lenovotop

>>>Lenovoの公式HP<<<

当ページでは、PCメーカーであるLenovo(レノボ)製ゲーミングPCである「LEGION」の評判を紹介している。レノボは中国香港に本社を置く大手企業だ。IBM・NEC・富士通などの企業を続々と買収し世界でのパソコン販売台数はトップクラスとなっている。

国内においてゲーミングPCとしての知名度はまだまだ高くないが、ここ数年はメディア露出も増えて来ているように思う。ゲーミングPCは今Lenovoが力を入れているカテゴリーなので注目したい。IBMの買収でThink Padの販売を行っておりビジネスユースでの評判が高いと言える。当ページではゲーミングPCを中心に取り扱っていく。

Lenovo製ゲーミングPC「LEGION」の概要

levnovolegion
LEGIONは、レノボが販売するゲーミングPCブランドだ。ラインナップは大きく分けると、ノートブック・デスクトップとなる。ノートブックのラインナップは8種類と豊富だ。デスクトップパソコンはラインナップが厳選されているため初心者の方でも選びやすいだろう。新しいモデルについては「☆」マークを付けておく。

ノートブックラインナップ

Legion 7 series

  • Legion 760(16) ☆
  • Legion 760(16)
    AMD Ryzen 5000Hプロセッサー×GeForce RTXグラフィックス搭載のゲーミングノートPCだ。16インチWQXHDディスプレイを搭載している。価格帯は210,000円~だ。

    >>>モデル一覧を見る

  • Legion 750i(15)
  • Legion 750i(15)
    Intel第10世代インテルCore Hプロセッサー×RTX 20シリーズ搭載モデルだ。一世代前のモデルとなっているので注意してほしい。

  • Legion Slim 750i(15)
  • Legion Slim 750i(15)
    こちらも量販店モデルとなっている。Intel第10世代インテルCore プロセッサー搭載モデルだ。グラフィックスにはRTX 2060 Max-Qデザインを搭載している。Coldfront 2.0冷却システム採用で機能面でも強化されている。

>>>>Legion 7 series一覧を見る

Legion 5 series

  • Legion 560 Pro(16) ☆
  • Legion 560 Pro(16)
    量販店モデルだ。直販では購入することができない。16インチWQXGAディスプレイ搭載・Nahimicオーディオ搭載と機能性に優れている。

  • Legion 550Pi(15)
  • Legion 550Pi(15)
    Intel第10世代Core Hプロセッサーを搭載している。グラフィックスにはローエンドクラスのGTX 1650を搭載。最大144Hz対応モニターを採用の高コスパモデルとなっている。

  • Legion 550(15)
  • Legion 550(15)
    量販店モデルだ。AMD Ryzen 4000シリーズプロセッサーを搭載している。今は後継モデルであるRyzen 5000シリーズが発売されている。

  • Legion 550i(15)
  • Legion 550i(15)
    旧モデルとなっている。第10世代インテルCore プロセッサー及びGeForceグラフィックスを搭載している。効率のよい冷却システムを採用していてパフォーマンスが高い。

  • Legion 550i(17)
  • Legion 550i(17)
    RTX 2060搭載の旧モデルだ。CPUにはIntel第10世代インテルCoreプロセッサーを搭載している。17.3インチの大型モニターを採用していてゲームに没頭しやすい。

>>>>Legion 5 series一覧を見る

デスクトップパソコンラインナップ

  • Legion T750i ☆
  • Legion T750i
    Intel第10世代のCore i9-10900K搭載モデルを選択できる。グラフィックスにはRTX 3080を搭載している。ラインナップのほとんどは在庫切れ状態で新しいモデルに切り替えられるだろう。

    >>>モデル一覧を見る

  • Legion 550i
  • Legion 550i
    GTX 1650 SUPER/GTX 1660 SUPER搭載モデルだ。在庫もほとんどなく新しいモデルに切り替わるだろう。

  • Legion T550
  • Legion T550
    第3世代Ryzenシリーズを搭載したモデルだ。グラフィックスにはGTX 1650 SUPER/GTX 1660 SUPERを搭載している。

  • Legion T530
  • Legion T530
    Intel第9世代CPUを搭載した旧世代のゲーミングPCとなっている。基本的には選択しない方がよい。

Lenovo(レノボ)のおすすめゲーミングPC

 1位:Legion 760
82N6008VJP
2位:Legion 760
82N6006GJP
3位:Legion 550Pi
82AY001TJP
画像Legion 760(16)Legion 760(16)Legion 550Pi(15)
液晶16.0インチ 165Hz16.0インチ 165Hz15.6インチ 60Hz
重量約2.5kg約2.5kg約2.3kg
バッテリー駆動時間約3.1時間約2.9kg約10.8時間
価格210,951円(税込)291,438円(税込)110,612円(税込)
CPURyzen 7 5800HRyzen 9 5900HXCore i7-10750H
GPURTX 3070RTX 3080GTX 1650
メモリDDR4 16GBDDR4 32GBDDR4 16GB
SSD1TB1TB512GB
HDD非搭載非搭載非搭載
公式
デスクトップPCはラインナップがやや古いためゲーミングノートPCを中心にランキングを作成している。一位の「Legion 760 82N6008VJP」は、RTX 3070×Ryzen 7 5800H搭載のモデルだ。税込21万円というのは性能や構成を考えると割安だ。高リフレッシュレートモニターを活かせる高い性能が魅力となっている。Ryzen 7 5800Hは8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高く従来モデルと比べてゲーム適性も向上している。国産メーカーではなかなかないコスパの高さから一位に選出した。

二位の「Legion 760 82N6006GJP」はハイエンドモデルのRTX 3080×Ryzen 9 5900HXを搭載している。2021年で購入できるモデルで最高峰だと言える。負荷の高い最新のタイトルでも対応できる性能を持つ。将来性も高く長く使用することができるのが嬉しい。バッテリー駆動時間が短いのは仕方がないだろう。

三位の「Legion 550Pi 82AY001TJP」はGTX 1650×i7-10750H搭載のローエンドクラスのモデルだ。クリエイターPCとしてもおすすめできる。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も充実している。高設定にこだわらず価格を重視して選びたい方におすうめだ。バッテリー駆動時間も長く実用性が高い。

Lenovo(レノボ)の特徴と長所まとめ

ゲーミングノートPCのコスパが高い

LEGIONはゲーミングノートPCに強みを持っている。パソコン一覧でもノートパソコンが先に来ていることからもそれがわかる。特に旧モデルは破格の価格設定となることもあるぐらいだ。ゲーミングノートPCは実用性に優れていて評価されている。

狭額縁デザインを採用していて視認性が高くなっている。DisplayHDR 400対応ディスプレイを搭載するなど機能面での強化が図られている。さらに、16型WQXGAディスプレイで広い画面領域と高い解像度での美しいグラフィックスが魅力的だ。16インチモデルが今後の主流になってくるかもしれない。

薄さと軽さも実現しているためゲーミングノートPCの常識を覆してくれる。狭額縁デザインとなっているためゲームだけではなく、映画やYoutubeの視聴も快適だ。国内BTOメーカーのゲーミングノートPCと同等以上の高いパフォーマンスを持っているのはメリットだと言える。

デザイン性の高いゲーミングPCが揃っている

海外ブランドらしくデザインが独特だ。いい意味で国内のBTOパソコンにはないケースが特徴となっている。一言でいうとオリジナルのケースでありながら魅せることにもこだわっていると言える。今後このようなゲーミングPCが主流になってくるのかもしれない。

ケース内部が見えるようになっていてそこにLEDシステムを搭載している。部屋に置いておけばゲームのやる気が出てくるだろう。寝るときにはシャットダウンしておかないとまぶして気になるかもしれないものの普通のケースでは物足りないという方にぴったりだ。

日本国内での販路を拡大している

LenovoのLegionブランドについて日本国内での販路拡大に力を入れている。2018年12月からは全国の家電量販店でも購入できるようになった。これまではゲーミングPCブランドはそれほど力に入れていなかった。しかし、2018年5月から元AMDデビット・ベネット氏がレノボ・ジャパンの代表取締役社長に就任し(BCN+R, 2018)それが変わってきている。

また、PUBG・FORTNITEなどの人気沸騰で日本国内でのゲーミングPC需要が伸びていることから今後も注力していくということだ。パソコン業界自体は落ち込んでいるが、ゲーミングPC業界は盛り上がっている今この判断は正しいだろう。日本のゲーマーにとっても選択肢が増えるのはメリットだと言える。

AR/VRにも力を入れている

vrlenovo
画像引用元:https://www.lenovo.com/jp/ja/arvr/

Lenovoは企業としてAR/VRの開発に力を入れているのも魅力だ。まだまだこれからの分野に先行投資をしているのは評価に値するだろう。

比較的価格がこなれてきているため購入してみるのも悪くない。Windows Mixed Reality対応モデルやGoogleのVR専用プラットフォームDaydream対応モデルがある。今までにない世界を体感することが可能だ。

>>>Lenovo(レノボ)の公式HP<<<

Lenovo(レノボ)の弱み

ラインナップが限られている

ゲーミングPCブランドのLEGIONはカスタマイズができずラインナップが限定的だ。一部のモデルではカスタマイズで自分好みに合わせることができるが、新しいモデルなど一部のカスタマイズができないモデルではパソコン側に合わせて購入するしかない。

今後ラインナップが増えてくるまでは我慢が必要となる。国内のBTOメーカーでは、構成が違うモデルが豊富にあるのでここはデメリットだ。新しいモデルが登場するのに時間が掛かるため時期によっては旧モデルばかりが並んでしまうこともある。お得なモデルもあるので価格をしっかりと確認しておこう。

他のメーカーと比べての知名度が高くない

LEGIONはまだまだ国内での知名度が低い。海外ブランドでもASUS・MSI・Acerなどはある程度ゲーマーに認知されているが、LEGIONの地位は高くない。それはLenovoが国内での販売に力を入れていなかったという側面もある。

レノボのデビット・ベネット社長は、「日本のゲーミング市場は現状、世界と比べるとまだ小さい。だが、今後は他の国と同じ水準に近づくだろう」と述べている。(日経参照)今後、日本市場でのゲーミングPCブランド浸透を目指すということで期待できる。色々なメーカーがゲーミングPC市場に参入してくると業界が活気づき良い影響を与えるだろう。

同じモデルでも価格が違う

いくつか製品を確認したところ同じモデルでも価格が異なっていることがあることに気付いた。構成や型番も同じだったことから間違いないだろう。これだと高い価格で購入したユーザーは損をしてしまうことになる。

一度製品名でGoogle検索をしたり、サイト内検索をしたりして他にお得なモデルがないか確認しておこう。本当にお得かどうかわからないという方は当サイト管理人まで問い合わせしていただければと思う。当ページのコメントに記載していただければ調査させていただくことも可能だ。

Lenovo(レノボ)の基本情報

保証

hosyou

基本保証として1 Year引き取り修理が付帯されている。電話によるテクニカルサポートや部品調達&エンジニア対応をしてもらえる。追加で4,000円程度支払えば2年保証、6,000円程度支払えば3年保証にアップグレードをすることが可能だ。

支払い方法

wallet

  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • 分割払い

銀行振込については前払いとなる。決済完了後の商品発送となる。分割払いについては審査完了後商品発送となるためある程度余裕を持って申し込むと良いだろう。発送スピードを重視するならクレジットカードが最も良い。カードで支払えばポイントが貯まるので一石二鳥だ。

サポート

support

サポート面も評価が高い。トラブル解決に導くためのヒント集も充実しているため初心者の方でも不安を取り除くことができる。また、チャットやサポート窓口から相談することも可能だ。

>>>Lenovo(レノボ)の公式HP<<<

Lenovo(レノボ)の会社情報

ショップ名Lenovo(レノボ)
企業名レノボ・ジャパン株式会社
納期決済から2~3週間
支払い方法前払い銀行振込
クレジットカード
分割払い(JACCSクレジット)
返品可否基本不可

参照外部サイト

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya