corei711700ktop画像引用元:https://www.ark-pc.co.jp/

当ページでは、Core i7-11700Kの性能レビュー&ベンチマークを紹介している。オーバークロックに対応した高性能モデルだ。Core i7-10700Kの後継モデルで性能の底上げが行われている。最大20%程度性能が引き上げられた。ゲームプレイだけではなくクリエイター作業にも最適だ。

上位モデルであるCore i9-11900Kと同じ8コア16スレッドのCPUなので、コストパフォーマンスは優秀で評価は上々だ。コアとスレッドに焦点を当てれば意外と選択肢として悪くない。後継モデルは、Intel第12世代の「Core i7-12700K」だ。12コア20スレッドとAMD製CPUと比べても見劣りしない水準に到達した。Ryzen 9シリーズと同等以上の性能を期待できる。

Core i7-11700Kの基本情報

コードネームRocket Lake
プロセス14nm
コア/スレッド数8コア/16スレッド
定格/最大クロック3.6 GHz/ 5.0 Ghz
L3キャッシュ16MB
TDP125W
発売日2021年3月30日
価格$399
特徴 (+) 14nmプロセスの最高峰モデル
(+) 8コア16スレッドでパフォーマンスが高い
(-) ゲーミング性能でi7-10700に劣る
(-) BTOパソコンではマイナーな存在になる
評価・総合評価
★★★★★★★★☆☆ 8.0

・ゲーム評価
★★★★★★★★☆☆ 8.0

>>>Core i7-11700Kを確認(Amazon)<<<

Core i7-11700Kのスペック

 i7-11700Ki7-10700K7 5800X
ブランドIntelIntelAMD
コードネームRocket LakeComet LakeZen 3
プロセス14nm14nm7nm
CPUコア数888
スレッド数161616
定格クロック3.6GHz3.8GHz3.8GHz
最大クロック5.0GHz5.1GHz4.7GHz
オーバークロック
Turbo Boost 2.04.9GHz5.0GHz-
Turbo Boost 3.05.0GHz5.1GHz-
TVB××-
Adaptive Boost××-
Precision Boost 2--
L3キャッシュ16MB16MB32MB
対応メモリDDR4-3200DDR4-2933DDR4-3200
PCI Express 4.0対応×
内蔵グラフィックスUHD Graphics 750UHD Graphics 630非搭載
TDP125W125W105W
CPUクーラー非同梱非同梱非同梱
価格$399$374$399
発売日2021/03/302020/05/202020/11/05

プロセスはまさかの14nmを維持

最新のRocket Lake世代でもプロセスは14nmが維持された。10nmプロセスへの切り替えは実現されたなかった。どうやら10nmプロセスの完成度がまだ低くてクロック周波数を引き上げることが難しいなどの要因があったようだ。それでもCPUコアを長年使い続けていたSky Lake世代のコアからは脱却している。

Ice Lake世代で見られた10nmプロセス用のSunny Coveをわざわざ14nmプロセス用に改良してCypress Coveを作り上げたのだ。この対応は異例中の異例だと言えるだろう。Cypress CoveになってIPCが19%改善してCPU性能自体は向上している。同じクロック周波数ならより高いパフォーマンスを発揮できるということだ。

Zen 3アーキテクチャのRyzen 7 5800Xでは7nmプロセスを採用している。いち早く微細化されたプロセスを採用してる競合のAMDが一歩先を進んでいると考えてよい。次世代でも10nmプロセスになるはずなのでAMDの凄さがわかる。ただし、14nmプロセスで7nmプロセスと対等に渡り合えているのは評価すべき点だ。

クロック周波数は僅かにダウン

旧モデルのCore i7-10700Kと比べるとクロック周波数が引き下げられている。定格クロックは5%ダウン、最大クロックは2%ダウンだ。それでもCPUコアの刷新でIPCが改善されているためより高いCPU性能を発揮できる。ブースト機能はTurbo Boost 2.0とTurbo Boost 3.0のみだ。Core i9-11900やCore i9-11900Kと差別化が図られている。

Ryzen 7 5800Xと比べると定格クロックは5%低いが、最大クロックは7%高い。Ryzen 7 5800XではCore i9-11900KのAdaptive Boostと同等のPrecision Boost 2が搭載されている。全コア稼働時でも温度や消費電力の余力があればより高いクロック周波数を引き出すことができる。

メモリなど機能面も大幅強化

メモリDDR4-3200対応・PCI Express 4.0対応・UHD Graphics 750搭載など機能面もしっかりと強化されている。ただし、メモリとPCI Express 4.0についてはすでに第3世代のRyzenシリーズでは採用されていたものでやっと追いついた形だ。グラフィックボードやSSDでPCI Express 4.0を活用すればより快適なパソコン環境を構築できるだろう。

内蔵グラフィックスについては、Ryzen 7 5800Xには搭載されていないのでIntelならではの強みだと言える。従来モデルのUHD Graphics 630と比べて50%程度のパフォーマンス向上が見込める。ゲーミングPCとしての購入を考えているなら外付けのグラフィックボード搭載が基本となるのでそれほど気にしなくてもよい。CPU内蔵グラフィックス非搭載のFシリーズも選択肢に入る。

TDPは125Wだが大幅に消費電力アップ

TDPはCore i7-10700Kと同じ125Wに収まっているが、実際の稼働時の消費電力は高い。ここに14nmプロセスの限界が見られる。Ryzen 7 5800XはTDPが105Wで実際の消費電力も抑えられていて7nmプロセスの強みを発揮できている。少しでも早い段階で10nmプロセスに移行しないと差を付けられるばかりだ。

Core i7-11700Kの総合性能

i711700kseinou2022

Core i7-11700Kは、ハイクラスに属する高性能なCPUだ。従来モデルのCore i7-10700Kからしっかりと性能を引き上げている。1世代前のフラグシップモデルであるCore i9-10900Kを上回る性能を持つ。これだけの性能があればゲーム配信・動画編集・RAW現像・ゲーム開発など幅広い用途に対応できる。

一方で、Ryzen 7 5800Xよりも劣ってしまっているのはユーザーが気になるところだろう。7nmプロセスを採用したZen 3アーキテクチャのポテンシャルの高さは驚くしかない。同じ8コア16スレッドのCPUでも性能差が生じてしまっている。また、パワー効率から見てもRyzen 7 5800Xは優秀だ。省電力性に優れていて自作ユーザーにとっては選びやすいかもしれない。

現行モデルのCore i7-12700Kになると25%以上パフォーマンスが向上している。8コア16スレッドと12コア20スレッドでは性能差は歴然だ。ゲームプレイだけではオーバースペックとなる。ゲーム実況・動画編集などのクリエイター作業を考えている方にとっては魅力的だろう。Core i7-11700Kからの買い替えでもメリットがある。

>>>Core i7-11700を確認(Amazon)<<<

Core i7-11700Kのゲームベンチマーク一覧

gamehaisin

ゲームプレイ時のフレームレートを計測している。グラフィックボードはRTX 2080 Ti固定だ。WQHD環境及び4K解像度を対象としている。結論から言うと、Intel第10世代に勝てない状況だ。まさか旧モデルに及ばないとは思わなかった。ゲーミングPCに搭載するCPUとして考えるならIntel第10世代CPUを検討してもよいかもしれない。

Cyberpunk 2077

Cyberpunk2077top

Core i7-10700K76.4
40.9
Core i9-11900K76.2
41.1
Core i7-1070076.2
40.9
Core i7-11700K76.1
41.0
Core i7-1170075.9
40.7
Ryzen 7 5800X74.0
40.3
WQHD4K
Comet Lake世代のモデルを引き離すことはできなかった。Core i7-10700Kと比べてWQHD環境では僅かに劣ってしまっている。下位モデルであるCore i7-10700にも及ばない。現行のフラグシップモデルであるCore i9-11900Kも苦戦している状況だ。Ryzen 7 5800Xよりも2%-3%フレームレートが高くゲーム適性の高さが伺える。ゲームプレイだけを考えるならIntel第11世代は優勢だ。今後最適化が進んでパフォーマンスが伸びればいいのだが…

Metro Exodus

Metro-Exodus-Title

Core i7-10700K158.4
103.3
Core i7-10700158.2
103.3
Core i9-11900K154.7
102.3
Core i7-11700K154.0
101.9
Core i7-11700153.4
101.6
Ryzen 7 5800X151.4
100.2
WQHD4K
Metro Exodusは、Intel第10世代CPUとのフレームレートの差が大きいタイトルだ。Core i7-11700Kは、従来モデルのCore i7-10700Kよりも1%-3%フレームレートが低い。Core i7-10700にも劣ってしまっている。CPUコアの改良でパフォーマンスが高くなっているはずだがどうも相性が悪いようだ。下位モデルであるCore i7-11700よりも僅かながらスコアが伸びている。コストパフォーマンスだけで言えばCore i7-11700の方が優れている。

Red Dead Redemption 2

Red Dead Redemption 2

Core i7-10700K93.3
68.9
Core i7-1070093.1
68.4
Core i9-11900K90.6
70.1
Core i7-11700K90.3
69.9
Core i7-1170089.6
69.2
Ryzen 7 5800X81.2
63.1
WQHD4K
Red Dead Redemption 2でもIntel第10世代CPUと有意な差がある。WQHD環境では従来モデルのCore i7-10700Kよりも3%低い。4K解像度でも1%弱劣っている。従来モデルを超えられないのは気になるところだ。現行の下位モデルであるCore i7-11700との性能差もそれほど大きくないことからコストパフォーマンスは低迷してしまっている。それでもRyzen 7 5800Xとの差は大きく最大11%も高い。ゲーム適性はやはりIntel製CPUが有利だ。

その他アプリケーションのベンチマーク

computer

様々なアプリケーションにおけるパフォーマンスを見ていく。競合であるRyzen 7 5800Xや旧モデルであるCore i7-10700Kとの性能差に注目したい。

Cinebench R23

cinebenchi711700kcinebenchr23

Cinebench R23では順当なスコアが出ている。マルチスレッド性能は従来モデルのCore i7-10700Kよりも11%高く、シングルスレッド性能は20%も高い。Cypress Coveに切り替わったことによる恩恵だ。Ryzen 7 5800Xと比べるとマルチスレッド性能は6%低く、シングルスレッド性能は1%低い。7nmプロセスと対等に戦えているのは素晴らしいが、パフォーマンス的に下回っているのは事実だ。

Handbrake

handbrakei711700k-handbrake

Handbrakeは動画のエンコードソフトの定番ツールだ。エンコードに掛かる時間を計測している。数値が少ない方が高性能ということになる。Core i7-11700Kは、Core i7-10700Kよりも7%-9%高速化されていて順当な進化を遂げた。Ryzen 7 5800Xと比べると4%-6%劣ってしまっている。Cinebench R23の結果通りだと言えるかもしれない。

PCMARK 10

pcmark10i711700k-pcmark10

PCMARK 10のスコアを見ていく。画像編集ではCore i7-10700Kよりも8%高く、映像編集では3%高くなっている。Ryzen 7 5800Xを上回っているのは評価できる。Ryzen 7 5800Xに完敗というわけではなさそうだ。用途に合わせて最適なCPUを選択しよう。

Y-Cruncher

i711700k-ycruncher

Y-CruncherはAVX-512をサポートしたソフトウェアだ。シングルスレッドのスコアを見れば一目瞭然だろう。Core i7-10700Kよりも46%も高性能だ。マルチスレッド性能でも27%上回っている。Ryzen 7 5800Xと比べてもマルチスレッド性能では1%劣るもののシングルスレッド性能では32%上回り圧倒している。

>>>Core i7-11700Kを確認(Amazon)<<<

BTOパソコンにおけるCore i7-11700Kについて

Core i7-11700に比べるとラインナップは少ない

Core i7-11700Kは、BTOパソコンではそれほど採用されることがない。売れ筋は一つ下のCore i7-11700だ。Core i7-11700でも十分な性能を持っているからだと言える。BTOメーカーからするとCore i7-11700Kを選ぶならCore i9-11900Kを選んで欲しいというのが本音だろう。

Core i7-11700Kになるとオーバークロック対応でより高価なマザーボードを搭載する必要があることも避けられる要因かもしれない。中にはKシリーズを搭載していながらもHシリーズを採用しているモデルもある。Core i7-11700K搭載モデルを選ぶ際はマザーボードのチップセットもチェックしておこう。

性能が高くRTX 3070以上とも合わせられる

Core i7-11700Kは非常に性能の高いCPUでハイクラスのRTX 3070やRTX 3080と合わせてもボトルネックとはならない。RTX 3060だとややCPU性能に合っていないと言える。もちろんそれ自体がデメリットになるわけではない。

クリエイター作業を考えているならCPU性能は高いに越したことはない。定番のCore i7-11700よりも余裕が持てるという意味でラインナップがあれば選択肢に入れてもよい。ショップによってはカスタマイズで対応することもできる。

消費電力が上がっても搭載される電源は変わらない

Core i7-11700Kは、Core i7-10700Kよりも消費電力が高くなったのは事実だ。ただし、電源ユニットをアップグレードするほど高いわけではなく神経質にならなくてもよい。BTOメーカーのラインナップを見てもCore i7-10700K搭載モデルと同じ電源ユニットを搭載していることからもわかる。Adaptive Boostが搭載されているCore i9-11900Kに比べるとマイルドだ。

Core i7-11700K搭載おすすめゲーミングPC

LEVEL-R059-117K-TAX(パソコン工房)

LEVEL-R049-LCiX7K-VWXH-JUPITER価格:238,980円(税込)
CPU:Core i7-11700K
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:700W BRONZE

パソコン工房のミドルタワーでもCore i7-11700K搭載モデルが登場した。グラフィックボードにはRTX 3070を搭載していて高いレベルでのゲームプレイが可能だ。4K解像度にも対応できるポテンシャルがある。メモリ16GB、SSD 1TBという構成だ。ダブルストレージはなくなってしまったがSSD容量が増えているので使い勝手は良好だ。快適性は増していると言える。

ZEFT G17T(セブン)

SR-ii9-8862HS5GPW10価格:249,480円(税込)
CPU:Core i7-11700K(水冷クーラー)
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:750W GOLD

パソコンショップセブンでもCore i7-11700K搭載のゲーミングPCを販売中だ。ベースモデルとしてカスタマイズを楽しむこともできる。PCケース・CPU・グラフィックボード・マザーボード・電源ユニットなど幅広い候補の中から選ぶことができる。もちろんカスタマイズをしなくても十分にこだわりの見られる一台だと言える。PCケースの「Thermaltake Versa H26 Black」はBTOパソコンとしては珍しくデザイン性に優れている。拡張性も高く将来の換装にも対応しやすい。

GALLERIA ZA7C-R38 第11世代Core搭載(ドスパラ)

galleriaxseries価格:269,980円(税込)
CPU:Core i7-11700K(水冷)
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:750W GOLD

ドスパラの人気ゲーミングPCブランドのガレリアシリーズでも搭載モデルが販売されている。チップセットにはZ590を搭載していてオーバークロックにも対応できる。CPUクーラーには評判のよいGAMMAXX L240 V2+を選択している。高品質なモデルにふさわしい構成だと言える。RTX 3070×Core i7-11700Kの組み合わせで税込み26万円台なら悪くない。高解像度でのゲームプレイに適している。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も充実している。電源ユニットは750W GOLDだ。

LEVEL-R059-117K-VAX(パソコン工房)

LEVEL-R049-LCiX7K-VWXH-JUPITER価格:298,980円(税込)
CPU:Core i7-11700K
GPU:GeForce RTX 3080
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:800W TITANIUM

RTX 3080×Core i7-11700K搭載のゲーミングPCだ。最新のCore i7-11700KとRTX 3080との相性は優れている。従来モデルよりもゲーミング性能が向上してより安定したゲームプレイが可能だ。4K解像度でのゲームプレイも視野に入る。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も充実している。ダブルストレージではなくなったが大きなデメリットではないはずだ。800W TITANIUM電源で安心してゲームを楽しめるだろう。

G-Tune XN-ZJ(G-Tune)

nextgear価格:329,780円(税込)
CPU:Core i7-11700K(水冷)
GPU:GeForce RTX 3080
メモリ:DDR4 32GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載
電源:800W TITANIUM

JeSU公認のゲーミングPCだ。コストパフォーマンスが高くこの価格帯ではおすすめの一台だ。グラフィックスにはハイエンドクラスのRTX 3080を搭載している。4K解像度でのゲームプレイに適している。メモリ32GB、SSD 1TBと構成も圧巻だ。電源ユニットは800W TITANIUMを採用している。ハイエンドのモデルにふさわしい構成だと言える。

管理人による総評(Core i7-11700K)

corei711700ktop

Core i7-11700Kは、Rocket Lake世代のハイパフォーマンスモデルだ。上位モデルであるCore i9-11900Kと同じ8コア16スレッドモデルでコストパフォーマンスに優れる。Core i7-11700と比べてもクロック周波数が高く様々なアプリケーションに対応できる。

BTOメーカーのラインナップではほとんど搭載モデルがない。より高価なチップセットZ590を搭載する必要がありコスト面で不利だからだろう。Core i7-11700でも十分性能は高く消費電力の面でも有利だ。より高みを目指したいユーザー向けだと言える。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya