GALLERIA RM5C-R46top


ドスパラが販売する「GALLERIA RM5C-R46 『Minecraft: Java & Bedrock Edition for PC、Xbox Game Pass同梱版』」のレビューを行った。標準的な性能を持つモデルで、従来モデルに当たるGALLERIA RM5C-R36はトップクラスの人気を誇っている。そんなモデルの後継機なだけに、掛かる期待は大きい。そして、その期待を裏切らない価格設定から、GALLERIA RM5C-R46もすでに人気の兆しが見える。そう遠くない未来に、GALLERIAの人気ランキングに入る予感のするモデルである。

型番の解説コーナー

GALLERIA RM5C-R46という型番はただの英数字の羅列に見えるかもしれない。実は型番を分解するとグレードや搭載されているグラフィックボード/CPUがわかる仕組みになっている。「GALLERIA RM5C-R46」は、R=シリーズ(Refine:洗練)、M=MicroATX(ケース)、5C=Core i5-14400F、R46=GeForce RTX 4060ということだ。

GALLERIA RM5C-R46のスペック

RM5C-G50

メーカードスパラ
ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA RM5C-R46
価格159,800円(税込)
CPUCore i5-13400F(レビュー)
グラボGeForce RTX 4060(レビュー)
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットB760
おすすめ度Aランク
評価・コスパ
7.9

—–内訳—–
・コスパ(CPU・GPUメイン)
8.2

・構成
6.5

・品質/サポート
9.0

>>GALLERIA RM5C-R46を購入<<

GALLERIA RM5C-R46の各タイトル対応表

パルワールドApex LegendsFORTNITE
palworld
・144fps


・60fps
Apex-Legends
・240fps


・144fps
fortnite
・240fps


・144fps

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5C-R46はCore i5-14400FとRTX 4060を搭載したミドルクラスのゲーミングPCだ。標準的な性能で、設定次第で多くのゲームを快適にプレイできる。Apex Legendsは144Hz環境を安定させやすく、フォートナイトは240Hz環境に対応できる。人気のパルワールドも設定を標準程度にすれば60fpsでの安定が目指せる。パルワールドの最適化が進む頃には、高リフレッシュレートにも対応できるかもしれない。圧倒的な環境は難しくても、設定次第でほぼ全てのゲームをプレイできるので、エントリークラスとしてもおすすめだ。

GALLERIA RM5C-R46の性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここではゲームに重要なグラフィックボードとCPUについて細かく見ていく。PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しい。全体として見るのではなく、一つずつのパーツを見ていくと理解しやすいはずだ。他のパーツと比較して相対的な位置を見ることは意味がある。

Core i5-14400F(CPU)

i5-14400gamescore

CPUはIntel第14世代のCore i5-14400Fを搭載している。旧世代のCore i5-13400のリフレッシュモデルでゲーム性能はそこまで変わっていない。性能差は1%未満だ。GeForce RTX 4060 TiやGeForce RTX 4060との組み合わせが人気だ。60番台のグラフィックボードとの組み合わせならボトルネックは心配しなくてよいだろう。

一世代前のIntel第13世代からCore i5シリーズの無印モデルでもハイブリッドコアアーキテクチャが採用されている。Core i5-12400では6コア12スレッドだったが、Core i5-13400では10コア16スレッドへと引き上げられ、処理性能が大幅に向上した。2世代前のCore i5-12400と比べて25%以上も処理性能が高い。前世代のCore i5シリーズで最高の性能を持つCore i5-12600Kに近いスペック・性能となった。

標準的な性能を持っていることで、ゲームの配信や動画投稿に必要な性能を有している。性能が向上したことで汎用性も高まり、クリエイティブな作業にも適したCPUだ。ゲーム性能に関しては前世代のCore i5-12400と比べて大きな変化はない。あくまでも処理性能が向上しているだけだ。

GeForce RTX 4060(GPU)

rtx4060gamescore

GeForce RTX 4060は2023年6月29日に発売された最新のグラフィックボードだ。前世代のGeForce RTX 3060と比べて、性能は20%ほど高くなっている。残念ながら期待された性能に達してはおらず、GeForce RTX 3060とGeForce RTX 3060 Tiの中間程度の性能だ。登場前はRTX 3060 Tiと同等か少し高いくらいと予想されていたこともあって、GeForce RTX 4060はあまり評価の高いGPUというわけではない。

それでも評価の低さは性能面が期待に応えられていないだけのことである。純粋にミドルクラスのGPUとして見れば、従来モデルよりも性能は高く、価格も抑えられている。消費電力はGeForce RTX 3050と同等だ。コストパフォーマンスやワットパフォーマンスに関しては非常に優秀なグラフィックボードと言える。

扱いやすい性能と選びやすい価格で、ミドルクラスに求められる役割はしっかり果たしている。性能面に関しても期待値を下回っただけで、従来よりも性能は高いことから上位互換だと考えてよい。高すぎる期待値を超えることはできなかったが、実用面から見ると十分過ぎる成長が見られる。十分おすすめに値するグラフィックボードである。

>>GALLERIA RM5C-R46を購入<<

GALLERIA RM5C-R46の特徴まとめ

価格に安定感のあるミドルクラス

GALLERIA RM5C-R46はCore i5-14400×GeForce RTX 4060搭載の最新ゲーミングPCだ。現時点で価格も安定していて選びやすい。少し前までCore i5-13400F搭載モデルとCore i5-14400F搭載モデルの両方販売されていた。今はCore i5-13400F搭載モデルの販売が終了しており、一部のコラボレーションモデルが残っているだけだ。コラボレーションモデルは構成面が強化されていて、通常のGALLERIA RM5C-R46よりも価格が高くなっている。

Core i5-14400F搭載のGALLERIA RM5C-R46は、159,980円に落ち着いた。一時は162,980円だったが、第13世代と入れ替わる形で価格も同等になっている。いつの世代でも、このGALLERIA RM5C-R46の価格は大体159,980円だ。時間経過で14万円台に足を踏み入れそうな価格になる。ミドルクラスに求められるのはコストパフォーマンスであり、選びやすさである。GALLERIAのミドルクラスはいつでも選びやすい。

価格が高騰したときも、そこまで大きく変化しなかったほどだ。言い換えれば、変化が小さいモデルだ。いつ選んでも損をしにくいという特徴とともに、時間経過で他のモデルの価格が下がり想定的に評価が下がるというデメリットも併せ持っている。登場時は最安値クラスからスタートするものの、そこからは値上げと値下げを繰り返し、15万円台中盤が限界だ。他のメーカーモデルよりも安く選べたモデルが、時間が経つほどに価格差を詰められる。

そして、いつの間にか価格は最安値から外れ、価格を武器にできなくなっていくのが通例だ。変化が小さいため、序盤にリードして追いつかれるまでが華のモデルだ。セール・キャンペーンでも大きな変化がない。これまでがそうであったように、1年後には強力なモデルに囲まれ、存在感を失っているかもしれない。今探しているならおすすめだが、しばらく先ならおすすめはしない。おそらく、その頃には別のモデルが台頭しているはずだ。初動の速さと価格設定がドスパラ製品にとっての武器である。

性能もほぼ従来の据え置きモデル

GALLERIA RM5C-R46は、価格が従来モデルと変わらないという強みを持っていることはすべて述べた。性能も従来とほとんど変わらないことは理解しておこう。Core i5-14400Fは従来モデルのCore i5-13400Fよりも性能は高いが、体感できるほどの差はない。価格が据え置きなら、性能もほぼ据え置きという評価のモデルだ。同等の価格であることが自然なことに感じるほどだ。

新製品となったからには、性能の向上に期待している方も多いはずだ。残念ながらほぼ同等と言える程度の差しかない。リネームモデルに近く、使用感は従来モデルと変わらない。特筆するほど優れた性能はなく、可もなく不可もないオーソドックスなモデルだ。もっとも、Core i5-14400FとGeForce RTX 4060を搭載したモデル全てに言えることだ。

GALLERIA RM5C-R46だけ性能の評価が低いわけではない。Core i5-14400Fの性能の伸びがいまひとつだったことが要因だ。これは、どこのメーカーも同じ判断なのだろう。Core i5-14400Fを搭載するモデルは、Core i5-13400Fとそっくりそのまま入れ替わるような形で展開されている。せめて、メモリ規格や電源など、構成に変化があればと思う。

ほぼ同じ性能のCPUと換装しただけではインパクトがない。一つ利点を挙げるとすれば、対抗のRyzen 5 7500FよりもCore i5-14400Fの方がわずかに性能が高い。Core i5-13400Fでは僅かに下回っていたため、Core i5-14400F搭載のメリットは対抗製品より性能が高くなったことだ。価格面では負けている部分もあるので、上位互換と言えるほどのリードを得てはいない。

ゲーム以外の用途でも、それほど劇的な変化はない。一世代前のCore i5-13400Fと比べると魅力は低い。しかしながら、3世代以上前のCore i5や2世代前のRyzen 5と比べれば大きな性能差を感じられる。Core i5-13400F搭載モデルからの買い替えは決しておすすめしない。比較対象のモデルと吟味して選んでほしい。

>>GALLERIA RM5C-R46を購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランドGALLERIALEVELθ
イメージGALLERIA RM5C-G60SLEVEL-M1P5-R45-RLX-WHITE
製品名GALLERIA RM5C-R46
SSD500GB搭載
LEVEL-M17M-134F-RLX-WHITE
ケースミニミニ
価格159,980円149,800円
送料3,300円2,200円(会員無料)
CPUCore i5-14400F
(10コア16スレッド)
Core i5-13400F
(10コア16スレッド)
GPURTX 4060RTX 4060
メモリDDR4-3200 16GBDDR5-4800 16GB
SSD500GB Gen4 NVMe500GB NVMe
電源650W BRONZE650W BRONZE
マザボB760B760
保証(延長)1年間(5年間)1年間(4年間)
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はパソコン工房のLEVEL-M17M-134F-RLX-WHITEだ。一世代前のCore i5-13400Fを搭載して価格は10,000円安い。実質送料無料なので、価格差は13,300円だ。GALLERIA RM5C-R46は最新のCPU Core i5-14400Fを搭載しているが、従来モデルのCore i5-13400Fと大きな差はなくそれだけでアドバンテージを得ることはできない。

むしろ、同等の性能を持つCore i5-13400Fを搭載し、価格が10,000円抑えられているLEVEL-M17M-134F-RLX-WHITEの方がおすすめだ。旧世代であっても、性能に差がないのであればデメリットはない。メモリもDDR5-4800を搭載しているのもポイントだ。ストレージの規格についてはGALLERIA RM5C-R46が優れている。LEVEL-M17M-134F-RLX-WHITEもいつまで選べるかわからないので、選べるうちに購入したい。

>>GALLERIA RM5C-R46を購入<<

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RMsyoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RMright右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RMleft左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RMlefthaimen背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

I/Oパネル

GALLERIA RMlefthaimeniopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

本体上部

GALLERIA RMlefthaimeniopaneljyobu本体上部にもメッシュ加工が施されていてここから熱を放出する仕組みだ。高性能なグラフィックボードやCPUを搭載していても発熱が問題とならない工夫がある。

本体内部

GALLERIA RMlefthaimeniopanelinside*GALLERIA RM5R-R36 5600X搭載ではないため一つの参考として欲しい
内部にはある程度の余裕がある。ガレリアブランドの場合ミニタワーケースでもサイズは大きめであることがわかる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

管理人による総評(GALLERIA RM5C-R46)

RM5C-G50

GALLERIA RM5C-R46は、Core i5-14400F×GeForce RTX 4060搭載のミドルクラスのゲーミングPCだ。すでに旧世代のCore i5-13400搭載モデルと同等の価格になっている。選びやすく扱いやすく初心者にもおすすめしやすいモデルである。あまり価格変動は期待できないが、今のタイミングで購入を考えているなら魅力的な選択肢となる。ゲーミング性能は高くフルHD環境ならどのタイトルである程度対応できる。負荷の軽いタイトルなら高リフレッシュレートを目指せる。新しいミドルクラスの王道、定番モデルになりそうだ。比較対象モデルも合わせて確認しておこう。ガレリアブランドにこだわりがないのであれば視野を広げる方がより優れた選択ができることもある。

価格CPUグラボ
162,800円(税込)Core i5-13400FRTX4060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載