i7-4790k画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

当ページでは、Core i7-4790Kの性能スペック及びベンチマークについて解説している。Core i7-4790Kは、第4世代CPUの中で最もゲーミング用として人気のあるモデルだった。

第6世代CPUの登場で少し存在感が薄くなったが2020年時点でも通用するCPUだと言える。現在の入手方法は中古だけだ。第9世代より前の世代が全てライバルになる。当時は非常に優れたCPUとして名を馳せていた。今は性能的にもコスパ的にも中古であっても率先して選ぶべきCPUではないと言える。

>>Core i7-4790K確認する(Amazon)<<

Core i7-4790Kの概要

スペック

 i7-4790Ki7-4770Ki7-6700K
コードネームDevil's CanyonHaswellSkylake-S
CPUコア数444
スレッド数888
定格クロック4.0GHz3.5GHz4.0GHz
最大クロック4.4GHz3.9GHz4.2GHz
L3キャッシュ8MB8MB8MB
TDP88W84W91W
価格$350$350$350
発売日2014/062013/062015/08
i7-4790Kは初めて定格4.0GHzに到達したCPUである。シングルコアの性能が非常に高いことで、i5よりもゲームに適したi7になった。定格4.0GHzの恩恵は絶大だった。最大クロックは次世代のi7-6700Kよりも高い。

Haswell Refreshの中で、2014年6月に登場したi7-4790Kとi5-4690KはDevil’s Canyonというコードネームがあてられている。異色のコードネームは期待の現れなのだろう。i7-6700Kはi7-4790Kに比べて数値は大人しい。この表ではあまり成長していないように思えるかもしれない。

しかし、Skylake世代の魅力はCPUではなくメモリ規格だ。このSkylake世代からDDR4に移行した。対応規格はDDR4-2133である。定格、最大クロックを見て分かる通り、性能の伸びはいまいちだった。メモリ規格が上がったことで、処理性能はある程度カバー出来ていた。

そのため、i7-6700KはDDR4規格のメモリを搭載しなければ最新CPUとしての恩恵は受けられなかった。i7-4770Kは前世代のi7-3770Kとほぼ同等の性能だ。数値で言えば10%ほど違いはあった。しかし、2020年現在から見ると同等である。

同じHaswell世代であるi7-4790Kと比べると定格、最大クロック共に見劣りしてしまう。やはりi7シリーズはi7-4790Kから大きく変貌を遂げたと言える。そもそも、アンクロックモデルである末尾KのCPUは、i7-4790Kから明確に性能差が生まれた。

それまではi7-4770Kとi7-4770のように性能差がほとんど無かった。シンプルにオーバークロックに対応しているかいないかの差でしかなかった。それを表すように、i7-4790Kはi7-4790と違うDevil’s Canyonというコードネームを与えられたのかもしれない。

性能

i7-4790Kseinou

i7-4790Kの総合的な性能はi7-4770Kより16%高く、i7-6700Kよりも10%ほど低い。しかし、i7-6700Kは高い負荷がかかると性能が伸びなくなる。結果としてゲーム用途ではi7-4790Kよりもフレームレートが落ちる傾向にある。

i7-6700Kはオーバークロックで真価を発揮するタイプのCPUだ。DDR4規格のメモリを搭載してオーバークロックすることでi7-4790Kよりも高い性能となる。メモリが新規格に対応したことで、潜在能力はi7-6700Kの方が高い。当時はi7-4790Kが優秀なのか、i7-6700Kが微妙なのか議論が繰り広げられた。

第4世代から第6世代への買い替えはあまり積極的に行われていなかったように思う。性能差を考えれば当然と言えば当然だ。特に、ゲーミングPCではメモリの価格も反映されたことで、価格差が大きく出てしまった。

むしろ価格の落ちたi7-4790Kを選択するユーザーが非常に多かった。一世代前のCPUは狙い目という考えはi7-4790Kの印象が強い。実質i7-6700Kと同等の性能であるi7-4790Kは長きに渡ってゲーマーに愛用されたCPUだ。

Core i7-4790Kの評価【2020年】

ゲームにはCore i7という認識をゲーマーに植え付けた

Core i7-4790Kゲームにはi7が良いという指標を作り、その上でi7最上位はゲーム向きという認識をも生み出した。i7-4790Kが積み上げた功績は大きい。まさにHaswell世代の傑作CPUである。実に3年以上も現役で推奨スペックをクリアしたCPUだった。ゲームが大きく進化し始めた2014年、2015年を生き抜いた歴戦のCPUである。

第4世代のCPUは非常に長く使用されていた。中でもi7-4790Kはゲーム用途では第8世代登場までの3世代(実質2世代)に渡って使用されていた。その理由は、次世代にあたる第6世代のCPUがゲーム用途では微妙な性能だったからだ。

IntelのCPUは2世代ごとにCPUソケットが変更されている。ソケットが変更されるということはマザーボードを変更しなくてはならない。第4世代のi7-4790Kを使用していたゲーマーは、i7-6700Kへの換装を行わなかった。低負荷かオーバークロックでしか性能を伸ばせないi7-6700Kに対するコストパフォーマンスが悪いからだ。

CPU、マザーボード、メモリの換装が必要になった。それだけ費用をかけてもゲームでは同等以下。オーバークロックをして同等以上になる程度だ。続く第7世代はそれなりに換装するユーザーも居た。一方で、2世代ごとにCPUソケットが変わるので、第8世代を待つユーザーも多く居たのだ。

IntelのCPUは第8世代で大きく成長した。これまでのCPUを過去にするくらいの伸びだ。2014年6月に登場したi7-4790Kはi7-8700Kの登場した2017年11月以降その数を減らしたことは想像に難くない。

中古情報 ボーダーは15,000円

i7-4790Kは非常に人気の高いCPUだった。しかし、中古市場にはそれほど多く出回っていない。登場から6年近く経っていることもあるだろう。また、i7-4790Kは主にゲーマーに人気で、一般ユーザーには受け入れられていなかったこともある。

前述の通り、アンクロックモデルはオーバークロックが出来るだけという認識が強かったのだ。一般的な作業もi5で十分対応出来た。当時のゲーム事情でもi5で十分という声の方が大きい。今や中古市場で見かけることはほとんどない。オークションでなら取引も出来ると思う。

ただ、保証やCPUファンの有無、ジャンク製品なども存在しているので注意して選ばなくてはならない。現在使用している第3世代、第4世代のCPUが壊れての買い替え以外は推奨していない。

それは、前述の総合性能のグラフにあるi5-9400が2万円ほどで販売されているからだ。i5と言えども第9世代。その性能差は大きい。i7-4790Kは確かに優秀なCPUだった。ただ、2020年の今となっては推奨環境を満たせないゲームも多く登場している。わざわざ選択するメリットはないと断言する。

Core i7-4790Kのベンチマーク

ゲーミングPCを紹介するサイトということなのでゲームのベンチマークを紹介している。参考までに述べておくと、動画のエンコードなどゲーム以外の数値であればi7-4790Kの方がi7-4770Kよりも8%-10%程度性能が高くなっている。一方ゲームの場合はどうだろうか。

F1 2013

i7-4790Kf12013

1080Pでのベンチマークを計測している。最低フレームレートは安定していたものの平均するとi7-4770Kが上回る結果となっている。CPU性能は十分でグラフィックボードのボトルネックが出ているようだ。

Bioshock Infinite

i7-4790kbioshock

i7-4790Kの方が3%ほどスコアが高くなった。i7-3770Kと比べると6%ほど高い。やはりグラフィックボードがボトルネックとなっていてなかなかスコアが出ない。FULL HDでのゲームプレイを考えるのであれば十分な性能だということになる。

>>Core i7-4790K確認する(Amazon)<<

2014年当時の評価

Core i7-4790Kは、第四世代のCPUで処理速度を表す周波数はCPUの中で最も高い数値を持つCPUだ。性能もExtreamを除けば最上位クラスで第六世代のi7-6700Kよりも高いスコアをたたき出す場面も多い。全体的な性能ではi7-6700Kには劣る。しかし、ゲームに関して言えば同等以上であり現在も尚現役のCPUだ。

定格4.0GHz 最大4.4GHzの周波数は魅力。ゲームに最も影響する数値であり、最も適したCPU。DDR4を搭載したi7-6700Kと比較しても十分戦えるため、このCPUからの買い替えは現状あり得ない。もし新しく買い替えなどする場合は、今後のことを考えて第六世代のCPUを推奨する。

対応ソケットはLGA1150 対応チップセットはZ97、H97、Z87、H87、B85、H81となっている。オーバークロックに対応したCPUなので、チップセットはZ97を推奨。相性の良いグラフィックボードはGTX970以上となっている。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る

ベンチマークテスト環境

desktoppc

GPUGTX 770 SLI
メモリ8GB DDR3-1866
マザーボードASUS Z97-Pro