Lenovo(レノボ)製ゲーミングPC「LEGION」の評判まとめ【2018年】 | デザイン性の高いモデルが揃う、最新のキューブ型モデルも選べる!

lenovotop

>>>Lenovoの公式HPを見る<<<

当ページでは、PCメーカーであるLenovo(レノボ)製ゲーミングPC「LEGION」の評判を紹介。レノボは中国香港に本社を置く大手企業だ。IBM、NEC、富士通などの企業を続々と買収し世界でのパソコン販売台数はトップクラス。

国内においてゲーミングPCとしての知名度はまだまだ高くない。それでも今Lenovoが力を入れているカテゴリーなので注目したい。IBMの買収でThink Padの販売を行っておりビジネスユースでの評判が高いと言える。当ページではゲーミングPCを中心に取り扱っていく。

Lenovo製ゲーミングPC「LEGION」の概要

levnovolegion
LEGIONは、レノボが販売するゲーミングPCブランドだ。ラインナップは大きく分けると、ノートブック、デスクトップ、CUBE(コンパクト)となる。ラインナップが厳選されているため初心者の方でも選びやすいだろう。

デスクトップパソコンラインナップ

  • T730(インテル)
  • NEWモデルとなっている。第九世代CPUを搭載したウルトラハイエンドモデルだ。水冷クーラー搭載で発熱のコントロールも可能。

  • T530(インテル)
  • 第八世代CPU搭載モデル。Core i5-8400 or Core i7-8700搭載モデルから選択可能。価格を抑えたい方向けだ。

  • T530(AMD)
  • AMD Ryzen第二世代搭載モデルだ。グラフィックボードはRadeon RX 570あるいはGTX1060 6GBから選択することができる。

  • Y520
  • 廉価モデルとなる。Tシリーズに比べてややコンパクトだ。第八世代CPUを搭載。

  • Y720(AMD)
  • 廉価モデルとなる。Tシリーズに比べてややコンパクトだ。現在対象モデルはない。

  • C730
  • 第九世代CPU搭載モデル。2018年11月後半に登場。グラフィックボードはRTX2080とハイクラスにふさわしい。

  • C530
  • 第八世代CPU搭載モデル。グラフィックボードはGTX1050TiあるいはGTX1060 6GBから選択することが可能。

ノートパソコンラインナップ

  • Y530(15)
  • 第八世代CPU搭載のゲーミングノートPC。スリムベゼルで視認性が向上。グラフィックボードはGTX1050あるいはGTX1050Tiから選択できる。

  • Y520(15)
  • 第七世代CPU搭載。グラフィックボードはGTX1050Tiを搭載。前世代のためやや割安となっている。

  • Y720(15)
  • 現在品切れ中。

>>>Lenovo(レノボ)の公式HPを見る<<<

Lenovo(レノボ)の特徴と長所まとめ

デザイン性の高いゲーミングPCが揃っている

海外ブランドらしくデザインが独特だ。いい意味で国内のBTOパソコンにはないケースが特徴。一言でいうとオリジナルのケースでありながら魅せることにもこだわっていると言える。今後このようなゲーミングPCが主流になってくるのかもしれない。

ケース内部が見えるようになっていてそこにLEDシステムを搭載。部屋に置いておけばゲームのやる気が出てくるだろう。寝るときにはシャットダウンしておかないとまぶして気になるかもしれないものの普通のケースでは物足りないという方にぴったりだ。

ゲーミングノートPCのコスパが高い

LEGIONがゲーミングノートPCに強みを持っている。パソコン一覧でもノートパソコンが先に来ていることからもそれがわかる。15.6インチで持ち運びもしやすく、機能性も高い。

薄さと軽さも実現しているためゲーミングノートPCの常識を覆してくれる。狭額縁デザインとなっているためゲームだけではなく、映画やYoutubeの視聴も快適だ。国内BTOメーカーのゲーミングノートPCと同等以上の高いパフォーマンスを持っているのはメリットだと言える。

AR/VRにも力を入れている

vrlenovo
画像引用元:https://www.lenovo.com/jp/ja/arvr/

Lenovoは企業としてAR/VRの開発に力を入れているのも魅力だ。まだまだこれからの分野に先行投資をしているのは評価に値するだろう。

比較的価格がこなれてきているため購入してみるのも悪くない。Windows Mixed Reality対応モデルやGoogleのVR専用プラットフォームDaydream対応モデルがある。今までにない世界を体感することが可能だ。

Lenovo(レノボ)の弱み

ラインナップが限られている

ゲーミングPCブランドのLEGIONはカスタマイズができずラインナップが限定的だ。一部のモデルではカスタマイズで自分好みに合わせることができるが、新しいモデルなど一部のカスタマイズができないモデルではパソコン側に合わせて購入するしかない。

今後ラインナップが増えてくるまでは我慢が必要となる。国内のBTOメーカーでは、構成が違うモデルが豊富にあるのでここはデメリットだ。

他のメーカーと比べての知名度が高くない

LEGIONはまだまだ国内での知名度が低い。海外ブランドでもASUS、MSI、Acerなどはある程度ゲーマーに認知されているが、LEGIONの地位は高くない。それはLenovoが国内での販売に力を入れていなかったという側面もある。

レノボのデビット・ベネット社長は、「日本のゲーミング市場は現状、世界と比べるとまだ小さい。だが、今後は他の国と同じ水準に近づくだろう」と述べている。(日経参照)今後、日本市場でのゲーミングPCブランド浸透を目指すということで期待できる。色々なメーカーがゲーミングPC市場に参入してくると業界が活気づき良い影響を与えるだろう。

Lenovo(レノボ)のおすすめゲーミングPC

2018/12/02更新!!

 1位:Legion T7302位:Legion C7303位:Legion Y530 プレミアム
画像Lenovo Legion T730Lenovo Legion C730Legion Y530
価格464,400円
311,148円
453,600円
294,840円
228,420円
143,905円
CPUi9-9900Ki9-9900Ki7-8750H
GPURTX2080RTX2080GTX1050Ti
メモリ32GB32GB16GB
SSD512GB512GB非搭載
HDD2TB2TB2TB
電源500W500W-
公式
上記は全て送料・税込みの価格となっている。送料と税金でおよそ1万円プラスとなることを考えると価格以上に安いということになる。eクーポンがあれば自動的に適用されるので損をすることはない。LenovoのゲーミングPCには特徴的なデザインが揃う。LEDが非常に映える。Legion T730とC730は2018年11月に発売されたばかりのモデルだ。最新の第九世代CPUを搭載。さらに、グラフィックボードにはRTX2080を採用。構成面を見てもずば抜けている。

特にキューブ型であるC730は、今となっては貴重なコンパクトモデルとなっている。マザーボードを本体の中央に置くことでスペースを有効活用できる。サーマルシステムのおかげで温度のコントロールも効率的だ。発熱対策もしっかりできている。ゲーミングノートもデザイン性が高く評価が高い。カスタマイズすることもできるのでぜひチェックして欲しい。

Lenovo(レノボ)の基本情報

保証

hosyou

基本保証として1 Year引き取り修理が付帯されている。電話によるテクニカルサポートや部品調達&エンジニア対応をしてもらえる。追加で4,000円程度支払えば2年保証、6,000円程度支払えば3年保証にアップグレードをすることが可能だ。

支払い方法

wallet

  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • 分割払い

銀行振込については前払いとなる。決済完了後の商品発送となる。分割払いについては審査完了後商品発送となるためある程度余裕を持って申し込むと良いだろう。発送スピードを重視するならクレジットカードが最も良い。カードで支払えばポイントが貯まるので一石二鳥だ。

サポート

support

サポート面も評価が高い。トラブル解決に導くためのヒント集も充実しているため初心者の方でも不安を取り除くことができる。また、チャットやサポート窓口から相談することも可能だ。

>>>Lenovo(レノボ)の公式HPを見る<<<

Lenovo(レノボ)の会社情報

ショップ名Lenovo(レノボ)
企業名レノボ・ジャパン株式会社
納期決済から2~3週間
支払い方法前払い銀行振込
クレジットカード
分割払い(JACCSクレジット)
返品可否基本不可

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ