Escape From Tarkovtop

当記事では、Escape From Tarkov(エスケープ・フロム・タルコフ)推奨のゲームパソコンの紹介をしている。ページの下部で「Escape From Tarkov推奨おすすめゲーミングPC」をまとめているので、ぜひ参考にして欲しい。

Escape From Tarkovの動作&推奨スペック

Escape From Tarkov画像引用元:https://www.escapefromtarkov.com/

最低環境

OSWindows 7 64bit以上
CPUIntel Core i3 2.4Ghz以上
メモリ6GB
GPUVRAM 1GB以上、DirectX 9対応グラフィックボード
HDD空き容量8GB

推奨環境

OSWindows 7 64bit以上
CPU Intel Core i5 3.2Ghz以上
メモリ8GB
GPUVRAM 2GB以上、DirectX 11対応グラフィックボード
HDD空き容量8GB

ゲーミングPC徹底解剖サイトの検証推奨スペック

CPUIntel Core i5-11400
メモリ8GB RAM
GPUGeForce GTX 1660以上
チェックポイント!!

Escape From Tarkov(以下EFT)の公式推奨環境は長期の間変更されていない。現時点で公式推奨環境に合わせた性能では快適なゲームプレイは難しい。ゲーム自体は比較的軽い部類に入るので、ハイスペックを目指す必要はなさそうだ。

それでもFPSというジャンルに属する以上、高リフレッシュレートでのゲームプレイを視野にいれておきたい。また、現在もまだβテスト中であり、今後も長くアップデートされていくことになる。要求スペックも変化していく可能性が高い。そのため、ギリギリを攻めるような性能ではこの先に不安がある。現行のミドルクラスよりも少しだけ性能に余裕を持たせた方がよいだろう。

Escape From TarkovにおすすめのゲーミングPC一覧

LEVEL-M06M-124-RBX(パソコン工房)60fps

LEVEL-M049-iX7-RWS価格:154,980円(税込)
CPU:Core i5-12400
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 500GB NVMe
電源:700W 80PLUS BRONZE
コスパ:★★★★★★★★★☆ 9.1

公式サイト詳細

パソコン工房の”おすすめコスパパソコン”として販売中だ。Core i5-12400×RTX 3060搭載のミドルクラスの定番とも言えるモデルだ。当サイト基準に対してGPUとメモリ容量に余裕がある。CPU性能についてはやや物足りないものの価格を抑えた低価格帯最強のゲーミングPCである。十分な性能を持ち、EFT以外のゲームにも対応できる。ミドルクラスの中心的な性能でありながら、税込み15万円台という低価格が魅力だ。設定を下げることに抵抗がなく、必ずしも高リフレッシュレートを必要しないユーザーにおすすめのモデルだ。

G-Tune TD-S(G-Tune)144fps

nextgear-micro価格:173,800円(税込)
CPU:Core i5-12400F
GPU:GeForce RTX 3060 Ti
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 512GB NVMe
電源:700W 80PLUS BRONZE
コスパ:★★★★★★★★★☆ 9.3

公式サイト詳細

当サイトとG-Tuneのコラボレーションモデルの一つだ。グラフィックボードにはGeForce RTX 3060 Tiを搭載し高解像度にも対応できるポテンシャルを持つ。Core i5-12400との相性も良好だ。Core i5-12400は、従来モデルのCore i7-11700と同等以上の性能を持つ。6コア12スレッドとスペックは控え目だが、従来モデルのCore i7-11700に匹敵する高い性能を発揮する。EFTの推奨環境を大きく超えてオーバースペックである。それでも高リフレッシュレートは最大360Hzに突入した状況を考えると選択肢として悪くない。高リフレッシュレートを用いたプレイは、FPSで有利に働く。今後の要求スペックアップと高リフレッシュレートへの対応を考えて、性能にかなり余裕を持たせている。快適性を長く維持する意味でも、選んで損のないモデルである。

Escape From TarkovにおすすめのゲーミングノートPC一覧

TUF Gaming F15 FX506HM(ASUS)60fps

ASUS TUF Gaming F15 FX506HE価格:159,800円(税込) 139,800円
液晶:15.6インチ 144Hz
CPU:Core i7-11800H
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 512GB NVMe
コスパ:★★★★★★★★★★ 10.0

公式サイトレビュー

60fps以上を目指せる性能を持つ。ASUSのセール対象モデルでコストパフォーマンスが高い。Core i7-11800H×RTX 3060 Mobileの組み合わせで税込13万円台は圧巻だ。15.6インチ144Hz対応モニターを搭載している。メモリ16GB、SSD 512GBという構成だ。本体重量が約2.30kgと重めなのがネックとなる。2.0kgを超えると持ち運びが億劫になってしまうかもしれない。バッテリー駆動時間は約10.2時間と余裕があると考えてよい。

GALLERIA UL7C-R37(ドスパラ)144fps

GALLERIA UL7C-R37価格:269,980円(税込)
モニター:15.6インチ 240Hz
CPU:Core i7-11800H
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 1TB NVMe
コスパ:★★★★★★☆☆☆☆ 6.2

公式サイトレビュー

15.6インチ240Hz対応モニターを搭載したゲーミングノートPCだ。144fps以上でのゲームプレイに対応できる。Core i7-11800H×RTX 3070 Mobile搭載で60番台のグラフィックボードとは一線を画する。Escape From Tarkovをプレイする上でも余裕がある。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も充実している。本体重量は約1.96kgと15.6インチモデルして考えると軽めだ。バッテリー駆動時間も約8.8時間んと必要十分だと言える。

Escape From Tarkovの概要とゲーミングPC選びのポイント

新たなサバイバル、バトルロイヤルゲーム

Escape From Tarkov(以下EFT)は2016年12月からαテストが開始された少し古めのゲームだ。2017年からクローズドβテストが開始されている。その内容はまさに一世を風靡したPUBGのようなサバイバルであり、バトルロイヤルでもあるようなゲームで、今最も注目を集めているロシアのゲームだ。

ゲーム内容、時期を考慮するとどちらかと言えばDayZに近いものがある。DayZからゾンビを消し、NPCを追加し、ゲームクリア要素を追加したのがEFTと言えるかもしれない。最後まで生き残るバトルロイヤルと違い、脱出地点に到達することができればクリアだ。脱出地点はプレイするモードにより異なり、リスポン場所によっても変更される。

また、到達しても条件を満たさなければならない箇所もある。クリアした際は手持ちのアイテムを持ち帰ることができ、持ち帰ったアイテムは倉庫にしまったり、販売したり、次のPMC(全員敵モード)に持ち込んで有利に進めたりできる。クリアできず死んでしまった場合は所持品全ロストというゲーム性はなかなかにシビアだ。SCAVモードではランダムで初期装備を貰えるので、死んでしまっても支給された装備を失うだけで済む。

ただ、ゲームクリアが「最後の一人になる」ではなく「時間一杯生き残る」であるため、PUBGなどのバトルロイヤル系のゲームとは違う。当然敵を倒して物資を奪ったり、物資を積極的に集めたほうが生き残ったときに持ち帰れるアイテムは多くなる。つまり、ハイリスクハイリターンを取ることも、ローリスクローリターンを取ることもできるのだ。

ゲームとしては古く、そのアイデアに近いゲームも存在しただろう。PUBGなどのバトルロイヤル系のゲームのブームはサバイバル要素を持つゲームに火をつけた。その人気も下火になった今、単純なバトルロイヤルではなくEFTのようなゲームが注目され始めている。

今後要求スペックが上がっていく可能性がある

EFTは現在人気のあるタイトルの中では、比較的軽めのゲームである。FPS視点のサバイバルゲームは珍しく、様々な要素が盛り込まれている。FPSである以上、リフレッシュレートを用いることは一般的だ。サバイバルゲームでもあるので、設定による視認性の確保も重要だ。どちらも性能が求められる要素である。

そして、今も長いテスト期間中で、日々アップデートが繰り返されている。オンラインゲームはアップデートで要求スペックが高くなる。FF14は大型アップデートの度に要求スペックがワンランク、ツーランクアップしていく。今の所EFTではそこまで大幅なスペックアップは見られない。ただ、それは現段階の話である。これからも続くアップデートで、徐々にスペックは高くなっていくかもしれない。そしてそれは現実的なことだ。快適なゲームプレイにはCPUとGPUとメモリが重要になってくる。

EFTのゲーム性からCPU性能は特に重要だ。公式の推奨環境のままでは厳しい。少し余裕を持つならCore i7-10700以上は見ておきたい。CPUの性能が低いと当たり判定にラグが生じやすくなる。EFTの目的は生存である。性能に余裕があることで、その生存率は少しだけ底上げできる。ゲームをより有利に進めるためにも性能は重要だ。また、生存以外にも視認性に大きな違いが出てくる。

暗い場所での視認性だけではなく、アイテムの発見率も異なる。性能が高いと不利な場所が少なくなり、有利に進めやすくなる。EFTはメモリの推奨環境が8GBである。しかし、実際にプレイしてみるとメモリ消費は非常に激しい。設定を低めにしても8GB以上あった方が安定するかもしれない。推奨モデルに16GBのみピックアップしたのは、このメモリ消費を考慮してのことだ。

アップデート後は消費量が大きくなりがちなので、余裕があれば16GBを超える容量も視野に入れたい。スペックの注意点は意外と多い。要求スペックは軽めであっても、プレイスタイルによってはハイスペックが要求されることもある。144Hzを超えるリフレッシュレートを使用するなら、Core i7-10700とRTX 2060 SUPERくらいの性能は必要かもしれない。

そして最も厄介なのは、頻繁に繰り返されるアップデートだ。現在テスト期間中であることが、要求スペックをブレさせる。ライトにプレイする場合を除き、要求スペックのギリギリを攻めるのはあまりおすすめできない。性能には少し余裕を持つことがEFTの快適性に繋がりそうだ。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

動画

関連外部サイト