自作PCよりもBTOパソコンの方が安くつく時代 | 自作にロマンを求めるユーザー以外はBTO推奨

当ページでは自作PCについて解説している。

ゲーミングPCの新調を考えた時、ふと頭の中に”自作”という言葉が浮かんだ方もいるだろう。一昔前、それこそCPUが第一世代になるくらいの頃は自作PCや増設や交換などが最もコストパフォーマンスが高いとされていた。

それが今では、自作をしてもBTOショップで購入しても昔ほど価格に差がなくなってきているのでメリットが小さくなっているのが現状だ。

もしあなたが生粋のパソコンオタクでどうしても自分で組み立てないと気が済まない!

ということではない限り、自作をすることによってかかる費用や時間、リスク(故障や相性等)を考えるとBTOショップで購入する方がよいと考えている。自作に掛かるコストや時間等をひとつずつ見ていけばあなたにも納得して頂けることと思う。

自作にかかるコストは?

自作した場合にかかるコストはマザーボードCPUグラフィックボードの3つが中心となる。価格はマザーボードで1万円程度、CPUで3万円~4万円となりこの時点で5万円となる。グラフィックボードの場合、GTX1060で約3万円、GTX1070だと4万円~5万円となる。これにメモリ電源OSなども入れると実質新品のパソコンを新たに購入したほうが安くなることが多いだろう。この辺りの兼ね合いを考え、最近では自作や増設よりも新しく購入するユーザーが多くなっているのだ。

もちろん、流用できる部品の数によっては増設や交換で対応したほうが安い。CPUを交換するとなると、マザーボードの交換も必要となることも多い。パソコンではなく、パーツ単位で見た時に何を新調したいかによってかかるコストも大きく変わってくる。グラフィックボードだけ新しくしたいのなら交換だけで対応できる。これが世代の違うCPUとなると、マザーボード、CPU、メモリとなるかもしれない。CPUとグラフィックボードというのであれば、ほぼ全取替となる可能性もあるため買い替えのほうが安くつくことも少なくない。

自作にかかる時間は?

自作はある程度時間が掛かってしまうと思っていた方が良いだろう。もしあなたがパソコンに関する知識がなく、初めて自作をする場合ならば丸一週間を費やしても完成しないかもしれない。PCに詳しい友人がいて手伝ってもらえる場合でもやはり数日はかかってしまうことだろう。お礼に友人にごはんをおごる必要がある場合ここでもコストがかかってしまうことになる。

自作PCは様々なトラブルが発生する。一度組み立てて起動したとして、一発でパソコンが正しく動作するということは本当に少ない。ケーブルの挿し間違いのような簡単なミスが意外と起こる。しかし、実際にエラーが発生したり、起動しないとなるとどこが問題なのかが分からない。もし疑心暗鬼になりながら、ここで本当に合っているのかと思っていたならそこをチェックすれば済む。

多くの場合は自分は完璧にやったはずと思ってしまい、問題探しに時間がかかる。特に電源関係のケーブルは初見だとよく分からない。配線は余分に用意されているが、それを余っていると考えてしまうかもしれない。時間は結構かかると思ったほうが精神的にも良い。すぐに出来るだろうと高をくくって始めて、何時間もかかると本当に完成するのか不安になる。昔と違い、相性などを考慮しなくて良いためまだ問題探しは簡単になったが、それでも時間がかかるときはかかってしまうのだ。

自作することによるリスクは?

身近に考えられるリスクとしては、パーツが壊れてしまうことがある。例えば、冬場に起きやすい静電気に注意したい。マザーボードなど、内部をいじっている時に静電気が発生して「パチ」っとなったら全て壊れてしまう。

最近のマザーボードやHDDなどは静電気が発生しにくいようにはなっているが、それでも100%ではない。増設や交換、自作にはリスクが伴うことも十分理解して欲しい。マザーボードによってはメモリが入りにくいこともある。これはメモリを破壊するのではないかと思うくらい力を入れなければ入らないものもある。

電源を差し込みながらの作業は感電のリスクもある。このようにリスクはしっかり存在しているが、電源をコンセントから抜き、木に触ったりして放電するなど、リスクを軽減する方法はある。ガソリンスタンドの給油と同じようなものだ。対策さえしてしまえばリスクは皆無に等しい。

まとめ

自分でパソコンを組み立てるには費やすコスト、時間、リスクを考える必要がある。これらを全て考えた上でも自作にこだわりたいという方は趣味がパソコンと言える方だろう。もちろん私自身も自作をしていたことがあるのでおもしろさはわかっているし全く否定はしない。ただ、純粋にゲームを楽しみたいというあなたはBTOショップでゲーミングPCを購入する方が得策だろう。

自作PCというのは、BTOショップではまずお目にかかれないような構成であったり、まだ使える部品を上手く活用してコストカットしてパソコンを組み上げたいという思いがあるはずだ。そういう時こそ今なお真価を発揮するが、一から部品を集めてBTOショップでもよく見かけるような構成を組み上げるとなるとロマンも無い気がする。

10シリーズの登場でグラフィックボードも安くなった。今は自作よりも交換と増設が主流になりつつある。組み上げる楽しさはあるが、ある程度パソコンの知識がついてからをおすすめする。安くパソコンを手に入れるためならばBTOショップを見てもらいたい。今は値段よりもこだわりの構成を組み上げる以外にメリットが薄くなっている。

関連おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ