ミニタワーかミドルタワーのどちらを選ぶべきか | ゲーミングPCのケースの種類

ミニタワーあるいはミドルタワーのどちらを選ぶべきかについて考え方をまとめている。

ゲーミングPCにはいくつかの種類のパソコンケースがあるが、各BTOショップがメインとして取り扱っているものを大きく分けるとミドルタワーとミニタワーという2つのパソコンケースということになる。

それぞれ特徴やメリット・デメリットについて見ていこう。

パソコンケース画像

ミドルタワー

ミドルタワーは大きめのケースで幅広いユーザーにおすすめとなる。下記の写真はドスパラとG-Tuneのミドルタワーだ。売れ筋のゲーミングPCはこのミドルタワーとなる。機能性が高いことから人気がある。ドスパラではGALLERIA XシリーズとZシリーズが対象となる。G-TuneではNEXTGEARだ。

ミドルタワードスパラミドルタワーgtune

関連記事

ミニタワー

ミニタワーは省スペースが魅力のケースとなっている。下記の写真はドスパラとG-Tuneのミニタワーだ。ドスパラではGALLERIA DシリーズとMシリーズだ。G-TuneではNEXTGEAR-MICROとなる。機能性がミドルタワーに劣らなくなった今非常に高い人気がある。

ミニタワードスパラミニタワーgtune

関連記事

ミドルタワーとミニタワーの概要

ゲーミング用途では、私はミドルタワーをおすすめする。その理由は後述の通りだ。実際にはキューブ型やスリム型などもある。しかしながら、グラフィクボードを搭載したりするには排熱性能の点などで向いていないのでおすすめはしない。ミニタワーについても同様だ。

関連記事:キューブ型とスリム型等その他形状ケース解説

ミドルタワーケースの特徴としてミニタワーに比べてやや大きく、マザーボードはATX規格でケース本体に搭載できるHDDの数も多いので拡張性は高いと言える。また、スペースに余裕がある分排熱性能も高い。

一方、ミニタワーはミドルタワーと比べるとやや小さく、マザーボードはM-ATX規格なので拡張性は高くない。しかし、M-ATXには必要最低限のスロットがあるので性能面で大きく劣るということはないということを付け加えておきたい。

少し前まではM-ATX用の電源というものが決まっていて電源容量も大きくなかった。ただ、近年ではATX用の電源を搭載できるケースも増えていて、容量にも違いは無くなった。そのせいかサイズ的にもそれほど大きな差があるようには思えなくなってきた。それでもミドルタワーを選ぶべき根拠について解説する。

ミドルタワーをおすすめする理由は?

ミドルタワーをおすすめするのは、排熱性・拡張性の高さのためライトゲーマーからヘビーゲーマー全てに対応することが出来るという点が大きい。価格はミニタワーに比べると少し高くなるが、それ以上のメリットがあると考えている。

排熱を考えるときはゲームをプレイしている時間だけではなく、一日にパソコンが起動している時間を考慮する必要がある。熱が篭りやすく感じたとき、ファンの増設などが行いやすいミドルタワーは環境にも適応できると言える。

また、拡張性が高いというのは大きなアドバンテージとなる。例えば、メモリの増設などもスロットが4つか2つかで大きく変わってくる。最初に搭載されているのが同じ8GBだった場合、4GBが2枚なら2スロットしかなければ16GBにするには8GBを2枚購入しなくてはならない。しかし、4スロットあれば4GBを2枚購入するだけで16GBにできる。

拡張性とは、突き詰めて言えば増設を行うスペースがあるかどうかのことだ。つまり、増設を一切考えていないユーザーやする必要のないゲーミングPCならミニタワーの拡張性の低さはデメリットにならないだろう。

それでも排熱効率はミドルタワーより低いという部分は残ってしまうため、ハイエンドモデルなどの熱が発生しやすい構成ではミドルタワーのほうが良さそうだ。熱が篭ってしまうとCPUやグラフィックボードなどの性能が低下してしまう恐れがある。そのため、できるだけ冷却性能は高いほうが良いだろう。

何度も伝えているが、ミニタワーが性能的に大きく劣るというわけではない。ただ、もしもあながた別にスペースには困っていないが、なんとなく小さいほうがいいなと思っている場合は少し考えて欲しい。小さいと言っても、実際幅は3~5cm・奥行き5~10cm・高さは5~8cmほどしか差が無くミニタワーだから置けるという場所はほとんど存在しないはずだ。

スペースに困っていないのであれば、ミニタワーの魅力やメリットは無くなり、拡張性の低さと排熱効率の悪さというデメリットだけ残ってしまうことになる。

ミニタワーの選択基準

ミニタワーが向いている方はどういったユーザーなのかをまとめている。まず、大規模な増設を予定していないのであれば選択肢として問題はない。そもそも拡張性が高くないため、HDDにしてもそこまで多量に搭載することはできない。

SSDは熱を発しないため、HDDを増設するよりはSSDを増設してシステムやOSを移動させたほうが効果的かもしれない。また、前述の通りメモリに関しては主に4GBが2枚なのか8GBが1枚なのかによって、16GBにするときのコストも変わってくる。

大したことではないかもしれないが、4GBが2枚だった場合は8GBを2枚購入しなくてはならない上に、流用するのが難しい。ミニタワーでも拡張性が高いものもある。しかし、それでもミドルタワーと比べると見劣りしてしまうので、拡張を考えているのであれば選択肢から外したい。

SLIなどの大規模な増設となると、ミニタワーでは対応しきれないので注意が必要だ。

まとめ

ミニタワーとミドルタワーにの特徴について要約すると下記のようになる。

 メリットデメリット
ミニタワー省スペース
価格が少し安い
拡張性が低い
熱がこもりやすい
ミドルタワー拡張性が高い
排熱効率が良い
場所を取る
価格が少し高い

ミドルタワーは、万人受けするケースだと言える。一方ミニタワーは拡張性を重視せず、価格とコンパクトさを重視するユーザー向けだ。

関連おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ