corei3-12100f画像引用元:https://www.ark-pc.co.jp/

当ページでは、Core i3-12100の性能ベンチマーク&搭載ゲーミングPCを紹介している。Alder Lake世代におけるエントリークラスモデルであるCore i3-12100が発売された。ゲーミングCPUとして選ばれることがそれほど多いモデルというわけではないが、世代を重ねるごとに着実に進化を果たしているのも事実だ。

2022年2月時点で搭載BTOパソコンのラインナップはなく、自作PCユーザー向けということになる。単体価格では18,000円前後だ。CPU内蔵グラフィックス非搭載のCore i3-12100Fなら14,000円前後で購入できる。コア8スレッドのCPUがどのぐらいゲーム用途で通用するのか詳しく見ていこう。

Core i3-12100の基本情報

コードネームAlder Lake
プロセス10nm
コア/スレッド数4コア / 8スレッド
Pコア定格/最大クロック3.3 GHz/ 4.3 Ghz
Eコア定格/最大クロック
L3キャッシュ18MB
PBP60W
MTP89W
発売日2022年01月24日
価格$122
特徴 (+)歴代最強のCore i3シリーズとなる
(+)競合不在で圧倒的な地位を築く
(-)4コア8スレッドとスペックは控え目
(-)搭載ゲーミングPCは販売されていない
評価 ・総合評価
★★★★★★☆☆☆☆ 6.0

・ゲーム評価
★★★★★★★☆☆☆ 6.5

>>>Core i3-12100を確認(Amazon)<<<

Core i3-12100の基本情報

基本スペック

 i3-12100i5-12400i3-10100
コードネームAlder LakeAlder LakeComet Lake
プロセス10nm10nm14nm
Pコア464
Eコア---
トータルコア464
スレッド数8128
定格クロック3.3GHz(P)2.5GHz(P)3.6GHz(P)
最大クロック4.3GHz(P)4.4GHz(P)4.3GHz(P)
定格クロック---
最大クロック---
オーバークロック×××
L3キャッシュ容量18MB18MB6MB
対応メモリDDR5-4800
DDR4-3200
DDR5-4800
DDR4-3200
DDR4-2666
内蔵グラフィックスUHD Graphics 730UHD Graphics 730UHD Graphics 630
CPUクーラー
PCI Express5.05.03.0
PBP60W65W65W
MTP(PL2)89W117W90W
価格$122$192$122
発売日2022/01/242022/01/052020/05/27
Core i3-12100は、Alder Lake世代のCPUで10nmプロセスを採用している。従来モデルの比較対象モデルとしてComet Lake世代のCore i3-10100をピックアップした。これは次世代に当たるRocket Lake世代のCore i3-10105がそれほど普及しておらず知名度が低いからだ。

Core i3-10100が14nmプロセスだったことを考えると微細化が進んでいるということになる。コア/スレッドはCore i3-10100と同じ4コア8スレッドとなっている。定格クロックは8%低く、最大クロックは同じ4.3GHzだ。これだけを見ると何が変わったのか疑問に感じてしまうかもしれない。

答えは10nmプロセスの採用とCPUコアの改良によってIPCが19%改善(wccftech, 2021)したことにある。これによって同等あるいはそれよりも低いクロック周波数でも効率的により高いパフォーマンスを得られる。L3キャッシュ容量は3倍の18MBだ。対応メモリもDDR4-2666からDDR5-4800/DDR4-3200へとなった。もっともエントリークラスのCore i3シリーズでDDR5-4800を選ぶことはないだろう。

内蔵グラフィックスもUHD Graphics 730へと変わっている。CPUクーラーは同梱だ。PCI Expressも3.0から5.0へとアップグレードされた。PBPは5%低く60Wだ。MTPも89Wとなる。価格はどちらも同じ$122だ。

上位モデルのCore i5-12400と比較していこう。プロセスは同じ10nmだ。コア/スレッド共に50%引き上げられて6コア12スレッドとなる。定格クロックはCore i3-12100の方が32%高く、最大クロックはCore i5-12400の方が3%高い。L3キャッシュ容量はどちらも同じ18MBだ。これはCore i3-12100とCore i5-12400がどちらもH0ダイを採用しているからだ。上位モデルのC0とは違ってEコアは搭載されていない。

PCI Expressは5.0と共通だ。PBPはCore i5-12400の方が9%高く、MTPもCore i5-12400の方が30%弱高い。コアが多い分だけ省電力性の観点からは不利になる。価格差は$70だ。いずれのモデルもCPU内蔵グラフィックス非搭載のFモデルも販売されている。

Ryzen 5シリーズと比較

 Core i3-12100Ryzen 5 3600
コードネームAlder LakeZen 2
プロセス10nm7nm
コア46
スレッド数812
定格クロック3.3GHz3.6GHz
最大クロック4.3GHz4.2GHz
オーバークロック×
L3キャッシュ容量18MB32MB
対応メモリDDR5-4800
DDR4-3200
DDR4-3200
内蔵グラフィックスUHD Graphics 730×
CPUクーラーWraith Stealth
PCI Express5.04.0
PBP60W65W
MTP(PL2)89W-
価格$122$199
発売日2022/01/242019/07/07
Ryzen 3 3300XやRyzen 3 3100では性能的に釣り合わないため上位モデルで性能的に近いRyzen 5 3600と比較していく。Ryzen 5 3600はZen 2アーキテクチャを採用したモデルで2019年7月に発売された。プロセスは7nmでCore i3-12100で採用されている10nmよりも一回り小さい。コア/スレッドはRyzen 5 3600がそれぞれ50%多く6コア12スレッドとなる。

定格クロックはRyzen 5 3600の方が9%高く、最大クロックはCore i3-12100の方が3%高い。Ryzen 5 3600はオーバークロックに対応していてより高いクロック周波数を実現することができる。L3キャッシュ容量もRyzen 5 3600の方が80%も多い。対応メモリは最新モデルであるCore i3-12100の方が上位規格に対応している。ただし、実用面からはDDR4-3200が選ばれることが多く同等だ。

いずれのモデルもCPUクーラーを搭載している。PCI ExpressはCore i3-12100の方が上位規格に対応している。PBPはCore i3-12100の方が3%抑えられている。価格差は$77だ。さすがに3年近くの月日が流れると性能的に遅れを取る形になる。Core i3-12100の進化は素晴らしい。

>>>Core i3-12100を確認(Amazon)<<<

Core i3-12100の特徴&注意点

史上最強のCore i3シリーズが登場

corei3-12100seinou
Core i3-12100は、紛れもなく歴代最強のCore i3シリーズとなる。従来モデルのCore i3-10100と同じ4コア8スレッドとスペックながら90%以上もパフォーマンスが向上している。6コア12スレッドのCore i5-10600Kに匹敵するマルチスレッド性能の高さは圧巻だ。

ゲーミング性能についてはRyzen 5 3600やRyzen 7 3700Xと同等以上となっている。Core i5-11400に匹敵するほどだ。上位モデルのCore i5-12400になると当然より高い性能を得られる。価格差は4,500円~8,500円だ。コストパフォーマンスを考えるならCore i5-12400の方が上だ。

競合不在で圧倒的な地位を築く

$150以下という価格帯において競合がいない状態でCore i3-12100の独壇場となりそうだ。Core i3-12100で$122(国内価格18,000円)でCPU内蔵グラフィックス非搭載のCore i3-12100Fで$104(国内価格14,000円)となる。第4世代RyzenシリーズになってAMDは戦略の方向転換を行った。つまり、コスパ重視からパフォーマンス重視になったのだ。Intel第12世代Core iシリーズの登場で性能でも価格でも劣るCPUが出来上がってしまった。

第4世代Ryzenシリーズで最も安価なモデルは$259の「Ryzen 5 5600G」(国内価格31,500円)だ。Core i3-12100の倍以上の価格だ。マルチスレッド性能こそ高いが、ゲーミングCPUとしての評価は低い。L3キャッシュ容量が少なくフレームレートが安定しないのだ。さすがにゲーミング性能についてはRyzen 5 5600Gが上だが価格に見合う価値があるとは思えない。その上位モデルのRyzen 5 5600Xになると35,980円とさらに高くなる。Ryzen 3 3300XやRyzen 3 3100では相手にならず八方塞がり状態だ。

パソコン工房からゲーミングPCがリリースされるかも!?

pckouboui3ichiran引用元:https://www.pc-koubou.jp/

Core i3-12100がリリースされて2週間程度の月日が流れてたが、未だにCore i3-12100搭載モデルを販売しているBTOメーカーはない。パソコンショップセブンやサイコムでも取り扱いはないようだ。狙い目は現時点でCore i3-10105を搭載したゲーミングPCを販売しているパソコン工房だろう。GTX 1660 Ti×Core i3-12100を組み合わせたモデルが出れば注目度は増すだろう。

今のところは自作PCの構築を考えている中上級者向けのCPUだと言える。単体価格で14,000円~購入することができる。グラフィックボードの価格が高騰している今CPUの価格を抑えるというのは理にかなっている。少しでも安くゲーミングPCを作りたいなら魅力的な選択肢になるのではないかと思う。消費電力も比較的抑えられていて現在のシステムからの換装も行いやすいはずだ。

その後2022年4月になってパソコンショップセブンで取り扱いが始まった。RTX 3060搭載モデルも選択可能だ。Core i5-12400搭載モデルと比べて価格が特別安いわけではなく、選びづらいが今後に期待したい。今後パソコン工房でもラインナップが増えていくのではないかと思う。

>>>Core i3-12100を確認(Amazon)<<<

Core i3-12100のゲームベンチマーク一覧

Far Cry 6

farcry6i3-12100-farcry6

Far Cry 6ではRyzen 7 3700Xと同等のフレームレートを叩き出した。従来モデルのCore i3-10100と比べて11%程度平均fpsが向上している。驚くべきか最小fpsが60%も高くなっていることだ。より安定性の高いCPUになったということだ。Ryzen 5 3600と比べると平均fpsは9%程度高い。Ryzen 5シリーズとの差はかなり大きい。さらに、Core i5-11400との差は1%-2%と僅差だ。Core i3シリーズに掛かる実力は本物だ。

Hitman 3

hitman3i3-12100-hitman3

Hitman 3では従来モデルであるCore i3-10100と比べて37%も平均fpsが高い。最小fpsも35%高くAlder Lake世代の進化がわかる。Ryzen 7 3700Xとほぼ同等のパフォーマンスを得られている。Ryzen 5 3600との差は13%-16%となっている。Core i5-11400やCore i5-10600Kとも肉薄しているのは圧巻だ。十分ゲームプレイに通用するCPUだと考えてよいだろう。

Cyberpunk 2077

Cyberpunk2077topi3-12100-cyberpunk2077

Cyberpunk 2077は他のタイトルと違ってやや苦しい結果となっている。他のタイトルよりもコアやキャッシュが重要になってくるタイトルだ。結果的に他のタイトルでは近いフレームレートを得ていたCore i5-10600KやCore i5-11400との差が大きい。それでも従来モデルのCore i3-10100と比べて18%もフレームレートが向上している。ゲーミングCPUとして通用することは否定できないだろう。Ryzen 5 3600に劣るもののその差は1%-2%程度だ。Ryzen 7 3700Xとの差もそれほど大きいわけではない。

>>>Core i3-12100を確認(Amazon)<<<

その他アプリケーションのベンチマーク

Cinebench R23

cinebenchi3-12100-cinebenchr23

定番のベンチマークソフトでパフォーマンスを見ていこう。従来モデルのCore i3-10100と同じ4コア8スレッドだがスコアは全く異なる。マルチスレッド性能は59%高く、シングルスレッド性能も45%も高い。シングルスレッド性能ではCore i5-11400やCore i5-10600Kを25%も上回っている。マルチスレッド性能もCore i5-10600Kに4%程度劣るだけでいかに性能が高いのかということがわかるだろう。上位モデルであるCore i5-12400になるとさらにスコアが高くマルチスレッド性能は49%高く、シングルスレッド性能も6%高い。Alder Lake世代のCPUはこれまでとは全く別物だと考えてよい。

7-Zip

zipi3-12100-zip

Zipファイルの解凍・圧縮は散々な結果だ。コアやスレッドが少ないと顕著にパフォーマンスが落ちてしまう。ゲームプレイやCinebench R23ではある程度戦えていたRyzen 5 3600と比べて解凍速度は42%遅く、圧縮速度も32%遅い。Core i5-11400と比べても27%-38%の差がある。それでもCore i3-10100と比べると解凍速度は14%速く、圧縮速度も29%速くなっている。

Adobe Premier Pro

Adobe Premiere Pro CCi3-12100-adobepremierepro

動画編集ソフトのAdobe Premier Proでのパフォーマンスを見ていく。Ryzen 5 3600と比べて14%劣る結果となっている。Core i5-11400との差も17%と大きい。一方で、従来モデルのCore i3-10100と比べると42%パフォーマンスが向上している。$122という価格を考えると及第点だろう。

Adobe Photoshop

photoshop画像引用元:https://www.microsoft.com/i312100-photoshop

Adobe PhotoshopはCore i3-12100が得意とする用途の一つだ。シングルスレッド性能が重視されるためパフォーマンスがかなり高い。Ryzen 7 3700XやCore i7-10700Kと肩を並べる性能は圧巻だ。従来モデルのCore i3-10100と比べて40%近くもパフォーマンスが向上している。Ryzen 5 3600との差は9%だ。画像編集を考えている方にとっては魅力的な選択肢となる。

Corona 1.3

corona1.3i312100-corona

Corona 1.3ではやや残念な結果となっている。Ryzen 5 3600よりも23%劣るパフォーマンスだ。Core i5-11400との差も34%とやや大きい。一方で、従来モデルのCore i3-10100と比べると29%もパフォーマンスが向上している。進化していることは間違いないが、コア数の少なさが影響してしまう用途も多い。

>>>Core i3-12100を確認(Amazon)<<<

Core i3-12100搭載ゲーミングPC一覧

ZEFT G21DA(セブン)

ZEFT R9J価格:129,580円(税込)
CPU:Core i3-12100
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4-3200 8GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載
電源:500W BRONZE

公式サイト

グラフィックスにTuring世代のエントリークラスであるGTX 1650を搭載したゲーミングPCだ。Core i3-12100と合わせるには十分だろう。PCケースには「SilverStone SST-PS14B-E」を採用している。落ち着いたデザインのミドルタワーケースだ。メモリ8GB、SSD 500GBと構成は最小限に留まる。これをベースモデルにカスタマイズで自分好みに仕上げるのがよさそうだ。

ZEFT G15HL(セブン)

SR-ii9-8862GS6GPW10価格:164,780円(税込)
CPU:Core i3-12100
GPU:GeForce RTX 3050
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載
電源:650W BRONZE

公式サイト

Ampere世代のエントリークラスであるRTX 3050を搭載したゲーミングPCだ。GTX 1650と比べてワンランク高い性能を得られる。フルHD環境ならある程度対応可能だ。PCケースには「Thermaltake Versa H26」を採用している。クリアガラスパネル採用でデザイン性に優れている。電源カバー搭載でケース内のケーブルをまとめやすい。実用性もしっかり考えられているのだ。メモリ16GB、SSD 500GBと構成も平均以上だ。

ZEFT G21DN(セブン)

ZEFT G24CT価格:175,780円(税込)
CPU:Core i3-12100
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載
電源:750W GOLD

公式サイト

グラフィックスにRTX 3060を搭載したミドルクラスのゲーミングPCとなっている。PCケースには「Thermaltake Versa H17」を採用している。シンプルなミニタワーケースだ。拡張性・メンテナンス性も高い。フルHD環境なら高設定でも安定したゲームプレイが可能だ。メモリ16GB、SSD 500GBという構成だ。電源ユニットは750W GOLDを余裕がある。将来的な換装にも対応できる。

管理人による総評(Core i3-12100)

Core i5-12400

Core i3-12100は、Alder Lake世代における低価格帯のCore iシリーズだ。スペックは4コア8スレッドと控え目だが、アーキテクチャの改良もあって従来モデルよりも大幅にパフォーマンスが引き上げられている。2.0万以下でCPUを購入したいならおすすめだ。CPU内蔵グラフィックス非搭載モデルなら1.4万円で購入できる。

ゲーミング性能については、Core i5-10600Kに匹敵するほど高くなっている。フルHD環境でミドルクラスまでのグラフィックボードと合わせるなら悪くない。もっとも搭載ゲーミングPCが販売されていないため自作ユーザー向けとなる。Core i5-12400が2.2万円~2.4万円で購入できるため悩ましい選択となる。+6,000円でより高いパフォーマンスを得られるのは大きい。

参照外部サイト

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya