i7-10700ktop画像引用元:https://www.pc-koubou.jp/

当ページでは、Core i7-10700Kの性能レビューの紹介をしている。第10世代のCore i7シリーズ最上位のCPUが登場した。オーバークロックにも対応していて比較的手頃な価格設定であることからCore i9-10900Kよりも購入しやすいのが魅力だ。高いコスパと一般ユーザーでも扱いやすい性能で人気が出るはずだ。

搭載モデルについては、ページ下部の「Core i7-10700K搭載のおすすめゲーミングPC一覧」で紹介している。ドスパラやパソコン工房の上位モデルなどを中心にラインナップが増えてきている。高いCPU性能を考えるとできればRTX 2070 SUPER以上のグラフィックボードと合わせたい。

よくわかる!!Core i7-10700Kの特徴まとめ

コードネームComet Lake
プロセス14nm
コア/スレッド数8コア/16スレッド
定格/最大クロック3.6 GHz/ 4.9 Ghz
L3キャッシュ12MB
TDP95W
発売日2020年05月20日
価格$374
コメント 第10世代ゲーミング用途最強のCPU
Core i9-9900Kに匹敵する性能を持つ
消費電力は上昇傾向にある
評価 ・総合評価
9.5

・ゲーム評価
10.0

>>Amazonで最新価格を確認

Core i7-10700Kの基本情報

ゲーミング性能

i7-10700Kseinou

Core i7-10700Kの性能は高く前世代のフラグシップモデルであるCore i9-9900Kに大きく近づいた。用途によっては上回るほどのスペックだ。Core i7-9700Kと比べると10%以上パフォーマンスが向上している。14nmプロセスの集大成とまで言われる第10世代の面目は保った。いや、むしろ期待以上の性能と言っても良いだろう。

さらに、AMD Ryzen 7 3700Xよりも総合的な性能は高い。しかし、CPU単体の性能だけを見るとRyzen 7 3700Xがまだまだ上を行く。ゲーム等の評価を組み込むとi7-10700Kが有利という評価だ。第10世代のメインストリーム最上位のi9-10900Kは性能は高くても評価はいまいちだ。上手く性能を発揮することが出来ず、多くの用途で微妙なスコアを出す結果となってしまっている。

第10世代の真打ちはこのi7-10700Kであるという見方が強い。ゲームにも作業でも高いパフォーマンスを発揮できてバランスの良いi7が広い層に人気がある。i9シリーズは価格が高いので一般的には選びにくいCPUだ。そういった意味ではゲーマーにも受け入れられやすいのはi7シリーズだと言える。

i9-9900Kにここまで近づいたならi7-10700Kが最高峰のCPUとして選択肢に入る。スペックから見てもi9-9900Kの上位互換だ。ゲームではi9-9900Kを超えることにも期待出来る。Ryzen 7 3700Xを上回っているのは大きな成長だ。

ただし、CPU単体の性能ではRyzen 7 3700Xが上回る場面がある。ゲーム以外の用途ではRyzen 7 3700Xの性能は非常に高い。Core i7-10700Kが苦手でもRyzen 7 3700Xが得意な用途が多く存在している。もちろん逆も然りだ。必ずしもi7-10700Kが上というわけではないことだけは留意しておいて貰いたい。

基本スペック

 i7-10700Ki9-9900Ki7-9700K
メーカーIntelIntelIntel
プロセス14nm14nm14nm
コードネームComet LakeCoffee LakeCoffee Lake
CPUコア数888
スレッド数16168
定格クロック3.8 GHz3.6 GHz3.6 GHz
最大クロック5.1 GHz5.0 GHz4.9 GHz
TBM3.0対応非対応非対応
TVB非対応非対応非対応
L3キャッシュ16MB16MB12MB
対応メモリDDR4-2933DDR4-2666DDR4-2666
内蔵グラフィックスUHD Graphics 630UHD Graphics 630UHD Graphics 630
TDP125W95W95W
価格$374$499$374
発売日2020/05/202018/11/02 2018/10/20
Core i7-10700Kはスペックの上ではCore i9-9900Kによく似ている。コア数、スレッド数、クロック、キャッシュは同等だ。違いがあるとすれば消費電力の高さ、そして価格の安さがある。スペックのみの判断では安価なCore i9-9900Kというポジションだろう。電源にさえ気をつけていれば使用感は同等のように見える。

一方、前世代のi7-9700Kと比べると、スペックが大きく向上している。Core i9-9900Kに近いのだから当然である。単純にスレッド数が倍増しているのでそれだけでも十分な性能アップだろう。i9-9900Kに近づいたということは、性能がワンランクアップしたことになる。従来のi7の枠を超えて、i9の領域にまで手を伸ばした。

気になるのは前世代のCPUは軒並み価格が下がることである。i9-9900Kがi7-10700Kよりも安くなるというようなことはない。ただ、もしも同等の価格になったとすれば、i9-9900Kの方が消費電力的に優位だ。もっとも、i9-9900Kと比較している時点でおかしな話である。i7-9700Kからの成長というよりも、i9-9900Kのマイナーチェンジに近い。

i7-10700KはTBM3.0に対応している。TBM3.0はTurbo Boost Max Technology 3.0の略である。1~2基のコアのクロック引き上げる。CPU性能が求められやすい箇所の強化は効果的だ。ただ、1~2基なのでゲーム等では体感することは難しい。

第10世代の本命と目されるi7-10700Kに対する期待は高い。Core i9-9900Kに対してどこまで性能を高めているのか。i9-10900Kとの性能差はどのくらい開いているのだろうか。その当たりはベンチマークで詳しく見ていくことにしよう。

>>Core i7-10700Kを確認(Amazon)<<

Intel Core i7-10700Kの特徴

Core i9-9900Kを超えるコストパフォーマンス

Core i7-10700Kは、かつてのフラグシップモデルであるi9-9900Kと同等の性能を持っている。さらに、ゲーム用途としてはi9-9900Kをも超えている。そして価格はi7-9700Kと同じ$374で販売されている。i9-9900Kが$499なので$125も安く手に入るということだ。Core i7-10700Kを搭載したゲーミングPCはこの価格差の恩恵をダイレクトに受ける事ができる。

CPU単体で見るとチップセット等の最新のパーツが必要となり、価格の優位性を感じることは難しいかもしれない。一方で、ゲーミングPCなどの搭載モデルであれば、第10世代を使用するために適切なパーツが選択されて、価格も前世代と大きく変わらない価格で展開される。前世代のCPU搭載モデルが市場から消えてしまえば、同等の価格にまで落ち着くだろう。つまり、Core i9-9900K搭載モデルの性能をCore i7-9700K搭載モデルの価格で購入することが出来るのである。

Core i9-10900Kのような、比較出来るCPUが従来モデルしかないと価値を推し量ることは難しい。Core i7-10700Kのように、前世代のトップモデルと比較出来ると価値が見出しやすい。Core i9-9900Kの性能とCore i7-9700Kの価格を持つCore i7-10700Kはコストパフォーマンスの良さが分かりやすい。

これは一つのメリットである。前世代最強のCPUに並び、ゲーム用途では超えている。この事実だけで、i7-10700Kの凄さは十分伝わるだろう。i7の良さ、そしてi9の良さを併せ持った新世代のCPUである。i9-9900Kを超えたコストパフォーマンスが持ち味だ。

ゲーマーにとってのフラグシップモデル

ゲーミングPCでも第9世代のi7-9700Kやi7-9700搭載モデルが人気だった。それは無理の無い価格と十分過ぎる性能だったからだ。もちろん、同じ価格であれば誰もがi9-9900Kを求めていただろう。そしてそれが現実となったのがi7-10700Kだ。

これまでもゲーミングPCの主役として採用されたi7シリーズは、大きく性能を伸ばして前世代のi9の領域にまで足を踏み入れた。時間こそ経過したが、夢のような話である。最近ではゲームだけではなく、ゲームを配信するユーザーも多くなっている。

そんなストリーマーにも支持される性能も併せ持っている。ゲームプレイに関連する用途なら、第3世代のRyzenよりも対応力が高い。コストパフォーマンスという意味では上回っているだろう。この第10世代と第9世代との違いは様々だ。最も大きな違いは最適化にあるのではないだろうか。

第10世代はゲームが最適化を行うことで、パフォーマンスを向上させることが出来る。第9世代にはあまり見られなかったことだ。これにより、第9世代とは比べ物にならない性能で、快適なゲームプレイが可能になる。ゲーミングPCにとってではなく、ゲーマーにとってフラグシップとなるCPUだ。まずはi7-10700Kを基準に考えて選びたい。それほどまでに優れた性能を持っている。

次元を超えるRyzenへの対抗は微妙なライン

第10世代は手放しで喜べるものではない。Core i7-10700Kは確かに圧倒的な伸びを見せた。しかし、それは既存の製品をなぞる形で伸びているに過ぎない。Core i7-10700Kはi9-9900Kの性能にまで伸びただけであり、未知の領域には踏み出せていない。それを実行したのはi9-10900Kである。

そのi9-10900Kもそれなりのマイナス要素を持っている。ベンチマークを見ると分かる通り、そこまで突出した性能があるわけではない。一方で、Ryzenは常に未知の領域に手を伸ばしている。第1世代は価格で第7世代を圧倒。第2世代は第1世代のゲーミングパフォーマンスという弱点を大幅に改善。第3世代では総合的な性能でIntel製CPUを圧倒した。

性能という点で見ると、Intelは枠の中での伸びでしかない。Ryzenシリーズは常に考えられないような地点にまで到達している。2020年5月に登場した第10世代が超えた第3世代のRyzenは2019年7月に登場したCPUだ。ほぼ1年前のCPUをようやく上回ったに過ぎない。

ここまでRyzenシリーズは約1年毎に新世代が登場している。第4世代のRyzen登場はもうすぐそこまで来ているのだ。そして、Intelと違って枠内に収まらない成長を見せるRyzenが、第10世代を超えられないことはあり得ないだろう。第4世代のRyzenがゲームへの対応力を伸ばせば、第10世代は窮地に陥ってしまう。

年々ゲームへの適正を上げているRyzenシリーズは、第4世代で大きな革命を起こすだろう。これは予感ではなく確信である。もしも、第4世代の伸びが微妙な形で終わってしまえば未来は無いだろう。第4世代が第3世代とほぼ同等のリネームで終わらない限り、第10世代は超えてくる。

それも圧倒的な性能を引っさげて登場してくるだろう。Intelはまだ14nmという言い訳がある。Intelは本気をまだ見せてはいない。第10世代の評価は第4世代のRyzen次第である。贔屓目無しに、ゲームでの性能がどうなっているかだ。登場までは喜び勇むわけにもいかないだろう。

>>Core i7-10700Kを確認(Amazon)<<

Core i7-10700Kのベンチマーク一覧

Cinebench R20

cinebenchcinebench-Core i7-10700K

Cinebench R20でのベンチマークをまとめた。Core i7-10700Kは僅かながらCore i9-9900Kを超えている。コア数とスレッド数が並び、クロックが高くなっている分だけ伸びた形だ。スペックが同等以上になっているので、単純に少し強化されたCore i9-9900Kという位置付けだ。

Ryzen 7 3700Xを上回ったのも大きい。第4世代のRyzenが出るまではトップクラスと言えるだろう。ゲーム以外ではRyzenの独壇場だったところを、限定的な期間とは言え並び立ったのは第10世代の為せる業だ。IntelもAMDの動向を見てラインナップを発表していることは間違いない。

Adobe Photoshop 2020

Adobe Photoshop 2020-i7-10700k

Adobe Photoshop 2020において、Intel第10世代CPUがトップクラスの対応力を誇る。Core i9-9900Kを引き離し、マルチコア性能のずば抜けたRyzen 9 3900Xに並んでいる。

Ryzen 9 3950Xも射程に捉えた高い対応力が魅力だ。全ての用途でRyzen 7 3700XやRyzen 9 3900Xを超えることは出来ない。しかし、こうして並び立てる用途があるのは進化を感じさせる。Ryzenシリーズが強かった範囲まで広げているのは素晴らしい。

Adobe After Effects 2020

Adobe After Effects 2020-i7-10700k

こちらも同じAdobeのAfter Effects 2020だ。ここではCore i7-9700KとRyzen 7 3700Xに挟まれる形となっている。Ryzenの強みが出ているというべきだろう。Core i7-9700KがCore i9-9900Kよりも高いスコアを出している。恐らくマルチコア、スレッドの性能が上手く発揮出来ていないのだろう。

その点ではRyzenの良さが出ているように思う。成長はしっかり感じさせながらも、用途によっては従来と変わらない性能というのはCore i7-10700Kにとっては弱点と言えそうだ。あなた自身がどのような用途でパソコンを使いたいと考えているのかを基準にして欲しい。

Core i7-10700Kのゲームプレイ時のフレームレート

Far Cry New Dawn 1080p

farcrynewdawn

Core i9-10900K135
106
Core i7-9700K135
106
Core i7-10700K133
106
Core i9-9900K129
103
Ryzen 9 3950X115
90
Ryzen 9 3900X114
89
Ryzen 7 3700X114
89
平均fps最小fps
Far Cry New Dawnのベンチマークだ。Core i7-10700Kよりも前世代のCore i7-9700Kの方が僅かに上だ。Core i9-10900Kと比べてもあまり差が無い。現在のCPU性能ではこの辺りが限界なのだろう。それはRyzenシリーズの数値が全て同じになっていることからも分かる。Intelの方が適正が高いというだけで、CPUが与える影響の限界値はそれぞれに上限がありそうだ。

Far Cry New Dawnでこれ以上の数値を出すにはCPU以外の要素も大きく関係しているのだと考えられる。Ryzenに関しては最適化されていないこともある。最適化されていないとCore iシリーズよりも10%以上の性能差が開いてしまうようだ。

Far Cry New Dawn 1440p

farcrynewdawn

Core i9-10900K126
103
Core i7-10700K126
103
Core i7-9700K125
103
Core i9-9900K123
101
Ryzen 9 3950X108
86
Ryzen 9 3900X108
86
Ryzen 7 3700X108
83
平均fps最小fps
WQHD環境での計測をまとめている。Core i7-10700Kは上位モデルのCOre i9-10900Kと並んでいる。Core iシリーズとRyzenシリーズは上位になると大体同じ数値になる。フルHDと同じく、CPUで上げるには限界がありそうだ。これならCore i7-9700Kの方が選びやすいのではないだろうか。

Core iシリーズとRyzenシリーズの関係性は変わっていない。RyzenシリーズはFar Cry New Dawnが苦手というわけではない。最適化されていない中ではまずまずのスコアである。第10世代はゲームへの期待が高い。それだけに、この数値は少し残念である。ゲームタイトルによってはCPUだけでは、どうにも出来ないものもあるようだ。

Borderlands 3 1440p

boarderland3

Core i7-9700K67
60
Core i9-9900K67
60
Core i7-10700K67
60
Core i9-10900K67
60
Ryzen 9 3950X66
60
Ryzen 9 3900X65
59
Ryzen 7 3700X64
57
平均fps最小fps
Ryzenに最適化されたゲームの代表格と言えばBorderlands 3である。推奨環境にもIntelより先にRyzenやRadeonが表記されている。Borderlands3では第10世代よりも第9世代の方が僅かに上だ。Ryzenシリーズも引けを取らない数値となっている。グラフで見ると大きな差に見えるかもしれない。

しかし、Ryzen 7 3700XとCore i7-9700Kの差は3.1fpsである。これなら同等と見ても問題ない。この差を体感するのは恐らく不可能に近い。ただ、60fpsで安定したプレイが出来るというのは、今後のアップデート等に差が生まれる可能性がある。

Ghost Recon Breakpoint 1440p

Ghost Recon Breakpoint

Core i9-10900K113
97
Core i7-10700K113
97
Core i7-9700K111
95
Core i9-9900K111
95
Ryzen 9 3950X106
92
Ryzen 9 3900X106
92
Ryzen 7 3700X104
90
平均fps最小fps
Ghost Recon BreakpointはCore i7-10700KとCore i9-10900Kが並んでいる。Ryzenが得意されるタイトルでもCore iシリーズが上回っている。その差は僅かだ。そして、第10世代と第9世代の差も僅かである。ゲームには強くなっている傾向は確かにある。しかし、そこまで突出した性能差ではない。

今後登場するゲームによっては明確な差が出るかもしれない。いや、むしろそうなってくるだろう。そう考えると、僅かでもゲームに強い性能である方が将来性に期待出来る。ここまで見る限り、第10世代よりも第9世代の優秀さが際立っている気がする。

Total War : Three Kingdoms 1080p

totalwar

Core i9-10900K149
125
Core i7-10700K147
122
Core i7-9700K147
97
Core i9-9900K144
119
Ryzen 9 3950X132
91
Ryzen 9 3900X130
89
Ryzen 7 3700X123
82
平均fps最小fps
第10世代に最適化されたTotal War :Three Kindomsでのベンチマーク。第10世代に最適化されているというだけあって、Core i7-9700Kとの差は大きい。平均fpsは同じでも、最小fpsに差がある。最小にここまで差があるということは、最高にも同じく差があるということだ。

高い数値で安定する第10世代は、高リフレッシュレートでの運用に適している。ただ、第10世代に最適化されていないゲームは、ここまで見た通り第9世代と同等である。圧倒的というわけではないのが少し物足りない。

>>Core i7-10700Kを確認(Amazon)<<

Core i7-10700K搭載のおすすめゲーミングPC一覧

LEVEL-R049-LCiX7K-RWXH(パソコン工房)

LEVEL-R027-i7-RNR価格:171,980円
CPU:Core i7-10700K
GPU:GeForce RTX 2060 SUPER
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB NVMe対応
HDD:2TB
電源:700W BRONZE
公式LEVEL-R049-LCiX7K-RWXH詳細

RTX 2060 SUPERと合わせたゲーミングPCだ。ミドルクラスのモデルとは言ってもまだまだ価格が高い。もう少し落ち着くまで完成品の購入は控えた方が良いかもしれない。プレミアム価格以上の価値があるわけではないからだ。性能的には申し分がなくCore i9-9900Kに匹敵するため満足度は高い。水冷CPUクーラーを採用しているため冷却面での不安がないのは魅力的だ。それでもCPU性能が高くRTX 2060 SUPERだと物足りなく感じてしまうだろう。

G-GEAR GA7J-H201/ZT(TSUKUMO)

G-GEAR GA7A-B180T価格:194,800円
CPU:Core i7-10700K
GPU:GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB NVMe対応
HDD:1TB
電源:750W GOLD
公式LEVEL-R049-LCiX7K-RWXH詳細

RTX 2070 SUPER×i7-10700K搭載のゲーミングPCだ。ゲーミングPCとしてのポテンシャルが高いが割高でコストパフォーマンスは低い。4K解像度でのゲームプレイやゲーム配信を考えている方におすすめだ。余裕のある性能で将来性も高く数年間はトップモデルとして通用するはずだ。メモリ16GB、SSD 500GB NVMe対応、HDD 1TBと構成も十分だ。電源ユニットには750W GOLDと高性能なものを搭載していて発熱量を抑えられる。

CROYDON CY-IC8Z49AGT7-IWA(Ark)

CROYDON INWIN 103価格:228,000円(税込)
CPU:Core i7-10700K
GPU:GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:650W GOLD
公式

PCケースに「INWIN 103 Phantom Gaming」を採用したゲーミングPCだ。Phantom Gamingのロゴがオシャレだ。サイドには強化がアラスを採用していて中を見せる仕様となっている。CPUクーラーにもこだわっていて「CoolerMaster Hyper 212 RGB Phantom Gaming Edition」を採用している。グラフィックボードにはハイクラスのRTX 2070 SUPERを搭載し万全だ。メモリ16GB、SSD 500GB NVMe対応と構成も充実している。

GALLERIA ZA7C-R70S(ドスパラ)

GALLERIA XA7C-R70S (2)価格:189,980円
CPU:Core i7-10700K
GPU:GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:650W BRONZE
公式LEVEL-R049-LCiX7K-RWXH詳細

RTX 2070 SUPER×Core i7-10700K搭載のゲーミングPCだ。ハイクラスのグラフィックボードとCPUの組み合わせはバランスがよい。FULL HD環境なら高リフレッシュレートでのゲームプレイに対応することもできる。ヌルヌル動くゲームプレイを望むゲーマーの方は必見だ。メモリ16GB、SSD 1TB NVMe対応と構成も十分だ。

GALLERIA ZA7C-R80T(ドスパラ)

GALLERIA XA7C-R70S (2)価格:269,980円
CPU:Core i7-10700K
GPU:GeForce RTX 2080 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:700W BRONZE
公式LEVEL-R049-LCiX7K-RWXH詳細

RTX 2080 Ti搭載のハイクラスゲーミングPCだ。最新のCore i7-10700Kとの相性も良好だと言える。エアフローが改善された新筐体採用でネックとなる熱対策もばっちりだ。4K解像度など高解像度でのゲームプレイに最適だ。メモリ16GB、SSD 1TB NVMe対応と構成も充実している。性能の高いCPU、GPUに合った構成だ。ストレージ容量が物足りないならカスタマイズでHDDを追加するとよいだろう。

Core i7-10700K搭載のゲーミングPC一覧

製品名価格CPUGPUメモリSSDHDD
GALLERIA ZA7C-R60S175,980i7-10700KRTX2060 Super16GB1TB×
GALLERIA ZA7C-R70S179,980i7-10700KRTX2070 Super16GB1TB×
GALLERIA ZA7C-R80S219,980i7-10700KRTX2080 Super16GB1TB×
GALLERIA ZA7C-R80T269,980i7-10700KRTX2080Ti16GB1TB×
G-Tune HN-Z209,800i7-10700KRTX2070 Super16GB512GB2TB
LEVEL-R049-LCiX7K-RWXH-αD171,980i7-10700KRTX2060 Super16GB500GB2TB
LEVEL-R049-LCiX7K-VWXH-JUPITER205,980i7-10700KRTX2080 Super16GB500GB2TB
LEVEL-R049-LCiX7K-XYXH245,980i7-10700KRTX2080Ti16GB500GB2TB
GA7J-H201/ZT194,800i7-10700KRTX2070 Super16GB500GB1TB

管理人による総評(Core i7-10700K)

i7-10700ktop

(+) 第10世代で最もコスパの高いモデルの一つ
(+) Core i9-9900Kと同等の高い性能を持つ
(-) 消費電力が125Wと高め
(-) CPUクーラーにお金を掛ける必要がある

Core i7-10700Kは第10世代の中で最もゲームに運用しやすいCPUではないだろうか。Core i9-10900Kよりも安く、ゲームでは同等のパフォーマンスを発揮出来る。あえて世界最速に手を伸ばさなくても2番手の性能でも十分だ。Core i7-9700Kからの伸びを不安視していたが、i9-9900Kを超えるゲーム性能は素晴らしい。第3世代のRyzen 7 3700Xを超える性能も合わさり、現在コストパフォーマンス最強のCPUである。

一方で、第4世代のRyzenが登場すると一気に地位を失う可能性が高い。第10世代の登場から、第4世代のRyzenが登場するまでの間だけはおすすめ出来るCPUだ。恐らく、第4世代のRyzenはゲームへの対応力も大きく伸ばすだろう。i7-10700Kが如何に優れていても、性能で逆転されてしまうと選択肢から外れるだろう。

希望があるとすれば第10世代に最適化されたゲームの登場である。今のところそう多くは無い。今後に関しても分からない。第10世代は最適化されてこそ本領を発揮する。そうでなければ第9世代との差は僅かである。ゲーム最速の肩書を持つi9-10900Kは失敗とまでは言わないが、最良のCPUではない。

価格が安いという利点を持つi7-10700Kこそが本命だ。そのi7-10700Kも最適化の恩恵を受けられる。コストパフォーマンスまで入れて考えると最強はi7-10700Kだと考えている。i9-10900Kは期待はずれだっただけに、これは嬉しい誤算だ。ゲーミングPCはi7-9700K搭載モデルと同等の価格にまで落ち着くはずだ。

登場時はASK税と第9世代搭載モデルの関係で少し高めになる。第10世代搭載モデルを選択するなら価格が落ちるまで待つべきだろう。i7-10700K搭載モデルに関しても同じことである。ただし、これだけ性能の向上があるならi9-9900K搭載モデルより少し安い程度なら選んでも良い。

i7-9700Kの後継機ながら、i9-9900Kに近いスペックと性能を持っている。i7-9700Kの価格ではなく、i9-9900Kの価格と比べた方が選びやすい。第10世代最も高い魅力を持つi7-10700Kは、間違いなくゲーム向けのフラグシップとなるはずだ。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る