ryzen53600xttop画像引用元:https://www.amd.com/

当ページでは、Ryzen 5 3600XTの性能レビュー及びベンチマークを紹介している。第3世代RyzenシリーズのRyzen 5 3600Xの後継モデルだ。クロック周波数が少しだけ強化された上位モデルとなっているが、残念ながら性能差を体感することはできないだろう。Intel第10世代が登場して第4世代Ryzenシリーズが出るまでの繋ぎとなっている。

Ryzen 5 3600Xとの性能差はほとんどないため買い替えの対象とはならず第2世代Ryzenシリーズなどからの買い替えが対象だ。AMDのマーケティング的な要素が強いと言える。後継モデルは、2020年11月にリリースとなった「Ryzen 5 5600X」だ。Zen 3アーキテクチャを採用していてこれまでの弱点だったシングルスレッド性能が飛躍的に向上した。

Zen 2アーキテクチャでは2基のCCXが搭載されていてCCX間でのやり取りが必要となりレイテンシが生じていた。Zen 3アーキテクチャではCCXが1基になりレイテンシが大きく減少したのだ。ゲームプレイ時などに特に影響を与える部分だと言える。大きな進歩だが、価格が上がってしまったのは懸念材料となる。

Ryzen 5 3600XTの特徴まとめ

  • 総合評価 :55点/100点
  • ゲーム評価:50点/100点
  • 価格:約32,000円
  • 発売日:2020年7月17日

Ryzen 5 3600XTは、Ryzen 5 3600Xの後継モデルだ。僅かながらパフォーマンスが向上している。総合評価は55点でまずまずだ。ゲーム評価は50点となる。価格の下がってきたRyzen 5 3600Xと比べると価格面での優位性が失われている。Ryzen 5 3600Xならおよそ3,000円安く購入できる。コストパフォーマンスを考えるとRyzen 5 3600Xが有利だ。

>>Amazonで最新価格を確認

Ryzen 5 3600XTの総合性能

ryzen53600xtseinou

Ryzen 5 3600XTは、Ryzen 5 3600Xと比べて3%程度CPU性能が向上している。後継モデルとして考えるとやや物足りなさがある。ただし、AMDにとってはこれで良いのだと思う。Zen 3アーキテクチャを採用した次世代モデルが出るまでの一時しのぎと言えるかもしれない。Ryzen 5 3600Xよりも少しでも性能が上がっていればそれで十分ということだ。Ryzen 5 2600Xと比べると35%性能が高く伸び幅が大きい。

現行のRyzen 5 5600Xとの性能差は12%とかなり大きい。CCXの配置変更などで手を加えた結果大きくパフォーマンスが向上している。それでもIntelの現行モデルであるCore i5-11600Kと同等のパフォーマンスを発揮しているのは圧巻だ。Ryzenシリーズの凄さがわかる。シングルスレッド性能も高くなりゲーム適性も向上している。

Ryzen 5 3600XTの基本情報

基本スペック

 5 3600 XT5 3600X5 3600
メーカーAMDAMDAMD
プロセス7nm7nm7nm
コードネームZen 2Zen 2Zen 2
CPUコア数666
スレッド数121212
定格クロック3.8 GHz3.8 GHz3.6 GHz
最大クロック4.5 GHz4.4 GHz4.2 GHz
L3キャッシュ32MB32MB32MB
TDP95W95W65W
価格$249$249$199
実売価格31,980円28,980円23,980円
発売日2020年7月17日2019年7月7日2019年7月7日
Ryzen 5 3600XTは、Ryzen 5 3600Xとほぼ同じスペックだ。アーキテクチャやプロセスに変更点はない。CPUダイにも変更は加えられていない。これまで通り2基のCCX(3コア×2)という配置だ。CCX間でのやり取りがネックとなってしまう。これは次世代以降に改善を期待したい。

変わったところと言えば最大クロックが0.1GHz引き上げられて4.5GHzになったぐらいだ。製造工程の改善でより洗練されたパーツが採用されているためシングルスレッドあるいは少数のマルチスレッド使用時にパフォーマンスを向上させることができる。その性能差を体感できるかと言えば否だ。

Ryzen 5 3600と比べると定格クロックも0.2GHz高い。消費電力も65Wに対して95Wと50%近く高く性能を発揮する上で有利だ。しかし、価格差が大きくより安価でパソコンを構築することができるRyzen 5 3600は人気が高い。

Intel製CPUと比較

 5 3600 XTi5 10600Ki5-10400
メーカーAMDIntelIntel
プロセス7nm14nm14nm
コードネームZen 2Comet LakeComet Lake
CPUコア数666
スレッド数121212
定格クロック3.8 GHz4.1 GHz2.9 GHz
最大クロック4.5 GHz4.8 GHz4.3 GHz
オーバークロック×
L3キャッシュ32MB12MB12MB
オンボードGPU非搭載UHD 630UHD 630
クーラーWraith Stealth同梱日同梱
TDP95W95W65W
価格$249$262$182
発売日2020年7月17日2020年5月21日2020年5月21日
価格的に競合となるのはCore i5-10600Kとなる。Intelは第10世代Core iシリーズでも14nmプロセスを採用していてAMDとは差が付いている。コア数及びスレッド数は同じ6コア12スレッドだ。前世代とは異なりハイパースレッディングに対応となりAMDと肩を並べる形になっている。

定格クロック及び最大クロックについてはそれぞれそれぞれ8%、7%程度Core i5-10600Kの方が高い。L3キャッシュはRyzen 5 3600XTが32MBと27%高い。CPUクーラーが同梱されているのもRyzen 5 3600XTの強みだ。オーバークロックを想定していないのであればこの標準搭載のWraith Stealthでも十分だ。

Core i5-10400になると定格クロック及び最大クロックが抑えられている。オーバークロックには対応しておらず消費電力も65Wと控え目だ。これはRyzen 5 3600に似た関係性となっている。もっともRyzen 5 3600はオーバークロックに対応しているが…

>>Ryzen 5 3600XTを確認(Amazon)<<

Ryzen 5 3600XTの特徴詳細

XTシリーズの序列で三番目に位置するCPU

Ryzen 5 3600XTは、XTシリーズのエントリークラスだと言える。2020年7月にAMDから3つのXTシリーズが発表された。第4世代Ryzenシリーズが出るまでの穴埋めだ。Ryzen 9 3900XT・Ryzen 7 3800XTに次いで三番目の性能を持つCPUだ。それぞれRyzen 9 3900・Ryzen 7 3800の上位モデルということになる。

Ryzen 5 3600XTは上位の2つに比べるとやや存在感が薄い。Ryzen 5シリーズは性能よりも価格を重視される傾向が高いからだ。すでに価格の落ち着いてきているRyzen 5 3600Xに対して価格の高いRyzen 5 3600XTが登場してもユーザーを惹き付けるには弱い。

ましてや性能差が5%程度であることを考えるとおすすめしにくい。新しいCPUはどうしても価格が高くなってしまいがちだ。Ryzen 5 3600XTが登場したことでRyzen 5 3600Xの価格的な優位性が際立つ形となった。

Ryzen 5 3600Xから飛躍的な進化はない

すでに見てきた通りRyzen 5 3600XTは、Ryzen 5 3600Xから大幅に進化したわけではない。アーキテクチャはRyzen 5 3600Xと同じZen 2で、プロセスはAMD自慢の7nmだ。第4世代Ryzenシリーズの登場ではなく、第3世代Ryzenシリーズのリフレッシュモデルとなる。

スペック的にもほとんど同じだ。最大クロック周波数が0.1GHz、わずか3%程度向上したのみだ。定格クロック、L3キャッシュなど性能に関わる部分は共通だ。総合性能なら5%程度伸びたに過ぎない。大幅なパフォーマンス向上を期待している方は注意して欲しい。

搭載モデルは少なく価格設定は強気

2020年8月時点でRyzen 5 3600XTを標準で搭載しているモデルはない。TSUKUMOのゲーミングPCについてカスタマイズで対応できるぐらいだ。ドスパラやG-Tuneなど他の大手BTOメーカーでは販売されていない。Arkやパソコンショップセブンなど玄人向けのショップで販売されることを期待したい。

TSUKUMOではRyzen 5 3600XTとの価格差は3,000円となっている。両CPUの定価が同じであることを考えると強気な価格設定だと言える。もっとも単体での価格差もあるため納得すべきところかもしれない。Ryzen 5 3600XTの価格が安くなっても、合わせてRyzen 5 3600Xの価格も下がるはずなので立場が難しいことは変わらないだろう。

その後もやはり立場的には苦しい状況が続いた。上位モデルのRyzen 9 3900XTやRyzen 7 3800XTと比べると明らかにラインナップが少なかったからだ。その後Zen 3アーキテクチャを採用したRyzen 5 5600Xがリリースされてラインナップは完全に消滅した。

Ryzen 5 3600XTのゲームベンチマーク一覧

Battlefield 5 1080p

battlefiled5

Core i5-10600K168
127
Core i5-10400158
116
Ryzen 7 3700X157
114
Ryzen 5 3600 XT154
114
Ryzen 5 3600154
107
Ryzen 5 3600X153
110
平均fps1% Low
Ryzen 5 360Xよりもわずかにパフォーマンスが向上している。最小fpsも向上していて安定して高いフレームレートを維持できそうだ。それでもCore i5-10600Kには遠く及ばない。10%近くもフレームレートに差がある。ゲームプレイにおいてはIntelが優勢なことに変わりはない。

Far Cry New Dawn 1080p

farcrynewdawn

Core i5-10600K124
100
Core i5-10400112
88
Ryzen 7 3700X111
90
Ryzen 5 3600 XT111
89
Ryzen 5 3600110
88
Ryzen 5 3600X109
88
平均fps1% Low
Far Cry New DawnでもIntel製CPUが優勢だ。Core i5-10400とはほぼ同等だが、上位のCore i5-10600Kになると12%程度差が付いている。Ryzen 5 3600Xとの差は1%程度とわずかだ。やはり最大クロック周波数を引き上げるだけだとこれぐらいが限界だろう。

Shadow of the Tomb Raider 1080p

Shadow Of The Tomb Raider

Core i5-10600K130
103
Ryzen 7 3700X125
98
Ryzen 5 3600 XT122
97
Core i5-10400121
96
Ryzen 5 3600X120
96
Ryzen 5 3600120
95
平均fps1% Low
Ryzen 5 3600Xとの性能差は1%-2%程度とわずかにとどまる。これぐらいの差であれば誤差の範囲で体感することはできないだろう。Core i5-10600Kとの差は7%と高く完敗だ。それでもCore i5-10400よりも僅かながら高いのは評価できる。

その他アプリケーションのベンチマーク

Cinebench R20

cinebenchcinebenchr20ryzen53600xt

Ryzen 5 3600Xとの差は2%程度となっている。シングルコア性能でも2%程度の伸びに留まる。Cinebench R20ではCore i5-10600Kよりも10%程度もマルチコア性能が高い。競合モデルを引き離したことは事実でしっかりと性能が引き上げられている。Ryzenシリーズはゲームプレイ以外に強いCPUだと言える。ゲーム+αで考えているゲーマーの方にとっては魅力的だ。

7 Zip

zip7zip-ryzen53600xt

Zipファイルの解凍及び圧縮速度を計測している。Ryzen 5 3600Xよりも3%-5%程度パフォーマンスが向上する結果となった。Ryzen 7 3700Xとの差は大きいが、Intel製CPUを圧倒している。Core i5-10600Kよりも4%-20%パフォーマンスが高い。特に解凍速度はずば抜けていることがわかる。

Adobe Photoshop

ryzen53600xtphotoshop

Puget Systems Photoshopでのスコアを計測している。Ryzen 5 3600Xよりも1%パフォーマンスが向上している。Core i5-10600Kとの差は0.5%とほぼ同等だ。クリエイター作業でもそれほど性能差は現れていない。

>>Ryzen 5 3600XTを確認(Amazon)<<

Ryzen 5 3600XT搭載おすすめゲーミングPC

G-GEAR GA5A-C200/T2(TSUKUMO)

G-GEAR GA7A-B180T価格:97,800円
CPU:Ryzen 5 3600XT カスタマイズ
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4 16GB
SSD:240GB
HDD:非搭載
電源:550W BRONZE

85,800円のモデルに+12,000円でRyzen 5 3600XTにアップグレードできる。グラフィックボードにはGTX 1650を搭載。エントリークラスのグラフィックボードであることを考えるとアップグレードするメリットは薄いかもしれない。メモリ16GB、SSD 240GBとストレージ容量が少なく価格を抑えることに特化している。

G-GEAR GA5A-V200/T(TSUKUMO)

G-GEAR GA7A-B180T価格:110,800円
CPU:Ryzen 5 3600XT カスタマイズ
GPU:Radeon RX 5500 XT
メモリ:DDR4 16GB
SSD:240GB
HDD:1TB
電源:550W BRONZE

定価92,800円のモデルだ。+18,000円でアップグレードすることができる。デフォルトのCPUがRyzen 5 3500のためアップグレードの価格が高めになっている。グラフィックボードにはRadeon RX 5500 XTを搭載している。GTX 1650 SUPERと同等の性能を持つグラフィックボードだ。FULL HD環境でも設定調整は必須だ。メモリ16GB、SSD 240GB、HDD 1TBと構成が充実している。

G-GEAR GA5A-D194/T(TSUKUMO)

G-GEAR GA7A-B180T価格:128,800円
CPU:Ryzen 5 3600XT カスタマイズ
GPU:GeForce RTX 2060
メモリ:DDR4 16GB
SSD:240GB
HDD:1TB
電源:550W BRONZE

+9,000円でRyzen 5 3600XTにアップグレードすることができる。グラフィックボードにはミドルクラスのRTX 2060を搭載している。Ryzen 5 3600XTとの相性は良好だ。FULL HD環境で高設定も実現できる。もちろんレイトレーシングにも対応可能だ。メモリ16GB、SSD 240GB、HDD 1TBと使い勝手の良い構成も魅力的だ。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya