cputoha

当ページでは、Core i7-8750Hの性能レビュー及びおすすめゲーミングPCの紹介をしている。ノートパソコン向けのハイエンドクラスCPUだ。

グラフィックボードの性能が上がりデスクトップパソコンに引けを取らないレベルになっている中で、多くのゲーマーがCPU性能の底上げを待望していた。i7-8750Hはそんな期待に応えることができるのだろうか。購入を考えている方はぜひ参考にして欲しい。

Core i7-8750Hの基本スペック

 i7-8750HCore i5-8300Hi7-7700HQ
コードネームCoffee LakeCoffee LakeCaby Lake
プロセス14nm++14nm++14nm++
CPUコア数644
スレッド数1288
定格クロック2.2GHz2.3GHz2.8GHz
最大クロック4.1GHz4.0GHz3.8GHz
L3キャッシュ9MB8MB6MB
内蔵GPUUHD630UHD630HD630
対応メモリDDR4-2666DDR4-2666DDR4-2400
TDP45W45W45W
価格$395$250$378
発売日2018/04/032018/04/032017/01/03
i7-8750Hのスペックを見ていこう。前世代であるCaby LakeのCore i7-7700HQ及び現行の下位モデルであるCore i5-8300Hと比較を行っている。Core i7-7700HQは、i7-8750Hが登場するまでゲーミングノートPCの中心にあった。比較対象として適切だろう。

大きく変わったのはコア数及びスレッド数だ。それぞれ50%アップし6コア12スレッドとなっている。定格クロック数は2.8GHz→2.2GHzと20%ダウン、最大クロックは3.8GHz→4.1GHzに10%アップしている。また、L3キャッシュも6MB→9MBへとアップ。対応メモリもDDR4-2666にバージョンアップされている。物理コア及びスレッド数の増加、クロック数の変化がベンチマーク(当ページで紹介)にどのように影響を与えるのかに注目して欲しい。

Core i5-8300Hはノート向けのCPUとなっている。$145安くなっているため少しでも価格を抑えたいという方におすすめだ。前モデルのi7-7700HQとスペックが似ているが、定格クロックが15%落ちている。それでも高いパフォーマンスを発揮する。

Core i7-8750Hの特徴まとめ

6コア12スレッドの高性能CPU

6コア12スレッドとコア数が増えているのが最大の特徴だ。前世代のCore i7-7700HQから性能は上がっていると言える。マルチスレッド性能が高く動画編集やRAW現像なども得意としている。ゲーミング性能で言うと大きな違いはなくどちらかと言うとクリエイター要素が強くなったと言える。

デスクトップパソコン向けCPUのi3に匹敵する性能を持つ。グラフィックボードの性能はデスクトップに追いついて来ているが、CPUはもう少し時間が掛かるかもしれない。排熱がどうしてもネックとなってしまうからだ。それでも確実にその差は小さくなってきていると断言できる。

ゲーミングノートPCのメインCPU

Core i7-8750Hは、ゲーミングノートPCの主流CPUとなっている。ほとんどのノートがi7-8750Hを搭載。他の選択肢としてはCore i5-8300Hがあるが、それほど選択肢は多くない。

なお、上位モデルの「Core i9-8950HK」はラインナップにないのが現状だ。確かに性能は高いものの発熱をなかなか制御できない。ケースにコストが掛かってしまうため主力になることはないだろう。こう考えるとやはりi7-8750Hを中心に考えるのが良い。

参考データ
corei9performace
画像引用元:https://www.pcworld.com/

参考までに上位モデルである「Core i9-8950HK(6コア12スレッド、2.90GHz/4.80GHz)」と第七世代Core i7及び3年前のモデルとの比較を行ったデータを見てみよう。Core i7-8750Hよりもスペックが高いため純粋に比較はできないが十分参考になるだろう。

まず、全体的なパフォーマンスでは約29%アップ、ゲーミングだと41%アップ、ゲーム配信だと32%アップ、4K動画編集だと59%アップと大幅に向上していることがわかる。3年前のモデルと比べると全体で88%アップとかなり進歩しているのだ。

ベンチマーク(レンダリングやエンコード etc.)

レンダリングなどのCPUベンチマークにおいては、Gigabyte Aero 15X(i7-8750H)、MSI GS63VR Stealth Pro(i7-7700HQ)、Dell XPS 13(i7-8550U)の三つのモデルで比較している。

Cinebench R15

cinebenchr15i7-8750hcinebench

コア数及びスレッド数が50%アップ及び最大クロック周波数がアップしたことで、i7-8750Hにとっては最高の結果が出ている。マルチスレッド性能は58%アップと大幅に高いスコアを計測。シングルスレッド性能でも9%高いスコアが出ている。これは最大クロック周波数が11%アップしたことによる恩恵だ。i7-8550Uと比べるとマルチスレッド性能は65%、シングルスレッド性能は80%程度高い。

Handbrake

handbrakei7-8750hhandbrake

60分の動画のエンコードに掛かった時間を計測。i7-8750Hは、i7-7700HQと比較して約25%高いスコアとなっている。x264では46%アップとなっているがそれに匹敵するほどだと言える。Core i7-8550Uと比べると40%以上変わっている。コアが増えたことによる恩恵はやはり動画編集において顕著に表れている。

Adobe Premiere

adobei7-8750hadobe
画像引用元:https://www.pcmag.com/

Adobe PremiereでLumetriエフェクトを掛けた4Kの動画ファイル(x264)のエンコードに掛かる時間を計測。数値が小さいほど掛かった時間が短く高性能ということになる。i7-7700HQに比べて20%高い性能を持っている。なお、i7-8550Uが遅くなっているのは他の2つのモデルと異なり外部グラフィックボードを搭載していないためだ。GPU支援が働くソフトウェアだから仕方がない。

Microsoft Excel

i7-8750hexcel

Excelでモンテカルロ・シミュレーションに掛かる時間を計測。およそ35%高い性能を発揮している。大規模な計算シミュレーションを行うスプレッドシートは6コアの本領発揮となる。なお、i7-8550Uとi7-7700HQの差が3%ほどしかないことからコア数が大きい方が有利になるということがわかる。

7-zip

i7-8750h7zip

圧縮、解凍ともにi7-8750Hが一人勝ちだ。圧縮は55%、解凍は70%向上している。i7-8550Uと比較すると100%程度アップだ。

ゲームプレイのベンチマーク

ゲームプレイ中のベンチマークを計測。グラフィックボードはGTX1070 Max-Qに固定でCPUはi7-8750Hとi7-7700HQの2種類を用意。ゲームプレイ中の平均FPSと最も低い1%のフレームレート(1% Low)を計測している。1% Lowを計測することでより正確な情報がわかる。

平均だけだと一時的に大きくスコアが上がると数値にずれが生じるためだ。1% Lowと合わせて参考にすると良い。結論からまとめるとレンダリングなどと比べてゲーミング性能ではそれほど大きな違いはない。その要因としてマルチスレッドがうまく生かせないことが挙げられる。

Civilization Ⅵ

civ6i7-8750hciv6

CPU制限の大きいタイトルの一つであるCiv6を見ていく。平均のフレームレートを比較すると29%スコアが上がっていることがわかる。しかし、1% Lowを見るとCPUパワーが上がってもそれほど恩恵を得られないことがわかる。第八世代のノート向けCPUは必ずしも優れているわけではないということだ。

Watch Dogs 2

watchdog2i7-8750hwatch

ウルトラ設定でのスコアを計測。i7-7700HQと比べると平均フレームレートは8%アップして、1% Lowも11%アップしている。つまり、i7-7700HQと比べて性能が上がっていることがわかる。ただ、その差を体感できるかどうかとなると疑わしい。

hitman

hitmani7-8750hhitman

HitmanをCPU制限のあるタイトルだ。i7-8750Hとi7-7700HQを比較して平均フレームレートは5%、1% Low FPSはほぼ同じと大きな違いがない。これなら価格が安くなっている旧型であるi7-7700HQを選択するのも良いかもしれない。

Core i7-8750H搭載おすすめゲーミングPC

GALLERIA GCF1060GF(ドスパラ)

gallerianote価格:179,980円
CPU:Core i7-8750H
GPU:GeForce GTX1060 6GB
メモリ:DDR4 8GB
SSD:250GB
HDD:1TB
公式詳細

ドスパラの売れ筋のゲーミングノートPCだ。グラフィックボードにはコスパの高いGTX1060 6GBを搭載。設定を調整すれば十分ゲームプレイに対応することができる。メモリは控えめなので予算に余裕があれば16GBにアップグレードしておくと良い。SSD 250GB、HDD 1TBとストレージは十分だろう。

FRGN810/SG1(FRONTIER)

gnfrontier価格:125,800円
CPU:Core i7-8750H
GPU:GeForce GTX1050Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:250GB
HDD:非搭載
公式

GTX1050Ti搭載のゲーミングノートPCだ。GTX1060に比べるとやや性能は劣る。それでも設定を下げることでFULL HDでもゲームプレイが可能。120Hzに対応していることとSteelSeries製のキーボードを搭載しているのも魅力。できる限り予算を抑えたい方におすすめだ。税抜き12万円台は手頃だと言える。メモリが16GBとなっていることから動画編集や動画のエンコードなどをメインに考えている方にもおすすめ。

GALLERIA GCF2070GF-E(ドスパラ)

gallerianote価格:235,980円
CPU:Core i7-8750H
GPU:GeForce RTX2070
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB NVMe対応
HDD:1TB
公式

RTX2070搭載のゲーミングノートPCとなっている。15.6インチモニター、144Hz対応なのが魅力。持ち運びもしやすい手頃な重さだ。性能は文句なしでFULL HD以上でも快適にゲームプレイをすることができる。この構成ならメモリを16GBにカスタマイズすることを推奨する。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2019年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る

ベンチマークテスト環境

notepc

製品名CPUGPU
Gigabyte Aero 15Xi7-8750HGTX 1070 Max-Q
MSI GS63VRi7-7700HQGTX 1070 Max-Q
Dell XPS 13i7 8550Uオンボード