Core i9-12900K

当ページでは、Core i9-12900Kの性能レビュー&搭載ゲーミングPCを紹介している。2021年11月4日にAlder Lake世代のフラグシップモデルがリリースとなった。Rocket Lake世代のCore i9-11900Kが発売されてから8ヶ月と比較的感覚は短かい。これはZen 3アーキテクチャを採用したRyzen 5000シリーズに早く対応したかったという思惑があるのだろう。

Alder LakeのCore i9-12900Kではアーキテクチャに大幅な刷新が加えられている。Intel 7と呼ばれる10nmプロセスを採用している。Intelが長い間固執していた14nmプロセスからついに脱却をした形だ。シングルスレッド性能だけではなくマルチスレッド性能にも期待ができそうだ。最強のゲーミングCPUというキャッチコピーは本当に当てはまるのだろうか。じっくり検証していこう。

Core i9-12900Kの基本情報

コードネームAlder Lake
プロセス10nm
コア/スレッド数16コア(8Pコア+8Eコア)/24スレッド
Pコア定格/最大クロック3.2 GHz/ 5.2 Ghz
Eコア定格/最大クロック2.4 GHz/ 3.9 Ghz
L3キャッシュ30MB
MTP241W
発売日2021年11月04日
価格$589
特徴 (+)最強のゲーミングCPU
(+)圧倒的なマルチスレッド性能を誇る
(+)DDR5メモリ及びPCIe 5.0サポート
(-)消費電力が高い
(-)搭載モデルの価格が高め
評価 ・総合評価
★★★★★★★★★★10.0

・ゲーム評価
★★★★★★★★★★10.0

>>>Core i9-12900Kを確認(Amazon)<<<

Core i9-12900Kの基本情報

スペック・仕様

 i9-12900Ki9-11900Ki9-10900K
コードネームAlder LakeRocket LakeComet Lake
プロセス10nm14nm14nm
Pコア8--
Eコア8--
トータルコア16810
スレッド数24(16+8)1620
定格クロック3.2GHz(P)3.5GHz3.7GHz
最大クロック5.1GHz(P)5.3GHz5.3GHz
定格クロック2.4GHz(E)--
最大クロック3.9GHz(E)--
オーバークロック
L3キャッシュ容量30MB16MB20MB
対応メモリDDR5-4800
DDR4-3200
DDR4-3200DDR4-2933
内蔵グラフィックスUHD Graphics 770UHD Graphics 750UHD Graphics 630
TDP125W125W125W
TDP(PL2)241W251W229W
価格$589$539$488
発売日2021/11/042020/03/302020/05/20
Core i9-12900Kは、最新のAlder Lake世代のフラグシップCPUだ。前世代のRocket Lake世代まで長らく使用されていた14nmプロセスが終わって10nmプロセス(Intel 7)を採用した最初のモデルだ。Alder Lake世代での一番の変化はハイブリッドコアアーキテクチャを採用していることだと言える。つまり、パフォーマンスコア(Pコア)とエフィシェントコア(Eコア)の2つのコアを搭載しているのだ。トータルコア数は16コアとCore i9-11900Kと比べて倍増となっている。Pコアのみハイパースレッディングに対応していてスレッド数は24となりこれもCore i9-11900Kよりも50%アップだ。Core i9-10900Kと比べてもそれぞれ60%・20%アップだ。メニーコアの時代が本格的に到来したと言ってもよいだろう。

定格クロックは3.2GHzとCore i9-11900Kよりも8%抑えられていて、最大クロックは5.1GHzとCore i9-11900Kよりも3%低い。Core i9-10900Kと比べてもそれぞれ13%・3%低くなっている。Eコアの定格クロックは2.4GHzでPコアよりも25%低く、最大クロックも23%低い。いずれのCPUもオーバークロックに対応している。L3キャッシュ容量は30MBと大容量だ。Core i9-11900Kよりも90%近くもアップとなっている。Core i9-10900Kよりも50%アップだ。対応メモリはついにDDR5-4800をサポートしている。従来モデルのDDR4-3200に対応したマザーボードチップセット690を選択すればDDR4メモリを使用することも可能だ。

内蔵グラフィックスはUHD Graphics 770となっている。UHD Graphics 750と比べてグラフィックス最大動的周波数が20%程度高くなったが、性能差はそれほど大きいわけではない。2世代前のUHD Graphics 630と比べても性能差を体感できるほどではないことを理解しておこう。

Intel第12世代ではTDP(Themal Design Point)という項目が消滅している。代わりにPBP(Processor Base Power)とLP2に匹敵するMTP(Maximum Turbo Power)が採用されている。一言で言えば基本消費電力と最大消費電力だ。当ページではわかりやすいようにTDP及びTDP(PL2)を採用している。Core i9-11900Kと比べてTDPは同じ125Wだが、PL2では4%低く241Wとなった。性能が上がっていることを考えるとパワー効率が上がっていると考えてよさそうだ。価格はCore i9-11900Kよりも9%アップの$589となっている。Core i9-10900Kと比べると$101高く21%も引き上げられた形だ。

Ryzen 9シリーズと比較

 i9-12900K9 5950X9 5900X
コードネームAlder LakeZen 3Zen 3
プロセス10nm7nm7nm
Pコア8--
Eコア8--
トータルコア161612
スレッド数243224
定格クロック3.2GHz(P)3.4GHz3.7GHz
最大クロック5.1GHz(P)4.9GHz4.8GHz
定格クロック2.4GHz(E)--
最大クロック3.9GHz(E)--
オーバークロック
L3キャッシュ容量30MB64MB64MB
対応メモリDDR5-4800
DDR4-3200
DDR4-3200DDR4-3200
内蔵グラフィックスUHD Graphics 770非搭載非搭載
TDP125W105W105W
TDP(PL2)241W142W142W
価格$589$749$549
発売日2021/11/042020/11/062020/11/06
競合モデルであるRyzen 9 5950X及びRyzen 9 5900Xとスペックを比較していこう。Core i9-12900Kの直接のライバルはフラグシップモデルであるRyzen 9 5950Xだ。Zen 3アーキテクチャを採用して7nmプロセスを採用している。Alder Lake世代では10nmプロセスを採用しているので、Ryzenシリーズの方が優秀だ。Ryzen 9 5950Xとの価格差は$160とかなり大きくRyzen 9 5950Xの方が高い。下位モデルのRyzen 9 5900Xとの差は$40となっている。そういう意味でもCore i9-12900Kはコスパの高いモデルだと言える。

Ryzen 9 5950Xは16コア32スレッドとスペックが高い。一方で、Core i9-12900Kは2つのコアを搭載していて合計16コア24スレッドだ。スレッド数は25%低いものの物理コアでは同等のコアとなった。Core i9-11900Kが8コア16スレッドだったことから大きく進歩している。Ryzen 9 5900Xと比べるとトータルコア数は33%多く、スレッド数は同じだ。

定格クロックはRyzen 9 5950Xの方が7%高く、最大クロックはCore i9-12900Kの方が5%高い。Ryzen 9 5900Xと比べると定格クロックはRyzen 9 5900Xの方が16%高く、最大クロックはCore i9-12900Kの方が7%高い。いずれのCPUもオーバークロックに対応している。L3キャッシュ容量はRyzen 9 シリーズが64MBに対してCore i9-12900Kではおよそ半分の30MBに留まる。Core i9-12900Kでは対応メモリがDDR5-4800に対応していてより高性能だ。Ryzen 9シリーズはIntel第11世代CPUと同じDDR4-3200となっている。

Core i9-12900KではCPU内蔵グラフィックスにUHD Graphics 770を搭載している。Ryzen 9シリーズではCPU内蔵グラフィックスが非搭載となっているため外付けのグラフィックボードの購入を考えていない方にとってはCore i9-12900Kが魅力的な選択肢となるだろう。TDPはCore i9-12900Kの方が20%高く、PL2は70%高い241Wとなっている。ここにプロセスの差が出ていると考えてよさそうだ。

>>>Core i9-12900Kを確認(Amazon)<<<

Core i9-12900Kの特徴まとめ

マルチ/シングルスレッド性能が大幅に向上

Alder Lake世代のフラグシップモデルであるCore i9-12900Kは、従来モデルよりも大幅なスペックアップが図られている。マルチスレッド性能・シングルスレッド性能共に過去最高のパフォーマンスを発揮する。その秘訣はハイブリッドコアアーキテクチャを採用していることにある。パフォーマンスコア(Pコア)及びエフィシェントコア(Eコア)の2つのコアをうまく使える仕組みがある。

2つのコアを合わせると16コア24スレッドとRyzen 9 5950Xと比べても見劣りしない水準に到達している。PコアはGolden Coveアーキテクチャに基づいていて設計されるコアだ。Cypress Coveが進化した形で、平均してIPCが19%改善している。シングルスレッド性能にも期待ができる。ローレイテンシのシングルスレッドやゲームプレイなど高負荷時に活用される。

EコアはGracemontアーキテクチャに基づいて設計されている。そしてそれはAtomのラインナップに起源を持つ。基本的には省電力性の高いローパフォーマンスのプロセッサとなる。Pコアに負荷が掛かるとEコアが助けてくれる。裏でアプリを起動しながらゲームをプレイするときなどに活躍することになる。

DDR5及びPCIe5.0をサポートしている

Core i9-12900Kを含むAlder Lake世代のCPUではDDR5メモリ及びPCIe 5.0をサポートしているのが強みだ。競合であるRyzen 5000シリーズがDDR4・PCIe4.0であることを考えると勝負に勝っていると言える。より高みを目指すのであればDDR5-4800を選択するとよいだろう。もちろん従来モデルのDDR4-3200もサポートしているのでコストを抑えたいならDDR4-3200で十分だ。

新しい規格をサポートしていることでプラットフォーム構築にコストが掛かることを忘れてはいけない。DDR5-4800を選択するとDDR4-3200に比べて20%-30%コストが掛かる。コストに見合うパフォーマンスを発揮できるかは疑問が残る。また、マザーボードに関しても2021年11月時点では最上位のZ690のみ選択することができる。下位モデルのH670・B660・H610のリリースはまだ先になりそうだ。

Ryzenと比べると消費電力がやや高い

i912900k-watt

Handbrake使用時の消費電力をまとめている。Intel製CPUは消費電力が高めだ。それでもCore i9-11900Kと比べると消費電力が僅かながら抑えられている。性能が高くなっていることを考慮するとパワー効率・省電力性は高くなったと考えて間違いない。14nmプロセスから10nmプロセスへと変わったことによる恩恵だ。

一方で、Ryzen 9 5950XやRyzen 9 5900Xに比べるとやや見劣りしてしまうのも事実だ。やはり7nmプロセスを採用したZen 3アーキテクチャは素晴らしい。消費電力が高いということはPCケース・CPUクーラー・電源ユニットなどに掛かるコストも考える必要がある。トータルでのコスパを判断しよう。

Core i9-12900Kのゲームベンチマーク一覧

DDR5-4400及びDDR4-3200それぞれを使用した場合のパフォーマンスをまとめている。注目したいのはAMD第4世代のフラグシップモデルであるRyzen 9 5950Xとの性能差だろう。

Far Cry 6

farcry6i912900k-farcry6

DDR5メモリを搭載した方がパフォーマンスが伸びている。DDR4との差は16%と大きい。DDR4ではCore i9-11900Kよりも3%-7%フレームレートが低い。DDR5メモリを搭載すればRyzen 9 5950Xよりも13%以上もフレームレートが高い。Ryzen 9 5900Xと比べても9%も上回っている。Far Cry 6での使用を考えているならDDR5メモリ搭載が必須だ。

Hitman 3

hitman3i912900k-hitman3

Hitman 3では、DDR5メモリ搭載の方がパフォーマンスが高い。DDR4メモリ搭載時と比べて最大2%程度フレームレートが伸びる。DDR5メモリ搭載時では従来モデルのCore i9-11900Kと比べて22%もフレームレートが高くなる。Ryzen 9 5950Xと比べても30%以上も高い。ゲーミングCPU最強の名にふさわしい結果が出ていると言えるだろう。

Red Dead Redemption 2

Red Dead Redemption 2i912900k-red

Red Dead Redemption 2ではDDR4搭載時の方がフレームレートが高い。およそ2%程度の差がある。いずれにしてもRyzen 9シリーズに完敗だ。DDR5搭載時は、Ryzen 9 5950Xと比べて2%以上の差がある。また、最小fpsでは6%とやや差が大きい。従来モデルのCore i9-11900Kと比べると6%程度パフォーマンスが向上している。今後最適化が進めばもう少しパフォーマンスが伸びる可能性がある。

その他アプリケーションのベンチマーク

Cinebench R23

cinebenchcorei9-12900k-cinebenchr23

CPUのレンダリング性能について見ていこう。Cinebench R23ではDDR4メモリ搭載時の方が少しだけパフォーマンスが高い。Ryzen 9 5950Xと比べてマルチスレッド性能は4%高く、シングルスレッド性能は19%高い。Ryzen 9 5950Xよりもスレッド数は少なくても十分な結果を得られていることからPコアとEコアがうまく活かせているようだ。従来モデルのCore i9-11900Kよりも69%以上もマルチスレッド性能が高い。シングルスレッド性能でも20%も伸びていることがわかる。

Handbrake

handbrakei9-12900k-handbrake

動画のエンコードに掛かる時間を一覧でまとめている。HandbrakeではDDR5メモリ搭載時の方がパフォーマンスが高い。Ryzen 9 5950Xよりも最大20%もパフォーマンスが高いのは驚きだ。x265でも3%と差を付けられている。Core i9-11900Kと比べるとx264で34%、x265でも40%程度もパフォーマンスが高い。これまでIntel製品が苦手としていた分野でも存在感を示している。

Adobeソフト

adobei9-12900k-adobe

Adobeソフト使用時もDDR5メモリが優勢だ。特にPremiere Pro使用時は7%以上の差が生じている。Ryzen 9 5950Xと比べるとLightroomで27%、Premiere Proで29%も高い。16コア24スレッドのCPUが16コア32スレッドのCPUを上回るのは圧巻だ。Core i9-11900Kと比べるとLightroomで26%高く、Premiere Proでも24%高い。クリエイター作業もお手の物だ。

>>>Core i9-12900Kを確認(Amazon)<<<

Core i9-12900K搭載おすすめゲーミングPC

2021年11月時点で購入できる搭載モデルをピックアップした。メモリの規格については注意しておこう。コスト面を考えるとDDR4メモリ搭載だからといって劣っているわけではない。DDR4メモリ搭載時でもDDR5メモリ搭載時と同等のパフォーマンスを発揮できることが多い。

G-GEAR GA9J-J214/ZB(TSUKUMO)

G-GEAR GA7A-B180T価格:324,800円(税込)
CPU:Core i9-12900KF
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:DDR4-3200 32GB
SSD:1TB Gen4 NVMe
HDD:非搭載
電源:750W 80PLUS GOLD

公式サイト

RTX 3070×Core i9-12900KF搭載のゲーミングPCとなっている。ミドルタワーケースを採用している。WQHD環境でのゲームプレイがメインターゲットだ。メモリ32GB、SSD 1TBと圧倒的な構成を持つ。ゲームプレイにおいてはDDR4でも十分なパフォーマンスを発揮することが可能だ。電源ユニットには750W GOLDを採用している。グラフィックボードの換装などを考えているなら電源ユニットのカスタマイズを検討してもよいだろう。

GALLERIA UA9C-R38 第12世代Core搭載(ドスパラ)

GALLERIA UA9C-R38価格:399,980円(税込)
CPU:Core i9-12900K
GPU:GeForce RTX 3080
メモリ:DDR5-4800 32GB
SSD:1TB Gen4 NVMe
HDD:2TB
電源:850W 80PLUS GOLD

公式サイト

ドスパラからもすでにCore i9-12900K搭載ゲーミングPCがリリースされている。GALLERIA U-Seriesはガレリアブランドのフラグシップモデルでそれにふさわしいパーツ構成となっている。グラフィックスにはハイエンドクラスのRTX 3080を搭載している。4Kでのゲームプレイを考えている方に最適なモデルだ。メモリにはDDR5-4800 32GBを搭載していて高いパフォーマンスを期待できる。SSD 1TB Gen4 NVMe+HDD 2TBと最近ではあまり見かけなくなったダブルストレージも圧巻だ。電源ユニットには850W GOLDを採用している。

LEVEL-R969-LC129K-WAX(パソコン工房)

LEVEL-R959-LC119K-UAX価格:409,880円(税込)
CPU:Core i9-12900K
GPU:GeForce RTX 3080 Ti
メモリ:DDR4-3200 32GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載
電源:850W 80PLUS GOLD

公式サイト詳細

パソコン工房のミドルタワーモデルだ。現行モデルのフラグシップモデルと言っても過言ではない。グラフィックスにはRTX 3080 Tiを搭載していて高いレベルでのゲームプレイが可能だ。4K環境でのゲームプレイを考えている方向けだと言える。Core i9-12900Kに合わせるのにふさわしいグラフィックボードだ。妥協することなくゲームを楽しめるのが最大の魅力だ。メモリ32GB、SSD 1TBと構成も充実している。電源ユニットは850W GOLDを採用している。

>>>Core i9-12900Kを確認(Amazon)<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya