raytrek 4CXFtop


当記事では、raytrek 4CXF 第13世代Core搭載のレビューをしている。Core i7-13700F×RTX 3070搭載のハイクラスのクリエイターPCだ。サードウェーブ(ドスパラ)が販売するクリエイターブランドのraytrek 4Cシリーズは、従来のraytrekシリーズが一新されて登場した。ぱっと見てわかるデザイン性の高さは多くのクリエイターだけではなくゲーマーの方も魅了するはずだ。最新のパーツを搭載していながら従来モデルと価格が変わらず評価はまずまずだと言える。

冬の大感謝祭で25,000Pプレゼント中

GALLERIA ZA5R-R36Tsale
2023/01/23 10:59まで冬の大感謝祭実施中で25,000円分のポイントを獲得できる。当サイトのコスパ指標ではポイント還元は考慮していない。ポイントよりも実際の価格が安い方が魅力的だからだ。ドスパラでパーツやデバイスの購入を考えている方ならコスパは数値以上に高くなると考えてよいだろう。

raytrek 4CXF 第13世代Core搭載のスペック

raytrek 4CXF

ブランド名raytrek
製品名raytrek 4CXF 第13世代Core搭載
価格234,980円(税込)
CPUCore i7-13700F
グラフィックボードGeForce RTX 3070
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源750W 80PLUS GOLD
マザーボードチップセットH770
光学ドライブDVDドライブ
おすすめ度Aランク
評価・コスパ
★★★★★★★☆☆☆ 7.0

・構成
★★★★★★★☆☆☆ 7.0

>>raytrek 4CXF 第13世代Core搭載を購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 15
4K High
Apex Legends
240Hz
Apex Legends
144Hz
フォートナイト
240Hz
フォートナイト
144Hz
Final Fantasy 15
★★★★☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

raytrek 4CXFseinou

raytrek 4CXF 第13世代Core搭載はCore i7-13700FとRTX 3070を搭載したハイクラスの性能を持つモデルだ。クリエイター向けのモデルだが、ゲーム性能にも優れているのでゲームメインの用途にも対応できる。高解像度はあまり得意ではないものの、FF15を最高設定に近い設定で安定してプレイできる。Apex Legendsやフォートナイトを高リフレッシュレートでプレイすることも可能だ。240Hz以上の環境では設定を下げた方が安定するので、最高設定を前提としているなら少し物足りなさがあるかもしれない。

raytrek 4CXF 第13世代Core搭載のゲーミング性能

Core i7-13700F(CPU)

Core i9-13900K42,134
Core i9-1390040,237
Core i7-13700K38,343
Ryzen 9 7900X37,541
Core i7-1370036,074
Core i9-12900K34,518
Core i5-13600K30,159
Core i7-12700K30,046
Core i7-1270028,961
Ryzen 7 7700X27,183
Core i5-12600K25,507
Core i5-1340025,114
Ryzen 7 5800X24,001
Core i5-1240020,146
Core i7-1170020,009

raytrek 4CXF 第13世代Core搭載では、CPUにIntel第13世代のCore i7-13700Fを搭載している。CPU内蔵グラフィックス非搭載のタイプだが、別途外付けのグラフィックボードを搭載しているので特にデメリットはない。16コア24スレッドとスペックが引き上げられて、Core i7-12700と比べて25%以上も性能が向上している。フラグシップモデルであるCore i9-12900Kを上回る性能は圧巻だ。

Core i7シリーズの無印モデルが、Core i9シリーズの最上位モデルを超えるのは驚くしかない。競合モデルのRyzen 9 7900Xと比べても十分健闘していると言えるだろう。ゲーム実況・動画編集・動画エンコードと幅広い用途に対応できる。もちろんゲームプレイにおいても不足はなしだ。

GeForce RTX 3070(GPU)

RTX 3080 Ti36,380
RX 6900 XT34,955
RTX 3080 10GB34,282
RX 680030,479
RTX 3070 Ti29,957
RTX 307028,194
RX 6750 XT27,986
RTX 2080 Ti26,552
RX 6700 XT25,895
RTX 3060 Ti24,213
RTX 2070 SUPER22,276
RTX 207020,387

当該モデルでは、グラフィックスにAmpere世代の70番台であるGeForce RTX 3070を搭載している。従来モデルのRTX 2070と比べて38%程度処理性能が高い。Radeon RX 6750 XTと同等のパフォーマンスを発揮する。レイトレーシング・DLSSといった機能では競合モデルを上回っている。WQHD環境でのゲームプレイがメインターゲットだ。フルHD環境なら高リフレッシュレートを実現できる。

>>raytrek 4CXF 第13世代Core搭載を購入<<

raytrek 4CXF 第13世代Core搭載の概要&特徴

raytrek XFの後継機としてはいまひとつ

raytrek 4CXF 第13世代Core搭載は、クリエイターモデルとして人気を博したraytrek XFの後継機として登場した。ケースが一新され、これまでの汎用ケースと異なり見た目はかなり改善されたように感じる。これでこそクリエイター向けPCと言えるほどだ。斬新なデザインの方が好まれるだろう。汎用ケースではクリエイターという言葉が似合わない。見た目にもこだわってこそのクリエイター向けPCだ。

現時点ではデザインリニューアルのコストが価格に現れているように思える。Core i7-13700FとRTX 3070の組み合わせで234,980円は高いというほどではないが、安いとは言えない。これまでのraytrekシリーズはコスパに高いモデルが多かったことを考えるとどこか寂しい感じがある。最新のCPUとチップセットを採用し、ケースも一新された。これを加味すればまずまず妥当なラインだろうか。

気になるのが、かつてあったマルチカードリーダーと光学ドライブといった機能がカットされているところだ。意外と両方を搭載したBTOパソコンはラインナップが少ない。raytrekシリーズは見た目こそ悪くても、実用面ではゲーミングPCのケースに劣らない特徴があった。多くのゲーミングPCは光学ドライブかマルチカードリーダーのどちらか、あるいはどちらも非搭載というものだ。

必要かどうかは別として、この部分でクリエイターに適した機能を持っていた。それが失われてしまえば、単なるゲーミングPCのケース違いでしかない。raytrek XFはゲーマーにもクリエイターにも愛されたモデルだ。その後継機としてはケース以外に魅力がなくなったように感じるのは残念だ。

標準的な評価も、現時点では優秀な選択肢

raytrek 4CXF 第13世代Core搭載はケースが一新されたことで、優れたデザインを持つケースを採用しているという特徴が追加された。また、最新のCore i7-13700FとRTX 3070を搭載して従来とほぼ同じの234,980円で展開できているのは素晴らしい。その一方で、あえてraytrek 4CXFを選択するメリットがあるのかと言われると難しい。

ゲーミングモデルのGALLERIAシリーズはチップセットがB760に対して、raytrek 4CXFはH770が採用されているので、一応はGALLERIAシリーズと差別化ができていると言えるのかもしれない。どちらもカードリーダーも光学ドライブもないので、ケースデザインも特にこだわりがないなら、GALLERIAよりもraytrekの方が構成面では上回りそうだ。

現時点ではraytrek 4CXFを選択しても後悔するようなことはない。Core i7-13700F搭載モデルが増えてきているものの、20万円を切るほど安価なモデルが登場しているわけでもない。これからしばらくすると、そういったモデルが登場してくるかもしれない。そうなるまではraytrek 4CXFは優秀なモデルだ。

それこそ、RTX 4070やRTX 4060といったGPUが登場するまでは、同じRTX 3070搭載モデルが競合製品となる。RTX 3060 Ti搭載モデルが現存しているうちは大きな値下げはない。raytrek 4CXFの持つポテンシャルはこんなものではない。何か物足りなさがある。それでも、予算内であるなら十分満足できるモデルだ。

>>raytrek 4CXF 第13世代Core搭載を購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名raytrekGALLERIA
イメージraytrek 4CXFGALLERIA XA7C-R37T
製品名raytrek 4CXF
第13世代Core搭載
GALLERIA XA7C-R37
第13世代Core搭載
価格234,980円(税込)234,980円(税込)
CPUCore i7-13700FCore i7-13700F
GPURTX 3070RTX 3070
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 1TB
HDD非搭載非搭載
電源750W GOLD650W BRONZE
マザーボードH770B760
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は同じドスパラのGALLERIA XA7C-R37だ。基本的な構成はほぼ同じだが、電源容量とその規格、チップセットでraytrek 4CXFが優れている。価格は同じなのでraytrek 4CXFがGALLERIA XA7C-R37の上位互換とも言えそうだ。GALLERIA XA7C-R37にはこれといった強みがない。採用されるパーツがゲーマー向けの可能性があるという程度だ。この辺りは採用するホワイトボックスが統一されているかどうかなので気にするほどの要素ではない。

こうなってくるとGALLERIAとraytrek 4Cのケースのどちらが好みなのかで決めてしまおう。中身まで気にするならraytrek 4CXFが優れているが、圧倒的な差というわけではないので、ケースの好みで選んでも後悔はない。それなら見た目で選ぶくらいがちょうどいいのではないだろうか。

>>raytrek 4CXF 第13世代Core搭載を購入<<

パソコンケースレビュー

正面

raytrek 4CXFsyoumen
シルバーカラーをベースに高級感のあるデザインが魅力だ。ブラックとのツートンカラーが映える。指紋も目立たないのであまり気にせず本体を触れる。

背面

raytrek 4CXFhaimen
電源ユニットが最下部に配置されている。青色の部分は搭載するグラフィックボードなどによって変更される。

左側面

raytrek 4CXFright
本体左側面には埃の侵入を防ぐためのフィルターが設置されている。工具を使わずに取り外しができるので簡単にメンテナンスが行える。

左内部

raytrek 4CXFleftinside
本体内部はスペース的にかなり余裕がある。ハイエンドクラスのグラフィックボードやCPUを搭載しても問題はない。その点を考慮した上で新しいケースはデザインされている。

右側面

raytrek 4CXFleft
右側面にはraytrekのロゴが刻印されている。左側に比べるとシンプルだ。

I/Oパネル

raytrek 4CXFiopanel
本体前面には電源ボタン、USB 3.0×2、3.5mmジャックが配置されている。使い勝手も良好だ。

フィルター

raytrek 4CXFfilter
全面部分にもフィルターが配置されていてメンテナンスがしやすい工夫がある。

管理人による総評(raytrek 4CXF 第13世代Core搭載)

raytrek 4CXF

raytrek 4CXF 第13世代Core搭載は、Core i7-13700F×RTX 3070搭載のハイクラスのクリエイターPCだ。raytrek 4Cシリーズは、サードウェーブのクリエイターブランドでraytrekからraytrek 4Cシリーズへと変わり本体ケースが一新された。光学ドライブ及びカードリーダーが標準搭載ではなくなったが、従来モデルと同じ価格帯で販売されているのは評価できる。

グラフィックスにはGeForce RTX 3070を搭載していてWQHD環境でのゲームプレイに最適だ。CPUにはIntel第13世代のCore i7-13700Fを搭載している。16コア24スレッドとスペックが高くまさにクリエイター向けのモデルだと言える。動画編集や動画エンコードなどのクリエイター作業だけではなく、もちろんゲームプレイにも対応できる。

価格CPUグラボ
234,980円(税込)Core i7-13700FRTX3070
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya