GALLERIA RM5C-R36T-13thtop


当記事では、GALLERIA RM5C-R36T 第13世代Core搭載のレビューとスペックの解説を行っている。最新のIntel第13世代のCore i5-13400を搭載したゲーミングPCだ。Core i5-12400搭載モデルである「GALLERIA RM5C-R36T」に+20,000円とやや価格が高めだが、最新モデルではこういったことは起こり得る。もう少し価格が下がるのを待つのが吉だ。その後15,000円安くなって価格差が5,000円まで縮まっている。

型番の解説コーナー

GALLERIA RM5C-R36T 第13世代Core搭載という型番を見てもただの英数字の羅列に見える。実は型番を分解して考えるとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA RM5C-R36T 第13世代Core搭載」は、R=シリーズ(Refine:洗練)、M=MicroATX(ケース)、5C=Core i5-13400、R60T=RTX 3060 Tiということだ。

冬の大感謝祭で15,000Pプレゼント中

GALLERIA RM5R-R36T 5600Xcampaign2023/01/23 10:59まで冬の大感謝祭実施中で15,000円分のポイントを獲得できる。当サイトのコスパ指標ではポイント還元は考慮していない。ポイントよりも実際の価格が安い方が魅力的だからだ。ドスパラでパーツやデバイスの購入を考えている方ならコスパは数値以上に高くなると考えてよいだろう。

GALLERIA RM5C-R36T 第13世代Core搭載のスペック

RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA RM5C-R36T
第13世代Core搭載
価格 184,980円(税込)
CPUCore i5-13400F
グラフィックボードGeForce RTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットB760
おすすめ度Cランク
評価・コスパ
★★★★★★★☆☆☆ 6.7

・構成
★★★★★★☆☆☆☆ 6.0

・品質/サポート
★★★★★★★★★★ 10.0

>>GALLERIA RM5C-R36Tを購入<<

GALLERIA RM5C-R36T 第13世代Core搭載の各タイトル対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
240Hz
フォートナイト
144Hz
ff14suisyou
★★★★☆
Apex-Legends
★★★★☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★☆
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5C-R36T-13thseinou

GALLERIA RM5C-R36T 第13世代Core搭載はCore i5-13400FとRTX 3060 Tiを搭載したハイクラスのゲーミングPCだ。最新のCore i5-13400Fはゲーム性能はそこまで伸びていないが、処理性能は大きく向上している。RTX 3060 Tiとバランスを取るだけならCore i5-12400でも十分なので、汎用性の高さが伸びたと考えると最良のCPUとなっていく可能性はある。
また、高解像度は従来よりも得意なので4KでFF14をプレイするなどは得意だ。当然Apex LegendsやFortniteを高リフレッシュレートでプレイすることも可能であるため、従来以上に使いやすい性能と言える。

GALLERIA RM5C-R36T 第13世代Core搭載の性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。他のパーツと比較して相対的な位置を見ることは意味がある。

Core i5-13400F(CPU)

Core i7-13700K38,343
Ryzen 9 7900X37,541
Core i9-12900K34,518
Core i5-13600K30,159
Core i7-12700K30,046
Core i7-1270028,961
Ryzen 7 7700X27,183
Core i5-12600K25,507
Core i5-1340025,345
Ryzen 5 7600X24,962
Ryzen 7 5800X24,001
Core i7-11700K23,705
Core i5-1240020,146
Core i7-1170020,009
Core i5-1140016,019

GALLERIA RM5C-R36T 第13世代Core搭載では、製品名にある通りCPUに最新のIntel第13世代のCore i5-13400Fを搭載している。今世代からはCore i5シリーズの無印モデルでもハイブリッドコアアーキテクチャ採用となった。6コア12スレッドから10コア16スレッドへとスペwっくが引き上げられて処理性能が向上している。Core i5-12400と比べて25%以上もパフォーマンスが高い。Core i5-12600Kに近い水準に到達となった。当然ゲーム実況・動画編集・画像編集などのクリエイター作業にも適している。Core i5シリーズだからといって侮れないところまで来ている。一方で、ゲーム性能についてはCore i5-12400と比べて大きく高くなったということはない。これはコア自体がIntel第12世代からの流用だからだ。Core i5-13600KではRaptor CoveとGracemont Refreshだが、Core i5-13400ではGolden CoveとGracemontとなっている。ゲーミング性能を重視するならCore i5-13600K以上がよいだろう。

GeForce RTX 3060 Ti(GPU)

RTX 4070 Ti38,219
RTX 309037,896
RTX 3080 10GB34,282
RTX 3070 Ti29,957
RTX 307028,194
RX 6750 XT27,986
RTX 2080 Ti26,552
RX 6700 XT25,895
RTX 3060 Ti24,213
RTX 2080 SUPER23,712
RTX 208022,590
RTX 2070 SUPER22,276
RTX 207020,387
RTX 306020,322
RTX 2060 SUPER19,336
RTX 206017,012

当該モデルではグラフィックスにAmpere世代で人気のRTX 3060 Tiを搭載している。60番台のグラフィックボードながら、旧世代のRTX 2080 SUPERを上回る高いパフォーマンスを発揮する。RTX 3060と比べて20%程度パフォーマンスが高い。フルHD環境で高リフレッシュレートを実現できる。タイトルによっては高解像度でのゲームプレイにも対応可能だ。

>>GALLERIA RM5C-R36Tを購入<<

GALLERIA RM5C-R36T 第13世代Core搭載の特徴まとめ

選びやすくはなったが様子を見たいモデル

GALLERIA RM5C-R36T 第13世代Core搭載は登場時199,980円だった。それが1週間も経たない間に184,980円まで15,000円の値引きが適用されている。これにより、従来のCore i5-12400を搭載したGALLERIA RM5C-R36Tとの価格差を5,000円にまで縮めて、確実に選びやすいモデルになったと考えてよいだろう。

従来モデルよりも性能の高いCPUを搭載していることから、選択するメリットが大きくなった。登場時よりも価格が安くなったとは言えCore i5とRTX 3060 Tiの組み合わせで18万円台はそこまで安いものではない。GALLERIAシリーズの中では選びやすくなったものの、Core i5-12400FとRTX 3060 Tiを搭載したモデルは16万円台に突入している。

同等のゲーム性能を持つCore i5-12400FとCore i5-13400Fの差が2万円となるとおすすめしにくい部分がある。将来性はあるが、今は変わらず様子見をしたいモデルである。まだまだ登場したばかりなので、第12世代が消えるまでは一気に値下げされることはない。

Core i5-13400Fは世代が変わって処理性能を大きく伸ばした一方で、ゲーム性能は少し上回るという程度だ。ゲームによってはCore i5-12400の方が高いものもある。ゲームを中心とするには少し魅力が薄い。Core i5-13400Fの魅力を体感するには、処理性能が求められる用途が必要だ。例えば、配信や複数のアプリケーションを起動するなどだ。

やや負荷の高いゲームをしながら別のアプリケーションを起動するような場面でCore i5-12400と明確な差が生じる。ゲームだけをプレイするならほとんど違いを感じることはない。Core i5-13400FはCore i5-12400と同じ価格に下がって初めて価値が出るCPUだ。もう少し安くなるまではおすすめしにくいのが現状である。

価格が抑えきれないのがデメリットとなる

最新のCore i5-13400Fを搭載していることで価格を下げることができずそれがデメリットとなっている。Core i5-13400Fを搭載するということは、当然マザーボードも最新のものが採用されることになる。ソケット的には従来の600シリーズとなるチップセットでも使用可能だが、BIOSのアップデートなどが必要だ。

標準で対応していないものは搭載モデルには採用できない。従来のマザーボードを流用できないところにもコストが掛かっている。これも時間経過で落ち着くはずだが、最新であることのデメリットはコストが抑えにくいところにある。それでもメモリはDDR4を使用できること、そこまで発熱が大きくないことからコストを抑えやすい部類ではある。

だからこそ、Core i5-12400搭載モデルと5,000円の差で展開できているのだと思う。価格が少ししか違わないのは、それほど性能が変わらないということもあるだろう。近い性能を持つCPUと価格差があれば、安価なCPUに人気が集中することになる。第13世代の価格がすぐに落ち着いたのはそういう背景もありそうだ。

はっきり言うとCore i5-12400やCore i5-12400FからCore i5-13400Fに買い替えるメリットはない。Core i7-12700F搭載モデルの方が性能も高く価格も安い時期があった。処理性能が大きく伸びたと言っても、Core i7-12700には届かない。性能面にもあまり期待できない。

現時点ではCore i7-12700FとRTX 3060 Tiを組み合わせたモデルの多くが20万円台だ。予算的に20万円を超えると厳しいというユーザーにはCore i5-13400FとRTX 3060 Tiの組み合わせが優秀な選択肢となる。ゲーム性能への期待ではなく、処理性能への期待だ。ゲーム性能だけを求めるならCore i5-12400Fでいい。

配信を行うストリーマーや、作業を行うユーザーにはCore i5-13400Fは選びやすく扱いやすいCPUとなるはずだ。価格が高くなり、見合った性能に期待できなくなることが最新であることのデメリットである。価格が安くなれば性能面のデメリットがなくなる。それまではあまりおすすめできない。

>>GALLERIA RM5C-R36Tを購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランドGALLERIAG-Tune
イメージRM5C-G50nextgear-micro
製品名GALLERIA RM5C-R36T
第13世代Core搭載
G-Tune TD-S
ケースミニミニ
価格184,980円(税込)168,800円(税込)
CPUCore i5-13400FCore i5-12400F
GPURTX 3060 TiRTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE700W BRONZE
マザボB760B660
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Sだ。価格差は少し詰まったが、まだまだG-Tune TD-Sの方が評価でも選びやすさでも上だ。もう少し価格が近くなればCore i5-13400Fを搭載していることのメリットが強くなる。仮にG-Tune TD-Sと同じ価格になればCore i5-12400Fを選ぶメリットがなくなり、Core i5-13400Fを避けるデメリットがなくなる。

Core i5は性能の高さも必要だが、価格も非常に重要だ。価格に見合った、それ以上の性能を持って初めて選ばれるCPUである。登場したばかりで価格が抑えきれていないGALLERIA RM5C-R36Tはもう少し変化した先を見たい。今はまだG-Tune TD-Sがおすすめだ。

>>GALLERIA RM5C-R36Tを購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RMsyoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RMright右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RMleft左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RMlefthaimen背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

I/Oパネル

GALLERIA RMlefthaimeniopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

本体上部

GALLERIA RMlefthaimeniopaneljyobu本体上部にもメッシュ加工が施されていてここから熱を放出する仕組みだ。高性能なグラフィックボードやCPUを搭載していても発熱が問題とならない工夫がある。

本体内部

GALLERIA RMlefthaimeniopanelinside*GALLERIA RM5R-R36 5600X搭載ではないため一つの参考として欲しい
内部にはある程度の余裕がある。ガレリアブランドの場合ミニタワーケースでもサイズは大きめであることがわかる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

管理人による総評(GALLERIA RM5C-R36T)

RM5C-G50

GALLERIA RM5C-R36T 第13世代Core搭載は、Core i5-13400F×RTX 3060 Ti搭載のハイクラスのゲーミングPCとなっている。Intel第13世代のCore i5-13400Fを搭載したモデルがいち早く登場した。10コア16スレッドとスペックが引き上げられてゲーム+αでも考えられるモデルだ。RTX 3060 Ti搭載モデルとして見ると税込18万円という価格設定だと弱い。もう少し価格が下がるのを待つかCore i5-12400搭載モデルを選択するとよい。比較対象モデルも合わせて確認しておこう。

価格CPUグラボ
184,980円(税込)Core i5-13400FRTX3060Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2023年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • GALLERIA RM5C-R36T 第13世代Core搭載を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya