GALLERIA GCL1650TGF当ページでは、Core i5-10200Hの性能レビュー及び搭載ゲーミングノートPCの紹介をしている。Intel第10世代の後発モデルでCore i5-10300Hよりもスペックを落としたCPUだ。当然ゲームプレイにおいては不利になってしまう側面もあるが、最低限必要な性能は持っていると考えてよい。Core i5-10300H/Core i5-10200Hを最低基準にすれば失敗することはないはずだ。

よくわかる!!Core i5-10200Hの特徴まとめ

cputoha

コードネームComet Lake
プロセス14nm++
コア/スレッド数4コア/8スレッド
定格/最大クロック2.4 GHz/ 4.1 Ghz
L3キャッシュ8MB
TDP45W
発売日2020年09月17日
価格$250
コメント 低価格帯のゲーミングノートPCで採用される
クロック周波数が低い分fpsが落ちることがある
搭載モデルのラインナップはほとんど見かけない
評価 ・総合評価
6.5

・ゲーム評価
6.5

Core i5-10200Hの概要

基本スペック

 Core i5-10200HCore i5-10300HCore i5-9300H
メーカーIntelIntelIntel
プロセス14nm++14nm++14nm++
コードネームComet LakeComet LakeCoffee Lake-R
CPUコア数4コア4コア4コア
スレッド数8スレッド8スレッド8スレッド
定格クロック2.40 GHz2.50 GHz2.40 GHz
最大クロック4.10 GHz4.50 GHz4.10 GHz
L3キャッシュ8MB8MB8MB
対応メモリDDR4-2933DDR4-2933DDR4-2666
内蔵グラフィックスUHD GraphicsUHD GraphicsUHD Graphics 630
TDP45W45W45W
価格$250$250$250
発売日Q3'20Q2'20Q2'19
Core i5-10200Hは、Comet Lake世代のCPUだ。前世代であるCore i5-9300Hと非常に似たスペックだということがわかる。プロセスも14nm++でほとんど流用と考えてよいだろう。4コア8スレッドでクロック周波数やL3キャッシュも全く同じだ。唯一異なるのはメモリ規格がDDR4-2666からDDR4-2933へとアップグレードされている点だ。つまり、Core i5-9300HとCore i5-10200Hの性能差はメモリの差と言っても過言ではない。

Core i5-10300Hになると定格クロックが0.1GHz高く、最大クロックが0.4GHz高くなる。最大クロックが10%上がるインパクトは大きい。L3キャッシュ、対応メモリなども共通となっている。価格は$250と同じですが、流通価格としてはCore i5-10200Hの方が安価だ。発売はCore i5-10300Hの4ヶ月後となっている。

AMD製CPUと比較

 Core i5-10200HRyzen 5 4600H
メーカーIntelAMD
プロセス14nm++7nm
コードネームComet LakeZen 2
CPUコア数4コア6コア
スレッド数8スレッド12スレッド
定格クロック2.40 GHz3.00 GHz
最大クロック4.10 GHz4.00 GHz
L3キャッシュ8MB8MB
TDP45W45W
価格$250-
発売日Q3'20Q2'20
AMDで同じ価格帯のRyzen 5 4600Hと比較していく。AMDでは7nmプロセスを採用しているのが特徴だ。Intelで採用されている14nmプロセスよりも省電力性が高くパワー効率も高い。さらに、Ryzen 5 4600Hでは6コア12スレッドとマルチスレッド性能も高い。Core i5-10200Hよりもそれぞれ50%高いということになる。

純粋にスペックを見るだけでもRyzen 5 4600Hの凄さがわかる。その上で定格クロックも25%高い3.00GHzとなっている。最大クロックに関してはCore i5-10200Hの方が0.10GHz高い。L3キャッシュは同じ8MBで消費電力も45Wで共通だ。発売時期もほぼ同じと考えてよいだろう。

Intel Core i5-10200Hの特徴

4コア8スレッドのハイパフォーマンスモデル

Core i5-10200Hは、4コア8スレッドのハイパフォーマンスモデルとなっている。この末尾にHを冠するCPUは性能が高くゲーミングノートPCやクリエイターノートPCに採用されることが多い。性能よりも省電力性が重視されるビジネスモデルで採用されることは少ない。それだけ性能に関してはお墨付きというわけだ。

Core i7-10750HやCore i5-10300Hと比べると性能面で物足りなさがあるが、60番台ぐらいまでのグラフィックボードであれば性能がボトルネックとなる可能性は低く使い勝手がよい。CPUではなくグラフィックボードに投資するというのは案外悪くない。フルHD環境での高リフレッシュレートであれば十分対応できるのは嬉しい。

低価格帯を支える貴重なCPU

単体価格$250と低価格帯を支える貴重なモデルだ。ゲーミングノートPC搭載されているCPUで最も安価で最も性能が抑えられたモデルだと言える。上位モデルであるCore i7-10750Hになると$395と一気に価格が跳ね上がってしまうことを考えるとCore i5シリーズはちょうどよいバランスを持っている。

上位モデルであるCore i5-10300Hと定価は同じだが、実売価格ではCore i5-10200Hの方が5,000円程度安くなっている。搭載モデルの価格を比較すれば一目瞭然だ。Core i5-10300Hとの性能と天秤に掛けると意外と狙い目なのではないだろうか。税込み10万円以下のゲーミングノートPCを探している方はぜひ選択肢に入れてほしい。

搭載モデルはi5-10300Hより格段に少ない

Core i5-10200H搭載ゲーミングノートPCはほとんどない。2021年2月時点で2機種しか存在していないのだ。魅力的に感じても選択肢がないのはデメリットだと言える。もしかしたら今後もう少しラインナップが増える可能性はあるが、Core i5-10300H搭載モデルより多くなることはないだろう。

反対にラインナップが少なくなってしまう可能性もあるのでタイミングを図る必要がある。特に国内BTOメーカーではそれほど増えないのではないかと思う。場合によってはCore i5-10300H搭載モデルも選択肢に入れるとよいだろう。選択肢の幅を狭めてしまうことはデメリットしかない。

Core i5-10200Hのベンチマーク一覧

Cinebench R20

cinebenchi5-10200hcinebenchr20

CPUのレンダリング性能をスコア化できるベンチマークソフトだ。Core i5-10200Hは、前世代のCore i5-9300Hとほぼ同等のスコアとなっている。この差がメモリ規格の差ということになる。マルチスレッド性能で3%程度伸びている。上位モデルであるCore i5-10300Hと比べると4%低くなっている。Core i5シリーズの3つにそれほど大きな性能差がないということがわかる。

これがCore i7-10750Hになると一気にスコアが高くなる。これは4コア8スレッドと6コア12スレッドの差が出ている形だ。Core i5-10200Hと比べて54%程度マルチスレッド性能が高い。ゲーム適性も大きく向上すると考えて間違いない。また、Ryzen 5 4600HはCore i7-10750Hよりも20%程度パフォーマンスが高い。AMD製のCPUも強力なライバルとなる。

Handbreak

handbrakei5-10200hhandbreak

動画のエンコードに掛かる速度を計測している。Core i5-9300Hよりも0.3%だけ高速化されている。Core i5-10300Hとの差は4%だ。もちろんHandbrakeでもコア/スレッドの多いCore i7シリーズが有利だ。Core i7-10750HとCore i5-10200Hとの差は25%程度と大きい。Ryzen 5 4600Hになると35%程度とさらに広がる形だ。省電力モデルのCore i7-10710Uに比べるとパフォーマンスは高いが、Hシリーズの中では最も性能が低い部類に入るということになる。

PCMark 10

pcmark10i5-10200hpcmark10

Essentials Test(アプリ起動・ウェブブラウザなどの基本性能を測定)ではCore i5-10300Hとの性能差は2%程度だ。Core i5-9300Hとの差は3%となる。やはりRyzen 5 4600Hは強力なCPUだ。Core i5-10200Hと変わらない価格設定にも関わらずCore i7-10750Hをも超えるスコアを叩き出している。Productivity Test(オフィスやエクセルなどビジネスアプリ性能を測定)でも数値は同じだ。Core i7-10875Hがトップ陥落となり、Ryzen 7 4800Hがトップになる。Core i5シリーズでは大きな変化はない。

Core i5-10200H搭載のゲーミングノートPC一覧

GALLERIA GCL1650TGF(ドスパラ)

GALLERIA GCL1650TGF価格:74,980円
液晶:15.6インチ 60Hz
重量:約2.1kg
駆動時間:約6.5時間
CPU:Core i5-10200H
GPU:GeForce GTX 1650 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB NVMe対応
HDD:非搭載

公式サイト

最安値クラスのゲーミングノートPCだ。税抜74,980円という価格設定はドスパラでしかできないのではないだろうか。これで利益が出ているのなら驚くしかない。15.6インチ60Hz対応のオーソドックスなモニターを搭載している。本体重量は約2.1kgとやや重めだ。グラフィックボードにはGTX 1650 Tiを搭載していてフルHD環境でのゲームプレイを前提にすれば十分対応できる。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も充実していて初心者の方でも選びやすいモデルだと思う。デスクトップパソコンを持っていても外出用に選択するというのもよいかもしれない。

GF65 Thin 10U GF65-10UE-063JP(MSI)

GF65-10UE-017JP価格:163,455円
液晶:15.6インチ 144Hz
重量:約1.86kg
駆動時間:約7.0時間
CPU:Core i5-10200H
GPU:GeForce RTX 3060 Mobile
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB NVMe対応
HDD:非搭載

公式サイト

MSIの最新ゲーミングノートPCだ。15.6インチ144Hzモニターを搭載している。ドスパラの「GALLERIA GCL1650TGF」よりも価格が高い分高機能なモニターを搭載していたり、純粋なゲーミング性能が高かったりと特徴がある。グラフィックボードにはAmpere世代のRTX 3060 Mobileを搭載。高リフレッシュレートモニターを活かすことができる。最新のタイトルでも快適にプレイすることができるのは嬉しい。メモリ16GB、SSD 500GBと構成も抜群だ。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2021年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2021年】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。a