Core i7-12700Ktop
当ページでは、Core i7-12700Kの性能レビュー&搭載ゲーミングPCを紹介している。2021年11月Alder Lake世代のハイパフォーマンスモデルがリリースとなった。待望の10nmプロセス採用となりIntelに掛かる期待は大きい。

ハイブリッドコアアーキテクチャ採用でトータルコアは12コア、スレッド数は20となる。Rocket Lake世代のCore i7-11700Kと比べて大幅なスペックアップが図られている。本気でRyzen 5000シリーズと戦うつもりだ。気になる性能について詳しく見ていこう。搭載ゲーミングPCについては、「Core i7-12700K搭載おすすめゲーミングPC」でまとめている。

Core i7-12700Kの基本情報

コードネームAlder Lake
プロセス10nm
コア/スレッド数12コア(8Pコア+4Eコア)/20スレッド
Pコア定格/最大クロック3.6 GHz/ 4.9 Ghz
Eコア定格/最大クロック2.7 GHz/ 3.8 Ghz
L3キャッシュ25MB
MTP190W
発売日2021年11月04日
価格$419
特徴 (+)i9-12900Kに近いゲーミング性能を持つ
(+)ゲーミングCPUとしての期待値が高い
(+)高いシングルスレッド性能を持つ
(+)i9シリーズよりもパワー効率が高い
(-)Ryzen 7 5800Xと比べると消費電力が高い
(-)従来モデルよりも少しだけ価格アップ
評価 ・総合評価
★★★★★★★★★★9.5

・ゲーム評価
★★★★★★★★★★9.5

>>>Core i7-12700Kを確認(Amazon)<<<

Core i7-12700Kの基本情報

スペック・仕様

 i7-12700Ki9-12900Ki7-11700K
コードネームAlder LakeAlder LakeRocket Lake
プロセス10nm10nm14nm
Pコア88-
Eコア48-
トータルコア12168
スレッド数20(16+4)24(16+8)16
定格クロック3.6GHz(P)3.2GHz(P)3.6GHz
最大クロック4.9GHz(P)5.1GHz(P)5.0GHz
定格クロック2.7GHz(E)2.4GHz(E)-
最大クロック3.8GHz(E)3.9GHz(E)-
オーバークロック
L3キャッシュ容量25MB30MB16MB
対応メモリDDR5-4800
DDR4-3200
DDR5-4800
DDR4-3200
DDR4-3200
内蔵グラフィックスUHD Graphics 770UHD Graphics 770UHD Graphics 750
TDP125W125W125W
TDP(PL2)190W241W251W
価格$419$589$409
発売日2021/11/042021/11/042021/03/16
Core i7-12700Kのスペックについて詳しく見ていく。比較対象はRocket Lake世代のCore i7-11700Kと同じAlkder Lake世代の上位モデルであるCore i9-12900Kだ。Alder Lake世代ではついに10nmプロセス(Intel 7)が採用されている。Rocket Lake世代まで長い間使用されていた14nmプロセスが終焉となった。

プロセスの微細化は半導体開発における重要なポイントだ。クロック周波数の引き上げによる性能アップ・省電力化(発熱量減)・製造コストの低下・半導体チップの効率的利用が可能となる。Alder Lake世代での最大の恩恵は半導体チップの効率的利用によるものだ。つまり、2つのコアを搭載するハイブリッドコアアーキテクチャの採用だ。プロセスの縮小化があったからこそ実現できたといっても過言ではない。

Core i7-12700Kではパフォーマンスコア8コアとエフィシェントコア4コアでトータルコア数は12コアとなる。従来モデルのCore i7-11700Kと比べて50%アップだ。スレッド数も20(16+4)と25%アップとなる。これだけでも高い性能を期待できそうだ。クロック周波数はそれほど変わっていない。定格クロックはどちらも同じ3.6Ghzで最大クロックは0.1Ghzダウンの4.9GHzとなる。今回から新しく搭載されたエフィシェントコアでは定格クロックが2.7Ghzで最大クロックが3.8GHzとなる。Core i7-12700Kもオーバークロックに対応している。

L3キャッシュ容量は16MB→25MBへと50%以上多くなった。対応メモリはこれまでのDDR4-3200だけではなくDDR5-4800もサポートしている。内蔵グラフィックスもUHD Graphics 750からUHD Graphics 770へと変わった。これはグラフィックス周波数を少しだけ引き上げただけで大幅に性能が向上しているわけではない。TDPは125Wで、PL2は190Wだ。Core i7-11700Kと比べると24%も省電力だ。

なお、Alder Lake世代からTDPという呼び方はなくなり、PBP(Processor Base Power)となる。PL2の代わりにMTP(Maximum Turbo Power)が採用されている。当ページでは便宜上従来と同じ記載にしている。価格は$10アップで$419となる。CPU内蔵グラフィックス非搭載のCore i7-12700KFなら$394で購入可能だ。

上位モデルのCore i9-12900KになるとEコアが倍の8つになる。つまり、トータルコア数は16でCore i7-12700Kよりも33%多い。スレッド数は24でこちらも20%多くなっている。Core i9-12900Kと比べるとPコアの定格コアは14%高く、最大クロックは3%低い。Eコアは定格クロックが13%高く、最大クロックは2%低い。Core i9-12900Kもオーバークロック対応だ。L3キャッシュ容量は20%アップの30MBになる。対応メモリ・内蔵グラフィックスは共通だ。TDPは125Wと変わらないが、PL2は241WとCore i7-12700Kよりも27%も多い。価格差は$170となる。

Ryzen 7シリーズと比較

 Core i7-12700KRyzen 7 5800X
コードネームAlder LakeZen 3
プロセス10nm7nm
Pコア8-
Eコア4-
トータルコア128
スレッド数20(16+4)16
定格クロック3.6GHz(P)3.8GHz
最大クロック4.9GHz(P)4.7GHz
定格クロック2.7GHz(E)-
最大クロック3.8GHz(E)-
オーバークロック
L3キャッシュ容量25MB32MB
対応メモリDDR5-4800
DDR4-3200
DDR4-3200
内蔵グラフィックスUHD Graphics 770非搭載
TDP125W105W
TDP(PL2)190W-
価格$419$449
発売日2021/11/042020/11/05
競合モデルであるRyzen 7 5800Xと比較していく。Ryzen 7 5800XはZen 3アーキテクチャを採用したハイパフォーマンスモデルだ。7nmプロセスを採用していてIntel製CPUを圧倒していた。Core i7-12700Kでは10nmプロセスを採用したが、Ryzen 7 5800Xと比べるとプロセスでは遅れをとっている。それもCore i7-12700Kが登場する1年前に発売されていたのだからいかにAMDが凄いのかということがわかる。

スペックを見ていこう。Core i7-12700Kでは、12コア20スレッドと高いスペックを誇る。Ryzen 7 5800Xと比べてコア数が50%アップ、スレッド数は25%アップだ。定格クロックは5%低いが、最大クロックは5%高い。Ryzen 7 5800XにはEコアに該当するコアは搭載されていないのでここでは省略しておく。Ryzen 7 5800Xもオーバークロックに対応していて条件さえ合えばより高いクロック周波数を実現できる。

L3キャッシュ容量はRyzen 7 5800Xの方が28%高く32MBとなっている。Ryzen 7 5800XにはCPU内蔵グラフィックスは搭載されていない。TDPは105WとCore i7-12700Kよりも16%低い。Ryzen 7 5800XにはPL2に該当するものはなく7nmプロセスの強みを発揮している。価格差は$30となっている。

>>>Core i7-12700Kを確認(Amazon)<<<

Core i7-12700Kの特徴まとめ

i9-12900Kに近いゲーミング性能を誇る

Core i7-12700Kは、フラグシップモデルであるCore i9-12900Kに近いゲーミング性能を誇るCPUだ。これまでの王者だったRyzen 9シリーズを圧倒している。Core i9-12900Kとの差は数%の範囲内に収まる。これはゲームプレイ時の要となるPコア数及びスレッド数が共通だからこそだと言えるかもしれない。

Core i9-12900KとCore i7-12700Kとの価格差が40%程度あるためゲームをメインに考えるならCore i7-12700Kで十分だろう。また、その場合は下位モデルのCore i5-12600Kを検討してもよいだろう。動画編集などマルチスレッド性能あるいはEコアを活かせる用途が中心ならCore i7シリーズ以上が好ましい。

シングルスレッド性能が飛躍的に向上した

Core i7-12700Kは、従来モデルと比べて大幅にシングルスレッド性能が向上している。ゲームプレイだけではなくLightroomやPremiere Proなどのアプリケーションでのパフォーマンスも高い。

その他ウェブブラウジング・オフィスソフトの使用でもプラスになる。これまでもIntel製CPUはシングルスレッド性能は高かったが、今世代になってRyzen 5000シリーズとの差は広がっている。

上位モデルよりもパワー効率に優れている

i7-12700kwatt

Core i7-12700Kは、Alder Lake世代の中では比較的パワー効率のよいCPUだと言える。フラグシップモデルのCore i9-12900Kと比べても非常にパワー効率が高く扱いやすい。10nmプロセスを採用したことによる恩恵だ。

従来モデルのCore i7-11700Kよりも25%以上も省電力性が高い。CPU性能が50%以上伸びていることを考えると理想的なCPUだと言える。Ryzen 7 5800Xとの差は35%以上と大きいが性能差が40%以上あるため結果的には悪くない。

Core i7-12700Kのゲームベンチマーク一覧

Core i7-12700KにおいてDDR5メモリ及びDDR4メモリ搭載時のフレームレートを計測している。ゲーム側あるいはOS側の最適化が進めばフレームレートはより高くなる可能性がある。

Far Cry 6

farcry6i7-12700k-Far Cry 6

Far Cry 6ではDDR4メモリ搭載時にパフォーマンスが大きく低下する。DDR5メモリ搭載時との差は10%程度と大きい。DDR5メモリ搭載時には、Core i9-12900Kとの差が3%程度でかなり接近していることがわかる。従来モデルのCore i9-11900Kと比べても7%もフレームレートが高い。最小fpsでも7%上回る。Core i7-11700Kと比べると17%も伸びている。ゲーミングCPUとして高い評価を得ている。

Hitman 3

hitman3i7-12700k-hitman3

Hitman 3ではかなりよい結果が出ている。DDR5メモリ及びDDR4メモリ搭載時のフレームレートの差が1-2%と小さい。従来モデルのCore i7-11700Kと比べて25%もフレームレートが向上している。最小fpsも20%以上も高い。これだけ数値が変わるのであればCore i7-12700Kを選択する理由がありそうだ。特にハイエンドクラスのグラフィックボードを選択するなら魅力的なCPUとなるだろう。Core i9-11900Kと比べても15%程度性能が高い。フラグシップモデルのCore i9-12900Kとの差は5%程度だ。価格差を考えるとCore i7-12700Kのコスパの高さが光る。

Red Dead Redemption 2

Red Dead Redemption 2i712700k-reddead

Red Dead Redemption 2ではRyzenシリーズが上位を占めている。DDR5メモリとDDR4メモリ搭載時での性能差は2-3%程度だ。それでもCore i7-11700Kと比べて10%以上もフレームレートが高い。上位モデルのCore i9-12900Kとの性能差は3%程度だ。Ryzen 7 5800Xとの差は4%-5%となっている。

その他アプリケーションのベンチマーク

Cinebench R23

cinebenchi7-12700k-cinebenchr23

Cinebench R23でもCore i7-12700Kが高いパフォーマンスを見せている。従来モデルのCore i7-11700Kと比べてマルチスレッド性能が52%高く、シングルスレッド性能は24%高い。1世代でこれほどパフォーマンスが伸びたのは圧巻だ。

フラグシップモデルだったCore i9-11900Kと比べてもマルチスレッド性能が39%高く、シングルスレッド性能は18%高い。12コア24スレッドのRyzen 9 5900Xと同等のマルチスレッド性能を持ち、シングルスレッド性能は20%程度も高くなっている。AMD製CPUが強かったCinebench R23でもIntel製CPUが上回った。

Handbrake

handbrakei712700k-handbrake

動画のエンコードに掛かる時間をまとめている。12コア24スレッドのRyzen 9 5900Xと同等以上のパフォーマンスを発揮している。x264では2%劣るもののx265では8%上回る。Core i7-11700Kと比べてx264では37%速く、x265では35%速い。Core i9-11900Kと比べても17%-33%速い。

Adobeソフト

adobei712700k-adobe

Adobeソフトでも圧倒的な強さを見せている。Premiere ProではDDR5とDDR4メモリ搭載時の差が大きくなっている。Core i1700Kと比べるとLightroomが16%高く、Premiere Proでは23%高い。シングルスレッド性能が高くなったことがプラスになっている。Core i9-11900Kと比べても13%-17%も上回る結果だ。上位モデルのCore i9-12900Kとの差は5%-10%となっている。

>>>Core i7-12700Kを確認(Amazon)<<<

Core i7-12700K搭載おすすめゲーミングPC

G-GEAR GA7J-H214/ZB(TSUKUMO)

G-GEAR GA7A-B180T価格:229,800円(税込)
CPU:Core i7-12700K
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載
電源:750W GOLD

公式サイト

RTX 3060を搭載したミドルクラスのゲーミングPCだ。RTX 3060に合わせるにはCore i7-12700Kでは性能が高すぎる。CPU負荷の高い作業がメインのクリエイター向けPCとして考えた方がよいかもしれない。ゲームプレイを考えるならフルHD環境がメインターゲットだ。タイトルによってWQHDにも対応できる。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も充実していて扱いやすい。電源ユニットには750W GOLDを採用している。

LEVEL-R969-LC127K-SAX(パソコン工房)

LEVEL-R959-LC117-UAX価格:235,980円(税込)
CPU:Core i7-12700K(水冷)
GPU:GeForce RTX 3060 Ti
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載
電源:700W BRONZE

公式サイト詳細

RTX 3060 Ti×Core i7-12700K搭載のゲーミングPCだ。水冷CPUクーラーを搭載していて過酷な使用にも耐えうる一台となっている。ゲーミング性能は高くWQHD環境でのゲームプレイにも対応可能だ。フルHD環境なら144fps以上を出せるほどの性能を持つ。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も十分だ。Intel第12世代のCPUが登場したばかりということもあって価格は高めだが性能を考えると悪くない選択肢となる。

G-Tune EN-Z(G-Tune)

nextgear価格:252,780円(税込)
CPU:Core i7-12700K
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:2TB
電源:700W GOLD

公式サイト詳細

RTX 3060×Core i7-12700K搭載のゲーミングPCだ。ゲーミング性能は標準的でフルHD環境でのゲームプレイに適している。メモリ16Gb、SSD 512GB、HDD 2TBと構成も充実している。ダブルストレージ採用は希少だ。電源ユニットは700W GOLDを搭載している。ゲーミングPCとしてよりもクリエイターPCとして見る方が評価できる。

GALLERIA ZA7C-R37 第12世代Core搭載(ドスパラ)

galleriaxseries価格:289,980円(税込)
CPU:Core i7-12700K
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載
電源:850W GOLD

公式サイト詳細

Core i7-12700Kに合わせるならRTX 3070などのハイクラスがぴったりだ。WQHD環境でのゲームプレイに最適だ。フルHDなら144fps以上を安定して出すことができる。将来性が高いモデルでおすすめしやすい。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も十分だと言える。電源ユニットは850W GOLDとなっている。税込30万円近い価格設定がやや厳しい。もう少し価格が下がるのを待つのが吉だ。

LEVEL-R969-LC127K-VAX(パソコン工房)おすすめ!!

LEVEL-R959-LC117-UAX価格:316,980円(税込)
CPU:Core i7-12700K
GPU:GeForce RTX 3080
メモリ:DDR4-3200 32GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載
電源:800W TITANIUM

公式サイト詳細

RTX 3080×Core i7-12700K搭載のゲーミングPCだ。第12世代になってCore i7シリーズでもRTX 3080に合わせやすくなった。より高いフレームレートを実現できそうだ。4K解像度でのゲームプレイにも対応しやすい。メモリ32GB、SSD 1TBと圧倒的な構成を誇る。電源ユニットは800W TITANIUMを採用している。トップクラスのコストパフォーマンスを誇るモデルだ。最新モデルでこの価格なら買いだ。

GALLERIA ZA7C-R38 第12世代Core搭載(ドスパラ)

galleriaxseries価格:329,980円(税込)
CPU:Core i7-12700K
GPU:GeForce RTX 3080
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載
電源:850W GOLD

公式サイト詳細

RTX 3080×Core i7-12700K搭載のゲーミングPCとなっている。Intel第12世代になって性能が向上したことでハイクラスのRTX 3080とのバランスが取れるようになっている。高解像度でのゲームプレイを想定している方ならメリットがあるだろう。Intel第10世代CPUが併売されている現時点ではこれ以上の値下がりは期待できない。年末にはもう少し価格が落ちるかもしれない。待てるのであれば少し様子をみておくとよい。

>>>Core i7-12700Kを確認(Amazon)<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya