。Radeon RX 6500 XTとの性能差も15%とやや大きい。RTX 3050は初めて50番台でレイトレーシング・DLSSに対応となっているが、それほど適正があるわけではないためおまけ程度に考えておこう。

>>GALLERIA RM5C-R35を購入<<

GALLERIA RM5C-R35の特徴まとめ

もう少し価格が下がるまでは様子見推奨

GALLERIA RM5C-R35は、ガレリアブランドとして久しぶりに再登場となったRTX 3050搭載モデルだ。RTX 3050は登場時から微妙な立ち位置のGPUで、2世代前のGTX 1660 SUPERよりも少し性能が高い程度の性能だ。GALLERIAではGTX 1660 SUPER搭載モデルよりも先にラインナップから姿を消したが、最近になって復活した。

当初よりも価格は下がっているものの、RTX 3050の性能を考えればもっと安くならなければおすすめするのは難しい。RTX 3060搭載のGALLERIA RM5C-R36より1万円安く、GTX 1660 SUPER搭載のGALLERIA RM5C-G60Sより1万円高い。ちょうど中間に位置しているが、性能的にはGTX 1660 SUPERと同等なのでGALLERIA RM5C-G60Sより5,000円高い149,980円くらいにはなってほしい。

RTX 3050搭載モデルの相場は13万円台という現在の市場では仮に149,980円でもおすすめすることは難しい。もっと言えば、RTX 3050搭載モデルを選択するなら、少し予算を上げてRTX 3060搭載モデルを選ぶ方がいい。特にGALLERIAシリーズ内では性能と価格の差がおかしい。

あえて割高とも言えるGALLERIA RM5C-R35を選択する必要はないだろう。GALLERIA RM5C-R35はなかなか価格が下がらない。その要因は後述するが、下位GPUの存在によるところが大きい。あと2万円安くなればおすすめできるモデルになれる。それまでは様子を見るべきモデルである。

競合製品の多い価格帯で状況は厳しい

多くのショップでRTX 3050は不遇な扱いを受けている。これは2世代前となるGTX 1660 SUPERが未だに現存していることが要因だ。本来最下位モデルになるはずのRTX 3050は、その下のGPUが消えない限り価格を下げられない。こういった背景からか、RTX 3050を取り扱うショップは減少傾向にある。

評価は相対的に高くなるが、おすすめ度は変わらず低い。GALLERIA RM5C-R35は価格が相場よりも高い。15万円前後の価格帯はゲーミングPCで最も人気のある価格帯だ。必然的に比較対象は相場よりも安価になったモデルや、価格帯で強力と言えるモデルばかりになる。性能で上回りつつも、価格は同じか少し安いモデルが多い。

どこのショップでもこの価格帯や性能帯は力を入れている。中途半端なRTX 3050搭載モデルは比較対象が強力過ぎてあまり選ばれないモデルとなっている。GALLERIA RM5C-R35の強みは何だろうか。価格や性能に魅力があるわけではない。そもそも性能の魅力は価格あってのものだ。

これだと言える強みがないモデルをおすすめすることはない。比較の項目にあるモデルをチェックしてほしい。非常に強力なモデルの多い価格帯であるため、比較対象のモデルは多い。セールやキャンペーンがあれば、GALLERIA RM5C-R35を圧倒するモデルが当然のように出てくる。タイミングによっては更に強力なモデルが登場しているかもしれないので、当サイトのランキングもチェックしておいてほしい。

>>GALLERIA RM5C-R35を購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名GALLERIAGALLERIA
イメージgalleriarseriesgalleriaxseries
製品名GALLERIA RM5C-R35
SSD500GB搭載
GALLERIA XA7R-R46
5700X搭載
価格144,980円(税込)149,980円(税込)
CPUCore i5-13400FRyzen 7 5700X
GPURTX 3050RTX 4060
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSD500GB Gen4 NVMe1TB NVMe
HDD非搭載非搭載
電源550W BRONZE650W BRONZE
マザーボードB760B550
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は同じドスパラのGALLERIA XA7R-R46 5700X搭載だ。GALLERIA XA7R-R46 5700X搭載の方が5,000円高いが、GPU性能は大きく向上し、SSD容量も倍増となる。5,000円では到底届かない差があるため、GALLERIA XA7R-R46 5700X搭載をおすすめしたい。GeForce RTX 4060はGeForce RTX 3050に対して、50%以上も性能が高く全く別物だ。

これだけでGALLERIA XA7R-R46 5700X搭載を選択する理由になる。CPU性能はわずかにCore i5-13400Fが上回るものの、GPU性能は圧倒的な差が生じている。GeForce RTX 3050搭載モデルはもっと価格を抑えてこそ本領が発揮される。今の不遇な扱いのままでは、選ぶメリットがほとんどない。15万円以下で探しているなら、同じ価格帯のGALLERIA XA7R-R46 5700X搭載をおすすめしたい。

>>GALLERIA RM5C-R35を購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

管理人による総評(GALLERIA RM5C-R35)

RM5C-G50

GALLERIA RM5C-R35は、Core i5-13400F×RTX 3050搭載のゲーミングPCだ。2023年時点におけるエントリークラスのモデルとなっている。GeForce RTX 3050の性能はGeForce GTX 1660 SUPER以上GeForce RTX 2060未満といったところに落ち着く。フルHD環境で設定を下げればある程度ゲームプレイに対応できる。CPUには6コア12スレッドの高コスパなCore i5-13400Fを搭載していてバランスは良好だ。

もう少し価格が下がるまでは様子を見るのがよい。上位モデルであるGeForce RTX 4060搭載モデルと比べて価格を抑えきれておらず手を出しづらい。今の価格だとGeForce RTX 4060搭載モデルが選択肢に入るほどだ。やはり旧世代のGTX 1660 SUPERがラインナップから消えず、価格を下げづらい状況なのだろう。比較対象モデルを確認しておこう。

価格CPUグラボ
144,980円(税込)Core i5-13400FRTX3050
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載