Escape From Tarkovtop

当記事では、Escape From Tarkov(エスケープ・フロム・タルコフ)推奨のゲームパソコンの紹介をしている。ページの下部で「Escape From Tarkov推奨おすすめゲーミングPC」をまとめているので、ぜひ参考にして欲しい。

Escape From Tarkovの動作&推奨スペック

Escape From Tarkov画像引用元:https://www.escapefromtarkov.com/

最低環境

OSWindows 7 64bit以上
CPU Intel Core i3 2.4Ghz以上
メモリ6GB
GPUVRAM 1GB以上、DirectX 9対応グラフィックボード
HDD空き容量8GB

推奨環境

OSWindows 7 64bit以上
CPU Intel Core i5 3.2Ghz以上
メモリ8GB
GPUVRAM 2GB以上、DirectX 11対応グラフィックボード
HDD空き容量8GB

ゲーミングPC徹底解剖サイトの検証推奨スペック

CPUIntel Core i7-9700
メモリ8GB RAM
GPUGeForce GTX 1660以上
チェックポイント!!

Escape From Tarkov(以下EFT)はグラフィックがきれいな割には負荷が軽めのタイトルとなっている。低スペックなゲーミングPCであっても設定次第で十分プレイが可能だ。高リフレッシュレートでプレイする場合は現行のミドルクラス以上は用意しておきたい。

また、EFTは現在βテスト中のゲームであるため、今後のことも考えてスペックには余裕を持たせておいたほうが良さそうだ。アップデートで大幅に負荷が増える可能性を考慮すると、高リフレッシュレートの場合はミドルエンドは見ておきたい。

Escape From Tarkov向けおすすめのゲーミングPC

NEXTGEAR-MICRO TD-G(G-Tune)

NEXTGEAR-MICRO im610GA1-TD価格:129,800円
CPU:Core i7-9700
GPU:GeForce GTX 1660 Ti
メモリ:DDR4-2666 16GB
SSD:NVMe対応256GB
HDD:2TB
電源:500W BRONZE
公式GALLERIA XT詳細

当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデルの一つだ。GTX 1660 Super登場後希少性が増したGTX 1660 Tiを搭載している。EFTの推奨環境を満たしつつ、アップデートでの負荷増大にも対応できる性能とコストパフォーマンスの良さが魅力のモデルだ。正式サービスが開始されるとPUBGと同等の負荷もあり得るので、このくらいを標準に考えておいたほうが良いだろう。

GALLERIA XF (ドスパラ)

価格:169,980円
CPU:Core i7-9700
GPU:GeForce RTX 2070 Super
メモリ:DDR4 8GB DDR4 16GB
SSD:500GB 512GB NVMe対応
HDD:2TB
電源:CORSAIR 650W BRONZE
公式詳細

TFL用にしては少し性能が高く感じるかもしれない。その点からいうと予算に余裕がある方向けだ。この手のゲームは負荷が何よりの敵である。快適なゲームプレイだけでなく、負荷という敵、そして不利を排除するためにも性能が高くて困るということはない。特にGALLERIA XFを選択する場合はとにかく144hz以上の高リフレッシュレートでプレイしたいユーザー向けだ。少しでも有利に立ち回れるような環境を整えるのも戦略の一つだ。

Lenovo IdeaCentre T540 Gaming(Lenovo)

IdeaCentre T540価格:78,540円
CPU:Core i5-9400F
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4 16GB
SSD:256GB NVMe対応
HDD:1TB
電源:CORSAIR 650W BRONZE
公式詳細

ゲーミングPCとして最低限必要な性能を持つ最安値モデル。最低設定にしてでもフレームレートを稼ぐオールドスタイルでのゲームプレイであればコレで十分。ただし、高リフレッシュレートはなかなか出しにくく安定しないので対応力は低い。初めてのゲーミングPCとしては手を出しやすい反面、性能が不足してしまう可能性もあるので性能をよく理解して選択したい。

Escape From Tarkovの概要とゲーミングPC選びのポイント

新たなサバイバル、バトルロイヤルゲーム

Escape From Tarkov(以下EFT)は2016年12月からαテストが開始された少し古めのゲームだ。2017年からクローズドβテストが開始されている。その内容はまさに一世を風靡したPUBGのようなサバイバルであり、バトルロイヤルでもあるようなゲームで、今最も注目を集めているロシアのゲームだ。

ゲーム内容、時期を考慮するとどちらかと言えばDayZに近いものがある。DayZからゾンビを消し、NPCを追加し、ゲームクリア要素を追加したのがEFTと言えるかもしれない。最後まで生き残るバトルロイヤルと違い、脱出地点に到達することができればクリアだ。脱出地点はプレイするモードにより異なり、リスポン場所によっても変更される。

また、到達しても条件を満たさなければならない箇所もある。クリアした際は手持ちのアイテムを持ち帰ることができ、持ち帰ったアイテムは倉庫にしまったり、販売したり、次のPMC(全員敵モード)に持ち込んで有利に進めたりできる。クリアできず死んでしまった場合は所持品全ロストというゲーム性はなかなかにシビアだ。SCAVモードではランダムで初期装備を貰えるので、死んでしまっても支給された装備を失うだけで済む。

ただ、ゲームクリアが「最後の一人になる」ではなく「時間一杯生き残る」であるため、PUBGなどのバトルロイヤル系のゲームとは違う。当然敵を倒して物資を奪ったり、物資を積極的に集めたほうが生き残ったときに持ち帰れるアイテムは多くなる。つまり、ハイリスクハイリターンを取ることも、ローリスクローリターンを取ることもできるのだ。

ゲームとしては古く、そのアイデアに近いゲームも存在しただろう。PUBGなどのバトルロイヤル系のゲームのブームはサバイバル要素を持つゲームに火をつけた。その人気も下火になった今、単純なバトルロイヤルではなくEFTのようなゲームが注目され始めている。

今後要求スペックが上がっていく可能性がある

EFTの動作環境は低く、遊びやすいゲームに仕上がっている。ただ、それは現在の話である。およそ3年に渡りテスト状態のゲームは、人気に火がつきはじめたことで一気に完成に向けて加速する可能性を持っている。正式版になったときに要求スペックがどう変化するかは全く読めない。それだけに、性能に関しては少し余裕を持っておきたいというのが本音だ。根本的な変更があるわけではないので、2016年当時のミドルエンドクラスがあれば十分だろう。

前世代のGTX 1060がそれにあたる。現行ではミドルクラスとなるため、当サイト基準の推奨環境をチェックしてみて欲しい。今はまだそこまでプレイヤーが爆発的に増えている傾向はない。しかし、ここから一気に人気ゲームになったとき、フィールド上にどれだけのプレイヤーが存在することになるかで大きく変わる。現在はNPCに紛れてプレイヤーがいる程度だが、これが逆転してしまうとCPU負荷は一気に高まってしまうだろう。
グラフィックのスペックはどれだけ高くなってもGTX 1660で対応できる範囲だろう。

そういったアップデートのことを考えてCPUはできるだけ性能の高いものを選んでおきたい。最低限はi5-9400、今後を考えるとi7-9700はあったほうが安心だ。実際にどのように変化するのかは分からない。もしかすると、スペック据え置きで正式版が展開されるということもあるだろう。EFTのために買い換えるといよりも、初めて購入したり、ちょうど買い替えを考えていたのであれば一つ上の性能に手を伸ばすのもありだろう。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る

動画

関連外部サイト